139件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山口市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年02月26日

また、各学校情報教育担当教員で構成される情報教育研究会におきまして、児童生徒の追及意欲を喚起することができる電子黒板デジタル教科書を活用した課題の提示、児童生徒が互いの考えをわかりやすくつたえるためのタブレット端末を活用した学習活動などについての研究を深め、好事例を市内の小・中学校に広げてまいることで、全市的な学力向上につなげてまいりたいと考えております。

山口市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(4日目) 本文 開催日:2018年12月05日

これらの機器やソフトウエアの活用方法につきましては、各校の情報教育担当教員で構成する山口市情報教育研究会に研究委託し、他県のすぐれた実践者を招聘してICT機器を活用した授業づくりについて研修を行うとともに、例えば、学校図書館資料インターネット情報効果的に活用した調べ学習、自分たちの地域のよさについて伝えたいことを明確にしたプレゼンテーションの作成等、各学校の特色ある授業実践を共有しているところでございます

光市議会 2018-10-23 2018.10.23 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文

2点目は、英語教育研究事業についてであります。委員より、英語教育研究事業にかかわる3年間の成果についてただしたのに対し、職員のつながり、児童生徒のつながり、教材によるつながり、授業方法のつながりを意識した小・中・高の連携の取り組みによって、英語授業が楽しいと感じてくれる子供たちの割合がふえている等の効果が得られた。

光市議会 2017-09-11 2017.09.11 平成29年第3回定例会(第4日目) 本文

光市で、これは教職員の自主的な研修の場ですが、光市教育研究会という組織がございまして、その中に部会別研修がございます。専門性を高めるための研修の機会については、こういう機会を利用しながら研修を深めているという状況です。  以上であります。 ◯副議長(磯部 登志恵君) 仲山議員

光市議会 2017-09-07 2017.09.07 平成29年第3回定例会(第2日目) 本文

しかし、その教科について、例えば光市内に専門家が誰もいないという状況はないわけでありまして、市の自主的な研修の場である市教育研究会、こうした中で、お互いに持ち寄った課題について研究を進めていく場もあるわけでありまして、そうした研修の場を通じながら、これからも資質、能力を高めていく努力をお願いしていきたいと考えているところであります。  以上であります。 ◯副議長(磯部 登志恵君) 大田議員

山口市議会 2017-06-14 平成29年第2回定例会(4日目) 本文 開催日:2017年06月14日

その効果をさらに高めていくための今後の取り組みといたしましては、平成26年度から昨年度までの3年間で、白石小学校、二島中学校において実施いたしましたタブレット導入実証実験事業の成果を踏まえまして、本年度も情報教育研究会においてICT機器を活用した授業の手法などに関する研究を進めてまいることとしております。

光市議会 2017-02-28 2017.02.28 平成29年第1回定例会(第5日目) 本文

このような観点から、市教委としても、幼児期の教育に携わる教員等の研修の場であります幼稚園・こども園連盟教育研究大会や、つながる子どもの育ち大会、幼保小連携教育研修会などの場において、資質能力の向上に向けた実践的な研修を支援するとともに、その場には小学校教員も積極的に参加しているところであります。  また、幼児期からの連続性、一貫性のある滑らかな学校教育への接続も重視すべき喫緊の課題であります。

周南市議会 2016-09-27 平成 28年10月 予算決算委員会-09月27日−01号

次に、教職員研修推進事業でございますけれども、598万9,000円で、周南市立の小中学校の教職員の研修活動、協議活動への補助、それから周南市教育研究センターにおいて教員キャリアステージに応じた研修を行い、教職員の資質向上を図り、学校運営の安定、児童生徒の学力向上を図ったものでございます。  

周南市議会 2016-09-09 平成 28年 9月 第5回定例会-09月09日−03号

COCは「センター・オブ・コミュニティ」の略でありまして、COC事業とは、地域コミュニティーの中核的存在としての大学等の機能強化を図ることを目的に、大学等が地域社会と連携をしながら、全学的に地域を志向した教育研究社会貢献を進める取り組みを支援する文部科学省の事業でございます。  

周南市議会 2016-09-08 平成 28年 9月 第5回定例会-09月08日−02号

イとして、平成25年度からスタートした周南市教育研究センターによる若手職員育成の成果はどのようになっているでしょうか。ウとして、中堅教員へのフォロー体制はどうなっているでしょうか。この問題に関しては、とりわけ若手教員への負担やフォローに焦点が向かいがちですが、行政企業でいえば中間管理職に当たる40代あたりの教員の負担も増加しているものと思われます。

柳井市議会 2016-06-13 平成 28年 第2回定例会( 6月)-06月13日−01号

歳入に、人権教育研究推進事業委託金及び財政調整基金繰入金を、5ページの歳出総務費の一般管理費に、災害見舞金として寄附金を、教育費の人権教育費に、人権教育総合推進地域事業の経費として賃金報償費及び旅費を、6ページに、同事業の需用費、役務費及び備品購入費を計上いたしております。以上で、補足説明を終わります。 ○議長(石丸東海)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

柳井市議会 2016-03-08 平成 28年 第1回定例会( 3月)-03月08日−02号

また、ほかの山梨県のある高校では、男女制服交換して一日を過ごすチェンジデーを企画して、770人の生徒中、約299人の生徒が制服の取りかえをして、多様な性のあり方を学んだり、また、愛媛県のある中学校では、これも文部科学省人権教育研究指定校に指定されて、教育計画の中に人間の多様性を認め、一人一人の人権が尊重される学校づくりとして、性的少数者を初めとするマイノリティーの人権に関する教育の推進を掲げられて

山口市議会 2016-03-03 平成28年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2016年03月03日

2009年1月には、大規模な文化芸術施設、イベント、コンテンツ産業の担い手育成教育研究による人材育成などが評価され、文化芸術創造都市部門で文化庁長官賞を受賞、また同年3月には、創造都市さっぽろ推進会議から、1、ユネスコ創造都市ネットワーク加盟、2、札幌国際芸術祭開催、3、国際会議・イベントの展開、4、創造的空間としての地下ネットワーク──いわゆる地下街ですが──の活用、5、産学官による推進体制整備

山口市議会 2016-03-01 平成28年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2016年03月01日

また、各学校での校内研修や教員で構成される情報教育研究会において、ICT機器を活用した効果的な授業づくりについての研修を実施してまいりました。平成28年度は中学校におきましても、本年度と同様に導入時の研修、校内研修、情報教育研究会における研修の3つの柱を軸とした研修を行いまして、教員授業でタブレット端末などを十二分に活用できるようにしてまいりたいと考えております。

周南市議会 2015-12-03 平成 27年12月 第5回定例会-12月03日−02号

このため、本年度からは教育研究センターにコミュニティスクールコンダクターを配置し、各学校を訪問したり、学校運営協議会参加したりして、それぞれのコミュニティスクールの推進に助言するなど、一層の支援に努めております。さらに、本年度、コミュニティスクールの運営を推進するために指定した4つのモデル中学校区における取り組み、これを検証する中で、その成果を、今後、市内全域に広めてまいります。

周南市議会 2015-09-28 平成 27年10月 予算決算委員会-09月28日−01号

周南市教育研究センターにおいて教員キャリアステージに応じた研修を行い、教職員の資質向上を図り、学校運営の安定、児童生徒の学力向上を図ったものでございます。これらの研修会は、周南市立の教職員全てを対象としておりますので臨時的任用教員も含んでおります。  なお、周南市教育研究センター主催の研修会実施回数は12回で、内容は学習指導児童生徒理解、学校安全危機管理道徳接遇等に及んでおります。