298件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-26 下関市議会 平成31年第 1回定例会(3月)-03月26日−10号 次に、待機児童に関し、放課後児童クラブ、こども園、保育園等の待機児童の状況が確認されるとともに、本年10月に予定されている幼児教育無償化に伴い、入園を希望する児童がふえ、待機児童が増加することを危惧する意見がなされております。  このほかにも、子ども医療費助成制度の拡充の可能性、子どもの未来応援事業や幼児教育無償化の内容等について質疑がなされております。   もっと読む
2019-03-12 下関市議会 平成31年第 1回定例会(3月)-03月12日−07号 特に待機児童解消については、無償化により、さらに需要が喚起されることが予測されます。認可保育園等、質を確保した施設で対応ができるようにしてください。5番が、公立保育園等の無償化についても、自治体負担が増すことがないように、必要な措置を講じてください。6番目が、認可外保育施設の取り扱いについては、質確保の点で問題があります。 もっと読む
2019-03-11 下関市議会 平成31年第 1回定例会(3月)-03月11日−06号 無償化に伴い働こうかと考えるお母様方がふえておられるだとか、あるいはまた、待機児童がふえるんじゃないかといったようなことも出てこようかと思います。  このことは当然、国においても国会においても、議論がなされているところでございます。 もっと読む
2019-03-06 下関市議会 平成31年第 1回定例会(3月)-03月06日−03号 また、幼児教育無償化の影響を受けて、入園を希望される方が増加し、待機児童の発生を誘発しないかということなども懸念をされております。  そのほか、実施に向けての関係機関との調整、そして事務負担の増加など、課題は多くありますが、円滑に導入できるよう、しっかりと準備をしていきたいと考えております。  次に、財政状況についての御質問でございます。 もっと読む
2018-10-02 光市議会 2018.10.02 平成30年第3回定例会(第5日目) 本文 この情勢を背景に政府は、持続的な経済成長の実現に向け、人づくり革命と生産性革命を両輪として、平成29年12月に、新しい経済政策パッケージを閣議決定し、少子高齢化という最大の壁に立ち向かうため、幼児教育の無償化、待機児童の解消、中小企業・小規模事業者の投資促進と賃上げの環境の整備、事業継承の集中支援等の事業を展開したところであります。   もっと読む
2018-10-01 下松市議会 平成 30年10月 臨時会(6回) 続いて、小規模保育、3歳の壁ですが、現在、平成30年の3月1日現在では、3歳以上は待機児童は発生しておりません。潮音保育園と公立保育園で調整できる範囲でしておりますが、民営化の関係もありますが、潮音保育園はその関係でまだ継続して公立として運営している状況です。 見通しでございますが、実際は待機児童は3歳未満、これがほとんどなんです。 もっと読む
2018-09-21 下関市議会 平成30年第 3回定例会(9月)-09月21日−04号 3つ目、0歳から2歳児については、待機児童解消の取り組みとあわせて、住民税非課税世帯を対象として無償化を進めるとされております。その実施につきましては、2019年、来年の10月から全面的な無償化措置の実施を目指すとされております。   もっと読む
2018-08-31 下関市議会 平成 30年 8月31日 文教厚生委員会-08月31日−01号 都市部における待機児童対策や、人口減少地域での保育事業の受け皿という役割を担っております。  続きまして、「2 改正概要」についてでございます。 もっと読む
2018-06-21 下関市議会 平成30年第 2回定例会(6月)-06月21日−06号 続きまして、保育園の待機児童対策について質問をさせていただきます。  政府は、幼児教育、保育園の無償化について原案を次のようにまとめました。 もっと読む
2018-06-15 下関市議会 平成30年第 2回定例会(6月)-06月15日−02号 国民健康保険都道府県単位化  について (2) 子育て世代への軽減対策につ  いて (3) 糖尿病患者の状況(人数・医  療費ほか) (4) 糖尿病の重症化予防と特定健  診の結果に対する受診勧奨に  ついて2.市立大学の今後の在  り方について(1) ハラスメントに関するアンケ  ート調査について (2) 適正な運営費交付金について (3) 第3期中期目標・中期計画の  策定について3.保育園の待機児童もっと読む
2018-06-08 下関市議会 平成 30年 6月 8日 文教厚生委員会-06月08日−01号 各児童クラブは、今年度も利用希望者の方が多く、待機児童が発生している状況でございます。今後、保育場所の確保などに努め、待機児童の解消に当たっていきたいと考えております。それでは詳細について御説明をいたします。資料の42ページ、「平成30年度 放課後児童クラブの入会状況」をごらんください。なお、この表について補足をいたします。市内の児童クラブは6つのブロックに分かれております。 もっと読む
