365件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

光市議会 2019-12-06 2019.12.06 令和元年第4回定例会(第3日目) 本文

そのため、教育委員会が所管する歴史関係施設であります光市文化センター、光ふるさと郷土館、伊藤公資料館の保存・保管の状況についてお答えをいたします。  これら3館において保管している写真資料は、市民及び関係者の皆様から御寄贈並びに御寄託いただいたものが大半を占めております。  

光市議会 2019-09-17 2019.09.17 令和元年第3回定例会(第4日目) 本文

戦後74年の経過とともに、戦争歴史を語れる人が少なくなり、本市においても、地区によっては遺族会の活動の継続が危ぶまれている状況とお聞きをしております。このように記憶の風化が懸念される中、改めて人々のこうした思いに光を当て、未来に語り継いでいくことが、今を生きる私たちの大切な使命であります。  

光市議会 2019-09-13 2019.09.13 令和元年第3回定例会(第3日目) 本文

日本政府はいまだにその事実を認めず、歴史教科書などを通して事実を正しく伝えることを怠っております。  その後、日中戦争が泥沼化し、国家総動員法成立しました。日本人男子がどんどん少なくなる中、外地での朝鮮からの強制動員もされます。募集であれ、官斡旋であれ、1943年の軍需会社保護によって、軍需工場に指定された会社に勤めている労働者を徴用された身分で働かせたのです。

光市議会 2019-06-13 2019.06.13 令和元年第2回定例会(第1日目) 本文

次に、令和元年度の事業計画でありますが、光市文化センターでは、年間を通じて歴史や芸術など幅の広い分野を学ぶ成人大学講座や各種教室の開催を行うほか、初めての試みとして、市民に郷土の歴史文化に興味を持っていただけるよう、市内の文化財史跡、資料館をめぐるクイズラリーを実施するなど、地域文化の発展に向けた取り組みを展開してまいります。  

光市議会 2019-02-26 2019.02.26 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文

中学校社会科の歴史分野では憲法制定の歴史を、公民的分野においては国民主権を担う公民として、自国を愛し、その平和と繁栄を図ることや、各国が相互に主権を尊重し、各国民協力し合うことの大切を自覚することなどの学習を進めます。そうした中で、先人の苦労や思いなどを知ることは、理解を深める意味からも重要なポイントになると思います。  

光市議会 2019-02-22 2019.02.22 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文

次に、志摩市での観光振興について御紹介をしたいと思いますが、御承知のように志摩市につきましては、陸域の全体と海域の一部を伊勢志摩国立公園に指定されておりまして、豊富な食材、悠久の歴史と特徴的な文化、マリンレジャー施設、大型リゾートホテル等々に加えて、2016年には伊勢志摩サミットが開催されるなどの話題もあり、これらのうらやましいほどの豊富な観光資源を積極的に活用した、観光振興策というものに取り組まれておりました

光市議会 2018-12-25 2018.12.25 平成30年第5回定例会(第4日目) 本文

執行部からの説明の後、委員より、大和歴史民俗資料館の収蔵資料の光市文化センターへの一部移管による常設展示での活用、また、これを契機とした光市文化センター内の収蔵資料の整備についてただしたのに対し、大和歴史民俗資料館から一部移管する収蔵資料については、現在、光市文化センターにおいて常設展示となっている、歴史民俗展示室において活用可能であり、あわせて光市文化センター内の収蔵資料の整備も進めると答弁。

光市議会 2018-12-07 2018.12.07 平成30年第5回定例会(第3日目) 本文

このような歴史的な日に輝かしいスタートを切る新病院を中心に、引き続き強い使命感を持って地域医療を守り抜いていく覚悟でありますので、議員の皆様方におかれましても、格段の御理解、御協力を求めるところであります。  以上であります。 ◯議長(西村 憲治君) 西村病院局管理部長。 ◯病院局管理部長(西村 徹雄君) おはようございます。

