173件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

光市議会 2019-12-06 2019.12.06 令和元年第4回定例会(第3日目) 本文

およそ10年をめどに見直される学習指導要領ですけれども、今おっしゃいましたように、かつては詰め込み、また、ゆとり教育等の路線もございましたけれども、そのときどきの時代を背景に軌道修正をされてきたというところがございます。今、何を学ぶか、何ができるかというお言葉や、また、アクティブ・ラーニングという、このような今からの学びを今おっしゃっていただきました。  

光市議会 2019-09-17 2019.09.17 令和元年第3回定例会(第4日目) 本文

その際、養浜の工程あるいは投入量について、必要な修正を行った上で、改めて事業を進めてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ◯議長(西村 憲治君) 仲山議員。 ◯1番(仲山 哲男君) 今、比較的柔軟な対応を、当然のことながら考えておりますといった答えであったかと思います。  先ほど申し上げましたけれども、地域でも皆さん関心を持っております。心配もしております。

光市議会 2019-06-19 2019.06.19 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文

そんな中、政府中央防災会議から5月31日に、南海トラフ巨大地震防災対策推進基本計画を修正し、東西に長い震源域の片側で大地震が起こる半割れケースが起きた際、残る側での事前避難など後発地震への警戒措置に関し、緊急災害対策本部長の首相が、沿岸部の住民らに1週間の避難を促すなどの対応を、自治体首長に指示すると明記したと発表がありました。

光市議会 2018-09-14 2018.09.14 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文

国の災害対策基本法に基づき、光市の地域防災計画も毎年防災会議を持ち、検討が加えられ、必要があるときは補完をし、修正がされています。  今回、実際に災害が起きた中で、各担当部署においても、市民の要望や申し送るべき課題、対応策など、多くの学びがあったものと思われますが、何が一番課題として残ったのか。

光市議会 2018-02-23 2018.02.23 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文

本来、土地、家屋は3年間評価がえが据え置きとされるものでありますが、土地につきましては、平成10年度以降、第2年度及び第3年度においても地価の下落があり、評価額を据え置くことが適当でないと各自治体において判断した場合は、下落修正を行うことができることとされており、本市におきましても毎年度下落修正を実施しているところであります。  

光市議会 2017-12-05 2017.12.05 平成29年第4回定例会(第2日目) 本文

8月14日に発表された速報値では年率4.0%増であったので、大幅な下方修正となりますが、それでも6四半期連続のプラス成長です。また、GDPの過半を占める個人消費は、実質で前期比0.8%増、こちらも6四半期連続のプラス成長を記録しました。  レストランなど飲食サービスで客足が伸び、エアコンなどの白物家電は新商品投入効果で売れ行き好調、そしてさらに、自動車の販売も増大したそうです。

光市議会 2017-06-15 2017.06.15 平成29年第2回定例会(第3日目) 本文

それに対しまして、本年3月策定の光市公共施設等総合管理計画におきましては、固定資産台帳の整備に伴う修正とともに、白書策定時からの時間的経過に伴う修正を初め、特に大きな割合を占めます市営住宅につきましては、白書では全てを同規模で更新するものとして試算をしておりましたけれども、市営住宅長寿命化計画に沿った更新計画を見直して推計したことなどによりまして、対象145施設に対し、平成28年度から67年度までの

光市議会 2016-12-07 2016.12.07 平成28年第5回定例会(第4日目) 本文

調査結果によっては、海岸線の後退に対し、より実効性のある修正も考えられると思われますが、その点はいかがでしょうか。全体的に工事が当初の予定よりおくれてきているということがありますが、工程と進度目標をどのように考えておられるのか、お答えください。  次に2番目、市道伊保木線と農道室積線の災害復旧について。市道伊保木線と農道室積線の災害復旧について質問いたします。  

光市議会 2016-12-06 2016.12.06 平成28年第5回定例会(第3日目) 本文

この地域防災計画は、災害対策基本法第42条第1項の規定に基づきまして、全ての市町村で策定することとされ、本市におきましても、市、県、警察消防等の関係機関はもとより、自主防災組織代表等で構成する光市防災会議において地域防災計画を策定しておりますが、毎年この計画に検討を加え、光市防災会議を開催し、現実に即した修正等を行っております。  

光市議会 2016-12-05 2016.12.05 平成28年第5回定例会(第2日目) 本文

また、一般県道石城山光線の、田布施町から大峰峠を越えて室積市延の室積19号線との3差路交差点に設置されております、案内看板につきましては、一部修正のあともありますが、こちらも、目的地への円滑な誘導を求めるものであると考えております。  いずれにいたしましても、道路の案内看板は、道路利用者を目的地に誘導する大切な役目を果たしております。

光市議会 2015-12-03 2015.12.03 平成27年第4回定例会(第2日目) 本文

これらの御意見につきましては、総合戦略に示します施策内容や事業とその方向性を同じくするものだと理解をしておりますし、計画に対する修正意見といいますよりも、具体的な事業提案だと理解をしておりますことから、貴重な御意見といたしまして、今後具体的に事業化、具現化を図るときに参考にさせていただくとともに、広報等を通じて御回答はしてまいりたいと考えております。  以上でございます。

光市議会 2015-03-26 2015.03.26 平成27年第1回定例会(第6日目) 本文

この2年間、いかに微調整、軌道修正を加えながら、新しい時代の次期総合計画へ連動させていけるかどうかが1つの課題です。時代の流れを先読みし、押し寄せる変化、変化の連続の波をしなやかにこなしながら、かつ、不安定な時代の突発的事態に対応し得る安定力をも築かなければなりません。  そして、折しも時は地方創生元年でもあります。

光市議会 2015-03-02 2015.03.02 平成27年第1回定例会(第4日目) 本文

さらに、そのために必要な施策の方向性として、認知症への理解を深めるための普及啓発の推進、認知症の容体に応じた適時適切な医療介護等の提供、若年性認知症施策の強化、認知症の人の介護者への支援のオレンジプランを再整理した4つの柱に掲げる数値目標等を上方修正するとともに、新たに認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進、認知症の予防法、診断法、治療法、リハビリテーションモデル、介護モデル等の研究開発

光市議会 2015-02-27 2015.02.27 平成27年第1回定例会(第3日目) 本文

今後は、こうして得られたさまざまな調査結果やその他測量等による観測データなどを、計算モデルの修正に生かすことといたしております。  続きまして、調査の中での課題でございますが、学識経験者に調査の報告を行ったところでは、昨年度は大きな台風等の襲来がなく、冬季波浪による砂の動向の把握が十分にはできていないため、高波浪時の養浜砂への影響を追加確認する必要があるとの御意見をいただきました。  

光市議会 2014-12-08 2014.12.08 平成26年第5回定例会(第4日目) 本文

修正に当たりましては、よりわかりやすく、より見やすくなるよう努めておりますが、今回、掲載写真の一部差しかえや、バス事業者等の問い合わせ先を加えたほか、市営バスの路線名や運行方向を示し、他の路線におきましても行き先の表記を変更するなど、工夫を加えたところでございます。  以上でございます。 ◯議長中村 賢道君) 笹井議員