2247件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山陽小野田市議会 2024-06-21 06月21日-04号

このたび、地球温暖化対策国際的枠組みパリ協定」に基づく長期戦略を、先週、政府が決定をいたしております。パリ協定目標は、産業革命前からの気温上昇を2℃未満に抑え、できれば1.5℃未満にすることでございます。この目標を実現するため、温室効果ガス削減長期戦略を2020年までに国連に提出することが締約国に求められておりました。

柳井市議会 2023-12-05 12月05日-02号

地球温暖化は、異常気象により、世界的な大災害を起こし、世界的規模で取り組む問題となっております。日本においても、台風による集中豪雨が多く発生し、昨年は西日本、また、今年は東日本集中豪雨が襲い、多くの死者・行方不明者が出て、人家、インフラ等にも大きな打撃を与えております。 連日、テレビ等被害状況が報道されており、被害の大きさが感じられます。 

柳井市議会 2023-08-23 09月04日-01号

地球温暖化対策として、また、平成23年3月の東日本大震災以降、一層の節電省エネ対策が求められている中、本市におきましても、事務所衛生基準規則に規定する照度基準を維持しつつ、年間を通して節電対策を行っております。 具体的には、トイレや廊下蛍光灯を間引きし、2階以上の廊下の照明は、通常、消灯しております。

岩国市議会 2022-06-20 06月20日-05号

本市の大部分を占める中山間地域は、山・川・海の豊かな自然に恵まれ、地域住民生活の場であるとともに、農林水産物生産の場であり、森林水田等保水機能による水源涵養森林による大気浄化地球温暖化防止等自然環境保全、良好な景観形成による自然との触れ合いの場など、多面的で重要な公益的な機能等を有しております。 

岩国市議会 2021-09-27 09月27日-06号

過疎地域は、我が国国土の過半を占め、豊かな自然や歴史・文化を有するふるさと地域であり、都市に対する食料・水・エネルギーの供給、国土自然環境保全、癒やしの場の提供、災害防止森林による地球温暖化防止などに多大な貢献をしている。 過疎地域が果たしているこのような多面的・公益的機能国民共有財産であり、それは過疎地域住民によって支えられてきたものである。 

周南市議会 2021-07-02 07月02日-03号

これは、県議としていうのではなく、地球に生きる者として、一人としてやってきたことであります。 ここにあえて入れなかったのはなぜかと言われましても、大きな環境問題ですから、今後、取り組んでいかなくてはならないことでもありますし、すぐにでも始めたいことではありますけれども、今後、例えば来年度の予算編成のときとかから、きちんと施策の上に挙げていきたいと思っています。

山陽小野田市議会 2020-12-13 12月13日-05号

このほかにも、小中学生を対象とした地球温暖化防止ポスターの募集であるとか、それから小学生を対象に、夏休みのエコ工作教室あるいは水辺の教室、また保育園児対象としてゴーヤの種の植えつけと収穫祭なども開催しておりまして、こういった緑のカーテンの普及にも取り組んでいるところでございます。 また、御存じのとおり、昨年、一昨年と市ふるさとづくり協議会の主催で開催されました中学生市議会ですね。

山陽小野田市議会 2020-12-12 12月12日-04号

ある会議では、世界における近年の自然災害の発生が、地球温暖化に伴い、1980年代から約2.5倍に増加したことが紹介され、特に水害が3倍以上にふえたことで、有効な対策必要性が強調されました。 本市地域防災計画は、本市災害履歴地域性を考慮して、災害に強いまちづくり災害対策推進の指針とするために策定されています。 

山陽小野田市議会 2020-12-11 12月11日-03号

今、我が国が置かれておる地球環境問題につきましても、温室効果ガス排出量を80%減らす長期目標を掲げておりますが、御本人が言われるには、そう遠い話ではない。こういうことで、大変国際的にも、国内的にも悲惨な事件、事故が多発しておりますが、そういった中で、大きな光を感じたところであります。 それはさておいて、通告に従って質問させていただきます。 

宇部市議会 2020-12-06 12月06日-02号

近年、地球温暖化の影響と思われる異常気象により記録的な猛暑が続くため、早くから熱中症への注意喚起が行われるようになりました。 総務省、消防庁のデータでは、その取り組みの結果として、令和元年の本年5月から9月までの5カ月間で、熱中症により救急搬送された人数は、全国で7万1,317人でした。昨年の平成30年の同時期と比較をして2万3,820人減少したことが報告されております。