運営者 Bitlet 姉妹サービス
3362件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 下松市議会 平成 30年12月 定例会(8回) 平成29年度の一般会計の執行で市民の皆さんの声に応えたものと思うこととして、昭和29年に学校給食が法制化され、下松でも学校給食が行われてきましたけれども、その学校給食の収支は市の予算や決算という公会計の枠の外に置かれて、いわゆる私会計で処理をされてきました。全国でさまざまな問題も発生をしてきたわけでありますし、学校の事務業務が過重になるというふうな問題も長年指摘をされておりました。 もっと読む
2018-10-01 下松市議会 平成 30年10月 臨時会(6回) それから、市内の店とかいうのは、これは昭和58年か59年だったと思いますが、笠戸ひらめを広める会、それはまあ規模縮小しましたが、その中でまだ地元でヒラメを出していただいている店等があるということで、そこに出しているという状況だと思います。それとか、イベントとかですね、いろんなイベントがあると思うのですけど。  もっと読む
2018-09-19 光市議会 2018.09.19 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 とは申しましても、今から31年前、昭和61年の利用者数は84万4,000人と発表され、当時は浜辺が人やパラソルで埋め尽くされるほどであったと言われています。また、10年前の平成20年は25万人、5年前の平成25年は16万4,000人と減少傾向にあり、近年はピーク時の15%程度にまで減少しております。 もっと読む
2018-09-18 光市議会 2018.09.18 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 議員御承知のとおり、クリーン光大作戦は昭和48年に開始し、ことしで45回目となる光市の伝統あるボランティア活動であり、子供から高齢者まで多くの市民に清掃活動にお取り組みいただいております。特に青少年にあっては、この活動を自主性を育む地域貢献活動の場として捉え、地域の方々とともに汗を流す場となっており、青少年健全育成を図る活動として定着をしております。   もっと読む
2018-07-01 下松市議会 平成 30年 7月 臨時会(4回) 今の栽培漁業センターは昭和58年に、たしか、つくられました。昭和57年から放流事業を行い──これ、県の試験場かな。そこから稚魚を購入して、57年には放流をしたということだったと思うんですが、58年に現在の栽培漁業センターを建設をし、中間育成、県のそういう水産試験場から購入した、そういう稚魚を一定期間培養して、一定の大きさにして放流をするというふうなことをやってきた。 もっと読む
2018-06-14 光市議会 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第2日目) 本文 対象事業は、昭和56年の新耐震基準導入前に建設をされ、耐震化が未実施の市町村の本庁舎の建てかえ事業等、また期間は、平成29年から平成32年までの4年間。時間はないもののこれは結構使えるのではないかなと私は思いましたけれども、これは当市光市では検討されたのかどうかお伺いいたします。 ◯議長(木村 信秀君) 小田総務部長。 ◯総務部長(小田 哲之君) それでは、再度のお尋ねであります。 もっと読む
2018-06-01 岩国市議会 平成 30年 第2回定例会(6月) 『防衛施設周辺におけるNHK放送受信料の助成制度の継続を求める意見書 昭和57年以降、防衛省は米軍岩国基地の周辺住民を対象に、航空機騒音によるテレビ視聴障害を認めNHK放送受信料の一部を助成してきた。  もっと読む
2018-05-10 萩市議会 平成30年 5月臨時会-05月10日−01号 萩市土地開発公社は、公共用地、公用地などの取得、管理、処分等を行うことにより、地域の秩序ある整備と公共の福祉の増進に資することを目的に、昭和49年に設立された法人でございます。  それでは、お手元の報告書を御参照願います。  1ページをお願いします。平成29年度の事業報告について御説明を申し上げます。   もっと読む
2018-03-26 光市議会 2018.03.26 平成30年第1回定例会(第6日目) 本文 地域包括ケアシステムとは、団塊の世代、いわゆる昭和22年から24年ごろに生まれた人が75歳になる2025年、平成37年ですか、これに向けて、重度の要介護状態になっても住みなれた地域で暮らせるよう、医療や介護、あるいは介護予防、生活支援、住まいが30分圏内で一体的に包括的に確保される体制をつくることだと政府は説明しております。 もっと読む
2018-03-01 下松市議会 平成 30年 3月 定例会(1回) 昭和30年代と50年代の2回も市財政を破綻させた自治体は、全国にそう数があるものではありません。その中の一つです。昭和51年に暴露された23億円の赤字は、当時の一般会計の予算額が約50億円でしたから、その46%に当たる金額であります。平成30年度の一般会計予算が117億円でありますので、その46%といえば99億8,200万円、法外な金額になるわけであります。  もっと読む
