70件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下関市議会 2021-03-02 03月02日-06号

第5項都市計画費においては、国の補正予算追加に伴い、乃木浜総合公園整備事業費及びいきいきシルバー・キッズ公園事業に係る経費増額計上されるとともに、新型コロナウイルス感染症拡大が大きく影響したことから、廃止路線代替バス運行費補助金及び地方バス路線維持費補助金増額計上され、バス交通系ICカードシステム導入事業費補助金では、追加費用の発生による増額計上が、また公共交通事業者事業継続緊急支援金では、新型

下関市議会 2020-12-11 12月11日-05号

今年度もバス事業者さんに対しては、公共交通機関整備推進業務として、廃止路線代替バス運行事業補助金として9,200万円、地方バス路線維持費補助金として2億円の補助金を、バス交通系ICカードシステム導入事業費補助金として約6,000万円の補助金を支出し、路線バス及び廃止路線代替バス経営欠損の額に対する補助や、バス利用者利便性向上を図られております。 

山陽小野田市議会 2020-09-01 09月01日-01号

一方、地方バス路線維持費補助金が1億3,100万円、やはり巨額な補助金が支出されておりますが、これはこのデマンド交通によって、この地方バス路線維持費補助金減額になるのかなというふうに思っておったんですが、それがあまり現れてきておりませんが、これはなぜなのか。 それと同じく商工関係企業誘致事業ですね。新規誘致がどの程度あり、雇用としてどの程度の実績となったのか、これについてお聞きいたします。

下関市議会 2020-03-23 03月23日-04号

補正予算等による交付金等追加調整に伴い、通学路浸水被害箇所等浸水対策整備を行うため、工事請負費等増額計上され、また交通対策費について、公共交通機関整備推進業務として、ノンステップバス両分導入に対する補助金を予定していたところ、国の交付決定が1両分となったため、バス活性化システム整備費等補助金減額計上される一方、補助金の額が確定したため、廃止路線代替バス通行費補助金及び地方バス路線維持費補助金

下関市議会 2019-03-26 03月26日-10号

歳出予算補正においては、交通対策費について、地域運行主体コミュニティタクシー運行を廃止したことによりコミュニティ交通事業費補助金減額計上される一方、補助金の額が確定したため、廃止路線代替バス運行費補助金及び地方バス路線維持費補助金がそれぞれ増額計上されるとともに、港湾費について、港湾特別会計で国の補正予算を活用し事業実施をすることに伴い、その財源調整するため、同特別会計への繰出金減額計上

山陽小野田市議会 2018-03-06 03月06日-07号

次に、7款商工費地方バス路線維持費補助金768万7,000円の減額については、当初見込みより燃料費の上昇が低かったためであり、県の補助については、路線ごと実績に応じた算出をするとのことでありました。 次に、9款消防費報償金960万5,000円の増額については、消防団員9名の退団によるものであり、幹部団員勤続年数の長い団員の退職者がふえたということであります。

山陽小野田市議会 2018-02-28 02月28日-03号

本市では、補助金交付規則に基づきまして山陽小野田地方バス路線維持費補助金交付要綱を策定いたしまして、バス事業者に対する補助金の額の算定ですとか交付決定等を行っております。 簡単に概要を申しますと、運行経費から運賃等の収入や、国、県からの補助金を差し引いた残りの額につきまして、補助金として支出しているところでございます。 

山陽小野田市議会 2018-02-19 02月19日-01号

次に、衛生費では、新火葬場建設事業浄化槽設置整備事業補助金等の減はあるものの、病院事業会計繰出金等として2億7,159万1,000円を増額し、労働費では、人件費調整として11万円を増額し、農林水産業費では、埴生漁港整備事業排水機場改修等に係る県事業負担金等として9,445万4,000円を減額し、商工費では、中小企業振興資金預託金地方バス路線維持費補助金等として4,822万4,000円を減額しております

山陽小野田市議会 2017-02-22 02月22日-01号

次に、衛生費では、新火葬場建設事業、旧ごみ処理施設煙突解体事業等として1億435万7,000円を減額し、労働費では、雇用能力開発支援センター電気設備等移設事業として1,464万9,000円を減額し、農林水産業費では、排水機場改修等に係る県事業負担金等として5,745万円を減額し、商工費では、中小企業振興資金預託金地方バス路線維持費補助金等として7,901万2,000円を減額しております。 

宇部市議会 2015-12-15 12月15日-04号

事業管理者が、国・県制度を説明しましたので、市の地方バス路線維持費補助金につきましては、新川駅から新山口駅までで運行する、広域路線である国の補助路線等に関しましては、国・県の補助対象額を除いた欠損額交付しております。これが平成26年で、1,614万6,000円でございます。 また、県の単独の広域路線補助金として、2,056万7,000円を交付しております。 

宇部市議会 2015-12-14 12月14日-03号

なお、地方バス路線維持費補助金の中には、算定の基礎となるキロ当たり単価には人件費も含んでいるところでございます。 現在のバス路線には、重複した路線とか、長距離バス路線などの効率面の課題もあると考えてます。したがいまして、今年度策定いたします地域公共交通網形成計画に基づいて、多様な交通サービスを組み合わせた総合的な路線再編を行うことにより、まずは経営改善を促進したいと考えています。 

宇部市議会 2015-12-11 12月11日-02号

(2)地方バス路線維持費補助金の根拠と妥当性。 (3)第二次宇部市交通事業経営改革プラン。 ア、プランの内容と効果。 イ、進捗状況。 以上で、壇上での質問を終わります。よろしくお願いします。 ○議長(重枝尚治君) 久保田市長。    〔市長 久保田 后子 君 登壇〕 ◎市長久保田后子君) 城美議員の御質問にお答えをいたします。 御質問交通事業の現状と今後のあり方について。 

下関市議会 2013-02-28 02月28日-02号

次に、歳出予算補正の主なものは、第2款総務費において、財政調整基金費では、先ほど御説明した平成23年度決算剰余金13億2,000万円と基金運用益1,651万4,000円の合計13億3,651万4,000円が、企画費では、公共交通機関整備推進業務として地方バス路線維持費補助金2億1,550万1,000円や下関廃止路線代替バス運行費補助金1,042万8,000円などが、また、選挙費では、3月10日投開票

下関市議会 2012-03-26 03月26日-08号

また、企画費においては、公共交通機関整備推進業務として、2億5,237万円が増額計上されておりますが、これは、下関廃止路線代替バス運行費補助金及び地方バス路線維持費補助金に係るものであります。このほかにも総務費では、国際交流振興基金財政調整基金及び減債基金運用益をそれぞれの基金に積み立てるため増額計上されております。