566件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

萩市議会 2018-09-28 09月28日-06号

今月の1週の金曜日であったかと思いますが、東京小川会にテーマ「とげ」についてチコちゃんがしかりました。ちょうど取材は6月24日の東京小川会の折で、突然の飛び込みでありました。そのとき私も参加しておりまして、まさかのドキュメントでありました。残念ながら私は映っていませんでしたが、その場におりましたです。世の中、ぼーっと生きていてはいけないということであります。 

下関市議会 2018-09-03 平成 30年 9月 3日 経済委員会-09月03日−01号

3の拠点施設につきましては、グリーンモール商店街にある小川ビルの1階に、住所といたしましては市内竹崎町二丁目11番5号に設置をしまして、施設の名称が「空き店舗のマッチングステーション GRESTA.」――グリーンモールステーションということで「GRESTA.」とします。オープンにつきましては、9月16日(日)を予定しております。  

下関市議会 2017-09-27 平成29年第 3回定例会(9月)-09月27日−06号

◆平岡泰彦君  今9カ所で、あと石狩と小川原が反対がないということでありますが、ほかで反対のあった、多く反対のあった建設の予定地はないのですか。 ◎環境部長(水津達也君)  その辺につきましては確認しておりません。 ◆平岡泰彦君  非常におもしろい現状ですね。それと、もう1点。北九州で今洋上風力が起き上がっていると思いますけど、その辺の状況はわかりませんか。

萩市議会 2017-07-07 07月07日-08号

私たちの住む周辺部に行けば、地域振興待ったなしだ、すぐにやってほしい、本当に周辺部になった弥富や小川、江崎というところでは、そういう声ばっかりですよ。そのための財源を、こんなところで失っていいのでしょうか。 国の補助金の内示もない。そんな中で推進せよと言うのは、むちゃくちゃな話ではありませんか。もう一回立ちどまって、よく考えてみましょう。

萩市議会 2017-02-14 02月14日-01号

〔商工観光部長 小川政則君登壇〕 ◎商工観光部長(小川政則君) 報告第2号萩海運有限会社の経営状況につきまして、地方自治法第243条3第2項の規定により御報告いたします。 最初に、一般概況につきまして御報告申し上げます。 前年度に引き続き、6項目の経営方針のもと、船職員一丸となって、萩海運の運営に努めてまいりました。 

下関市議会 2016-12-15 平成28年第 4回定例会(12月)-12月15日−06号

私も北九州市長に会うたびに言っておりますし、北九州市長も小川県知事も海峡の明かりに力を入れたいということで、一緒に勉強をすると言われています。  まだ今から整備をしなければいけませんが、岬之町のコンテナターミナルが人工島に移りましたので、夜間の荷役用の照明灯5基が消灯しているんです。

周南市議会 2016-10-24 平成 28年10月 予算決算委員会-10月24日−09号

ふるさと振興財団ってまだ当時小川市長で、僕も議員でおったんですけども、これからは地域のコミュニティーをつくってやっていくんだって、コミュニティーに当時の小川市長が力を入れてやっていく。そのコミュニティーを支援するためのアドバイスというか、一緒にやっていくっていう、そういう組織をつくろうというんでふるさと振興財団をつくった、これが経緯というか、話と思う。  

下関市議会 2016-09-28 平成28年第 3回定例会(9月)-09月28日−07号

先月8月1日には、下関北九州道路の早期実現を目指す下関北九州道路整備促進大会が中尾市長を初め、村岡山口県知事、小川福岡県知事、北橋北九州市長、さらに麻生九州経済連合会会長、吉村関門連携委員会委員長、また、両県・両市の議会関係者など官民合わせて150名の方々が参加し、盛大に下関で開催されました。

周南市議会 2016-09-16 平成 28年 9月 第5回定例会 予算決算委員会-09月16日−04号

◆委員外議員(島津幸男議員) それから、私、昔よく聞いたんだけども、小川元市長時代には、何かどれぐらい今言った繰り出しっていうんですか、してもらったんですか。 ◎競艇事業局次長(河村拓造君) 昭和28年から繰り出しをずっと続けておりまして、27年度末、最後の9,000万円、全部オール出すと、618億円繰り出しをしております。

周南市議会 2016-09-13 平成 28年 9月 第5回定例会-09月13日−05号

私は、当時、徳山の市議会議員でありましたけども、同じようにできないかという話を当時の小川市長にしました。一義的には事業者の責任でというようなお話でありました。しかし、本当にこの町を回ってみまして、バス停に屋根があるというのとないのとでは、町の雰囲気っていうのが違うと思うんですね。

