1495件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下関市議会 2019-03-26 平成31年第 1回定例会(3月)-03月26日−10号

設置予定の遊具は、株式会社ボーネルンドのプロデュースによるもので、同社は世界的な遊具メーカーで、東京に本社がある日本会社である。また、同社は、ボートレース場パーク化に関して、一般財団法人ボートレース振興会と提携しており、今回、同社の遊具を設置することから、同振興会から事業費の支援を受ける予定である。

光市議会 2019-03-22 2019.03.22 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文

この工事につきましては、条件つき一般競争入札として公募し、応募がありましたことから、去る3月19日に入札を行った結果、株式会社川畑建設が落札をいたしましたので、同社と2億5,974万円で請負契約締結しようとするものであります。  工事の概要につきましては、平成30年7月豪雨により被災しました束荷川の災害復旧工事を行うものであり、工期は平成32年3月27日までとしております。  

下関市議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会(3月)-03月18日−09号

議案第113号は、下関市中学校空調設備設置工事について、株式会社九電工と税込み4億7,682万円で、工事請負契約締結しようとするものであり、工事の工期は、平成31年8月30日までである旨の説明がなされております。  審査の過程において、執行部から、小学校の空調設備設置工事と同じ日に開札を行ったが不調となった。

下関市議会 2019-03-15 平成31年第 1回定例会(3月)-03月15日−08号

議案第113号は、下関市中学校空調設備設置工事について、株式会社九電工下関営業所と4億7,682万円で請負契約締結しようとするものであります。よろしく御審議のほどお願いいたします。 ○議長(林透君)  質疑はありませんか。   〔なし〕 ○議長(林透君)  質疑なしと認めます。  ただいま議題となっております議案第113号は、文教厚生委員会に付託いたします。  

山口市議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会〔資料〕 開催日:2019年03月14日

過疎地域自立促進特別措置法の失効について  ウ 教育について   1) 教職員の多忙化   2) トイレの洋式化  エ 働き方改革について   1) 時差出勤 19 中 島 裕 一(新山口クラブ)………………………………………… 234  ア 新山口駅北地区拠点施設整備について   1) PFI的手法の評価   2) コンベンション等誘致   3) プレイベント等による機運醸成   4) 山口県株式会社島津製作所

下関市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会(3月)-03月11日−06号

都市整備部長(佐々木美紀君)  幡生駅における交通結節点等の機能を検討する基本設計の中では、利用者の利便性向上を図るため、武久側改札口の規模、構造等も検討するとともに、幡生駅周辺の交通結節点等の機能についても検討を行い、西日本旅客鉄道株式会社と幡生駅の武久側改札口の設置に向けて合意形成を図ってまいりたいと考えております。

山口市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年02月28日

民間資金を活用しないため金融機関によるモニタリング機能が働かないとの御指摘につきましては、財務法務技術等における極めて高い専門性と諸課題の課題解決に向けた調整能力を有する株式会社日本総合研究所とアドバイザリー契約締結いたしており、事業者との契約交渉や提案事業に関する各種検討業務、事業実施に伴う各種手続等において、専門的見地からの支援をいただくとともに、事業者グループと定期的に開催している会議において

山口市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年02月27日

続きまして、山口県株式会社島津製作所山口大学山口市による健康づくり等をテーマとした技術連携に関する基本合意書についてお伺いいたします。報道や市のホームページ、そして議会初日の市政概況報告によりますと、昨年の12月20日、山口県庁において、山口県株式会社島津製作所山口大学、そして山口市による健康づくり等をテーマとした技術連携に関する基本合意書が締結されております。

山口市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年02月25日

指定管理事業の全体スケジュールにつきましては、新年度から本格的に建物等の整備工事に入ることと並行いたしまして、プロジェクトマネージャーである森ビル都市企画株式会社と連携いたしまして、拠点施設の運営計画の策定を進める中で、拠点施設が有する個々の機能におけるソフト事業のプログラムをしっかりと固めてまいりますとともに、施設内の関係機関及び外部機関との連携体制の構築を図ってまいります。

光市議会 2019-02-25 2019.02.25 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文

