436件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山口市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2020年02月28日

私の今回の一般質問は、同じ自然災害でも台風、豪雨、地震等であります。去年、そういう災害を若干挙げてみますと、2019年5月には九州南部で激しい雨が降っておりますし、同じく6月18日は山形地震マグニチュード6.7。また、2019年6月29日に九州南部で総雨量が1,000ミリの大雨。

山口市議会 2020-02-27 令和2年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2020年02月27日

また、熊本市では獣医師会と協定締結されており、熊本地震の際にはペット健康相談を初めとした被災ペットや飼い主に対する円滑な支援が行われた事例がございます。現在、本市におきましては、大学企業等とさまざまな連携協定締結も行っておりますことから、市内にございます山口大学共同獣医学部山口県獣医師会等と協議をする中で連携強化のあり方を研究してまいりたいと考えております。

山口市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年12月12日

地震や浸水被害発生時において、商業施設における緊急避難的な対応に関する協定や、民間のビルなどに緊急的に避難できるよう、避難可能な建物には避難可能であることの表示をするなど、民間事業者等との協力が必要と考えますが、いかがでしょうか、御所見をお伺いいたします。次に、避難所の必需品についてであります。

山口市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年12月10日

熊本市は御存じのとおり、2016年4月熊本地震が発生し、観光文化施設都市インフラに甚大な被害を受けました。自来、一刻も早い復旧・復興に取り組まれておられるさなか、海外からの観光などインバウンド景気が減退した一方で、海外からの義援金や寄附金、応援メッセージなど多くの支援が寄せられ、国内外から注目されました。

光市議会 2019-12-06 2019.12.06 令和元年第4回定例会(第3日目) 本文

また、ここのところ地震もあちらこちらで起きており、関東地方では、3日間で13回もの震度1から4の地震が発生しております。昨夜も午後10時35分ごろ、茨城県北部でマグニチュード4.5、震度3の地震が起きました。この寒さの中、これ以上自然災害が起こらないことを願うばかりであります。  

光市議会 2019-12-05 2019.12.05 令和元年第4回定例会(第2日目) 本文

このため、地震への備えはもちろん、防災指令拠点の強化を図ることが急務となっています。いつ発生するかわからない災害に備えるため、耐震性の確保を初め、発災時の初動確保やインフラ途絶時の災害対応の継続など、本庁舎における防災指令拠点の機能強化は、市の存続のために何をおいても重要なことではないかと考えます。

光市議会 2019-09-13 2019.09.13 令和元年第3回定例会(第3日目) 本文

近年の豪雨災害による水害南海トラフ地震に対し、国を挙げて被災・災害を最小限に抑えるべく、事前の防災に力を注いでいるところです。  これまでの常識を超える自然災害は、いつ、どんな形で、どこに起こるかわかりません。光市本庁舎の耐震対策は凍結となっており、耐震診断におけるIs値は0.10と、震度6から7程度の地震で倒壊のおそれがあります。

山口市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年09月12日

地震や近年多く発生している水害等、一旦災害が起こればその対応にはさまざまなルールや体制のもと、自助、共助、公助の順に復旧活動が行われます。その活動を迅速かつ的確に遂行する上で、災害現場や避難場所での情報をきめ細かく正確なやりとりを行い、いち早く分析をすることこそ、被害を最小限に食いとめ、被災者に安心を与えることにつながるはずです。

山口市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年09月11日

昨年6月には大阪北部を震源とする地震が発生し、この地震により登校中の女子児童が倒れたブロック塀の下敷きとなり、お亡くなりになるという大変痛ましい事故が発生いたしました。山口市ではこのブロック塀の倒壊事故を受け、小学校中学校、その他市所有の施設におけるブロック塀の緊急点検を行われ、補正予算を組まれ、危険ブロック塀の改修や撤去の対応を進められてこられたことと思います。

光市議会 2019-09-10 2019.09.10 令和元年第3回定例会(第1日目) 本文

決算審査意見書によれば、水道施設の老朽化、大規模地震等の自然災害発生のリスクなど直面する課題は多く、将来を見据えた安定的な事業運営が求められる。こうした課題に対応するために、光市水道事業ビジョンの着実な推進が大事だということで、水道事業ビジョンを見せていただきますと、もう本当によく書かれた資料でございます。

山口市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年09月10日

また、2016年に熊本地震でも、熊本市では71の指定管理施設避難所になりましたけれども、その大半は事前に想定されず、自然発生的に避難所となって、ここも大変混乱が生じたと、そういうことが報告をされております。そういう中で、総務省によりますと、指定管理者により運営されている公共施設は、全国で約7万6,000件、指定管理者との災害時の役割分担を決めているケースは少なかったと。

山口市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔資料〕 開催日:2019年06月24日

) 少子化対策の取り組み  イ 防災減災について   1) 自主防災組織   2) 地区防災計画   3) 避難所備蓄品   4) ため池 4 伊 藤 青 波(高志会)……………………………………………………  48  ア 山口市新庁舎整備に係る断層調査報告書について   1) 地質図における伏在活断層のずれ   2) 花崗斑岩としている理由   3) 測線上のボーリング   4) 浅層反射地震探査

山口市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(6日目) 本文 開催日:2019年06月24日

当該契約は、昨年大阪北部地震の際に、通学中の小学校児童が倒れてきたブロック塀の下敷きになり死亡するという痛ましい事故を受け、本市内のブロック塀を点検された結果、基準を満たしていないものの存在が確認されたことにより、公共施設におけるブロック塀の撤去など、所管が異なる複数の部署をまたいで財産を所管する部署が一括して行った契約です。

光市議会 2019-06-19 2019.06.19 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文

そんな中、政府中央防災会議から5月31日に、南海トラフ巨大地震防災対策推進基本計画を修正し、東西に長い震源域の片側で大地震が起こる半割れケースが起きた際、残る側での事前避難など後発地震への警戒措置に関し、緊急災害対策本部長の首相が、沿岸部の住民らに1週間の避難を促すなどの対応を、自治体首長に指示すると明記したと発表がありました。

光市議会 2019-06-18 2019.06.18 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文

なお、あいぱーく光は地震洪水土砂災害等の基準は満たしているものの、高潮の被害を受けるおそれはありますが、庁舎機能を有する施設のうち、当面は本庁舎とあいぱーく光の2カ所を基幹型として災害に応じた対応を図ってまいりたいと考えております。  次に、2点目、自主防災組織との関連についてであります。  

光市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文

確かに、緊急地震速報や国民保護情報など重要な情報を、全国瞬時警報システム「Jアラート」と連動し発信できる、大きな役割を持っています。しかし、声として聞き取れないのが全国共通の課題です。防災時のサイレンは聞こえても、何のサイレンかわからないとなると、心理的にも音的にも不安を逆なでしてしまいます。  

光市議会 2019-06-13 2019.06.13 令和元年第2回定例会 目次

…………………… 213,214,216                 森重環境部長 …………………… 216,218,219  ・ 田中陽三議員 …………… 220,226,227,228,229,231,232     ・ 災害に強いまちづくりについて        234,235,238,239        (1) 光市防災機能強化基本構想策定について        (2) 南海トラフ地震