279件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下関市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会(3月)-03月11日−06号

都市整備部長(佐々木美紀君)  幡生駅における交通結節点等の機能を検討する基本設計の中では、利用者の利便性向上を図るため、武久側改札口の規模、構造等も検討するとともに、幡生駅周辺の交通結節点等の機能についても検討を行い、西日本旅客鉄道株式会社と幡生駅の武久側改札口の設置に向けて合意形成を図ってまいりたいと考えております。

下関市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会(3月)-03月06日−03号

平成31年度はJR事業者が行う幡生駅のバリアフリー化に合わせて、利用者の利便性向上を図るため、武久側改札口の設置を検討するとともに、幡生駅周辺の交通結節点としての整備について検討を行い、JR側と幡生駅の武久側改札口の設置に向けて合意形成を図っていきたいと考えております。  

光市議会 2019-02-25 2019.02.25 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文

本市においてもこれらを踏まえ、特別支援学級や通級による指導など、障害のある児童生徒の就学先の決定に当たって、保護者と相談を重ね、福祉医療等の関係機関との緊密な連携の上で、本人や保護者の意向を最大限に尊重し、教育的ニーズと必要な支援について、合意形成を図りながら進めています。

下関市議会 2018-12-14 平成30年第 4回定例会(12月)-12月14日−05号

今後は、具体的な手法やスケジュールのほか、課題への対応等について検討した上で、地域の方々との対話を基本として合意形成を図ることを考えております。以上です。 ◆山下隆夫君  地域の方々との合意形成につきましては、これまではまちづくり協議会を活用して、その中で説明をしていくんだという御説明があっています。

下関市議会 2018-12-13 平成30年第 4回定例会(12月)-12月13日−04号

このため、本市といたしましては人・農地プランは、地域の絆で結ばれた家族農業の集合体であるという考え方のもと、人・農地プランを地域の守るべき農地の受け皿といたしまして、地域の話し合いによる作成を一層推進していくこととし、地域合意形成のもと、今ある農地を次世代に継承していくための取り組みを行う、意欲のある経営体に対しまして、必要な支援を実施、検討することといたしております。  

下関市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会(12月)-12月12日−03号

総務部長(今井弘文君)  今後は施設所管部局が主体となりまして、具体的な手法やスケジュールを検討した上で地域の方々と対話を図り、さまざまな課題も十分に議論しながら合意形成を図ってまいりたいと考えております。  公共施設等総合管理計画は、その取り組み期間を前期、中期、後期に区分しており、全体としましてはこの期間区分ごとに進捗状況の検証を行ってまいりたいと考えております。

光市議会 2018-12-07 2018.12.07 平成30年第5回定例会(第3日目) 本文

(3)土砂災害を防止する土木建設事業は、利益を受ける方から事業費の一部を分担金として負担をしていただくため、土砂災害の防止対策事業の実施には、地域内協議で合意形成に至らないケースも見受けられております。市内のある地域では、負担金が大きくて工事を断念いたしました。しかしながら、急傾斜地の上にある住宅が今にも崩れそうになっており、2次災害につながる危険もはらんでおります。  

下関市議会 2018-08-30 平成 30年 8月30日 経済委員会-08月30日−01号

ただ、それを結果的に豊北の跡地につくるというふうに変わったと思うんですが、その理由というのは、豊北であれば現行にそういう似たようなものがつくってあったから、地元の合意が確認できたということが当然あるでしょうが、合意形成以外のことで技術的あるいは交通上の特別な理由があったんですか。それとも、時期の問題もたしかありましたね。

下関市議会 2018-08-24 平成 30年 8月24日 議会運営委員会-08月24日−01号

ただ、必要に応じて希望される方は各自控室のほうでプリントアウトをされてくださいねという手段をつくっておくほうが、より今後のその合意形成が図れやすくなるのかなということで、ここは御希望される方には支援することが望ましいのかなという結論になりました。  先ほどの(2)のところは、技術的な問題になります。

