運営者 Bitlet 姉妹サービス
577件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-19 光市議会 2018.09.19 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 天領倉敷村の年寄役の仲間もいます。そして、剣の修行した津山藩剣術家井汲唯一と同門の志もいるわけでございます。そして何より、憎き倉敷代官所代官桜井久之介が倉敷にいるわけでございます。この地を目指して、104名の脱走隊士が倉敷にまいりました。盛り上がってまいりましたが、お時間の都合上、次回に続きます。 もっと読む
2018-09-14 光市議会 2018.09.14 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 厳しい練習に耐えてでも試合に勝ち抜きたい生徒、まあ仲間と楽しく中学時代の思い出ができればいいなと考える生徒、自分のプライベートを犠牲にして生徒に勝たせてあげたいと情熱を燃やす顧問の先生、休日のただ働きはごめんだよという顧問の先生、さまざまな考え方が交錯する、また、これが正解だと言い切れるラインがない以上、非常に対応に苦慮されているのではないかと考察いたします。   もっと読む
2018-09-01 岩国市議会 平成 30年 第3回定例会(9月) やはり合併のときの大変さ、合併をなし得た後の混乱はかなりありましたけれども、そういったところを頑張って、議会も、それから執行部も、それぞれけんけんごうごうとやりながら今日に至っているところでありますけれども、その一緒にやってきた、私は仲間と思っておりますけれども、白木前副市長が勇退されたということで、自分の人生はどうなんだろうと思ったときに、議員で活動するよりはみずからの事業で、行政ができないところを もっと読む
2018-06-14 光市議会 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第2日目) 本文 をテーマに、架空の週刊誌「週間光市」の編集部の一員として、ファシリテーター扮するデスクのもとグループの仲間と意見交換をしながら、光駅周辺の未来予想図を描いていただくこととしております。  実施に当たりましては、参加者の皆様方が意見を出しやすいよう、できるだけ肩肘を張らない雰囲気の中で、楽しみながら未来について考え語ることができる環境づくりに努めてまいります。 もっと読む
2018-03-01 岩国市議会 平成 30年 第1回定例会(3月) と同時に、私と一緒に汗を流してくれた職員の仲間たちのことを、決して忘れることはできません。 もちろん、岩国市にはまだまだ課題もたくさん残されております。これからは、立場は変わりますけれども、市民の一員として、愛する岩国市の輝かしい未来に向けて、精いっぱい協力してまいりたいと考えておりますので、今後とも変わらぬおつき合いと御指導をよろしくお願いいたします。  もっと読む
2018-02-27 光市議会 2018.02.27 平成30年第1回定例会(第5日目) 本文 市内でも出没しているということは聞いているんですけれども、タヌキぐらいの大きさのネズミの仲間です。水辺の生活に適応しており、岸に巣穴を掘る習性があるとされております。草刈りなどの管理が行き届かない場合に、ため池にすみつくことも想定されます。兵庫県のため池において堤体が崩れる原因になったという例も報告されています。   もっと読む
2018-02-23 光市議会 2018.02.23 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文 1人では決してできないことも、全員で協力しながら進めていくことで成果を上げ、ともに喜びを分かち合う仲間がいる、これがチームワークの最大の魅力であると思います。また、チームワークといえば、仲のよさというのもあると思いますが、本当のチームワークは、仲がよくてもお互いに厳しいことを言い合える関係性になることが重要だと言われております。 もっと読む
2017-09-25 下関市議会 平成29年第 3回定例会(9月)-09月25日−04号 対馬の方と彼が一緒に並んだ若きころの写真がありまして、写真を撮らせてもらって、帰って仲間連中に見せたのでありますけれども、彼とはずっとそういう形で、朝鮮通信使の問題を話していたのですけども、改めて申しますけれども、朝鮮通信使とは何のことでしょうか。 ◎市民部長(中村光男君)  改めまして朝鮮通信使とは何かというお尋ねでございます。 もっと読む
2017-09-22 下関市議会 平成29年第 3回定例会(9月)-09月22日−03号 この査読とは、研究者が学術雑誌に投稿した論文が掲載される前に、研究者仲間や同分野の専門家による評価や検証を行うものであります。この教員評価におきましても、査読つきの論文は高く評価されているところでございます。以上です。 ◆藤村博美君  ありがとうございます。 もっと読む
2017-09-06 下関市議会 平成 29年 9月 6日 文教厚生委員会-09月06日−01号 その中でどうしても下関に常設の献血ルームがあるといいよねという話が盛り上がって、そして青年会議所の福祉政策委員会やったか、いろいろ揉んで、私たちの後の世代の仲間がつくったんです。その時のメンバーも、もう100回くらい献血しているのがおります。100回以上献血しているのがおります。  そういう覚えのあるところを、簡単に営利を、営利じゃないです、これ。日赤は営利団体じゃないです。 もっと読む
