1888件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山口市議会 2020-12-21 令和2年第5回定例会〔資料〕 開催日:2020年12月21日

) ICT教育の現状とこれからの方向性   2) ICT教育に対する教員の研修体制  エ 地域交通政策について   1) 公共交通機関利用者の待合環境整備 7 野 村 雄太郎(市民クラブ)………………………………………………  90  ア 令和3年度予算編成方針について   1) 予算要求基準   2) 公共事業  イ 働く・起業なら山口について   1) アカデミーハウス   2) 市内企業の支援

山口市議会 2020-12-21 令和2年第5回定例会(6日目) 本文 開催日:2020年12月21日

農家の皆様の窮状に真に寄り添い、スピード感ある支給支援上乗せや追加の支援も併せて、早期予算計上されますことを強く要望いたします。次に、地域外来検査センター拡充について申し上げます。これは現在の週2回、火曜日と木曜日の検査体制医師会等との調整により、予算上は週5日PCR検査を実施できるように確保をして、医師会等との調整を行うものであると理解しました。

宇部市議会 2020-12-16 12月16日-04号

次に、質問の第2、新型コロナウイルス感染症流行下における支援についてです。 現在、新型コロナウイルスの第3波は拡大の一途で、地方の被害拡大し続けています。政府の対応は中途半端で後手後手になっているためと、これも言わざるを得ません。一番の被害者中小零細業者であり、市民学生です。生活が苦しくなっている市民学生への支援を強めることが、今、地方自治体に求められていると思います。

山陽小野田市議会 2020-12-15 12月15日-08号

今回の補正でありますが、現在、国において、その確保が進められている新型コロナウイルスワクチンについて、今後の供給開始を見据え、事前に接種体制整備を行うためのものであり、事務処理システム改修経費など円滑なワクチン接種に向けた所要の経費を計上するものと、今年は県内外でトビイロウンカによる深刻な水田被害が発生しており、被害を受けた水稲生産者支援するため、県の支援歩調を合わせた補助金を創設し、水稲生産者

宇部市議会 2020-12-14 12月14日-02号

本市では、コロナ禍において、これまでも中小企業等に対して、相談窓口支援に関する情報を提供するとともに、市内事業者対象に定期的にアンケート調査を実施し、状況把握を行ってまいりました。 また、市内中小企業等事業継続への支援として、本市独自の制度である中小企業等持続化支援金小規模事業者生活様式対応支援金等を交付してきたところです。 

下関市議会 2020-12-14 12月14日-06号

また、法令において基準日を取り決めた規定は特になく、当該給付金本市独自の支援であり、基準日を初め、交付要綱なども含め本市において制度設計を行い、事業を実施しているところでございます。 なお、軽自動車税などの市税において、5月31日までが納付期限となっているものについて、6月1日に納付されたことが確認できない場合には、給付対象から外れることとなります。以上です。

周南市議会 2020-12-14 12月14日-06号

本市では、行財政改革を一時凍結し、コロナ感染症対策に全力で取り組み、これまで第1弾から第5弾までの支援を積極的に講じてまいりました。支援に係る予算総額は約170億円で、そのうち市独自の対策に係る予算額は約18億円であり、その財源には国からの臨時交付金活用しています。しかしながら、財源全てを交付金で賄うことができないため、本市では、財政調整基金を取り崩し対応しています。 

下関市議会 2020-12-11 12月11日-05号

建設部長清水悟君)  本市空き家対策につきましては、空き家発生制御から活用解体、更新に至るまで、空き家の状態に応じてさまざまな支援を行っております。具体的には危険な空き家に対する解体補助空き家への住居促進を図るための改修補助管理から流通までを促進する管理補助などのほか、跡地活用補助、さらに空き家問題の解決に取り組む団体活動支援する住宅活用支援事業などの補助制度を実施しております。

下関市議会 2020-12-10 12月10日-04号

(「なっているのですね」の声あり) ◆小熊坂孝司君  それと、下関のパンフレットもそうですけども、コロナ感染症により、事業が非常に厳しい、売り上げが上がらない、こういったところで、支援として、給付金補助金雇用助成金とかあるのですけど、結構、国の経済産業省支援下関とかよく一緒になっているのですね。 

山口市議会 2020-12-09 令和2年第5回定例会(4日目) 本文 開催日:2020年12月09日

こうしたことから、本市といたしましては森林組合をはじめとする林業経営体に対しまして、労働安全や労働力確保に向けた支援のほか、生産性の向上や雇用安定化等の視点からICT機器の導入、重機オペレーター育成下刈り従事者熱中症対策費への支援など、解決すべき課題に対応した各種の支援を展開しておりまして、森林環境譲与税財源としたこれらの支援をしっかりと活用されることによりまして、経営基盤の強化につなげていただきたいと

柳井市議会 2020-12-09 12月09日-03号

新型コロナウイルス感染症感染拡大以降、関係機関と連携しながら、外出や移動の自粛等により、被害が深刻である飲食業宿泊業への支援や、国の支援への上乗せ、国の事業の要件に満たない市内事業者への支援など、必要な支援を段階的に講じてまいりました。 特に、給付金早期支給は、事業継続のために一定の効果があったものと認識しております。 

長門市議会 2020-12-09 12月09日-03号

そこで、市と致しましても、緊急的な対策を講じる必要があるとの判断の下に、この度、12月の定例会ウンカ被害に対する支援に係る補正予算案を提出させて頂いているところでございます。 本市農業の核をなす稲作農業の今後の展望が開けるよう、関係機関の方々としっかりと連携をとって、これからも対応していきたいというふうに考えているところでございます。以上です。 ○議長(武田新二君) 有田議員

萩市議会 2020-12-09 12月09日-05号

また別の調査では、ヤングケアラーの学校生活への影響では、学校などにはあまり行けていない、休みがちなどが約31%で最も多い結果であり、このような状況から厚労省では、具体的な支援を検討するため、教育現場対象にした初の全国的な実態調査をこの12月からでも始めるとのことです。 実際に把握された事例として小学6年生の子では、幼児の兄弟が一人おりずっと世話をしている。親に障がいがあり食事提供が不十分。