1683件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山口市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔資料〕 開催日:2019年06月24日

バンクとの連携   4) 市の役割  イ 樹木の維持管理について   1) 病害虫対策   2) 街路樹  ウ 案内看板について   1) わかりやすさ   2) 安全対策 10 山 本 敏 昭(公明党)………………………………………………… 110  ア 山口市観光交流加速化ビジョンについて   1) 目標値の意味   2) フィルムコミッションとの連携   3) 他市との差別化   4) 市民意識

山口市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(6日目) 本文 開催日:2019年06月24日

有権者が投票の公平性に疑念を招かないよう、選挙事務の信頼回復のためにいま一度事務従者の意識を新たにしていただき、選挙事務に臨んでいただきたいと要望するものであります。  次に、山口市防災図上訓練中の緊急速報メール及びエリアメールの誤発信について申し上げます。市民の命を守るため、正確な情報をいち早く届ける緊急速報メール及びエリアメールが、逆に市民の皆さんを不安にさせる結果となってしまいました。

光市議会 2019-06-19 2019.06.19 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文

また、一貫校への再編に際して、他の地域というかよその例として聞いておりますことに、校歌や校名、校章、制服というものは帰属意識や一体感に大変影響が大きいものだと。それらの影響や効果を考えて、みんなに喜んで受けとめられるように進めていただくことを、お願いしておきます。  次に、3点目のコミュニティ・スクールの継承への配慮に移ります。  

光市議会 2019-06-18 2019.06.18 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文

同じような形で、資格の話で、講習会に行っただけですよというお話ですが、それは講習会に行っただけであっても意識が違う。そういう意識で常々管理をしている。そのことが大事なんですよ。今の現況は、ある意味ではつくるのはつくったけれども、あとは地域任せと。こんな状況が起きているんじゃありませんか。そのあたりのところについては、よくまた反省とは言いませんが、よく検討していただいたらと思います。  

光市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文

国の防災減災緊急対策の1つに、水防災意識社会の再構築があります。近年、河川の氾濫による痛ましい被害の発生に鑑み、施設では守り切れない大洪水は必ず発生するものという大前提に立ち、社会全体で洪水に備える水防災意識社会を再構築しようとするものです。  光市においても、平成29年には、光地域山口県管理河川における大規模氾濫に関する減災対策議会が設置をされています。

光市議会 2019-06-13 2019.06.13 令和元年第2回定例会 目次

3) 浸水実績の把握と周知        (4) 増加する休耕田、裏山崩壊対策としての土砂等撤去補助金制度の          必要性        (5) 土嚢ステーションの設置     ・ 頻発する風水害を防ぐために私たちにできること        (1) 地球温暖化防止対策に取り組む         ア 第二次環境基本計画後期リーディングプロジェクトの加速化         イ 習慣化が環境意識

山口市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年06月13日

同時に、その核家族化や共働き家庭の増加など、社会経済情勢の変化の影響や、子供に対する安全意識の高まりから、放課後児童対策への重要性が高まっていると思われます。平成24年に成立した子ども・子育て支援法に基づき、山口市としては、山口市子ども・子育て支援事業計画を策定しています。各種事業もこの計画に沿う形で事業実施されてきていると理解をしております。

山口市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年06月11日

役所全体にも言えることかもしれませんけれども、私は当事者意識というものがこれほど低いのかと今でも思っております。さきの議会における同僚議員質問でも、その点について熱い思いを述べられておりましたけれども、もし自分の周りで何らかの形の当事者があらわれた場合、その程度の意識でいられますかと聞き返したいぐらいだったのですけれども、それが現実であります。

山口市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年02月28日

まずは、職員一人一人の意識改革のための取り組みが急務ではないかとも考えておりますがいかがでしょうか。現在、国内で学んだり、働いたりする外国人がふえております。御案内のとおり、この4月1日から改正された出入国管理及び難民認定法施行されます。ここからは入管難民法と表現しますけれども、人口減少にある山口県でも、また、他の市町村に行っても外国人がとてもふえた感じがするのは私だけではないと思います。

山口市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年02月27日

本市におきましては、多文化共生の取り組みといたしまして、第二次山口市総合計画の前期基本計画の施策に国際化の推進を掲げ、その基本事業に多文化共生の推進を据えまして、先ほど申し上げましたような各種講座の実施などによりまして市民意識醸成に向けた各種の取り組みを行っているところでございます。

光市議会 2019-02-26 2019.02.26 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文

これを読むと、まさしく子供たちとその生きる未来に向けてをかなり意識した宣言であるとの印象を受けます。子供は未来です。未来の市民です。将来目指したい未来のために、積極的にどんな経験をし、どんなことを感じ、学んで育ってほしいかを考えていきたいところです。  そこで、自然敬愛都市宣言のまちに育つ子供はどんな子供であってほしいか、今回は環境所管のお考えをお伺いします。

山口市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年02月25日

教育長におかれましては、昨年の就任後初めての議会で、「これまで進めてきたコミュニティスクールを初めとした地域社会全体で子供を育てる取り組みを推進し、学校保護者との連携、協働に加え、地域、民間社会などのさまざまな団体子供の成長を育む担い手としての意識を持ち、地域社会子供の成長を見守っていく、みんなが当事者意識を持って学校をよくしていく、大人も学校を通してつながっていくことが大事である。

光市議会 2019-02-22 2019.02.22 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文

先ほども申し上げましたが、マネージをする政策企画部、所管課は意識を高めて、強い財政基盤の確立を目指していただきたいと思います。  以上で全ての質問を終わります。 ◯議長(西村 憲治君) ここで暫時休憩いたします。再開は振鈴をもってお知らせいたします。                  

光市議会 2019-02-20 2019.02.20 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文

もとより、一般財源の歳入規模に見合う財政構造への転換を計画的に推し進めるため、一般財源配分方式も導入から3年目を迎え、全職員が、限りある財源を市民のために最も必要な事業に有効的に活用するという意識のもと、予算編成に取り組んだところであります。  この結果、一般会計予算規模は、対前年度当初比8.7%減の199億9,000万円といたしました。

山口市議会 2019-02-18 平成31年第1回定例会(1日目) 本文 開催日:2019年02月18日

今後とも中原中也賞を通じまして、時代を越えて愛される中也の魅力と中也の詩の世界を広く発信し、豊かな芸術文化意識の向上を図りますとともに、本市の創造文化都市としての価値やイメージをさらに高めてまいる所存でございます。  次に、中原中也記念館開館25周年記念事業について申し上げます。