2017-09-01 下松市議会 平成 29年 9月 定例会(4回) ◎教育部長(吉次敦生君) 恐らくスポーツとかいろんな地域の活動を松尾議員さんもしておられるからと思いますし、わかるんですけど、私自身も、例えばいろんなところで話すのに、子供たちが遊ぶ、あるいは親子と地域と遊ぶ、その時間とか、空間とか、仲間とか、その3つがすごい大事だというふうに考えています。  もっと読む
2017-08-09 下関市議会 平成 29年 8月 9日 市出資法人調査特別委員会-08月09日−01号 また、オートキャンプ場や一般キャンプ場、バス、トイレ、テレビ、冷蔵庫が完備されておりますケビンなど、滞在施設をはじめ、大型遊具「冒険の城」やイベントなどに使用される広場や野外ステージ、豊田湖を自由に散策できるボート乗り場、魚釣りを楽しめる桟橋、野菜畑などの体験施設のほか、自然の中で、家族や仲間たちを囲んで味わえる、バーベキューハウスを一体的に配置しております。   もっと読む
2017-08-08 下関市議会 平成 29年 8月 8日 市出資法人調査特別委員会-08月08日−01号 仲間から外れていくわけですからね。問題はイルカなどの捕獲禁止というか自粛というか、そういうお話が世界的に盛り上がって、そのときから悩んでおられたわけだと思います。その当時も、どこかの委員会で石橋専務理事さんに聞いたことがあるんですが、イルカの確保というのは今まで大変だったんですか。実績はどうだったんですか。全然影響はなかったのでしょうか。 もっと読む
2017-06-27 下関市議会 平成29年第 2回定例会(6月)-06月27日−08号 ほかにも、高校に通学中の事故で体の運動機能を失った知人の息子さんや、一緒にサイクリングしている仲間の事故。私の周りだけでも、ヘルメットをかぶっていれば、ヘルメットをかぶっていたから、という事故がほかにも多数あります。  下関の未来をつくるには確かに、あるかぽーとの開発等、まちの核となる事業も必要と思いますが、市民が日常生活を当たり前に送り続けられる施策も必要ではないでしょうか。   もっと読む
2017-06-26 下関市議会 平成29年第 2回定例会(6月)-06月26日−07号 ◎福祉部長(今井弘文君)  障害者団体当事者の会は、同じ病気や障害を持ち、同じような体験をした人たちが分かち合い支え合える相互の助け合いを求めて集まることで、孤独感から解放され直面している困難への対処方法を模索したり、仲間とともに新たな生き方を見出したりすることができる役割があると考えております。 もっと読む
2017-06-23 下関市議会 平成29年第 2回定例会(6月)-06月23日−06号 ということのようでございまして、その内容を見てみますと、スポーツは皆のものと位置づけ、競技者として限界へ挑戦するもの――いわゆるアスリートですが――また、健康や仲間との交流など多様な目的で行う散歩、ダンス、ハイキング、サイクリングなどのように、さまざまな形でスポーツを楽しむものがあり、スポーツ参画人口の拡大を目指すというものでございます。   もっと読む
2017-06-21 下関市議会 平成29年第 2回定例会(6月)-06月21日−04号 去年まで仲間であった前田市長に対して、市長のスタッフである市の皆さんに対して、一番槍をつけられるということを非常に光栄に感じております。  私の内容は非常にシンプルな内容でございまして、昨年も一部質問いたしましたが、ガイドライン、去年の11月に出たものでございます。 もっと読む
2017-06-16 光市議会 2017.06.16 平成29年第2回定例会(第4日目) 本文 震災の直後、お見舞いのために陸前高田市を訪問した私は、その変わり果てた光景にただただ言葉を失うだけでありましたが、戸羽市長さんを初め被災された方々たちと対話を重ねる中で、被災地の復興のために私たちができること、行動すべきことを深く深く考え、その結果として、私が会長を務める日本の森・滝・渚全国協議会を中心とする全国の仲間と一緒に、高田松原の再生を支援するためのプロジェクトを始動したところであります。 もっと読む
2017-06-15 下関市議会 平成 29年 6月15日 経済委員会-06月15日−01号 ほかの方の失敗をというのがありますけども、猿は自分の群れの仲間が入ってギャーギャー言ってても自分が中に入って変なことにならない限り入っちゃうらしいです。群れが入れば一緒に入る。ボスが入れば一緒に入り子供が入れば入っちゃう。よその群れの猿が何かおいしそうに食べていたら入っちゃうと。すごく有能な柵でございます。以上でございます。 もっと読む
2017-02-28 光市議会 2017.02.28 平成29年第1回定例会(第5日目) 本文 また、地域で聞く話や仲間からの情報でも、自主防災組織によって活動に随分差があるように感じています。活発な活動を行っている例もあるのですが、ほとんど取り組みのないところも多いように感じています。まず自主防災組織を立ち上げるまでは一定の成果が見えてきていると考えますが、それぞれの自主防災組織のその後の活動はどうなのか、気がかりなところです。   もっと読む