運営者 Bitlet 姉妹サービス
47件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-01 下松市議会 平成 30年10月 臨時会(7回) ですから、これまでさっきあなたがおっしゃった、屋根を修理し壁を修理し空調を修理をして交換をして2億4,000万円ぐらい金をかけた、これ家主責任だというふうなことは、そりゃさっき言った家主責任のない契約で賃貸をしているということからすれば、これは逸脱だよと、不当利得を西洋フードに与えていることになるよということで、今住民訴訟が山口地裁で行われているんではありませんか。  もっと読む
2017-06-12 下関市議会 平成29年第 2回定例会(6月)-06月12日−02号 そういったことで、最近では住民訴訟も非常に多くありますので、首長に多額な損害賠償を命じている判決も相次いで出ておりますので、しっかりこの辺は協議されて、対応してもらいたいと思っております。  また、今の話の中で、解体とか建てかえとか、その他の関係で、20億円という話が出たのですけども、これは本当にこれでできるのか。 もっと読む
2016-09-27 下関市議会 平成28年第 3回定例会(9月)-09月27日−06号 もう住民訴訟しかないんじゃないかと、私は思うんです。そのために、やはり住民の皆さん方はデモをやったり、いろんな反対の署名をとったりして、何とかこの事業をやるなら10キロ、20キロメートル沖でやってくれという、たったこれだけのことです。たったこれだけのことを事業者がそれは聞かれんと言うのだったら、もうやめてくれと。ここではやめてくれというのは、当たり前のことじゃないですかと思います。   もっと読む
2014-12-05 長門市議会 平成 26年 12月定例会(第4回)-12月05日−04号 それは我々が、株主訴訟が銀行は起こるかもしれませんけれども、うちはそれを言うなら、建物を壊すものにお金を出して買うということになると住民訴訟が起きますよと、うちがそんなことじゃ全く買えませんという厳しい交渉もしてきたところでございます。  そういう中にありまして、うちの準拠となります固定資産評価額をもって、最終的に決着をしたということで、是非御理解を頂きたいと思います。   もっと読む
2014-12-05 長門市議会 平成 26年 12月定例会(第4回)-12月05日−04号 それは我々が、株主訴訟が銀行は起こるかもしれませんけれども、うちはそれを言うなら、建物を壊すものにお金を出して買うということになると住民訴訟が起きますよと、うちがそんなことじゃ全く買えませんという厳しい交渉もしてきたところでございます。  そういう中にありまして、うちの準拠となります固定資産評価額をもって、最終的に決着をしたということで、是非御理解を頂きたいと思います。   もっと読む
2014-03-18 下関市議会 平成 26年 3月18日 総務委員会-03月18日−01号 ◆近藤栄次郎君 この趣旨をよくわかりましたけれども、例えば住民監査請求なんかで不服の場合に、俗にいう住民訴訟というのがあるじゃないですか。それは、山口の地裁ですよね、下関ではやらない。私はこれも非常に不便だったのですけれども、これはあとどのくらいあるのですか。下関支部でやらなくて、本庁にいくというのは。◎参考人(浜崎大輔君) ただいまの近藤委員の質問に対して回答をいたします。 もっと読む
2014-03-12 下関市議会 平成 26年 3月12日 総務委員会-03月12日−01号 監査絡みの住民訴訟もここでは起こせない。山口に行かないといけない。非常に不便。それから労働審判もそうだし。新たにできた裁判員裁判もその制度を使う場合は、山口地裁まで行かないといけない。ほかの県によっては、例えば特に高裁なんかは、ここは全部広島だけど、高裁エリアの中では、分割しているところもあるんです。例えば、下関なんかは、もし高裁に上がるのであったら、広島より福岡のほうがはるかに近い。 もっと読む
2013-12-03 長門市議会 平成 25年 12月定例会(第4回)-12月03日−03号 昭和41年、(1966年)1月28日の家庭ごみの有料化は地方自治法に抵触するのではないかという住民訴訟において、金沢地裁判決は、地方自治法に規定する手数料を住民から徴収できるとしました。   もっと読む
2013-12-03 長門市議会 平成 25年 12月定例会(第4回)-12月03日−03号 昭和41年、(1966年)1月28日の家庭ごみの有料化は地方自治法に抵触するのではないかという住民訴訟において、金沢地裁判決は、地方自治法に規定する手数料を住民から徴収できるとしました。   もっと読む
2012-12-11 柳井市議会 平成 24年 第4回定例会(12月)-12月11日−02号 当時、各地で違法な公金の支出に当たるということで、首長に対する住民訴訟がありまして、原告側が勝訴するわけです。それをもってして、こういうことになったんですが、市長がおっしゃったように、納税貯蓄組合法の第10条の第1項違反で、本来は組合の事務員の給料などの経費部分に使用するための補助金であるのに、まあ、目的外使用していたということです。 もっと読む
