9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

萩市議会 2014-03-03 03月03日-03号

最近は、JICAという、その国際協力事業要するに今までは、国際貢献国際支援援助海外援助は、ダムとか道路とか、そういったハードでありましたが、今は、例えば魚のとり方とか、観光の仕方とか、そういった中で、このまち博が、このJICAの対象に今ですね、今ヨルダン流通支援をしてるわけですあります。私ども職員が、2名が、ヨルダンに再三赴きまして、このいろんな指導をしています。

宇部市議会 2003-03-11 03月11日-03号

次に、御質問の第3、環境先進都市の役割を発揮し、環境産業開発に連動する海外を視点に置いた諸施策の展開ということでありますが、国際環境協力につきましては、国際協力事業、宇部環境国際協力協会等と連携しながら、海外からの環境関連研修生受け入れ国際シンポジウムを開催するなど、宇部方式手法企業の持つ環境保全技術を伝えていくとともに、市民環境保全意識高揚を図っているところであります。 

宇部市議会 2003-03-10 03月10日-02号

次に、第4点の国際環境協力でありますが、国際環境協力につきましては、国際協力事業、宇部環境国際協力協会等と連携しながら、海外からの環境関連研修生受け入れや、国際シンポジウムを開催するなど、宇部方式手法や、企業の持つ環境保全技術を伝えていくとともに、市民環境保全意識高揚を図っているところであります。 

宇部市議会 2002-03-13 03月13日-05号

お尋ねの研修生受け入れにつきましては、姉妹都市からの青少年国際協力事業を初め、関係機関と連携し、幅広く海外からの研修生受け入れております。これまでの延べ人数としては、姉妹都市からの青少年が129人、国際環境協力として38カ国、109人を受け入れております。今後とも関係機関と連携し、本市が持っている地域特性を生かしながら、研修生受け入れに努めてまいりたいと考えております。

宇部市議会 2002-03-11 03月11日-03号

特に、低公害練炭製造技術研修は1カ月以上滞在し、研修だけでなく多くの市民とも交流し、国際協力事業からも高い評価を得ているところであります。 また、姉妹友好都市との環境協力施策も掲げており、威海市とは昨年11月、北九州市で行われた「クリーンな環境のための北九州イニシアチブ」のネットワーク会議契機に、威海市の環境担当情報交換を始めたところであります。

宇部市議会 2000-06-06 06月06日-03号

また、国際環境協力につきましては、グローバル500賞受賞契機に、宇部環境国際協力協会──略称宇部IECAでありますが──これが設立され、本市では、宇部IECAと連携し、国際協力事業市民企業協力を得ながら、多くの海外からの環境関連研修生受け入れるとともに、市民環境意識啓発のための環境国際セミナーを開催するなど、グローバル500賞受賞都市にふさわしい国際環境協力に努めてまいりました。 

宇部市議会 2000-03-09 03月09日-03号

さらに、今年度は、外務省外郭団体であるJICAジャイカ)、国際協力事業中国国際センター協力が得られるようになり、現在ペルーからの研修生を直接受入れ、約2カ月間の研修を行っているところであります。 研修内容は、本市内企業の持つ低公害練炭製造技術でありますが、そのほかには、本市国際的に認められた宇部方式を初め、本市や山口県の環境保全への取り組みも含まれております。 

宇部市議会 1999-03-08 03月08日-02号

先進都市である北九州では、長年の経験から、現在では外務省国際協力事業や地方自治体との情報交換研修生受け入れ等の交渉は、主に市が行い、企業環境関連ノウハウ情報入手・編集、研修生受け入れ、会員、市民へのPR等の実務的なものは主に協会が行っており、本市としましても、今後の事業成果等を勘案しながら、これらを参考にしていきたいと考えております。 

宇部市議会 1997-12-05 12月05日-02号

北九州市は、国際協力事業、九州国際センターからスタートし、北九州国際技術協力協会環境協力センターメンテナンス協力センターなど、拠点整備を充実させています。 四日市市には、通産省の支援による国際環境技術移転研究センター国連地域開発センターの分室があります。 環境国際協力は、グローバル500受賞都市として重要な責務です。

  • 1