165件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

光市議会 2019-12-09 2019.12.09 令和元年第4回定例会(第4日目) 本文

介護福祉医療の拡充と連携を国の責任で推進し、地域全体で高齢者を支えられる体制づくりを進めるべきであり、虐待・貧困社会孤立などの処遇困難の高齢者救済は、本来、老人福祉法に基づく自治体の仕事でありますが、介護保険導入後、多くの自治体福祉事業所や保健所が担っていた高齢福祉は縮小され、介護保険任せにされてきました。

光市議会 2019-06-18 2019.06.18 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文

また、住宅への土砂流入については、個人財産への直接的な補助となるため、補助制度としての公共性、公平性確保の問題などの観点から、制度の設立には解決すべき課題があり、慎重な検討が必要であると考えているところでありますが、このように各自治体におきまして、過去の大規模災害の状況や地域の特性などを考慮しながら救済する仕組みを構築しており、それぞれによさがあるものと考えております。

光市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文

そして、合同チームの取り扱いですが、山口県中学校体育連盟の合同チーム編成規程において、個人の部のない団体競技で、単独では部員数が最低人数に足りないとき、またはチーム編成ができないとき、救済措置として合同チームを認めています。もちろんその合同チームは、山口県中学校体育連盟が主催する大会や、日本中学校体育連盟、中国中学校体育連盟が主催する大会においても、参加が認められているところであります。  

山口市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年02月26日

医療面での経済的負担は待ったなしで子育て世帯を直撃し、それを救済すべく、本市が助成の決断をされたことに心から敬意を表したいと思っております。その上で県に対して繰り返し要望をされておりますけれども、厳しい財政、また水準維持といった姿勢ばかりであり、全てを県に任せることはなかなか現実的ではないのかなといった気もしてきております。

山口市議会 2016-09-07 平成28年第4回定例会(4日目) 本文 開催日:2016年09月07日

このため、犯罪被害者等基本法などに基づき、交通事故被害者のための施策を推進しますとあり、また近年、自転車加害者となる事故において高額な賠償額となる場合もあり、こうした賠償責任を負った際の支払い原資を担保し、被害者救済を図るため、関係団体などと連携して損害賠償保険等への加入を加速化させますとあります。

山口市議会 2016-09-06 平成28年第4回定例会(3日目) 本文 開催日:2016年09月06日

あるいは、返済困難者を救済する目的での支援──困窮者への返済予定額の補助などが想定をされるところでございます。また、奨学金制度を支援していく主体といたしましては、国、地方自治体、民間の皆様が想定をされまして、今後、奨学金制度をより充実させてまいりますためには、それぞれの主体がそれぞれの役割を担っていく必要があるものと考えております。

山口市議会 2016-02-29 平成28年第1回定例会(2日目) 本文 開催日:2016年02月29日

ほんの少し前までは、多くの皆さんがみずからを中間層ということで、中間所得層と意識ができ、経済的弱者の救済を税金から拠出し、高齢社会を支えようという気持ちを皆さんが共有していたというふうに思います。改めて、そういう日本的な社会をさまざまな課題の解決を行いながら、取り戻す必要があるのかなと感じています。

光市議会 2016-02-26 2016.02.26 平成28年第1回定例会(第3日目) 本文

◯8番(大樂 俊明君) 19市町のうち、わずか3でありますが、やはり呼び込む策としてはこういった、限定しても構いませんので、赤ちゃんとか、そういった者を救済できるのがあるよというのを1つでも加えておけば、やはり他市からのIターンというのは、やっぱりあそこに住もうかというのは、若干なりともふえてくるのではないかなという思いがあります。  

山口市議会 2015-09-18 平成27年第3回定例会〔資料〕 開催日:2015年09月18日

らしやすいまちづくり   3) 若い世代への環境整備   4) 公共施設管理   5) 市民参画  イ 女性の活躍推進について  ウ きれいなまちづくりについて 24 村 田   力(村田力の会)……………………………………………… 248  ア 教育行政について   1) 基礎学力の定着・向上に向けた取り組み  イ 交通安全について   1) 交通安全運動への取り組み   2) ボランティア活動中の事故に対する救済