2018-06-01 下松市議会 平成 30年 6月 定例会(3回) 特に、認定こども園建設補助については、待機児童の解消、子育て支援になるもので評価をする。 新規就業者等産地拡大促進事業については、周南農業協同組合のみならず、県周南農林水産事務所もサポートすると説明があったので、今後の推移を見届けたい。 事前キャンプ地のベトナム誘致については、成功に導いてほしい。事前の親善試合など、ベトナムとの交流事業については、しっかり予算を確保してほしい。  もっと読む
2018-03-27 下関市議会 平成30年第 1回定例会(3月)-03月27日−07号 こども未来部所管部分では、例年と同じく政策予算説明資料掲載の放課後児童クラブ、子ども医療費助成制度に加え、待機児童数について、特に委員からの質疑が集中いたしました。   もっと読む
2018-03-14 下関市議会 平成 30年 3月14日 文教厚生委員会-03月14日−01号 もう一点は児童クラブの関係ですけれども、現在待機児童の関係とか、また他校へ行く人もいると思うんですが、その人数とかがわかれば。 ◎教育政策課長(藤田信夫君)  適正規模・適正配置の御質問でございます。昨年度の取り組みにつきましては、基本計画でも示しておりますように、まずは各校区のほうで地域の方、また保護者の方と話し、意見交換会を重ねていくということを中心にしております。 もっと読む
2018-03-06 下関市議会 平成30年第 1回定例会(3月)-03月06日−02号 5年連続で、年度当初の待機児童0名、第2子以降の保育料は無料。放課後子ども教室を全44小学校に開設。中学校3年生までの医療費の助成。  魅力の2番目です。医療と福祉が充実していて、安心して暮らせる。世界保健機構WHOが提唱する、エイジフレンドリーシティーを推進、高齢者に優しい都市である。 もっと読む
2018-03-02 下関市議会 平成30年第 1回定例会(3月)-03月02日−01号 放課後児童クラブについては、待機児童ゼロを目指し、熊野児童クラブの専用教室の増設や、生野児童クラブの定員を拡大するため、移転先の教室を改修するなど、施設整備や運営の充実を図ります。  ソフト面においても、第2子保育料軽減事業や、子どもの医療費助成制度をはじめとする各助成事業を引き続き実施し、保護者の負担軽減等に努めます。また、子育て支援アプリの機能充実を図り、様々な子育て情報の提供にも努めます。 もっと読む
2018-03-01 山陽小野田市議会 平成 30年 3月定例会(第1回) 昨年度まで待機児童が生じていた須恵児童クラブについて、小学校の空き教室を利用して一クラスふやし、新たにふやした小学校の地番を加えるもので、教室には既に冷暖房を設置しています。土曜日及び長期休業中等の開所時間については、平成30年度から、現在8時30分開所を8時開所とし、30分の朝の延長保育を実施します。 もっと読む
2018-02-19 下関市議会 平成 30年 2月19日 文教厚生委員会-02月19日−01号 次に、5の工事延伸の間の児童クラブの対応についてですが、工期が延びる4月の1か月についても待機児童を出さないため、教育委員会と各学校の協力により、(1)の王司小学校では普通教室棟3階の多目的室を、(2)清末小学校では特別普通教室棟1階の家庭科室を、保育場所として使用できるようにしています。  最後に、6のそのほかについては、参考の御報告でございます。一番下の表をごらんください。 もっと読む
2017-12-15 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月15日−05号 次に、放課後児童クラブの待機児童解消に向けた取り組みについてでございます。前田晋太郎アクションプランの中でも、働く女性、子育て世代を強力に支援というふうに書いてあります。「強力に」という文言が大事ではないかと思っております。  ことし6月議会に提案をされた予算案策定前に前田市長が訪問された放課後児童クラブでは、施設面などで改善が進み、待機児童をなくす大きな力になったと認識をしております。 もっと読む
2017-12-12 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月12日−02号 子育てと仕事の両立、また待機児童の解消につながる制度の改善ですけれども、大切なのは育児休暇をとりやすいという環境づくりであると思います。行政として可能な限り周知等の対応、またお願いいたします。  本市の育児休業明けの保育施設の入所ですけれども、本市の制度についてお示しください。また、現在の待機児童の人数もお願いいたします。 もっと読む