3960件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

柳井市議会 2026-12-06 12月06日-03号

また、出産子育て環境整備といたしまして、周産期医療ひとり親家庭への支援のほか、本年2月には、妊娠・出産から子育てまでに関するワンストップ相談窓口として、子育て世代包括支援センターを開設しております。 子ども医療費自己負担への助成につきましても、対象乳幼児から小学生と中学生の入院までに拡大をしており、現在、さらなる充実について、検討をしております。 

山陽小野田市議会 2023-09-13 09月13日-03号

(1)子育て世代が移住するために必要なまち魅力とは何かを聞く。(2)特に、企業誘致に係る従業員等が市内定住するための施策を聞く。(3)市外在住子育て世代が、本市に移住する施策、要するに魅力づくりを聞きます。 ○議長小野泰君) 答弁を求めます。清水企画部長。 ◎企画部長清水保君) まず、私のほうから、1番目の子育て世代が移住するために必要なまち魅力ということについて、お答え申します。 

周南市議会 2023-07-08 07月08日-05号

本市においても、18歳未満の子供に係る均等割について減免する制度をつくり、子育て世帯負担を軽減することが必要と考えますが、市長の見解をお尋ねいたします。 ◎市長藤井律子君) 国民健康保険料均等割についての御質問にお答えします。 まず、国民健康保険料は、世帯の前年中の所得に対してかかる所得割、世帯の人数に対してかかる均等割、世帯に対してかかる平等割を合算した額が国民健康保険料となります。

周南市議会 2023-07-05 07月05日-04号

このほかにも、福祉総合相談窓口子供子育て相談、DVの相談市民なんでも相談センター、また、まちづくり提言制度、それからパブリックコメント等もあります。 こうしたさまざまな市民の声や要望、相談をいただく場、システムというものが現在あります。それも、専門的なスタッフの配置もされています。こうしたシステムとの兼ね合いはどうなっていくのか。

岩国市議会 2022-06-17 06月17日-02号

内容としましては、産学官民協働による推進委員会を新たに設置し、基本方針策定を行うとともに、その施策を計画的に実施して検証していくことにより、若い世代を中心とした幅広い層における英語の学び、学び直しや国際交流の機会が充実した魅力的な「英語交流まち」を実現することで、住みたい、住み続けたい、子育てをしたい、教育環境にすぐれた町として、地域活力向上を図っていきますので、よろしくお願いいたします。

宇部市議会 2021-12-09 12月09日-03号

このため本市では、住民の自主的なこども食堂活動がさらに広がるよう、現在策定を進めている第2期子育てプラン・うべの中で、重点事業1つに位置づけることとしています。 今後とも開設支援こども食堂間のネットワーク強化に積極的に取り組むとともに、フードバンクを活用し、健康に配慮した安心できる食材確保を促進するなど、こども食堂の安定した運営活動充実支援していきます。 以上でございます。

宇部市議会 2021-12-09 12月09日-03号

このため本市では、住民の自主的なこども食堂活動がさらに広がるよう、現在策定を進めている第2期子育てプラン・うべの中で、重点事業1つに位置づけることとしています。 今後とも開設支援こども食堂間のネットワーク強化に積極的に取り組むとともに、フードバンクを活用し、健康に配慮した安心できる食材確保を促進するなど、こども食堂の安定した運営活動充実支援していきます。 以上でございます。

岩国市議会 2021-12-05 12月05日-02号

実施後の評価や政策ニーズを把握するため、公明党では全議員が全国の子育て家庭施設関係者への実態調査アンケート調査をスタートいたしました。 幼保無償化は、全世代型社会保障の構築に向け、消費税引き上げによる増収分により、子育て世帯負担を軽くする、少子化を克服するなどの強いメッセージを発信し、未来の宝である子供たち社会全体で育てていく大きな第一歩になったのではないかと思います。 

山陽小野田市議会 2021-12-04 12月04日-01号

次に、子供子育て関係で、保育料無償化ということが本年10月からスタートしているんですが、全国的には、それに除外されるような施設があるというふうに報道がされているんですが、本市においては、そのような除外されるような施設はあるのかないのか、その点をお聞きします。 ○議長小野泰君) 兼本福祉部長

長門市議会 2021-09-19 09月19日-03号

そのため、本市では、所得向上雇用創出により、地域経済再生を図るために、ながと成長戦略行動計画策定し、着実にその取り組みを進めるとともに、「子育て世代に選ばれるまち」を目指し策定致しました、長門まちひと・しごと創生総合戦略に基づき、若者を初めとする人口減少抑制に向けた集中的な施策を展開しているところであります。その成果も見え始めてきているところでございます。 

長門市議会 2021-09-19 09月19日-03号

そのため、本市では、所得向上雇用創出により、地域経済再生を図るために、ながと成長戦略行動計画策定し、着実にその取り組みを進めるとともに、「子育て世代に選ばれるまち」を目指し策定致しました、長門まちひと・しごと創生総合戦略に基づき、若者を初めとする人口減少抑制に向けた集中的な施策を展開しているところであります。その成果も見え始めてきているところでございます。