12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

山陽小野田市議会 2019-12-11 12月11日-03号

議長小野泰君) 原田水道局局長。 ◎水道局局長原田健治君) 引き続いて、水道局からお答えいたします。 水道局におきましても、基本的には、市長部局と同じ考え方によりまして、市内業者を優先して発注を行っております。水道局では、山陽小野田水道局会計規程に基づきまして、随意契約を行っております。 

山陽小野田市議会 2017-03-06 03月06日-05号

議長尾山信義君) 原田水道局次長。 ◎水道局次長原田健治君) 5の3の質問事項市民の負担が大き過ぎるというとこでございます。 ○議長尾山信義君) 2番。岩佐水道事業管理者。 ◎水道事業管理者岩佐謙三君) 40年先までの見通すのには無理があると、これは議会からも、市民説明会からも大変指摘を受けたとこでございます。 

山陽小野田市議会 2016-12-16 12月16日-04号

原田水道局次長。 ◎水道局次長原田健治君) それでは、水道局のほうから、最初の3点につきまして御回答をさせていただきます。 先ほど、岡山議員の御質問の中にもございましたとおり、水道事業のアセットマネジメントの結果から、水道管路の総延長は、約419キロメートル、これは山陽小野田市から兵庫県姫路市までの距離に相当する距離でございます。

山陽小野田市議会 2016-09-02 09月02日-01号

議長尾山信義君) 原田水道局次長。 ◎水道局次長原田健治君) 長期前受金戻入というのは、地方公営企業法平成24年度から改正をされまして、これによって会計処理の方法が変わった関係で出てきたものでございます。 これについては、これまで水道局のほうで過去いただいておりました補助金、そういったものの処理につきましては、単純に収入として受け入れておったというものでございます。

山陽小野田市議会 2016-02-22 02月22日-01号

議長尾山信義君) 原田水道局次長。 ◎水道局次長原田健治君) お答えいたします。 平成27年度退職の2名につきましては、定年退職でございます。また、これによりまして2名欠員が生じますが、それにつきましては、現在、はっきり確定ではございませんが、この2人が今現在、再任用制度を御希望しておられますので、これによりまして対応したいというふうに考えております。 以上でございます。

山陽小野田市議会 2014-02-21 02月21日-01号

議長尾山信義君) 原田水道局総務課長。 ◎水道局総務課長原田健治君) 水道事業の予算の当初のつくり方につきましては、入りのほうにつきましては厳しく見てつくっております。その関係で、当初は前年度に比べ3%減という見込みでございましたが、この1月までの実績を見ますと、そこまで減っていなかったということで、このたびは多少上方のほうに修正をさせていただきました。 

  • 1