運営者 Bitlet 姉妹サービス
19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2014-03-04 下関市議会 平成26年第 1回定例会( 3月)-03月04日−02号 デザイン、形状ですが、松山市のから雲の形に始まり、今、多くの自治体が取り入れ、工夫をされております。最近では、品川区だったと思いますが、2020年東京オリンピックを記念して富士山と桜の2種類のデザインがあり、これは住民だけでなく観光客に向けて採用されたようです。  もっと読む
2013-01-18 下関市議会 平成 25年 1月18日 経済委員会-01月18日−01号 やはりこれから観光客の傾向として、場合によってはやはり2県にまたがり、あるいは2市以上の訪問といったことがやはり多いのではないかという観点からということで、これはもう既に一昨年になるが、ちょうどテレビで何年間にわたり、3カ年だったか、にわたって「」が放映され、そうした意味での松山市の取り組みや、また、源平の絡みでは屋島があるので、屋島のほうにもちょっとお邪魔しお話を伺ったところである。 もっと読む
2011-12-12 周南市議会 平成 23年12月 第7回定例会-12月12日−04号 きのう、「」でちょうど二百三高地をやっておりまして、我が周南の児玉源太郎がすごく活躍する場面でありましたけども、乃木さんの姿がありましたけども、あれを見ていて乃木希典の姿勢はすばらしかった。しかし、戦術が間違っていたと思うんですね。戦術が間違ってました。ひとつ教訓になるんじゃないかなというふうに思います。 もっと読む
2011-12-12 柳井市議会 平成 23年 第4回定例会(12月)-12月12日−03号 今は「」でございますが、当時、戦国武将として、市長は、信長、秀吉、家康の3人がよく上げられますが、3人のうちに自分に似てる人、あるいは自分の好きな武将はどなたでしょうか。後ほど、再質問に大きく影響するやもわかりませんので、お答え願えたら幸いと思います。以上で、質問を終わりますが、後ほど、再質問をさせていただくつもりでございますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。 もっと読む
2011-12-07 光市議会 2011.12.07 平成23年第4回定例会(第5日目) 本文 」が放送されています。この後、旅順陥落、水市営会見、奉天占領、日本海海戦と続きます。  戦前は、この奉天占領の3月10日が陸軍記念日で、日本海海戦の5月27日が海軍記念日でありました。特に日本海海戦があった明治38年5月27日は、世界史の大きな転換点と言われます。帝国主義のもとの白人支配の象徴であった大艦隊を有色人種がこっぱみじんに打ち破りました。 もっと読む
2011-06-20 光市議会 2011.06.20 平成23年第2回定例会(第5日目) 本文 は、私を中心に考えればひいじいちゃんの物語であります。その時代時代に、今の自分につながる人々がどんな社会をつくってきたか。何を守り、何を変えてきたか。今の自分を起点にして、縦軸を感じることができるか。これが歴史を学ぶことの肝です。そこにアイデンティティが生まれ、日本人としての自信と誇りが生まれます。  かつて自らを透明な存在とつづって犯罪に走った少年がいました。 もっと読む
2011-06-14 柳井市議会 平成 23年 第2回定例会( 6月)-06月14日−02号 最近でございますけれども、金魚ちょうちんがNHKのの場面で写し出されたり、京都河原町商店街や宮崎市の観光施設で飾られたり、今年3月にはストーンマーケットのアメリカハリウッド店内に、土産物として置かれることにより、金魚ちょうちんのまち柳井としての知名度も高くなってきております。   もっと読む
2011-03-02 周南市議会 平成 23年 3月 第2回定例会-03月02日−02号 そういうのを見ながら、我々は、ちょうどこの秋はいろんなこのツルのシンポジウムもやりますけども、同時にNHKが中心になる「」、いよいよ児玉源太郎閣下が出られるその時期に、いろんな意味でそこにフォーカスを当ててやっています。ここには出ていませんけども、花火大会も国体のプレイベントとして9月17日ですか、2週間前にやろうということで、今のところ大体内定しました。 もっと読む
2010-12-10 柳井市議会 平成 22年 第4回定例会(12月)-12月10日−03号 金魚ちょうちんも、一昨年は京都の河原町商店街で、また、今年は宮崎県のフローランテ宮崎の会場に飾られたり、また、NHKの「」でも登場したり、知名度も上がってまいりました。また、柳井商工会議所では、昨年、金魚ちょうちんキャラクターの愛称を「はっぴんぎょ」と決定され、これを利用して、柳井市のPRもされているところでございます。   もっと読む
