1494件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-26 下関市議会 平成31年第 1回定例会(3月)-03月26日−10号 次に、議案第104号「山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少等及び規約の変更について」及び議案第105号「山口県市町総合事務組合の財産処分について」は、いずれも本市が加入する山口県市町総合事務組合に係る議案であります。   もっと読む
2019-03-12 下関市議会 平成31年第 1回定例会(3月)-03月12日−07号 加えまして、山陰地域については国保加入率が高い傾向にありますので、引き続き、この地域に対して、重点的に健康に対する啓発であるとか、あるいはこの受診の勧奨等を行い、この受診率の向上に努めてまいりたいと考えております。 ◆河野淳一君  ありがとうございます。今、御回答にあったように、四十代、五十代、働き盛りでまた子育て世代になるんでしょうか。 もっと読む
2019-03-06 下関市議会 平成31年第 1回定例会(3月)-03月06日−03号 結果は、新人議員が10人誕生することになり、我々の創世下関には新しい仲間が3人加入し、新旧合わせて7名の会派となりました。  内容的には老壮青の会派でございます。老を認めない議員も1人おられます。年齢層の異なる7名の耳で高齢者世代や責任世代、子育て世代、若者世代から市民の声をよく聞き、「希望の街・下関」実現に向けて、市政に反映すべくスクラムを組み頑張る所存です。   もっと読む
2018-12-17 下関市議会 平成30年第 4回定例会(12月)-12月17日−06号 職員労働組合につきましては、連合に加入しているんですが、連合というのが日本労働組合総連合会です。もともとは、正確にははっきりとはわかりませんが、職員労働組合については旧社会党系、それから下関市職員組合につきましては、これも同じく連合に加入しておりますが、政党でいきますと旧民社党系だと承知しております。以上です。 ◆吉田真次君  わかりました。 もっと読む
2018-12-13 下関市議会 平成30年第 4回定例会(12月)-12月13日−04号 地域の情報を住民の皆さんに伝えるということで、豊田町では平成5年から、豊北町では平成8年からそれぞれ放送が開始されたということですけれども、長い間地域の皆さんに親しまれ、利用されてきたわけですけれども、それではその間の加入率の推移をお伺いいたしたいと思います。 もっと読む
2018-12-07 光市議会 2018.12.07 平成30年第5回定例会(第3日目) 本文 次に転入時の言葉の面での対応でございますが、転入届や年金、国民健康保険に加入する場合の手続においては、全く日本語を話すことのできない外国人の方がお一人で窓口に来られることはなく、同伴者として、日本語を理解できる親族、友人もしくは職場の担当者と来庁されることから、同伴者を通じての説明をいたしております。 もっと読む
2018-12-06 光市議会 2018.12.06 平成30年第5回定例会(第2日目) 本文 まず農業関係として、農作物やビニールハウスなどの被害に係る農業共済組合制度への申請状況ですが、山口県農業共済組合田布施支所によりますと、11月末時点で、本市の共済組合制度の加入者から94件の被害申告を受け付けているとお聞きをしております。   もっと読む
2018-12-04 光市議会 2018.12.04 平成30年第5回定例会(第1日目) 本文 毀損した場合の保険等は入っているかということでございますけれども、現在のところ保険には加入いたしておりません。  続きまして、財産価格でございますが、この辺につきましては、現状、光市美展の対象作品、それから光市にある作家等の資料を購入しております。これは、過去の実績等を考慮して、作者であったり所有者と協議して決定しているということでございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-12-01 岩国市議会 平成 30年 第5回定例会(12月) そのためには、岩国市地域防災計画に定められております避難勧告・避難指示の発令基準の精度の向上、防災行政無線の整備推進や市民メールの加入促進などによる伝達手段の多重化、適切な避難所運営のあり方等について、検証をすることが求められることから、本議会に防災・減災対策推進調査特別委員会の設置を提案するものであります。  もっと読む
2018-12-01 下松市議会 平成 30年12月 定例会(8回) 修繕費については、市が加入している建物総合損害共済保険から、全額補填されている、との答弁がありました。 2点目、くだまつ市民債の利子というのは、どういった手続きで市民に払っているのか、との問いに対し、くだまつ市民債の利子は、0.18%の利率で計算した利子を、まず市から山口銀行に支払い、市民の方は山口銀行を通して利息を受け取る形になる、との答弁がありました。  もっと読む