まず、1つ目の「きゅっと×ハグ〜ン」のHUGプロモーション事業につきましては、おっぱい都市宣言のまちとして触れ合いの子育て「おっぱい育児」を推進する本市と、ハグを通じて触れ合いを促進し親子の幸せを応援する大王製紙株式会社で連携し、ハグをキーワードとしたシティープロモーション活動を展開しようとするものでございます。

光市議会 2019-02-22 2019.02.22 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文

若者を呼び込む移住・定住全力プロジェクトでは、おっぱい都市宣言のまちとしての認知度の向上を図るため、大手紙おむつメーカーである大王製紙株式会社と連携したPRイベントを開催いたします。また、ひかりの女子旅事業と題し、本市の新鮮な食材や豊かな自然を満喫できるツアーを開催し、参加者がSNSを通じて本市の魅力を多くの方に発信することで、効果的なシティプロモーションにつなげる事業を実施いたします。  

光市議会 2019-02-20 2019.02.20 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文

企業と連携したまちのPRとして、大王製紙株式会社の紙おむつイメージキャラクター「ハグ〜ン」とコラボレーションし、おっぱい都市宣言のまちとしての認知度の向上に努めるとともに、新たな命の誕生をお祝いするため、0歳から1歳の子供たちに共同制作のおむつケーキを贈呈いたします。また、本市の魅力をふんだんに盛り込んだ女子旅を企画します。

山口市議会 2019-02-18 平成31年第1回定例会(1日目) 本文 開催日:2019年02月18日

まず、本市と株式会社島津製作所国立大学法人山口大学、そして山口県とによる健康づくり等をテーマとした技術連携に関する基本合意締結について申し上げます。去る12月20日に締結いたしました、この基本合意では、各機関の持つ強みを生かし、認知症予防について全国に先駆けた取り組みを共同で実施することといたしたところでございます。

下関市議会 2018-12-18 平成30年第 4回定例会(12月)-12月18日−07号

本案は、しものせき市民活動センターについて、指定管理候補者を、代表者、株式会社プランドゥ、構成員、特定非営利活動法人ふるさと下関応援団とする「ふるさと下関活性化企業体」、指定期間平成31年4月1日から平成34年3月31日までの3年間として指定しようとするものであります。  

下関市議会 2018-12-17 平成30年第 4回定例会(12月)-12月17日−06号

スーパーマーケットなどが撤退し、高齢者や体の不自由な方が日常の買い物に困っておられる、いわゆる買い物弱者への対応については、生活協同組合による個別配送、食材宅配サービス事業者等による移動販売が展開されており、本年2月には、本市と「高齢者見守り隊」の協定締結した、株式会社丸喜による移動スーパー「とくし丸」が、個別配送による買い物支援を行っております。  

下関市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会(12月)-12月12日−03号

こちらのほうもですね、所有者でございます国土交通省、それからそこを管理しております西日本高速道路株式会社――ネクスコ西日本さんでございますが、こちらのほうと調整をしてまいってきたところでございますが、建物自体がですね、今事務所として3階建てがございますが、そちらのほうがいわゆる耐震性が不足をしているということ、そういうこともありますので、継続的な利用、いつまで借りられるかということも含めてなかなかはっきりしないところもございます

下関市議会 2018-12-11 平成30年第 4回定例会(12月)-12月11日−02号

また、本年2月には、本市と高齢者見守り隊の協定締結した株式会社丸喜による移動スーパーとくし丸が、個別配送による買い物支援を行ってございます。  現在、こうした買い物弱者対策に取り組んでいる事業者等の情報市民に提供できる体制を整えるため、商店街やスーパー等に調査を実施している段階でございます。

山口市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(4日目) 本文 開催日:2018年12月05日

また、この間、県との協議が進められてきたやまぐち産業振興財団を初め山口しごとセンター、山口県福祉人材センター、さらには、若者の就職等を支援する国機関地域商社やまぐち株式会社の移転が正式な形で示されました。こうした内容は、当日、説明会後開催されました報道発表により、夕方のローカルニュースと、それから翌日の新聞紙面において市民の皆様に明らかになりました。