392件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山口市議会 2020-12-10 令和2年第5回定例会(5日目) 本文 開催日:2020年12月10日

こうした中で、本市におきましては、引き続き、ウィズコロナ取組を全力で進めますとともに、このコロナ禍で明らかとなった課題や今後の本格的な人口減少時代少子高齢社会進展に伴う地域課題、また、便利で豊かな未来社会Society5.0の実現に向けたデジタル化の流れにしっかりと対応するため、第二次山口総合計画と第2期山口まちひと・しごと創生総合戦略の一体的な取組を進め、市民の皆様が将来にわたって豊

周南市議会 2020-12-10 12月10日-04号

これから、少子高齢社会が加速し、消防吏員と、一般的には消防士職員生活上にも家族の介護を余儀なくされる場合など、職務に支障が及ぶことも容易に想像されます。 そこで、イは、救急救命体制に必要不可欠な救急救命士の養成の状況をお尋ねします。 次に、3点目のウは、119番通報をかけてくる人に性別の差はございません。

下関市議会 2020-12-09 12月09日-03号

こうした中、少子高齢社会進展に対応した、持続可能な路線網の構築は喫緊の課題と認識してございますので、計画に位置づけた実施施策については、今後も引き続き事業者と密に協議しながら、再編に取り組んでまいりたいと考えている次第でございます。以上です。 ◆田中義一君  それでは今、ICカードのことが出ていなかったのですけれども、ICカードはどのようになっているか、お示しください。

山口市議会 2020-12-08 令和2年第5回定例会(3日目) 本文 開催日:2020年12月08日

先ほども申し上げましたけれども、コロナ前に策定したとはいえ、第二次山口総合計画につきましては、今のコロナ禍にあっても進んでおります少子高齢社会また人口減少時代、そういったものに対応できるような強いまちづくりを進めていくという形の中で策定をしておりまして、コロナ対策については対策で、このウィズコロナに対するものについても一体的に進めていくというようなまちづくりの進め方をしようとしているところでございます

下関市議会 2020-03-09 03月09日-03号

本市におきましては、人口減少少子高齢社会にあっても、活力を失わないまちづくりを推進するために、下関まちひと・しごと創生総合戦略におきまして、地域産業強化、定住・交流人口増加子育て環境整備、持続可能な地域社会の形成の四つの基本目標を掲げまして、その達成に向けて、いろんな施策を展開しているというところでございます。 

下関市議会 2020-03-03 03月03日-02号

さらに進捗する超少子高齢社会にあって、一定人口密度を維持することによって、日常生活を支えるインフラを確保するため、コンパクトな核集落交通ネットワークを達成することで、コンパクトシティーを目指す取り組みが進められています。 その一端を担う下関総合交通戦略に基づく、バス交通系ICカードシステム導入スケジュール、あわせて相互利用可能カードについてもお示しください。 

山陽小野田市議会 2020-03-03 03月03日-03号

10年間で、公共施設の統廃合や小野田駅前都市再生整備計画事業などの市街地整備小野田湾岸道路の開通などの道路整備護岸整備河川改修などの防災施設整備などが進んでおりますが、人口減少少子高齢社会に対応したコンパクトなまちづくり防災への対応などの課題につきましては、10年前と同様でございます。課題として、特に改定した点はありません。 

長門市議会 2020-02-28 02月28日-04号

次に、昨年10月の決算審査を終えた後に公表された令和元年度から令和5年度までの長門中期財政見通しによれば、歳入面では普通交付税の減収により、一般財源の伸びが見込めない一方、歳出面では少子高齢社会進展による扶助費介護後期高齢者医療会計繰出金の増が見込まれるとしております。冒頭に申し上げましたが、令和2年度長門一般会計予算市長初予算編成であります。

長門市議会 2019-12-24 12月24日-03号

現在、長門市におきまして、少子高齢社会、人口減少社会到来しております。市の施策として人口減少対策並びに少子化対策をどのように位置づけられているか、またその対策についてお尋ね致します。 ○議長武田新二君) 江原市長。 ◎市長江原達也君) それでは、重廣議員人口減少対策少子化対策についての御質問にお答え致します。 

山口市議会 2019-12-23 令和元年第4回定例会(6日目) 本文 開催日:2019年12月23日

Society5.0、つまり、経済発展社会的課題解決を両立する社会を見据え、国を挙げてAIIoT、5Gなどのいわゆる革新的技術でこれから訪れる人口減少少子高齢社会で起こるさまざまな課題解決地域経済持続的発展に向けて挑戦を始めています。本市においてもAIIoT先端技術を活用して、公共交通課題解決に新技術を有する企業等との調査研究に乗り出すことを決められたとも聞いております。

山口市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(6日目) 本文 開催日:2019年09月26日

事件議決、諮問、報告に関しましても人口減少少子高齢社会到来を見据えた将来負担の軽減策、適材適所な人選、職務執行中に事故など再発防止にかかわる取り組み等、さらなる御努力を要望いたします。  議員に御指名をいただき、間もなく1年半になります。その間、今定例会を含め、6定例会が開催され、自分の発言時間以外はしっかりと執行部市民代弁者である同僚議員のやりとりを傍聴させていただいております。

下関市議会 2019-09-24 09月24日-05号

総合政策部長植田恵理子君)  本市におきましては、平成27年10月に「下関まちひと・しごと創生総合戦略」、これを策定いたしまして、人口減少少子高齢社会にあっても、活力を失わないまちづくりを推進するため、基本目標といたしまして、「地域産業強化、しごとの確保を促進する」、「下関に集う人、下関で暮らす人を増やす」、「いのちを大切にし、子どもを産み育てやすい環境を整える」、「地域の力を活かし、

下松市議会 2019-09-12 09月12日-04号

今後も、少子高齢社会が進む中、一億総活躍社会実現に向けて、シルバー人材センターの果たす役割はますます重要になっており、市といたしましても継続した支援を行ってまいりたいと考えております。 以上でございます。 ○副議長高田悦子君) 河内裕文議員。 ◆16番(河内裕文君) 2回目の質問以降は、一問一答方式でお願いします。 それでは、交通事故防止についてから入りたいと思います。 

周南市議会 2019-03-01 03月01日-05号

近年、人口減少少子高齢社会到来地球温暖化による気候変動等に起因した自然災害増加など、我が国を取り巻く環境は大きく変化してきており、本市も例外ではございません。 こうした中、町の玄関口である徳山駅ビル、そして市役所本庁舎が次々と生まれ変わり、町が大きく動き始めるなど、今、周南市に大きなチャンスが到来しております。 

山陽小野田市議会 2019-02-28 02月28日-02号

ここでは、この構想について、この構想自体は、人口減少少子高齢社会を迎える中で、地域において一定圏域人口を有し、活力ある社会経済を維持する拠点を形成することにより、県民が安心して快適な暮らしを営んでいけるとしたものであります。 どうも、コンパクト化ネットワーク化が主要な事案になるものと考えます。

山口市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年02月27日

事務局長の言葉で印象的だったのは、「人口減少をとめることはできないかもしれないが、地域に笑顔を増すことはできる」とすばらしいフレーズでしたけれども、このように住民同士の話し合いは、住民が主役となった地域づくり、今後の人口減少少子高齢社会においては大変重要であると考えております。