2018-10-23 光市議会 2018.10.23 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文 所得に応じて支払う所得割は、5割軽減から2割軽減に縮小、被用者保険加入者の扶養家族から後期高齢者医療制度に移された人の保険料の値上げも始まっています。際限のない保険料の値上げと差別医療の推進というこの制度が、高齢者、国民に対して負担がかかっています。もとの老人保健制度に戻し、減らされ続けた高齢者医療への国庫負担を復元し、保険料や窓口負担の軽減を進めるべきであり、反対いたします。 もっと読む
2018-10-01 下松市議会 平成 30年10月 臨時会(6回) それから、年少者、子育て世帯の税負担の軽減、いつも言われていることですが、現行制度上、国保は強制加入でございます。被保険者の子供さんであっても、これは被保険者ということになりまして、全て被保険者に等しく均等割を負担してもらうのが大前提となっております。  もっと読む
2018-09-27 下関市議会 平成30年第 3回定例会(9月)-09月27日−07号 しかし一方で、市と雇用関係を結ばないということから、国民健康保険への加入の必要性、あるいは雇用保険がないなどのデメリットも生じてまいります。  今後につきましては、さらなる受け入れ環境の改善に向けまして、制度のブラッシュアップ、これに努めるとともに、引き続きまして総合支所、地域、受入団体と一体となりまして、隊員へのきめ細かなサポートに取り組んでまいりたいと思います。 もっと読む
2018-09-25 下関市議会 平成30年第 3回定例会(9月)-09月25日−05号 ◎こども未来部長(林義之君)  下関市の子供の医療費の助成でございますけども、御承知のとおり、国の制度、県の制度の上で拡充しているという部分でございますけども、本市の子供医療費の助成制度につきましては、助成対象は市内に住所を有し、健康保険制度に加入する小学生、中学生となっており、所得制限はございません。   もっと読む
2018-09-19 光市議会 2018.09.19 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 平成25年度に55名でスタートして順調に伸びましたが、ここ二、三年は横ばい状態で178名ということでございますが、これをふやしていくためには、やはり光市のボランティア協議会に加入されている団体の皆様への加入促進、それから地区社協、コミュニティー組織等との協力関係も強くしながら、養成研修を継続する中でふやしていければと考えています。  以上でございます。 ◯議長(木村 信秀君) 田中議員。 もっと読む
2018-09-11 光市議会 2018.09.11 平成30年第3回定例会(第1日目) 本文 その他の営業収益9,420万3,412円は、簡易水道に係る維持管理費、消火栓維持管理費など他会計からの負担金、水道新設加入金及び熊毛地区への送水に係る受託業務収益などでございまして、営業収益合計は11億1,655万2,406円となりました。   もっと読む
2018-09-06 下関市議会 平成 30年 9月 6日 一般・特別会計決算審査特別委員会-09月06日−01号 そうすると国保の皆さん方は、加入者がふえて大変だなと思うんですけど、実態は減っている。  この主たる原因は何ですかね。考えられるのは、協会けんぽへの移行、もう一つは後期高齢者医療への変更、もう一つ考えられるのは市外への転出ですよね。25年と比べて、どのくらいの割合でどうなっていますか。 もっと読む
2018-09-04 下関市議会 平成 30年 9月 4日 一般・特別会計決算審査特別委員会-09月04日−01号 そのほか、農業者年金の受給・加入促進業務や、毎月1回開催いたしております総会の開催運営業務、さらに農地台帳の管理業務、担い手への農地の利用集積業務に要した経費でございます。  以上でございます。御審議下さいますよう、お願いいたします。 ○特別委員長(濵岡歳生君)  ありがとうございます。続いて。 もっと読む
2018-09-01 山陽小野田市議会 平成 30年 9月定例会(第3回) 平成29年度国保加入世帯は8,428世帯で、加入率29.16%、被保険者数1万2,880人で、加入率20.34%と平成18年度をピークに減少を続けております。1人当たり医療費は46万2,813円で、県内13市中3番目に高い状況となっております。 次に、審査の中で明らかになった事項についてです。  もっと読む
2018-08-31 下関市議会 平成 30年 8月31日 文教厚生委員会-08月31日−01号 国民健康保険や協会けんぽを初めとする医療保険制度に加入されている方は年齢によって医療費の2割ないし3割を御負担していただいております。具体的にはゼロ歳から未就学児、小学校に入学するまでのお子さんですが、医療保険適用の2割が自己負担、就学時小学校1年生以上となりますが、医療保険適用の3割が自己負担と、年齢によって割合が変わってまいります。 もっと読む