52件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下松市議会 2016-09-05 09月05日-02号

貸付金以外に市からは出損金のほうも出しておりますので、これもそれぞれ出すときに出損金につきましては、大城の資本の状況といった意味で市のほうから出しております。 貸し付けにつきましても、4,800万円、これ運転資金ということで、長期貸付金ということで出しております。 いずれにしても、大城の経営自体が安定して、ずっと継続することが本市の目的でもあり、観光振興のためになるものでございます。 

周南市議会 2015-12-18 12月18日-06号

また、市が行う工事等の請負契約(下請負を含む)、委託契約、物品納入契約、その他の契約についてですが、その他の契約は一体どの範囲を指すのか明確にするべきではないか、という意見がある一方、その他の契約については削除してもいいのではないか、市の出損金を伴う契約というほうがわかりやすいのではないか、といった意見がありましたが、ここは、「市が行う工事等の請負契約(下請負を含む)、委託契約、物品納入契約その他これらに

山陽小野田市議会 2015-12-15 12月15日-05号

現在は、寄附をした場合には、一部は損金扱いされて30%が減額されます。そうしますと、これを2つ加えると60%です。ですから、1,000万円の寄附をされれば600万円は控除されるということになるわけで、より、これも活化される傾向を持っていると思います。 したがって、今後の制度の動向を注視していただいて、タイムリーな対応が求められると思いますが、以上、この2点について、現状のお考えをお教えください。

山口市議会 2015-12-08 平成27年第5回定例会(3日目) 本文 開催日:2015年12月08日

また、法人から御寄附をいただいた場合は、寄附金額は損金算入することができまして、国税、県税、市税合わせて寄附金額の約3割が減税となります。次に、ふるさと納税制度に関する本市としてのメリットでございますが、本制度は自主財源の確保はもとより、お礼の品の送付を通じたふるさと産業の振興や、シティセールスの推進に大きな効果があると認識をいたしております。

宇部市議会 2015-06-18 06月18日-04号

そうすると、例えば宇部市なんか、先ほど改築資金は余り使わないようにと言われたけれど、事故を起こすと桁が違う損金が出るので、できたらいわゆる平準化債ですか、これとかを使ってもいいのではないかと思うのです。 そういうことをやって、やはり資金面できちんとマネジメントしていかないと。

宇部市議会 2015-06-18 06月18日-04号

そうすると、例えば宇部市なんか、先ほど改築資金は余り使わないようにと言われたけれど、事故を起こすと桁が違う損金が出るので、できたらいわゆる平準化債ですか、これとかを使ってもいいのではないかと思うのです。 そういうことをやって、やはり資金面できちんとマネジメントしていかないと。

宇部市議会 2014-12-16 12月16日-03号

このように繰越欠損金損金算入枠の縮小、軽減税率の見直しを含め実行に移されることになれば、経営基盤の弱い中小企業、体力が弱い企業ほどダメージが大きくなります。 政府税制調査会は、成長する企業を支える税にすべきという考えのようですけれども、そもそも大企業の成長を支えているのは中小企業ではないでしょうか。このことによる負担増となる中小企業は、日本雇用の7割を有し、企業数の99.7%を占めています。

宇部市議会 2014-12-16 12月16日-03号

このように繰越欠損金損金算入枠の縮小、軽減税率の見直しを含め実行に移されることになれば、経営基盤の弱い中小企業、体力が弱い企業ほどダメージが大きくなります。 政府税制調査会は、成長する企業を支える税にすべきという考えのようですけれども、そもそも大企業の成長を支えているのは中小企業ではないでしょうか。このことによる負担増となる中小企業は、日本雇用の7割を有し、企業数の99.7%を占めています。

下関市議会 2014-09-03 09月03日-01号

前年度繰越損金54億4,257万2,000円に当年度純損失を加えた61億7,161万2,000円が当年度未処分欠損金となっています。 事業の収益性は、総収支比率89.7%、営業収支比率60.8%、経常収支比率90.0%と、いずれの指標も100%を下回っています。

周南市議会 2014-06-18 06月18日-06号

また、今の状態を伸ばせば伸ばすほど累積赤字がふえ、最終的に閉じた時点でどれだけ損金が残るかというところで、これは結果的に市民の負担になる。福利厚生施設として存続を図るのか、相応の投資をして収益施設として存続させるのか、きちんと市民に向けてでもよいし、地域の皆さんに向けてでもよいので、十分ニーズを把握すべきである。

山陽小野田市議会 2013-06-19 06月19日-03号

特定寄附金に該当する寄附金であれば、全額損金算入することが可能なんだということがわかりました。 ふるさと納税寄附金は、国、地方公共団体に対する寄附金に含まれ、特定寄附金に該当するんだということですから、企業さんにぜひこの辺り、応援をお願いするといったようなことをすると、今、企業さん儲かってるところたくさんあるようですから、ここは全額損金で落とせるわけですよ。そういった仕組みなどもありますからね。

下松市議会 2013-02-28 02月28日-03号

何の問題もないんですが、やはり先ほど言いましたように、下松市が補助金なり、出損金なりと今まで出しておりましたし、いろんな形で施設改修、市のもんですからやりますが、市長が市長にお金を渡すという感覚、これについてのわかりやすい説明があれば、いただければというふうに思います。 ○副議長(高田悦子君) 松原経済部長

周南市議会 2012-03-06 03月06日-02号

また、代物弁済への土地はそう簡単に売れるものではないが、これは市にとって事実上、損金になるのではないか、との問いに対し、代物弁済の用地価額は平成24年1月1日現在の評価額であり、現金収入があるわけではない。求償権に、それに対してそれが一部弁済されたということは、あくまでも数字上の問題である。しかし、今回、市がこの債権を放棄することにより、市と公社の債権債務関係が整理される。

下松市議会 2012-02-28 02月28日-01号

この結果、収支差し引きでは285万6,000円となりますが、損益計算上では損金なしとなります。 また、資本収入は5,670万円を、資本的支出は6,863万3,000円を計上いたしました。差し引き不足額1,193万3,000円は、消費税及び地方消費税資本的収支調整額、建設改良積立金並びに損益勘定留保資金で補てんすることとしております。 次に、条例関係の13議案について御説明いたします。