8364件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

周南市議会 2021-06-23 06月23日-07号

これまでも副議長の経験はさせてもらいましたが、特に平成30年7月の豪雨災害では、今でも目に焼きついております。当時の小林議長とは、特に災害規模が大きかった熊毛地区災害ボランティアの激励や、災害現場の視察、また市民の声を聴いて歩くなど、皆さんの代表として活動ができたことが、大変印象に残っております。 

周南市議会 2021-06-16 06月16日-06号

本件平成29年12月6日付の入札に当たり、官製談合防止法違反等の被疑事実により、翌年、逮捕・起訴された事案であり、当時の周南市長退職手当支払差止め処分を行った件の審査請求に対する裁決についてであると認識しております。 まず、本件平成29年、もう3年以上前の事案であり、現藤井律子市長とは全く無関係の事案であることを、まずもって申しておきたいと思います。 

萩市議会 2021-06-16 06月16日-05号

この路線については、平成25年災害で、国道315号のトンネルの上に市道の、のり面が崩れ、通行止めになった経緯があります。その後復旧されたものの、聞くところによると、平成28年に別の箇所が崩れ、その後、通行止めとなっているようです。いまだに通行止めの看板があがっているものの、実態は進入が可能という状態になっています。

萩市議会 2021-06-15 06月15日-04号

令和年度、2年度の直近2年間は、山口県における、特A米の該当がありませんでしたが、平成27年から平成30年は4年連続で、きぬむすめが特Aを獲得しております。 なお、きぬむすめの栽培については、今年度から萩管内でもJAが推奨しているところであります。全国において、ブランド米の競争が激しくなっておりますが、特A獲得によるブランド化有利販売につながるよう、関係機関と連携して取組を進めてまいります。 

萩市議会 2021-06-14 06月14日-03号

平成29年度から給食無料化をしている群馬県みどり市にお聞きしました。子育て世帯教育費軽減食育の一環に効果がありました。しかし、少子化は止まらないということでした。 萩市の出生数は、平成28年度245人、29年度220人、30年度194人、令和年度179人、昨年は177人に減少しております。私は、選挙公約で第三子以降の支援拡充を訴えました。

萩市議会 2021-06-09 06月09日-01号

萩公共サービス株式会社は、萩市及び萩市が関係する公共団体等が設置する各種施設を的確かつ効率的に管理運営し、もって市民福祉増進に資することを目的とし、市全額出資株式会社として、平成11年8月に設立された会社でございます。 それでは、報告書の1ページから4ページにかけての令和2年4月から令和3年3月までの第22期の事業報告書について、その概要を御説明いたします。 

周南市議会 2021-06-07 06月07日-05号

ちなみに、これらは当然、国の臨時交付金が使われていると思いますが、プレミアム商品券については、周南市でも平成27年までの5年間、市全域で行っていましたが、平成27年の場合は、プレミアム分10%を含めて発行額が5億5,000万円であることから考えても、この山口市のケースはコロナ禍においてかなり大きな、大規模経済対策であるということが分かります。

周南市議会 2021-06-04 06月04日-04号

本市には、現在、約1,000の公共施設がありますが、このうち、平成18年から土砂災害防止法に基づき県が区域の指定を行い、約260施設イエローゾーンに、約40施設レッドゾーンに位置しております。さらに、平成27年の水防法改正を受けて、昨年3月に市内の5河川について洪水ハザードマップの改定が行われた結果、新たに約30施設家屋倒壊等氾濫想定区域に立地することとなりました。 

周南市議会 2021-06-03 06月03日-03号

まず、アのもやいネットセンター相談実績については、平成29年度が2,182件、令和年度が3,358件となっています。 主な相談内容について、平成29年度令和年度を比較しますと、認知症に関することが560件から694件、虐待・DVに関することが114件から257件、成年後見権利擁護に関することが71件から214件、経済的問題に関することが85件から144件へ増加しています。 

周南市議会 2021-05-31 05月31日-01号

こうした中、令和年度地方卸売市場取引状況は、青果部門では取扱金額平成27年度以来5年ぶりに増額に転じました。 一方、花卉部門では、式典やイベントなどの中止などの影響から厳しい状況下であったものの、年度途中から消費拡大に向けて様々な取組が展開され、その効果もあり消費回復に向けた確かな手応えを感じられるものとなりました。 

岩国市議会 2021-03-24 03月24日-06号

特別委員会は、「平成30年7月豪雨災害発災要因に関すること」「避難所等運営体制に関すること」「平成30年7月豪雨災害復旧作業進捗状況に関すること」「岩国地域防災計画に関すること」「災害ボランティア受け入れ体制整備に関すること」「その他防災減災に関して特別委員会が必要と認めるもの」の調査を目的として、平成30年12月21日に市議会の議決により設置されたものであります。