13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

周南市議会 2014-03-05 平成 26年 3月 第2回定例会-03月05日−03号

ところがたまたま「」というのが影響があるんですが、その影響がある前、24年度が24校にふえておりまして、影響後は、25年度は57校の受け入れやっておるんです。なんでそんなに来るんか確認してみますと、要はインターネットでも受け入れのカリキュラムっていうのをすごいつくっておるんですね。

下関市議会 2014-03-04 平成26年第 1回定例会( 3月)-03月04日−02号

デザイン、形状ですが、松山市のから雲の形に始まり、今、多くの自治体が取り入れ、工夫をされております。最近では、品川区だったと思いますが、2020年東京オリンピックを記念して富士山と桜の2種類のデザインがあり、これは住民だけでなく観光客に向けて採用されたようです。 

下関市議会 2013-01-18 平成 25年 1月18日 経済委員会-01月18日−01号

やはりこれから観光客の傾向として、場合によってはやはり2県にまたがり、あるいは2市以上の訪問といったことがやはり多いのではないかという観点からということで、これはもう既に一昨年になるが、ちょうどテレビで何年間にわたり、3カ年だったか、にわたって「」が放映され、そうした意味での松山市の取り組みや、また、源平の絡みでは屋島があるので、屋島のほうにもちょっとお邪魔しお話を伺ったところである。

柳井市議会 2011-12-12 平成 23年 第4回定例会(12月)-12月12日−03号

今は「」でございますが、当時、戦国武将として、市長は、信長、秀吉、家康の3人がよく上げられますが、3人のうちに自分に似てる人、あるいは自分の好きな武将はどなたでしょうか。後ほど、再質問に大きく影響するやもわかりませんので、お答え願えたら幸いと思います。以上で、質問を終わりますが、後ほど、再質問をさせていただくつもりでございますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。

光市議会 2011-12-07 2011.12.07 平成23年第4回定例会(第5日目) 本文

」が放送されています。この後、旅順陥落、水市営会見、奉天占領、日本海海戦と続きます。  戦前は、この奉天占領の3月10日が陸軍記念日で、日本海海戦の5月27日が海軍記念日でありました。特に日本海海戦があった明治38年5月27日は、世界史の大きな転換点と言われます。帝国主義のもとの白人支配の象徴であった大艦隊を有色人種がこっぱみじんに打ち破りました。

光市議会 2011-06-20 2011.06.20 平成23年第2回定例会(第5日目) 本文

は、私を中心に考えればひいじいちゃんの物語であります。その時代時代に、今の自分につながる人々がどんな社会をつくってきたか。何を守り、何を変えてきたか。今の自分を起点にして、縦軸を感じることができるか。これが歴史を学ぶことの肝です。そこにアイデンティティが生まれ、日本人としての自信と誇りが生まれます。  かつて自らを透明な存在とつづって犯罪に走った少年がいました。

柳井市議会 2011-06-14 平成 23年 第2回定例会( 6月)-06月14日−02号

最近でございますけれども、金魚ちょうちんがNHKのの場面で写し出されたり、京都河原町商店街や宮崎市の観光施設で飾られたり、今年3月にはストーンマーケットのアメリカハリウッド店内に、土産物として置かれることにより、金魚ちょうちんのまち柳井としての知名度も高くなってきております。  

柳井市議会 2010-12-10 平成 22年 第4回定例会(12月)-12月10日−03号

金魚ちょうちんも、一昨年は京都の河原町商店街で、また、今年は宮崎県のフローランテ宮崎の会場に飾られたり、また、NHKの「」でも登場したり、知名度も上がってまいりました。また、柳井商工会議所では、昨年、金魚ちょうちんキャラクターの愛称を「はっぴんぎょ」と決定され、これを利用して、柳井市のPRもされているところでございます。  

柳井市議会 2005-06-14 平成 17年 第2回定例会( 6月)-06月14日−03号

それは、対岸の松山市の中村市長が、このあいだ東京でお目にかかったら、お話しになっていましたけれども、やっぱりの、そう、そこを見たからといって、何がおもしろいというわけではないのですけれども、秋山兄弟とこういうゆかりがあるというだけで、やはり多くの方がお越しになって勉強される、そういう時代になっておりますので、我々として観光ルートというのは、これが観光ルートだというものをお示しはしますけれども

光市議会 2004-03-04 2004.03.04 平成16年第1回定例会(第2日目) 本文

それから、本年は日露戦争が始まって100年ということでありまして、司馬遼太郎の『』という小説がまた非常に脚光を浴びているわけでありますが、私は、『』を、今、読み返しております。その中で、こういうくだりがありました。「軍艦というものは、一度遠洋航海に出て帰ってくると、船底にカキ殻がいっぱいくっついて、船足がうんと落ちる。

下松市議会 1988-12-05 12月05日-02号

この際、「」に便乗してはいかがかと思います。この点についてお尋ねいたします。 ○議長(中谷司朗君) 石田教育部長。 ◎教育部長(石田純一君) 市民交流拠点施設で長岡外史を一時的に展開して見ればという御提案だと思います。 もちろん、長岡外史ですけれども下松市を代表する歴史人物ですから、当然企画展等で取り上げていくべき人物だとそういうふうに考えております。

下松市議会 1970-03-04 03月04日-05号

まず、教育面からお聞きしたいんですが、長岡外史の認識です、これ、非常に高いんですけど、長岡外史といえば、児玉源太郎の後の陸軍の参謀次長ですか、203高地で平田昭夫、では的場浩司が演ずるぐらい、世間的には非常に有名、認識が高い人だと思いますが、こういうふうにたくさんの人が、小中学生が認識しとるということは、それなりの教育をとういうのは失礼な言い方になります、きちんとした教育をしていらっしゃるのでしょうか

  • 1