光市議会 2018-12-06 2018.12.06 平成30年第5回定例会(第2日目) 本文

学校の統合を考えると、スクールバスの多額な経費が問題になりますが、教育地域の温かさに支えられてきた歴史がある大和ですから、各地区にコミュニティ交通を導入し、通学の時間には地域の方たちにしっかりと見守って送迎していただく。そして、日中は高齢者を初め地域の人たちが安心して生き生きと活動するために足として使っていただく。

光市議会 2018-12-04 2018.12.04 平成30年第5回定例会(第1日目) 本文

それと、2点目、入館料を設定する展示施設利用でないため指定管理はなじまないのではないかということでございましたが、文化センターにつきましては、歴史的資料等を適切に収集・保管・展示し、調査研究を長期的に行うという施設でございます。このたび、光市文化センター指定管理者に指定しようとする公益財団法人の光市文化振興財団につきましては、文化センターの管理運営を目的に設置されています。

光市議会 2018-09-19 2018.09.19 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文

(笑声)  立石孫一郎につきましては、倉敷市役所総務歴史資料室が中心となって、一昨年の6月に展示資料会、倉敷代官所襲撃大橋敬之助没後150年という企画を開催し、4日間で325人の参加があったということです。こちら、倉敷市が販売している冊子、倉敷の歴史27号ですが、こちらには、大橋敬之助の生涯年表が掲載されており、私のような歴史マニアには羨望の資料を手に入れることができました。  

光市議会 2018-06-15 2018.06.15 平成30年第2回定例会(第3日目) 本文

光市における明治維新関係の歴史といいますと、1つは初代内閣総理大臣伊藤博文公の生誕地であることであり、光市束荷には、伊藤公の生家が復元され伊藤公資料館も整備されています。もう一つの歴史は、長州諸隊の1つ、第二奇兵隊でありますが、こちらは、本陣や練兵場となった石城山に説明看板がある程度です。

光市議会 2018-06-12 2018.06.12 平成30年第2回定例会(第1日目) 本文

次に、平成30年度の事業計画でありますが、光市文化センターでは、明治維新150年記念企画として、幕末明治維新期における資料の公開展示を行うほか、年間を通じて歴史や芸術などの幅広い分野を学ぶ成人大学講座や各種教室の開催などにより、地域文化の発展に向けた取り組みを展開してまいります。  

光市議会 2018-02-27 2018.02.27 平成30年第1回定例会(第5日目) 本文

ちょっと共同募金の歴史というようなのが、ネットで調べるとたくさんの資料をいただいたので、ちょっと読みますね。  赤い羽根共同募金は、民間の運動として、戦後直後の1947年、昭和22年に、市民主体の取り組みとしてスタートしました。当初は戦後復興の一助として、戦争の打撃を受けた福祉施設を中心に、資金支援する活動としての機能を果たしてきました。

光市議会 2018-02-26 2018.02.26 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文

まず、「きゅっと」を初め、子育ての、今お答えいただきました分ですけれども、先日の高校生議会でも、光市は子育てしやすい環境が整ったまちのイメージがある、また、外から見たときに2つの産婦人科や2つの病院存在は安心というまちのイメージがあるということが主張されておりましたが、そのまちに暮らしていて、さりげなくそういうふうにあるもの、また感じているもの、それはやはり光市のまちづくりの歴史であると思います。

光市議会 2018-02-23 2018.02.23 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文

亀井環境部長におかれましては、この3月をもちましてめでたく退職を迎えるわけでございますが、本人は多少心残りのお気持ちがあると思いますが、どちらにしても、これまで長年下水道事業の財政運営にかかわってきた経験などから、光市下水道が歩んできた歴史を踏まえ、これまでの成果や今後の課題、展望についてお聞かせください。よろしくお願いいたします。  以上で壇上での質問を終わります。

光市議会 2018-02-20 2018.02.20 平成30年第1回定例会(第1日目) 本文

公務員は、その性質上、労働基本権が著しく制限され、市の地方公務員の皆様方が、ストライキをもって退職金の引き上げ、賃金の引き上げを行うことは、歴史上、戦前戦後なく、常に民間の給与退職金をにらみながら調整してきた歴史があります。  退職金については、全ての生涯、老後も含めた人生設計の源であると思っております。これを削減されることは、人生の根幹を揺るがすことになるわけでございます。