984件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

光市議会 2019-07-05 2019.07.05 令和元年第2回定例会(第5日目) 本文

従前、医師不足により営業日数を減少させていたということですが、指定管理料減額の戻入による金額の訂正は、動議を出して質疑を求めるものではなく、当然であると思いますが、答弁の訂正とは何を訂正されたんでしょうか。 ◯議長(西村 憲治君) ここで暫時休憩いたします。                  

光市議会 2019-06-19 2019.06.19 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文

設備的な気づき、医師の状況、患者の状況、患者数、病床の稼働状況等をお聞かせください。また、市民はもっとなれていません。市民からどのような声があるか、対応も含めてお聞かせください。  次に、市民の声、課題への対応についてお尋ねします。私たち議員にも、利用者、地元住民からさまざまな声が届いていますので、今回は交通安全対策について大きく2点お尋ねします。  

光市議会 2019-06-18 2019.06.18 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文

光総合病院の夜間や休日等の救急医療に対する医師の体制についてお答えいたします。  現在各科の医師のうち、年齢等を考慮した9名がほとんどの夜間当直、午後5時から午前8時15分までを行っており、他の医師数名が休日の日直、午前8時15分から午後5時までや月1回の当直行うことで負担軽減を行っているところであります。それでも医師一人当たりの日当直の回数は月3回から4回となっております。  

光市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文

今から19年前に始まりました介護保険制度で、ふえ続ける医療介護のニーズ、医師介護職員の担い手不足、保険料金の上昇など、急激な高齢化の進展はさまざまな問題を生み出してまいりました。国におきましては、平成29年6月に、介護保険制度の持続可能性の確保のために、介護保険法の一部を改正いたしました。

光市議会 2019-06-13 2019.06.13 令和元年第2回定例会 目次

      161,162,163,164        (1) 高齢化による、ゴミの搬出、収集の課題について     165,166     ・ 教育問題の諸課題について        (1) 不登校の現状と対策について        (2) 放課後児童クラブの現状、課題について     ・ 病院問題について        (1) 新光総合病院の開設、開院後の課題について        (2) 医師問題

山口市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年06月11日

御案内のとおり、白血球の型が希望者と一致されたドナー候補者には、本人や医師の了承のもと、日本骨髄バンクから委嘱を受けたコーディネーターが派遣され、さまざまな連絡調整が行われます。具体的には、医師などの関係者間の連絡調整、本人やその家族に対する移植に関する説明、提供意思の確認、健康状態の把握などが行われ、コーディネート開始から提供後に至るまで、心理的にも身体的にも寄り添う活動となっております。

山口市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年02月27日

本市におきましては、国が定める基本的な検査項目のほか、国が医師の判断で選択的に実施する項目として定めている貧血検査、心電図検査、血清クレアチニン検査を必須項目として実施しているところでございます。また、医師会から生活習慣病予防のためには必要との御意見をいただいた経緯もございまして、平成25年度からは血清アルブミン検査も市の判断で追加する項目として実施いたしているところでございます。

光市議会 2019-02-26 2019.02.26 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文

あとは医師の問題であります。新病院基本計画では、3人の医師の増加が見込まれておりました。さきの同僚の医師確保の質問に対して、放射線科の医師を内定しておりましたが、山大医局教授の退任で医師確保の話は見送りになったようにお聞きしましたが、その後、放射線科の医師確保はどのような計画となっておられるんでしょうか、お伺いします。  

山口市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年02月25日

このため、通いやすく気楽に受診できるかかりつけ医が身近な地域にあれば心強いだけでなく、適切な医療を望まれる場合に高度の診療機能を持つ専門病院との連携によって、それぞれの機能が分担され、病状に応じてふさわしい医療機関医師紹介してもらうことができます。徳地地域では、現在、老人人口比率が51%で、65歳以上の人口が約3,000人となっております。

光市議会 2019-02-19 2019.02.19 平成31年第1回定例会 目次

,60,61,62,66,68,70,71     ・ 平成31年度予算について        (1) 災害から復旧〜市民生活の安全・安心確保〜への道筋         ア 本庁舎防災機能強化と地域防災機能強化         イ 島田川洪水ハザードマップと島田川河川整備         ウ 立地の適正化     ・ 平成31年度予算の個別課題について        (1) 新病院の開設に向けての医師確保

光市議会 2018-12-07 2018.12.07 平成30年第5回定例会(第3日目) 本文

そういうことというのはつまり、国が地方医師不足に危機感を抱いているあかしであるとも思います。  各自治体医師確保に躍起になっている現在、この取り組みにつきましての状況、考え方も含め、新光総合病院医師確保の状況についてお聞かせいただければと思います。  それでは、次の公共交通網の再編についてお尋ねいたします。  

山口市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(4日目) 本文 開催日:2018年12月05日

広域災害が発生した場合の医療活動について、被害が広範囲に及ぶため、山口市のみならず、県域あるいは地方ベル医療関係機関、例えば自衛隊や赤十字、DMAT──いわゆる災害派遣医療チームや、JMAT──日本医師災害医療チームなどから支援を受ける必要があると思いますが、山口県地域防災計画における本市の位置づけや医療機関との連携など、山口市における災害時の医療体制の現状についてお聞かせください。

光市議会 2018-12-04 2018.12.04 平成30年第5回定例会 目次

…………………………………………………………… 95  ・ 萬谷竹彦議員 ………………………… 95,101,102,104,106,107     ・ 光総合病院について        (1) 新病院への市民の期待をどのように感じていますか        (2) その市民の期待にどのように対応されていますか        (3) 現病院移転後の活用、売却等についての考え方        (4) 医師確保

光市議会 2018-10-23 2018.10.23 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文

4点目、大和地域民間診療所誘致事業について、平成27年度から誘致のため努力したが、成果に結びついていない状況の分析についてただしたのに対し、泌尿器科、眼科という診療科目が対象であり、県内でも医師数が少ないことは想定していた。開業し、家族を連れてくるとなると、教育学習環境を不安に思っているとの答弁。委員より、診療科目や対象地域の拡大、担当する所管の病院局への変更についての意見がありました。  

光市議会 2018-10-02 2018.10.02 平成30年第3回定例会(第5日目) 本文

これに関する医師への診断料、このあたりが含まれておりますけれども、当初見込んでおりました人数よりも実際の受診者が下回ったということが原因でございまして、結果としてこれだけの不用額が生じてしまったということでございます。  それから、予備費の充用状況のうち、10ページでございます。