2018-03-01 山陽小野田市議会 平成 30年 3月定例会(第1回) 「管路の老朽化等は大丈夫か」との質問に、「供用開始が昭和56年なので、それほど危惧するものではない。工事費の4割から5割は処理場にかかっている」との答弁。  もっと読む
2018-02-27 萩市議会 平成30年 3月定例会-02月27日−04号 今回、佐々並バス停についてお聞きする前に少し歴史を述べますが、これまであったバス停は昭和45年に国道262号線開通にあわせて国鉄が設置したもので、旧旭村や地元に負担のない状態で設置をされておりました。それ以前は旧旭の佐々並支所前、解体済みでありますが、萩から山口へ行くのに中継バスセンター的な役割をもった建物があり、切符売り場やトイレ付きの待合所があったと記憶をしております。 もっと読む
2018-02-27 光市議会 2018.02.27 平成30年第1回定例会(第5日目) 本文 赤い羽根共同募金は、民間の運動として、戦後直後の1947年、昭和22年に、市民が主体の取り組みとしてスタートしました。当初は戦後復興の一助として、戦争の打撃を受けた福祉施設を中心に、資金支援する活動としての機能を果たしてきました。その後、社会福祉事業法(平成12年、社会福祉法に改正)という法律をもとに、民間の社会福祉の推進に向けて、社会福祉事業の推進のために活用されてきました。   もっと読む
2018-02-26 光市議会 2018.02.26 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文 現在計画が始まったばかりですから、まだはっきりとしてはいないとは思いますが、この老人憩いの家は主に昭和51年から平成2年まで築造されており、建設から現在まで約28年から43年もたっております。軽量鉄骨構造の簡易建設づくりで、便所もくみ取り式の一穴和式で、また、今後も高齢者の足腰も悪くなられていくであろう人たちが使用されているわけであります。 もっと読む
2018-02-26 萩市議会 平成30年 3月定例会-02月26日−03号 なお体育館については平成6年の建築で、耐震性が確保されていますが、校舎は木造で中学校部分が大正6年、小学校部分は昭和28年の建築で、耐震性は確保されていません。また老朽化も進んでいるところです。したがいまして当面校舎は事務所として、コミュニティ活動等は主に体育館を活用してまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-02-23 光市議会 2018.02.23 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文 本市の中心を流れる二級河川島田川の流域は、昭和40年代から、高度成長に伴い周南コンビナートや岩国工業地帯のベッドタウンとして都市化が進み、市街地からの生活排水の排出量は年々ふえ続けておりました。これに比例し、本市の上水道の水源である島田川や、瀬戸内海国立公園の虹ケ浜・室積両海岸地先海域の水質悪化は進行し、公共用水域の保全と衛生的な快適生活環境の確保への機運が高まってまいりました。 もっと読む
2018-02-21 光市議会 2018.02.21 平成30年第1回定例会(第2日目) 本文 この30年を振り返りますと、昭和から続いた右肩上がりの成長社会は過去のものとなり、明治期以降一貫して増加が続いていた我が国の人口は、平成20年をピークに減少に転じました。さらに、人口の一極集中や少子化傾向も一段と顕著となりました。   もっと読む
2017-12-21 岩国市議会 平成 29年 第6回定例会(12月) 本年は、昭和22年に地方自治法が施行され70周年の節目の年でございます。これを記念しまして、去る11月20日、東京国際フォーラムにおいて、天皇皇后両陛下御臨席のもと、地方自治法施行70周年記念式典が開催され、私も本市を代表して出席したところでございますが、このたびの70周年に際し、本市は、地方自治功労として総務大臣表彰の栄にあずかりました。 もっと読む
2017-12-15 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月15日−05号 この地域の適正配置というのは、昭和50年代から議論になりました。ここの中心部に4つの病院が集中している。そのために、例えば彦島地区は400床不足、あるいは北浦地区は600床不足、長府を初め、東部地域は600床不足。  このような中で、当時は今の市民病院は中央病院と言っておりましたけれども、上下水道局の対面にある今の上田中町、ここに存在をしておりました。 もっと読む
2017-12-14 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月14日−04号 旧下関市のし尿処理量及び世帯数につきましては、データで確認できるピークは昭和47年度で、処理量7万7,769キロリットル、4万8,862世帯でありまして、以後漸減して推移しております。旧4町につきましては、平成16年度以降のデータによりお答えしますが、し尿処理量及び世帯数は平成16年度が最も多く、それぞれ1万501キロリットル、6,495世帯であり、以後漸減しております。   もっと読む