93件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岩国市議会 2022-06-17 06月17日-02号

健康福祉部長(児玉堅二君)  墓地、埋葬等に関する法律第9条により、亡くなられた方の身元が不明である、身寄りがない、引き取り手がいない、葬儀を行う人がおられないなどの場合には、死亡地の自治体火葬等を行うこととなっております。 この法に基づいて、本市におきましては、市が火葬を行い錦見にあります市の納骨堂へ納骨しております。

山陽小野田市議会 2020-03-03 03月03日-03号

墓地の清掃など日常業務、墓地運営上の管理、事務的な業務、これを行う人を墓地管理者ということなんですが、埋設許可証、これを提出する先、これが納骨する墓地の墓地管理者、当然、市と思うんですが、また亡くなられたときの埋葬だけでなく、ほかの墓地に改葬する場合も同じような墓地の発行する改葬許可証が必要であるという状況なんですが、新たに埋葬する墓地の墓地管理者に提出する必要が当然あると思うんですが、ある程度その

下松市議会 2020-02-26 02月26日-05号

今後においても、このまま放置すれば埋葬品が露出することも十分考えられるのでありますが、今後の保全管理について教育長の御所見を求めます。 平成29年に史跡としておりますが、その根拠、ゆえんについて発掘等を実施して検証したのかどうか、このあたりも教育長の見解を求めて、壇上からの質問を終わります。 ○議長中村隆征君) 國井市長。    

山口市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年09月10日

本市といたしましては、新たに市営のペット斎場やペット専用の火葬設備等を設置する予定は現時点ではございませんが、ペットの死に際して埋葬や供養等を行いたい、丁重に葬りたいという飼い主の皆様のお気持ちは大きくなっていくものと思われますので、他自治体の状況等を十分踏まえながら対応してまいりたいと考えております。

山陽小野田市議会 2019-03-05 03月05日-05号

当然、使用権者の御親族等がみずから承継申請のために窓口に来られる場合もございますけども、電話で市営墓地への遺骨の埋葬であるとか、あるいは市営墓地からほかの墓地への改葬など、お問い合わせがあった場合には、その都度、台帳で当該墓地の使用権者を確認した上で、必要に応じて承継の手続の御案内をしておりますので、環境課のほうにお問い合わせをいただいた方につきましては、漏れなく事務手続は済んでいるというふうに思っております

萩市議会 2018-12-06 12月06日-02号

このたび、それらのお墓に対して平成29年3月3日に官報の掲載、お墓の前に看板を設置し1年間をかけ無縁改葬の手続きをとり、その一部のお墓を改葬し、墓地、埋葬等に関する法律等に基づく新たな区画や通路の整備を行いました。 西の浜墓地は、区画や通路の整備がされていないことや、使用者が特定できない等の理由から、管理料の徴収を行っていません。

山陽小野田市議会 2018-09-19 09月19日-04号

2番目は、他市で行っているふるさと納税で、永代埋葬権について、本市でも研究されてはどうでしょうかということです。都市部では、そういうふうに墓不足と言われていますが、また、墓を守る手だてに苦慮されているようです。そこで、長野県小諸市が行っている、ふるさと納税で永代埋葬権を提供するということについての見解をお伺いします。 ○議長(小野泰君) 執行部の答弁を求めます。城戸市民部長

山口市議会 2018-06-13 平成30年第3回定例会(4日目) 本文 開催日:2018年06月13日

残骨灰の処理におきましては遺族の皆様のお気持ちへの配慮を第一と考えており、有害物質の無害化処理等を経て、分別の後、最終埋葬地において供養することまでを委託業務の内容といたしており、毎年、無害化処理の結果や供養等の実施結果の報告書の提出を義務づけているところでございます。

長門市議会 2018-06-13 06月13日-03号

更に、本人が死後事務サービス契約者であれば、病院介護施設で亡くなられた場合、御遺体を引き取り、葬儀埋葬、市役所事務などを含め死後に発生する多くの事務を行ってくれます。つまり、社会福祉議会が身寄りのない高齢者保証人となり、亡くなったときは御遺体を引き取ってくれるということで、病院介護施設側も安心して本人を受け入れることができるということです。 

長門市議会 2018-06-13 06月13日-03号

更に、本人が死後事務サービス契約者であれば、病院介護施設で亡くなられた場合、御遺体を引き取り、葬儀埋葬、市役所事務などを含め死後に発生する多くの事務を行ってくれます。つまり、社会福祉議会が身寄りのない高齢者保証人となり、亡くなったときは御遺体を引き取ってくれるということで、病院介護施設側も安心して本人を受け入れることができるということです。 

