10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

光市議会 2011-03-04 2011.03.04 平成23年第1回定例会(第5日目) 本文

当時の文部大臣法案の提案理由を、小学校等において、その教育の一環として学校給食が適正に実施されるということは、とりもなおさず児童が自らの体験を通して望ましい日常の食生活を学び取ることであって、学校給食児童の現在及び将来の生活を幸福にする所以であり、教育的に実施される学校給食の意義は誠に重要である。このように説明をしております。  

光市議会 2001-06-15 2001.06.15 平成13年第2回定例会(第3日目) 本文

また、御存じのように、本市中学校の卒業生の数多くが進学し、在籍しております聖光高等学校機械科の製缶班は、第5回ものづくりコンテスト高校の部で最優秀の文部大臣奨励賞を受賞し、第6回の昨年も素形材センター会長賞を受賞するなど輝かしい成果を上げております。これも、小・中学校在籍時代における取組みの成果の一部ではないかと、ひそかに誇りに思っているところであります。  

光市議会 1998-12-10 1998.12.10 平成10年第6回定例会(第2日目) 本文

質問に入ります前に、一言、堀川教育長が今回教育委員会制度50周年記念、地方教育行政功労者表彰を、文部大臣表彰でありますが、お受けになりました。教育長は私にとって恩師であります。私ども同級生の多くの方々から、ぜひ議会で「お前が代わって教育長に一言お礼の言葉を述べてくれ」という温かい言葉を承ってまいっておりますんで、同級生一同を代表して、まずおめでとうございます。  

光市議会 1997-09-12 1997.09.12 平成9年第3回定例会(第3日目) 本文

そこで、先月、中央教育審議会文部大臣が幼児期からの心の教育のあり方について諮問を行っておりますが、このように、これからは幼いときからの心の教育を含めて、幅広い観点からバランスのとれた子供の成長過程を見直し、社会全体で子供たちを見守り育てる体制づくりを強化していく取り組みが必要であると考えております。  

光市議会 1993-12-10 1993.12.10 平成5年第5回定例会(第3日目) 本文

赤松文部大臣の発言を機に、裁判問題にまで発展してきておりますけれども、市内の公立中学校の長髪問題をどのようにとらえられ、どういう方向づけを考えておられるのか、お尋ねをしたいと思います。  児童生徒の若年性成人病についてお尋ねをいたします。  昨年の光市学校保健会総会において、「スポーツと突然死」という題で室積の富恵先生の講演をお聞きいたしました。

周南市議会 1964-07-20 07月20日-03号

先月だったかと思いますけれども、全国の市長会が東京でございまして、全国に今市が610市になりましたけれども、各自治体の市長がたすきをあてて国に対して、総務大臣厚生大臣文部大臣出ておりましたけれども、国の三位一体の税源移譲はどうなっているのかと大変強い、国に対して各市長の、何と言いますか、爆発すると言いますか、国の財政運営に対する意見が出ておりましたけれども。

  • 1