239件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山口市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2020年02月28日

このように、本市では複数の連絡手段を確保いたしておりますことから、総合支所等と連絡がとれない事態は想定いたしておりませんが、万が一通信が途絶えた状況下におきましても、地域防災計画災害対策運用マニュアル等に所掌事務を具体的に定めまして、各総合支所及び地域交流センターが本部の指示を待つことなく自主防災組織消防団と連携して被害情報の収集に当たるほか、直ちに避難所を開設して、備蓄している非常食供給するなどの

山口市議会 2020-02-27 令和2年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2020年02月27日

また、こうした区域も含めた市全域にわたる強靭な地域づくりを推進する上で、防災のための重要インフラ等の機能維持は大変重要と認識いたしておりまして、避難路の整備、斜面の崩壊対策、無電柱化の推進、河川のしゅんせつや改修、5年に1回の定期点検をもとに老朽化した橋梁の補修等を計画的に取り組んでいるところでございまして、今後も地域防災計画に位置づけております危険箇所を優先的に取り組んでまいりたいと考えております

山口市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年12月10日

本市といたしましては、市民の皆様の命と暮らしを守るため、第二次山口市総合計画における重点プロジェクト「安全安心のまち」の実現に向け、地域防災計画の着実な推進を図るとともに、その一方では、災害時には市民の皆様がみずからの命はみずからが守る意識をお持ちいただいて、避難行動をとっていただけるよう自主防災組織の活動支援にも取り組んでまいりたいと考えております。

光市議会 2019-12-09 2019.12.09 令和元年第4回定例会(第4日目) 本文

そして先日、気象庁南海トラフ巨大地震の臨時情報の運用を始めたのを受けて、山口県広島県岡山県地域防災計画の見直しを進めていると発表がありました。改めて、光市も指定基準震度6以上、津波高3メーター以上で海岸堤防が低い、防災体制の確保、過去の被災履歴への配慮から、南海トラフ地震防災対策推進地域に指定されており、今後の本庁舎の防災対応に大きく影響が出ます。

光市議会 2019-09-12 2019.09.12 令和元年第3回定例会(第2日目) 本文

光市では、危険ため池として光市地域防災計画に位置づけられており、豪雨などの影響により堤防決壊等の事故が生じないよう、大雨、洪水等に備え適切な監視を行うとともに、ため池関係者が適切に管理できるよう指導等を行っておられます。こうした光市において従来から言われている危険ため池と、今回国が再選定を進めている防災重点ため池との違いをお答えください。  

山口市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年09月12日

本市の平成30年度地域防災計画第2編、災害予防計画、第12章、ボランティア活動の環境整備、第1節第2項、ボランティアの活動対象にも、その活用が無線の項目にアマチュア無線技士と表記されており、災害活動における数ある専門ボランティアの一員という位置づけです。ここで、そのアマチュア無線を運用される局数の本年3月末、最も新しい統計によるデータをフリップによって御紹介いたします。こちらをごらんください。

山口市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年09月11日

次に、議員御提案の危険ブロック塀の撤去に対する補助制度の創設につきましては、市民の皆様が安全安心で快適に暮らせるまちづくりの推進に向けまして、小学校及び中学校におかれ把握されている通学路や山口市地域防災計画に位置づけています緊急輸送道路等、緊急輸送施設道路の沿道における危険ブロック塀等の除却費用の一部を支援する制度を検討しているところでございまして、早期の施行に努めてまいる所存でございます。  

光市議会 2019-06-19 2019.06.19 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文

本市における対応につきましては、南海トラフ地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法に基づき、平成26年7月、光市地域防災計画震災対策編の中に、南海トラフ地震防災対策推進計画を定め、これに沿った対策を講じることといたしております。  今回の変更に対する対応につきましては、南海トラフ地震は広域的災害でありまして、今回は特に、首相からの指示は県を通じて行われるものとなってまいります。

光市議会 2019-06-18 2019.06.18 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文

