37件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

山口市議会 2020-02-27 令和2年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2020年02月27日

そういった理由で市外・県外へ市内在住の若い人が流出してしまう現象が、新卒者の県内企業への就職にもあらわれています。新規高卒予定者の就職内定率は94.7%と高いようですが、大卒になると、県内就職内定比率、その数字は24.9%(昨年12月末)、最も新しい統計山口労働局調べです。その数字は低く、市も当然この数字を把握されているはずで、若い人の転出超過に歯どめをかける施策が求められます。

山口市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年06月10日

市内の消費の喚起や若者の就労支援、地元の就職の増加にもつながると考えるからです。そこでお伺いしますが、あらゆる世代にとって職業体験の機会をふやしていくことは有効であり、極めて重要だと考えますが、今後、市の方策としてどのように取り組んでいかれるのかをお伺いします。  以上で1回目の質問を終わります。

山口市議会 2018-06-13 平成30年第3回定例会(4日目) 本文 開催日:2018年06月13日

そうした中で県内就職につきましては、新規の高卒者が8割でありますのに対しまして、新規大卒者は市内大卒者においても3割程度と低い水準にあるところでございます。昨今の新規学卒者の就職状況といたしましては、全国的に売り手市場で学生の大手志向が進み、地方企業では新規大卒者の確保が大変難しい状況にございます。

光市議会 2016-09-02 2016.09.02 平成28年第3回定例会(第3日目) 本文

なお、この光工場の閉鎖により、当時の従業員513名のうち、本社への配置転換を除いた505名の方が職を失うという、これまで本市では経験したことがない衝撃的な出来事でございましたが、離職者の一日も早い再就職を目指し、山口労働局山口県近隣市町を初め、地元企業や関係団体など多くの皆様方の御尽力によりまして、離職された方の再就職は99.4%となっております。  以上でございます。

山口市議会 2016-03-03 平成28年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2016年03月03日

さて、文部科学省版まち・ひと・しごと創生総合戦略である、この地(知)の拠点大学による地方創生推進事業、別名COCプラス──センター・オブ・コミュニティー・プラス、簡単にいえば、平成27年度から5カ年計画で、参加機関が学生の地元就職を10%向上、うち10%は起業等による新規雇用創出を実現しようとするものであります。

光市議会 2015-12-04 2015.12.04 平成27年第4回定例会(第3日目) 本文

こういった制度をやったおかげで、高校生の就職も100%になっているということで、金額が莫大にかかるかといえば、そうでもないということがよくわかると思います。  最後にまとめをしたいと思いますけれども、奨学金や人づくりに対する問題提起をさせていただきました。奨学金の中にも、さまざまな人を対象とした奨学金がございます。

山口市議会 2015-09-08 平成27年第3回定例会(3日目) 本文 開催日:2015年09月08日

新たな取り組みといたしましては、例えば本市の学園都市としての強みを生かすプロジェクトとして、山口大学を中心に県内大学山口県各市町が連携を図り、山口県企業への就職平成26年度の33.1%から、平成31年には10%向上させることなどを目標として取り組む地(知)の拠点大学による地方創生推進事業──地というのが地方の地と知識の知というのをあわせまして地(知)の拠点大学による地方創生事業──センターオブコミュニティプラス

山口市議会 2015-06-16 平成27年第2回定例会(3日目) 本文 開催日:2015年06月16日

今回、地方創生で、国もそれぞれの大学生の県内就職を80%にしていこうと、創生総合戦略でそういう目標を立てているんですけれども、当然、先ほど言いましたように、いろいろな定住対策もそうでしょうけれども、せっかくそうやって多くの若い学生に山口市に来てもらって、一番いいのは山口市に残ってもらうことで、しかし大企業もないし、また学生がどういう仕事を、何を求めているか、そういうことも調べていく必要もあると思っています

光市議会 2013-12-06 2013.12.06 平成25年第4回定例会(第3日目) 本文

次に、シルトロニックジャパン光工場閉鎖後の再就職の状況につきましては、10月末現在で、505名のうち487名の方が再就職を実現され、再就職できていない方は18名でありますが、この中には、就学や育児等の理由により再就職活動自体を休止されている方が11名含まれておりますことから、その方を除きますと未就職者は7名で、再就職は98.6%となっております。  

光市議会 2012-09-05 2012.09.05 平成24年第3回定例会(第3日目) 本文

既に御案内のとおり、シルトロニック・ジャパン光工場の従業員で、東京本社に異動となった8名を除く離職者数は505名であり、そのうち本年8月17日現在で再就職された方は304名、就職は60.2%にとどまっており、201名の方が現在も就職活動を展開しておられる状況にございます。  

