578件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山口市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(6日目) 本文 開催日:2019年06月24日

概況報告並びに委員会審査の中で、組合解散後は宇部との共同処理は継続し、本市への事務委託方式が現実的との説明がありました。本市と宇部の経費負担、使用料やその他市民負担、職員配置のあり方など、阿知須地域の住民や市民の負担増という影響がないよう、十分に吟味、検討いただくよう要望するものであります。  次に、農地太陽光発電施設について申し上げます。

光市議会 2019-06-19 2019.06.19 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文

◯3番(田中 陽三君) 地域防災計画の中に策定しているという部分は、もちろん知っておりますし、あれも1,000ページを超えるもので、なかなか探すのも一苦労ではあるんですが、南海トラフ地震防災対策推進計画については、県内を見てみますと、平成30年12月時点で県内100%策定済みですが、策定については、光市のように地域防災計画の中で策定している市町と、独立した計画を策定している市が、下関市宇部、萩市

山口市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年06月13日

先般、宇部では梅雨シーズンに向け、携帯やスマホを持たない世帯に対して、固定電話に直接、避難情報の音声メッセージを伝えるサービスを今月6月1日より開始したとの発表がありましたが、逃げおくれによる犠牲者ゼロを目指し、高齢者等の情報弱者に対して、今後どのように切迫感ある避難行動に結びつく情報を確実に市民に伝達されるのか、現状の提供方法に問題はないのかという観点から、山口市防災情報提供のあり方と今後の

山口市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年06月10日

今後の取り組みを個別具体的に申し上げますと、本年度におきましては広域連携による取り組みといたしまして、総務省自治体行政スマートプロジェクト事業を宇部、岩国市及び周南市とともに、山口市を加えまして4市で共同実施する予定でございまして、税務業務、内部管理業務を対象にRPA等を活用した事務の効率化、改善を検討してまいります。

山口市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年02月27日

しかし反面、若者の雇用が圧迫されるのではないかといろいろなことが言われていますが、そこで新聞社が平成18年の11月から12月に人口10万人以上の市と47都道府県の計33自治体を対象にアンケートを行っておりまして、山口県下関市宇部山口市、周南市ですけれども、13項目ありまして、山口市外国人の住民比率が0.7、宇部は1.1、周南市は1.0なのですけれども、そこで多言語での行政情報をやっているかということは

山口市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年02月25日

宇部平成31年度当初予算案にバス高速輸送システムを導入するための検討・調査費として800万円を計上し、JR西日本山口市山陽小野田市と協議・検討を進めるとされています。また先般、新聞等でJR宇部線について鉄道廃止という言葉が多く報じられたこともあり、宇部線沿線地域の住民の皆様からは驚きとともに不安を感じているとの声がさまざま寄せられております。

山口市議会 2019-02-18 平成31年第1回定例会(1日目) 本文 開催日:2019年02月18日

次に、広域連携による圏域全体の経済成長といたしまして、本市・宇部・萩市・防府市・美祢市・山陽小野田市島根県津和野町の7市町で構成する山口県央連携都市圏域や、中枢中核都市の取り組みを推進してまいります。  続きまして、重点プロジェクトの2「個性と安心の21地域づくり」についてでございます。

光市議会 2018-12-07 2018.12.07 平成30年第5回定例会(第3日目) 本文

議員から御紹介のありましたように、アルゼンチンアリは南米産のアリで、平成5年に広島県廿日市市沿岸部において国内で初めて生息が確認され、その後、県内では、平成13年に岩国市と柳井市で、平成20年には宇部で確認され、本市では平成21年に、初めて室積地区の一部地域で生息が確認されました。  

山口市議会 2018-09-12 平成30年第4回定例会(4日目) 本文 開催日:2018年09月12日

また、去る8月28日には、先ほども議員から御紹介がありましたように、山口商工会議所が旗振り役となられまして、本市、宇部防府市商工会議所商工会の全6団体におかれまして事業承継支援の推進などに係る連携協力協定締結されたところでございます。このような商工会議所商工会によります事業承継に関する広域連携事業につきましては、全国初の取り組みであるとうかがっております。

山口市議会 2018-09-10 平成30年第4回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年09月10日

御案内のとおり、平成29年3月に本市と宇部が中心市となり、7市町で構成いたします山口県央連携都市圏域を形成いたしたところでございます。そして、圏域の経済戦略といたしまして、山口県央連携都市圏域ビジョンを策定いたしまして、平成33年における圏域の定住人口約60万人を維持することを目標に掲げ、さまざまな取り組みを行っているところでございます。

光市議会 2018-06-14 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第2日目) 本文

山口県においては、宇部防府市、周南市は施行から2カ月後に認定されております。光市が市の中では一番最後、2年と5カ月たっての認定だったと思います。その理由がわかれば、お話ししていただきたいと思います。 ◯議長(木村 信秀君) 吉本経済部長。 ◯経済部長(吉本 英夫君) 認定がおくれた理由ということで、再度のお尋ねをいただきました。  

山口市議会 2018-06-13 平成30年第3回定例会(4日目) 本文 開催日:2018年06月13日

他市の事例では連携中枢都市宇部における空き缶等のポイ捨ての防止などに関する条例制定等の取り組みの例がございます。パネルをお示しいたします。議長許可を頂戴いたしまして皆様にはお手元に資料を配付いたしております。宇部では、既に平成24年10月1日に条例がスタートしており、違反者には2万円の過料を科しております。