下関市議会 2016-03-16 平成 28年 3月16日 総務委員会-03月16日−01号

まちづくり支援課長、         守永契約室長、金山契約室理事、堅田契約課長、         井上会計管理者、福永出納室長、         大賀監査委員事務局長、沖吉監査委員事務局次長、         山田菊川総合支所長、土山菊川総合支所次長、稲田菊川総合支所地域政策課長、中野菊川総合支所建設課長、         菊地豊田総合支所長、河島豊田総合支所次長、藤本豊田総合支所地域政策課長、小川豊田総合支所建設課長

下関市議会 2016-03-11 平成 28年 3月11日 建設消防委員会-03月11日−01号

時25分まで 2 場  所 第2委員会室 3 出席者   正副議長 戸澤副議長   委  員 村中委員長、吉田副委員長        近藤、平岡、林(透)、本池、前東、酒本の各委員   事務局  秋本庶務課主幹、石本庶務課主査   執行部  本間副市長        小林建設部長、黒本建設部次長、岡田建設部次長、原田建設部参事、        江﨑道路課長、堅田河川課長、中野菊川総合支所建設課長、小川豊田総

周南市議会 2016-03-02 平成 28年 3月 第2回定例会-03月02日−03号

これは小川さんが在職のときにやりましょうと。あれから20何年です。その間、いろいろ市長さんおかわりになったけれども、久米の区画整理が終わって、久米がきちっとしたら手をつけますよということでございました。久米ができました。できたら今度は庁舎建設からいきます。

柳井市議会 2015-12-08 平成 27年 第4回定例会(12月)-12月08日−02号

そして、小川を見ると、「ああ、春の小川にメダカやらオタマジャクシがおるな。古い町並みがある。お寺があるじゃないか。文化財があるじゃないか」。そういうふうに、柳井の町には、こういうふうな風景がある。駅の前に立ったときに、「何てこの柳井の町は壮大なことであろう」という、100年の大計をもった風景づくりが必要じゃないかと思うわけであります。  まちのあちらこちらには、花壇があります。

周南市議会 2015-10-01 平成 27年10月 予算決算委員会-10月01日−04号

まあ言ったら河村市長時代から、だめだだめだで来ているんですから、あなたが初動って言ったのはいつの初動かわかりませんけれども、小川さんも手をもう引こうかっていう形だったんですからね。アーケードをなくしてくれ、アーケードをなくす、いろいろなことを町にしていきました。カラー舗装をしてくれ、やったですよ、だけどだめじゃないですか。  

周南市議会 2015-09-10 平成 27年 9月 第3回定例会 環境建設委員会-09月10日−01号

なぜ大きいのをつくるかといいますと、当時の小川市長が、周南地区は一つの青果市場、一つの市場として見るから、ここへ皆集めるんだという意向で、大きいのをつくったという記憶があるんです。  ですから、下松と光が一緒になった。うちも下松に一緒にやろうという、統合というような声はないんですか。それとも、働きかけというのはやってないんですか。

長門市議会 2015-09-09 平成 27年 9月定例会(第3回)-09月09日−03号

武司君経済観光部理事 ……… 木村 隼斗君  建設部長 ……………… 森野 康範君会計管理者 …………… 木村 和子君  教育部長 ……………… 檜垣 正男君消防本部消防長 ……… 中原 弘文君  三隅支所長 …………… 吉祥 康文君油谷支所長 …………… 大中 玄毅君  企画政策課長 ………… 中谷 信浩君総務課長 ……………… 藤田 一保君  財政課長 ……………… 光永 忠由君防災危機管理課長 …… 小川

山口市議会 2015-09-08 平成27年第3回定例会(3日目) 本文 開催日:2015年09月08日

その中で、2番目の質問といたしまして、当山口市では、先般、県の実証事業として──阿東の下半久地区ですか、そこで小水力の発電設備が稼働されているわけでありますが、今後、山口市、特に中山間地域には小川とか当然農業用水路もあるわけですので、今後どのようにこの小水力発電に取り組んでいくのかをお伺いいたすものであります。  次に、イとして、改正農協法についてであります。

下関市議会 2015-09-08 平成 27年 9月 8日 文教厚生委員会-09月08日−02号

昨年度は地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正に伴う新たな教育委員会制度への対応が1つの課題でありましたが、教育委員の勉強会開催、また文部科学大臣の諮問機関である中央教育審議会の小川副会長による教育委員会制度改革の講義を通じて新制度への理解を深め教育委員の役割について再認識することができたと考えております。その他議論を充実させるための事前協議などについて評価をしております。