周南市議会 2018-05-28 05月28日-02号

なお、身寄りのない人や御親族が不明の人等がお亡くなりになられた場合につきましては、市において、「墓地、埋葬等に関する法律」に基づき火葬を行っております。 火葬後の遺骨につきましては、引き取り者が判明すれば引き取りをお願いしておりますが、拒否された場合や引き取り者が判明していない場合は、市が管理している納骨堂に安置しております。 

萩市議会 2018-03-16 03月16日-06号

その理由を聞きますに、アンケート中にはいろんな項目があり、総合的に判断してそう決めたとのことですが、その市民の意見を曲げてまでというその大切な理由は、説明することなく、総合的にという言葉のみであり、総合的という言葉で、市民の大切な意見が埋葬されようとしています。アンケートの結果が意味のないものになります。 同じようなことがほかにもあります。

山口市議会 2017-12-05 平成29年第4回定例会(3日目) 本文 開催日:2017年12月05日

また墓苑についても、一般に認識される広い面積を持つ平面墓地から、傾斜地を使ったひな壇状の墓地、さらに近年都市部で多く見られる立体納骨堂などに変化し、埋葬形態も樹木葬や海洋で行う自然散骨といった従来とは違った形態も広がりつつあります。さらに、都市部への人口の流入により、地方のお墓を引き上げる、いわゆる墓じまいが全国的に増加し、その際のトラブルも多く報道されています。

宇部市議会 2017-09-11 09月11日-03号

死者に身寄りがなかったり、家族親族が引き取りを拒んだりした場合、死亡地の自治体火葬埋葬すると法律で決められている。実際には生活保護費で賄われるケースが多い。 調査は今年6月、政令市を対象に実施。06~15年度に税金で火葬後、保管・埋葬した遺骨数を尋ねた。この結果、政令市の計20自治体は15年度に計7,363柱を受け入れた。

宇部市議会 2017-09-11 09月11日-03号

死者に身寄りがなかったり、家族親族が引き取りを拒んだりした場合、死亡地の自治体火葬埋葬すると法律で決められている。実際には生活保護費で賄われるケースが多い。 調査は今年6月、政令市を対象に実施。06~15年度に税金で火葬後、保管・埋葬した遺骨数を尋ねた。この結果、政令市の計20自治体は15年度に計7,363柱を受け入れた。

宇部市議会 2017-09-08 09月08日-02号

また、埋葬や焼却等の処分を行っている工程が省けるということで、負担軽減につながると思います。 本市としては、促進につながるよう諸条件の整備について、ジビエとなると銃の当たる位置とか、いろいろな課題もあると思いますので、猟友会とともに引き続き研究したいと考えております。 以上です。 ◆16番(河崎運君) 前向きにやっていくということなので、期待しております。

宇部市議会 2017-09-08 09月08日-02号

また、埋葬や焼却等の処分を行っている工程が省けるということで、負担軽減につながると思います。 本市としては、促進につながるよう諸条件の整備について、ジビエとなると銃の当たる位置とか、いろいろな課題もあると思いますので、猟友会とともに引き続き研究したいと考えております。 以上です。 ◆16番(河崎運君) 前向きにやっていくということなので、期待しております。

光市議会 2017-06-15 2017.06.15 平成29年第2回定例会(第3日目) 本文

その葬祭費は、もともとの総額が77万2,040円、故人の埋葬料として19万円を引いて57万8,040円を負担したと、こういう話でありましたが、今回、244万5,000円ですか、返ってくる中では、この57万8,040円が48万円と9万8,040円に分かれることになりました。

岩国市議会 2017-06-14 06月14日-03号

墓地、埋葬等に関する法律第10条に基づく「墓地・納骨堂又は火葬場の経営等の許可」については県知事の権限でしたが、権限移譲により平成24年4月より市で許可事務を行っております。 墓地経営の申請から許可までの流れにつきましては、まず事前相談の後、墓地経営許可事前協議を行います。墓地経営事前協議書の提出を墓地経営申請者より受け、内容の審査を行います。

下関市議会 2016-09-20 09月20日-02号

単に有害鳥獣の駆除ということで撃つだけということであれば山に入れさえすれば大丈夫なんですけれども、捕獲には残滓放置規制、捕獲した鳥獣は全量を回収するのか、もしくは適切に埋葬することというのが求められておりまして、原則として捕獲した場所に放置してはいけないと鳥獣法に定められております。