光市議会 2018-06-14 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第2日目) 本文

大きな事業ほど合意形成が必要と思います。この庁舎の耐震化の問題も、光市の構成員である市民の御意見を聞く場、また、きちんと説明をする機会も大変必要になってくると思いますけれども、そのあたりのお考えを市長も言われましたけれども、そのあたりが具体的に何かありましたら、お聞きいたします。 ◯議長(木村 信秀君) 小田総務部長。 ◯総務部長(小田 哲之君) 市民意見の聴取等であります。  

下関市議会 2017-12-13 平成29年第 4回定例会(12月)-12月13日−03号

しかし、一番基本は、話し合って合意形成することだというのは、そのとおりです。来年、夏祭りが同じところであれば、やはりそこはすっきりしてやりたいです。少なくとも、それまでには一定の解決につながるようにすべきだと思うんですが、その構えはありますか。  そうしたときに、具体的な提案して、話し合いをしっかりやるべきです。

下関市議会 2017-12-12 平成29年第 4回定例会(12月)-12月12日−02号

◆片山房一君  今、答弁していただきましたように、先の計画変更では、十分であったかどうかは別にして、さまざまな方法と時間をかけて市民合意形成を図ったということがわかりました。  今回の方針転換、これについて前回の何年かかけてやったものと比べて、余りにも手を抜き過ぎているんじゃないか。市民の意見をまるで聞こうとする姿勢がないじゃないかというふうに思います。

光市議会 2017-12-06 2017.12.06 平成29年第4回定例会(第3日目) 本文

一般質問においての質疑、答弁の中にも、景観形成重点地区や景観重要建造物景観重要樹木などの指定についての質問に対して、指定をする場合、地域住民の合意形成や所有者の同意などが必要となることから慎重に進めるべきという答えがあります。まさにそのとおりだと思います。景観の維持保全のための規制や、景観整備の方向性を決めるには市民合意形成が不可欠であることは理解しております。  

光市議会 2017-06-15 2017.06.15 平成29年第2回定例会(第3日目) 本文

統廃合への合意形成には時間がかかることを認識しつつも、財源確保の課題からは実質的な賃料収入の確保や経費の削減といった成果を生み出す実践から着手をしています。財源確保のための具体的施策を進めることで、実例をまずつくり、そして関係者、市民の理解を深めるわけです。その説明責任の中で、本丸である施設の統廃合を着実に進めると考える戦略とも言えます。  

宇部市議会 2016-12-16 平成 28年12月定例会(第4回)-12月16日−04号

このため、現在、街区の整備方針や整備概要などを定める街区整備計画と地元権利者の合意形成を図るための勉強会などを実施する計画コーディネート業務などを行う委託事業者を、公募型プロポーザル方式で選定する作業を行っているところです。  再開発事業に当たっては、地区内の権利者の認識と理解、参画が最も重要であることから、権利者との勉強会によって機運を高めていきます。

下関市議会 2016-12-15 平成28年第 4回定例会(12月)-12月15日−06号

これらの御意見に対しまして、わかりやすく丁寧にお答えすることで、学校の適正規模・適正配置に関する御理解を深め、学校統合の合意形成を図ってまいりたいというふうに考えております。以上でございます。 ◆吉田真次君  今、実績等をお聞きをいたしました。実際に、この計画、私これは本市の教育分野にとって最も重要な計画じゃないかなというふうに思っております。

周南市議会 2016-12-12 平成 28年12月 第8回定例会-12月12日−04号

道路管理者には占有許可警察には使用許可保健所には営業許可、そして地域合意形成と、個別の店舗で対応していくには非常に困難な状況にあります。  以前、先ほどもありましたが、銀座通りの歩行者優先道路社会実験、これでオープンカフェが出されて好評を博したという声も聞いていますが、その後はどうなるかということは、話は聞こえてきません。