一方、避難所は、災害対策基本法に基づき、光市地域防災計画に定める警戒レベル3、避難準備高齢者避難開始、あるいは警戒レベル4、避難勧告等発令する際に一時的な滞在場所として開設をするものでございます。昨年7月の豪雨災害の際にも浸水被害のあった三島コミュニティセンターに変えて、上島田地区は島田中学校体育館を、三井地区は三井小学校体育館を避難所として運用したものであります。  

山口市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年06月10日

この地区防災計画を地域防災計画に連動させることで、逃げおくれゼロの取り組みにつながるものと考えます。そこで、県では災害避難行動等促進事業において逃げおくれゼロの実現を目指し、モデル事業を促進しているところでありますが、本市ではどこをモデル地区として選定し、どのような取り組みをされるのかお伺いいたします。次に、中項目3)避難所備蓄品についてお伺いします。

山口市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年02月26日

本市では山口市地域防災計画に基づきまして民間リース業者と協力体制を確立し、必要となる仮設トイレの確保及び迅速な設置に努めることといたしております。今後とも非常用電源やトイレを初めといたしまして、避難所機能の充実を図ってまいりたいと考えております。次に、ハザードマップについてお答えをいたします。

光市議会 2019-02-20 2019.02.20 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文

本年度の予算は、災害時も含めた防災拠点となる本庁舎において、地震のみならず風水害等さまざまな災害に備えるために、必要な施設・機能の強化に向けた基本構想の策定を初め、地域防災減災対策として、発電機や投光器などの施設備品から保存食や紙おむつ、救急セットといった生活物資まで、災害時における避難所環境地域防災計画に基づき、きめ細かに整備いたします。  

光市議会 2018-12-06 2018.12.06 平成30年第5回定例会(第2日目) 本文

まず、行政における検証と改善策につきましては、初動体制及び発災後の復旧活動を中心とする検証のための調査を行っており、地域防災計画や業務継続計画に基づき個々のセクションごとの検証と改善策について整理しつつありまして、今後、災害時の対応に関する職員研修や避難所の運営マニュアルの整備等、こうしたものにつなげてまいりたいと考えております。  

山口市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(4日目) 本文 開催日:2018年12月05日

山口市におかれましても、災害対策基本法にのっとり地域防災計画を策定され、地域特性や地域事情を鑑みながら支援体制の構築、連携体制を図り、また避難誘導、避難生活における合理的配慮について部分的ではありますが言及がなされてはいます。地域防災計画9章の要配慮者対策の中ででございます。

光市議会 2018-09-19 2018.09.19 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文

あらかじめ、地域防災計画、業務継続計画で対応できるように考えられていたものと思いますが、このたびの実際の災害において、どうであったか振り返りをお願いします。  ア、職員の参集の状況についてですが、このたびの災害では、JR山陽線が不通、市内各所が土砂崩れ等で通行できなくなり、参集に困難な状況が発生しました。

光市議会 2018-09-18 2018.09.18 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文

市では、災害マニュアルを、地域防災計画というのをつくっているわけですが、それは余りにも厚い冊子で、市民共有ができているのかな。この地域防災計画を抱えてどこか持っていくわけにもいかない、そんな状況でありましたので、ぜひ災害だけでなく通常のいろいろな市の手続についても一緒に検証できるようなハンドブックのようなものをつくったらどうかなということで、御提案をさせていただきました。  

光市議会 2018-09-14 2018.09.14 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文

国の災害対策基本法に基づき、光市の地域防災計画も毎年防災会議を持ち、検討が加えられ、必要があるときは補完をし、修正がされています。  今回、実際に災害が起きた中で、各担当部署においても、市民の要望や申し送るべき課題、対応策など、多くの学びがあったものと思われますが、何が一番課題として残ったのか。

山口市議会 2018-03-01 平成30年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2018年03月01日

本事業は、浸水被害等の発生した河川山口市地域防災計画において重要水防区域として指定し、事業用地の無償提供や周辺住民の皆様の御協力をいただき、適正な河川断面を確保することで安全性をより高めるものでございます。この事業におきましては、環境にも配慮しコケなどの発生により周辺環境となじみ、維持管理の容易なコンクリートロック使用しております。