538件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宇部市議会 2020-12-06 12月06日-02号

質問の2は、国民健康保険制度及び後期高齢医療制度についてです。 国民健康保険は、国民保険根幹をなす制度ですが、構造的な問題を抱えているということを厚生労働省自身が認めています。かつては、農林水産業自営業加入者の7割を占めていたものが、現在は、年金生活者など無職加入者と非正規労働者が8割を占めています。国が制度安定運営のために投入してきた国庫支出金、この割合を年々引き下げる。

宇部市議会 2020-12-06 12月06日-02号

質問の2は、国民健康保険制度及び後期高齢医療制度についてです。 国民健康保険は、国民保険根幹をなす制度ですが、構造的な問題を抱えているということを厚生労働省自身が認めています。かつては、農林水産業自営業加入者の7割を占めていたものが、現在は、年金生活者など無職加入者と非正規労働者が8割を占めています。国が制度安定運営のために投入してきた国庫支出金、この割合を年々引き下げる。

山陽小野田市議会 2020-03-25 03月25日-06号

◆議員(山田伸幸君) この後期高齢者医療特別会計、この後期高齢医療制度そのものが重大な問題があると。年齢によって入る保険制度が変わるというのは、世界的にもまれに見る制度だということで、これまでも指摘をしてまいりました。 そして、この間、滞納者に対して県内では短期証資格証明書を出すという動きが行われているんですが、本市ではどのようにされているのかお聞きいたします。

山口市議会 2020-02-27 令和2年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2020年02月27日

後期高齢医療制度は、75歳以上の高齢者等を対象とし、都道府県単位に設置された後期高齢者医療広域連合主体となり、平成20年から運用が開始されました。制度に係る費用につきましては、公費が5割、現役世代からの保険料が4割、被保険者からの保険料1割で賄われているところでございます。

光市議会 2019-10-21 2019.10.21 令和元年第3回定例会(第6日目) 本文

後期高齢医療制度は、国民年齢で区切り、高齢者別枠医療保険に囲い込んで負担増差別をつくっております。後期高齢医療制度問題点としては、後期高齢者がふえ、また医療費がふえれば、保険料値上げ及び医療内容別枠化というどちらをとっても高齢者は痛みしか選択できないことになります。

下松市議会 2019-03-26 03月26日-06号

これに対し、後期高齢医療制度における保健事業等を行っていくが、市町の国保保健事業とも連携しながら対策を図っていくとの答弁がありました。 討論に入り、次のような意見、要望がありました。 反対する。高い軽減がかかっている方たちには、もっと手厚い対応をしていく必要がある。本当に高齢者の皆さんが安心して医療にかかれるような制度につくりかえていく必要がある。現状の制度では不十分である。 賛成する。

山陽小野田市議会 2019-03-25 03月25日-07号

その内容は、「この後期高齢医療制度については、そもそも年齢によって保険制度が変わるというのは、世界的に見ても異常な事態だと以前から指摘をしており、この制度廃止をすべき」というものであります。 討論を終わり、採決の結果、議案第16号は賛成多数で可決すべきものと決しました。 次に、議案第19号平成31年度山陽小野田病院事業会計予算についてでございます。 まず、概要についてです。

光市議会 2019-03-22 2019.03.22 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文

質疑終結の後、討論において、後期高齢医療制度保険料均等割軽減する特例措置、9割と8.5割の軽減が、平成31年10月から廃止される、後期高齢医療制度高齢者生活を守る視点に立った制度であるべきとの反対討論がありました。討論終結の後、採決の結果、議案第5号は、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。  その後、平成30年7月豪雨災害に係る市民部関係分の報告がありました。  

岩国市議会 2019-03-08 03月08日-04号

また、国民健康保険の被保険者数は、人口の減少高齢化の進展に伴う後期高齢医療制度への移行により減少が続く中、国保加入者高齢化率は約50%となっており、1人当たりの医療費は年々増加傾向にあります。 高齢化などにより医療費がふえている中、保険料の収入が上がらない状態が続いており、財政的に苦しい状況が続いています。

光市議会 2018-10-23 2018.10.23 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文

後期高齢医療制度は、国民年齢で区切り、高齢者別枠医療保険に囲い込んで負担増差別をつくっています。2008年の制度導入後から既に4回にわたる保険料値上げが強行されました。制度導入時、低所得者保険料軽減する仕組み、特例軽減を導入しました。  ところが、制度の定着を理由に、特例軽減を撤廃していくことを決め、2017年度から、低所得者に対する保険料軽減措置を縮小しました。

下関市議会 2018-09-20 09月20日-03号

また、山口後期高齢者医療広域連合保険者である後期高齢医療制度としては、健康診査歯科健康診査本市の被保険者に御案内しております。歯科健康診査は、かむ力、舌の動き、のみこむ力などの検査項目がありますので、フレイル等対策の1つであるというふうに考えております。以上です。 ◆濵岡歳生君  どうもありがとうございます。

山陽小野田市議会 2018-03-28 03月28日-09号

その内容は「後期高齢医療制度そのものに問題があり、また、年金まで差し押さえるのはいかがなものかと思う」ということです。 採決の結果、議案第20号は賛成多数で可決すべきものと決しました。 次に、議案第25号平成30年度山陽小野田病院事業会計予算についてでございます。 まず、その概要についてです。 

光市議会 2018-03-26 2018.03.26 平成30年第1回定例会(第6日目) 本文

75歳になりますと、国保から抜けまして後期高齢医療制度に移ります。所得割が10.28%、均等割が5万2,440円、窓口負担は原則1割、平等割制度はありません。この関係から一括討論をお願いをしたものであります。  ことし4月から、国保都道府県単位化になりました。平成27年、2015年ですか、持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法案が成立をいたしました。

下松市議会 2018-03-23 03月23日-06号

これまでたびたび同じ文言で、この後期高齢医療制度の性格を表現してまいりました。耳にたこができるまで、これは私は主張すべきだというふうに考えていますので、そういうふうな立場で重ねて意見表明を行います。 この制度は、個人差、性差、地域差など、一切考慮せずに、75歳という年齢だけでそれまで加入しておりました公的医療機関から切り離すと。

周南市議会 2018-03-16 03月16日-06号

この議案は、住所地特例適用された国民健康保険の被保険者が75歳になったことなどにより後期高齢医療制度の被保険者となった場合、住所地特例を引き継ぐよう所要の改正を行うものです。 さしたる質疑なく、討論なく、採決の結果、本件は全会一致原案のとおり可決すべきものと決定しました。 次に、議案第42号、周南市農林業集会所条例の一部を改正する条例制定についてであります。 

下松市議会 2018-02-23 02月23日-04号

確かに、介護保険後期高齢医療制度が始まって、その介護といったところに重点が置かれ、視点が置かれている中で高齢者福祉が始まりましたが、しかし、それだけではだめだという観点から、この概念図にもありますように、医療とか看護とか、あるいは保健、予防といった青葉も生えさせなければならないといった概念図になっております。 

岩国市議会 2018-02-22 02月22日-01号

改正内容としましては、高齢者医療の確保に関する法律の改正に伴い、国民健康保険法の規定により住所地特例適用を受けて岩国市の国民健康保険の被保険者となっている者が後期高齢医療制度に加入した場合には、この特例適用を引き継ぎ、岩国市が加入する山口後期高齢者医療広域連合の被保険者となることについて規定するものです。 なお、本条例は、平成30年4月1日から施行することとしております。