13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

山口市議会 2019-12-23 令和元年第4回定例会〔資料〕 開催日:2019年12月23日

永 東 光(高志会)………………………………………………… 224  ア 令和2年度予算編成方針について   1) 県央中核都市公共投資の考察    一 立地を生かす責任    二 県下を俯瞰した施設とする責任   2) 協働による地域づくり    一 地域づくり交付金の再検証    二 転入者への家屋新築補助金検討    三 農業集落排水地域での人口増対策   3) 教育子育て    一 早期教育

山口市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年12月11日

早期教育プレスクール検討ということでございます。今年、令和元年10月から幼児教育保育が無償となりました。今、このとき、早期教育重要性に鑑み、よく言われますように、人間は6歳までに脳の90%が完成する。もう皆さんみんな遅いですけど。運動能力は95%が6歳までに養われると言われております。

宇部市議会 2016-09-13 09月13日-04号

それで、私なりに提案させていただきますと、1番目に、保育早期教育による人材育成として、非常に高い投資効果が期待できるのではないかと思います。今まで、民営化するとかで、保育お金を余り使わないことが検討されていたのですけれども、逆にお金を突っ込んでいっていいのではないかということを、私は最近だんだん思い始めています。 

宇部市議会 2016-09-13 09月13日-04号

それで、私なりに提案させていただきますと、1番目に、保育早期教育による人材育成として、非常に高い投資効果が期待できるのではないかと思います。今まで、民営化するとかで、保育お金を余り使わないことが検討されていたのですけれども、逆にお金を突っ込んでいっていいのではないかということを、私は最近だんだん思い始めています。 

萩市議会 2011-03-02 03月02日-01号

また、特別な支援を必要とする子供たち早期教育相談就学後の継続支援を行う「はばたき教育相談会」の実施や不登校などの生徒指導にかかわる諸問題に対応する「萩輝きスクール」での教育相談充実に努めてまいります。 学校施設については、児童生徒の安全で快適な教育環境を維持するために老朽化している各小中学校の施設改修を進めてまいります。 

萩市議会 2006-02-27 02月27日-01号

特別支援教育についても、0歳から18歳までの特別な支援を必要とする子供対象とした早期教育相談「はばたき教育相談」を充実させ、学習進路・就労に対し継続的な支援を行ってまいります。 教育施設については、教育環境充実を図るため、育英小学校校舎改築事業を引き続き実施するとともに、萩西中学校テニスコート用地購入などを行ってまいります。 

萩市議会 2005-06-22 06月22日-08号

市報にも紹介しておりますとおり、年間2回の定期相談会と、臨時の相談会を設け、福祉医療、保健、教育等の各機関が連携し、障害のある子供たち早期教育相談就学後の継続支援に当たっているところであります。 相談支援チームのメンバーといたしましては、医療関係者福祉関係者児童相談所萩養護学校教育相談担当特殊教育担当者臨床心理士教育委員会担当指導主事等で構成されております。 

下関市議会 2004-03-24 03月24日-05号

記1.事務調査 (1)派遣目的  1)外国語早期教育推進特区について          2)地方自治開放特区について (2)派遣場所  埼玉県挟山市、志木市 (3)派遣期間  平成16年 3月29日~3月31日 (4)派遣議員  林   真一郎2.事務調査 (1)派遣目的  1)観光行政について          2)農業農村整備事業について          3)合併問題への取り組みについて          

光市議会 2003-12-04 2003.12.04 平成15年第6回定例会(第2日目) 本文

赤ちゃんに負担をかけたり、保護者にプレッシャーを与えたりするような、早期教育運動ではありません。2つ目に、ブックスタートは、地域に生まれた全ての赤ちゃん保護者対象です。もともと絵本子育てに関心の高い人が希望する保護者だけではなく、全ての赤ちゃん保護者に楽しい絵本のひとときを届けます。3つ目に、ブックスタートは、メッセージを直接伝えながら絵本を手渡します。

光市議会 2000-09-08 2000.09.08 平成12年第4回定例会(第3日目) 本文

英語早期教育については、懇談会の中でも賛否両論あるようですが、今回の中間報告について、各方面から意見を聞き、年内に最終報告をまとめるようであり、今後、早期教育効果について活発な議論が展開されるものと考えます。一方では、インターネットなど情報通信分野をはじめとして、国際化情報化が否応なしに進むこれからの時代には、多くの人にとって国際語である英語はますます重要になってくるのも事実であります。

岩国市議会 1998-03-10 03月10日-03号

つまり、一部の私立幼稚園で既に実施している早期教育を取り入れる保育所が出てくるかもしれないということであります。しかし、どこまでを早期教育とみなし、どこまでの知識を本来身につけるべき常識の範囲内と判断するかは難しい問題であり、また、常識に対する各個人のとらえ方に違いもあり、一概に決めつけられない側面をも有しているのが実情であろうと思っております。 

  • 1