2012-12-05 下関市議会 平成24年第 4回定例会(12月)-12月05日−01号 この説明に接し、委員より、下関市からの助成と言うが、住民監査請求や住民訴訟にかかわる問題でもあり、下手な処理はできない。やむを得ないのかという気もするし、残してほしい気もする。撤収するのであれば、従業員の処遇の問題を含めてどうしていくのか、確固たる方向性を出すべきであるとの発言がありました。   もっと読む
2012-07-26 下関市議会 平成 24年 7月26日 市出資法人調査特別委員会-07月26日−01号 住民監査請求にも馴染むし住民訴訟でも、過去の例があるから、アウトである。その辺十分に、やむを得ないかという気もするが、残して欲しい気もするが、しかし、撤収するとなると、そういう問題が起きてくる。だから徹底的にどうしていくのか、従業員の処遇の問題を含めて、きちんとした方向性を出すべきである、ということだけは言っておきたいと思う。 もっと読む
2012-06-11 下関市議会 平成 24年 6月11日 文教厚生委員会-06月11日−01号 住民訴訟をやられたらやや困る。だから、やっぱり、そこはきちんとしなければいけないと思う。赤字は赤字。赤字でも補填するなら、赤字で補填する。適正価格を守るのであれば、適正価格でいく。時価である。ということではないか。それと、先程からいう義務の問題が、公社との関係ではあるかもわからない。それが手立てということなら、部長もわかるのではないか。財政で補填しても別におかしくはない。公社なら。公社だから。 もっと読む
2012-03-13 周南市議会 平成 24年 3月 第3回定例会 企画総務委員会-03月13日−02号 さっき続きを言おうと思うたが、形岡委員が間へ入ってしもうたんじゃけど、住民訴訟でやっぱり形岡委員と全く同じ意見じゃったですよ、私は。やっぱり行政側の利益を守るという側に立つ場合が往々にしてあるんじゃないかということもちょっと言ったんですよね。それを前提に防災行政無線の問題をちょっと聞いてみたんですよ。 もっと読む
2011-12-22 周南市議会 平成 23年12月 第7回定例会-12月22日−06号 また、過失割合がはっきりしていないのになぜ無条件の和解なのか、違約金等を放棄することに関して、住民監査請求など住民訴訟に本当に耐え得るものなのか、との問いに対し、本件は日本無線からも解除の通知が出されており、このような工事請負契約において、受注者側から解除の通知が出されたことは周南市では過去に例がないし、今後、これが前例になるとも考えてない。 もっと読む
2011-06-01 山陽小野田市議会 平成 23年 6月定例会(第2回) 「行政委員会の審議会を新たに立ち上げる理由について」の問いには、「平成22年4月27日に大阪高裁で判決が出たが、その内容は滋賀県が非常勤の行政委員に対して、勤務日数にかかわらず毎月20万円前後の報酬を支給しているのは地方自治法などに違反するという、同県内の弁護士が県に支出差しとめを求めた住民訴訟の控訴審判決である。 もっと読む
2010-03-25 宇部市議会 平成 22年 3月定例会(第1回)-03月25日−06号 年度宇部市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2回) 議案第 21号 平成21年度宇部市介護保険事業特別会計補正予算(第3回) 議案第 43号 宇部市ふるさと人材育成基金条例廃止の件 議案第 44号 宇部市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定の件 議案第 45号 宇部市地域福祉基金条例廃止の件 議案第 48号 宇部市高齢者福祉計画審議会条例制定の件 議案第 49号 宇部市体育施設条例中一部改正の件 議案第 55号 住民訴訟 もっと読む
2010-03-17 下関市議会 平成 22年 3月17日 建設委員会-03月17日−01号 住民訴訟の対象である、もし公益上の必要性が薄かった場合は。それは議会が責任を負うかどうかという話があるが、我々はやはり審議に参画したときはその辺は考えておかなければならないという意味で聞いているので、十分その採算性というよりも公益上の必要性を考えてほしいと思う。十分外に向かって説明できるようなことをこれからも説明し続けてほしい。それだけお願いしておく。 もっと読む
2010-03-17 下関市議会 平成 22年 3月17日 建設委員会-03月17日−01号 住民訴訟の対象である、もし公益上の必要性が薄かった場合は。それは議会が責任を負うかどうかという話があるが、我々はやはり審議に参画したときはその辺は考えておかなければならないという意味で聞いているので、十分その採算性というよりも公益上の必要性を考えてほしいと思う。十分外に向かって説明できるようなことをこれからも説明し続けてほしい。それだけお願いしておく。 もっと読む
2010-03-01 宇部市議会 平成 22年 3月定例会(第1回)-03月01日−01号 宇部市高齢者福祉計画審議会条例制定の件 議案第 49号 宇部市体育施設条例中一部改正の件 議案第 50号 宇部市事業所設置奨励条例中一部改正の件 議案第 51号 宇部市基金の設置、管理及び処分に関する条例中一部改正の件 議案第 52号 宇部市小作料協議会条例廃止の件 議案第 53号 宇部市手数料徴収条例中一部改正の件 議案第 54号 山口県市町総合事務組合の共同処理する事務及び規約の変更について 議案第 55号 住民訴訟 もっと読む