2010-12-08 柳井市議会 平成 22年 第4回定例会(12月)-12月08日−01号 現在、NHKスペシャル「」の第2部が、12月5日から放送されておりますが、病床に臥す正岡子規の枕元から、縁側に飾られた金魚ちょうちんが映るといった場面もあり、大変うれしく感じているところでございます。   もっと読む
2009-12-01 萩市議会 平成21年12月定例会-12月01日−03号 ところでNHKでは9月28日から放映されている連続テレビ小説「ウェルかめ」は徳島県徳島市で、一昨日の11月29日に放映された「」は愛媛県の松山市、来年の1月3日から放映を開始される龍馬伝は高知県の高知市など四国の魅力を全国に発信していく内容であり、関係する市や町の関係者の方々から、このドラマの放映に関して大いに相乗効果を期待すると聞き及んでいるところであります。   もっと読む
2008-12-05 周南市議会 平成 20年12月 第6回定例会-12月05日−03号 また、来年から始まる大河ドラマに匹敵するNHKドラマスペシャルは司馬遼太郎原作の「」です。周南市ゆかりの登場人物、児玉源太郎役には存在感のある俳優高橋英樹さんが演じるようですし、さらには、再来年のNHK大河ドラマは周南市出身の今をときめく脚本家福田靖さんが書く「竜馬伝」とのことです。夢が広がるのではありませんか。 もっと読む
2008-12-04 周南市議会 平成 20年12月 第6回定例会-12月04日−02号 それから、雲をイメージした形の司馬遼太郎の「」の愛媛県の松山市、これは雲をアレンジしたナンバーです。それから、上田城をモチーフにした形に六文銭のデザイン、真田氏のゆかりの地、長野県上田市です。これ城をアレンジしたナンバーです。それから、これは富士山をイメージした形の富士山ナンバー、静岡県の御殿場市なんですが、こういう形でナンバーをつくっております。 もっと読む
2007-09-06 下関市議会 平成19年第 3回定例会( 9月)-09月06日−02号 御当地ナンバー同様、ナンバープレートを活用して地域振興や観光振興を図り、また、ナンバープレートの形は小説の「」の舞台松山市にふさわしい、雲をイメージした形であり、また、多くの市民に動く広告塔としてのまちづくりに参加していただく、とありました。   もっと読む
2007-09-06 下関市議会 平成19年第 3回定例会( 9月)-09月06日−02号 御当地ナンバー同様、ナンバープレートを活用して地域振興や観光振興を図り、また、ナンバープレートの形は小説の「」の舞台松山市にふさわしい、雲をイメージした形であり、また、多くの市民に動く広告塔としてのまちづくりに参加していただく、とありました。   もっと読む
2005-06-14 柳井市議会 平成 17年 第2回定例会( 6月)-06月14日−03号 それは、対岸の松山市の中村市長が、このあいだ東京でお目にかかったら、お話しになっていましたけれども、やっぱりの、そう、そこを見たからといって、何がおもしろいというわけではないのですけれども、秋山兄弟とこういうゆかりがあるというだけで、やはり多くの方がお越しになって勉強される、そういう時代になっておりますので、我々として観光ルートというのは、これが観光ルートだというものをお示しはしますけれども もっと読む
2004-03-09 周南市議会 平成 16年 3月 第2回定例会-03月09日−07号 まず、大河ドラマ「」の対応についてと、こういうことでございます。1月9日付のインターネットによりますと、NHKの海老沢勝二会長が、2006年度に、21世紀を代表するようなと、まだ21世紀は始まったばっかしですが、もうそんなドラマにしたいと。1回が75分、これを年間20回、いわゆるスペシャル番組としてやっていく。その基礎となるのが小説「」でございます。 もっと読む
2004-03-04 光市議会 2004.03.04 平成16年第1回定例会(第2日目) 本文 それから、本年は日露戦争が始まって100年ということでありまして、司馬遼太郎の『』という小説がまた非常に脚光を浴びているわけでありますが、私は、『』を、今、読み返しております。その中で、こういうくだりがありました。「軍艦というものは、一度遠洋航海に出て帰ってくると、船底にカキ殻がいっぱいくっついて、船足がうんと落ちる。 もっと読む
2004-03-01 周南市議会 平成 16年 3月 第2回定例会-目次 ●発言順位第3番 中村秀昭議員(新政会) …………………………………………………………… 449  1 NHK大河ドラマ「」への対応について   (1) NHKでは「2006年大河ドラマスペシャル」として、司馬遼太郎小説の    「」と決まった。第2刊から5刊まで郷土の児玉源太郎翁も随所に登場    され、同著は企業人必読書ともされる。 もっと読む
  • 1