光市議会 2012-02-27 2012.02.27 平成24年第1回定例会(第3日目) 本文

既卒3年以内は新卒とみなすとの新卒定義拡大は、一見朗報に映りますが、ここ数年70%台前半で推移する就職をカバーできるものではありません。そもそも今の就職難は高校卒業生の就職難が原因で引き起こされているとも言われております。高校卒業後、地元に就職がないので大学に進学をし、卒業後は地元にも帰れないのでは、地方人口は必然的に減少し、活力を失う原因にもなっております。

光市議会 2012-02-24 2012.02.24 平成24年第1回定例会(第2日目) 本文

大学就職も、今こういう状況ですから必ずしも良くはない。ましてや少子化の中で、子供達は減っていく、保母さんがどんどん足らんということは、現実問題としてどうなんだろうかという心配があるわけです。その辺は、YICというのはどう言っているんですか。山本部長は心配でしょう。あんたがやるならどうぞやってくださいというわけにはいかないでしょう。  コンピュータはわかりました。

光市議会 2010-12-07 2010.12.07 平成22年第6回定例会(第3日目) 本文

さて、ことし10月末現在の来年4月の新卒者の就職が、高卒では40%程度、大卒では47%弱という数字が示しているように、景気の持ち直し感は全く国民目線、市民目線ではないのが現状ではなかろうかと思います。そしてまた、政権交代後も続く外交をはじめとする我が国を飲み続ける荒波の中を市政刷新へ向けて株式会社光市は一定程度順調な航海を続けております。

山口市議会 2010-09-15 平成22年第4回定例会(4日目) 本文 開催日:2010年09月15日

また、本年3月の高校新卒者の就職の悪化に伴いまして、高校新卒者を優先して臨時職員等として3名の雇用をいたしたところでございます。今後も本事業を積極的に活用し、雇用の創出を図りますとともに、従来から行っております企業誘致の推進や求人要請のための企業訪問等も引き続き実施しながら、雇用の確保に努めてまいりたいと考えております。

光市議会 2010-09-13 2010.09.13 平成22年第4回定例会(第4日目) 本文

昨今の経済不況から新卒就職は全国的に未だ低く、特に大学生は就職難民が発生している現実があります。光市内においても複数の高等学校があり、多くの若者が巣立っていますが、地元での就職は極めて厳しいものがあり、株式会社光市としても、雇用の場として一定の役割と責任を担っていかなければなりません。こうした現下、企業もより優秀な人材確保に向け、採用試験ではいろいろな工夫がされていると聞きます。

光市議会 2010-09-09 2010.09.09 平成22年第4回定例会(第2日目) 本文

まず雇用対策に結びつく教育問題についてですが、昨今の雇用状況を見ると、今春卒業した大卒の就職が60.8%と2年連続で減少、同じく高校卒業者も減少しており、雇用環境の厳しさを反映した状況となっています。一方で、離職率も高いと聞いております。その原因は、経営上の都合等、不況の影響もありますが、個人的理由が最も多いとの統計があります。

光市議会 2010-02-26 2010.02.26 平成22年第1回定例会(第3日目) 本文

今、光市内において、高校の就職は98%というふうにお伺いしました。ほとんどの子供の就職は決まって、子供達の努力と、それから、先生方の努力というものが大きく実っているものだと思います。ただ、この先この状況がいつまでも続くとは限りませんし、また、この不況をいつ脱出できるものかも分かりません。

光市議会 2009-03-02 2009.03.02 平成21年第1回定例会(第4日目) 本文

まず光市の雇用全体に見られる正規、非正規雇用の実態と今年度の景気の動向による雇用情勢、既に市内の企業でも非正規雇用者の解雇が伝えられていますが、解雇者の数、離職者支援策や再雇用のあっせん、住宅供給、高校生の就職内定取り消し就職の状況についてお伺いします。  ところで、今の不況は金融危機にその原因はありますが、同時に消費が飽和状態であることにも原因があり、不況を拡大したとも思われます。

山口市議会 2007-03-06 平成19年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2007年03月06日

次に、出生率やごみ処理量など9つの成果指標についての本市の考えでございますが、これはいわゆる普通交付税2,200億円に該当するものですが、国は出生率やごみ処理量のほかに、行政改革指標、転入者人口農業産出額、小売業年間商品販売額、製造品出荷額、若年者就職、事業所数──事業所数がどのくらいふえたかといったようなものを成果指標として掲げております。

山口市議会 2005-09-14 旧小郡町:平成17年第3回定例会(第3日) 本文 開催日:2005年09月14日

若年労働者就職を上げるためにベテランに早期引退を勧めた結果、若年労働者就職は全く上がらなかったのであります。考えてみれば、若年労働者の仕事とベテランの仕事が同じで競合するというケースはまれであります。むしろまだ未経験な若者、若年者にもできる仕事をベテランがしているとすれば、それは大きなむだをしているということであります。  

  • 1
  • 2