山口市議会 2014-12-09 平成26年第6回定例会(3日目) 本文 開催日:2014年12月09日

これでは救済策にも何にもなりません。一方、農家が一番ありがたいと思っていたところの、この直接支払交付金は半減がされたままであります。これは国が進める構造改革で、認定農業者あるいは法人などに土地を集約し、家族農業をこの表舞台から退場させるものです。ですから、山口市も今後7年から8年かけての、この農地の70%を中間管理機構などを通して農業委員会が集積する、こういったことになっております。

光市議会 2014-12-02 2014.12.02 平成26年第5回定例会(第1日目) 本文

議案第73号、光市国民健康保険条例の一部を改正する条例は、分娩による医療事故により障害が生じた患者救済するための産科医療補償制度掛金が引き下げられたことに伴い、加算額を減額する一方、妊産婦の実質的な負担を抑制するため、出産育児一時金額を増額しようとするものであります。  議案第74号は、(仮称)室積コミュニティセンター整備工事建築工事請負契約締結についてお諮りをするものであります。

山口市議会 2014-09-09 平成26年第4回定例会(3日目) 本文 開催日:2014年09月09日

相談者、支援対象者がたらい回しの目にあったような印象を持ったり、各機関への押しつけ合い、投げ合いでは今までと何ら変わらず、制度の根本理念であろう生活困窮者の救済とはほど遠くなると思います。さらには、生活困窮者への相談支援事業の実施について、市民の皆さんに周知をすることも大事であります。

山口市議会 2014-03-05 平成26年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2014年03月05日

1つ目は、豪雨災害、昨年の豪雨災害にかかわって被災者への救済、2つ目は、福祉分野の公共施設耐震化・更新の現状について、3つ目は、医療介護総合推進法案の影響と市としての考え方について、4点目は、生活保護基準引き下げによる他制度への影響の有無と対応について、この4点に絞らせていただきました。どうぞ、答弁のほうよろしくお願いいたします。  

山口市議会 2013-12-09 平成25年第5回定例会(2日目) 本文 開催日:2013年12月09日

次に、災害時の救急・救護・支援といった救済活動を担当する側の皆様の立場からの提案でございますが、救援活動のために被災地などに赴く前に、自分たちの生活基盤が崩壊をして不安定な状態で後顧の憂いを抱えたままの状態では、救援活動に全力投球することは不可能であります。そうした視点での質問であります。

光市議会 2013-09-12 2013.09.12 平成25年第3回定例会(第2日目) 本文

お尋ねの、さまざまな理由から分納誓約などにより納税をしておられる方の延滞金の救済措置でございますが、まずは本税、督促手数料を完納していただき、その後、納税者の所得状況や財産の調査などをしながら、市税条例施行規則に、災害に遭われたときや生計を一にする親族等が疾病または死亡により多額の出費を要したときなど、9項目の減免事由が定められており、減免申請書が提出された場合には、当該9項目に照らし、適切に減免措置

山口市議会 2013-09-10 平成25年第3回定例会(3日目) 本文 開催日:2013年09月10日

このような被害農家に対しての救済策として、金融対策は示されていますが、水稲を除けば作物被害補償対策はありません。このように自然災害が多発する現状下では、作物補償制度が必要です。今、国・県レベル対策として、野菜の価格補償制度があります。これを災害時の被害作物の補償も含めるように、制度を改正することができないか。

山口市議会 2013-09-09 平成25年第3回定例会(2日目) 本文 開催日:2013年09月09日

1件でも、そしてお一人でも多くの方々を救済できるよう、山口市役所の英知を集結し、総力でもって大胆かつ柔軟で丁寧な対応をお願いしたいと思いますが、この点について力強い御答弁をお願いいたします。続いて、風評被害対策でございます。災害報道では、山口市豪雨災害とこのように出るものですから、あたかも山口市全体が被災したかのようで、観光への足が遠のくおそれがあることも懸念をされておりました。

山口市議会 2013-03-05 平成25年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2013年03月05日

今回の諮問につきましても、高齢者福祉施設での勤務経験や現在、民生、児童委員として長年地域社会福祉の増進にかかわっておられるとともに、その専門性を生かせる方を推薦しようとするものであり、人権に関する相談、救済、啓発など、地域に根差した活動が期待できるものと考えております。