315件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

光市議会 2019-02-22 2019.02.22 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文

平成28年に新市長が誕生し、マニフェストであった全事業の棚卸し、いわゆる事業仕分けでございますが、平成28年度から4年かけて全事業約1,100事業を、外部有識者を交えてあらゆる角度から総点検されました。PDCAサイクル機能強化を図り、施策及び事業を効率的、効果的につくりかえた事業であります。

柳井市議会 2018-09-07 09月07日-04号

無駄を省くための事業仕分けもされましたが、どのような効果があり、効果があったなら、なぜやめたのか、事業仕分けこそ、無駄ではなかったなかったのかとも言われます。神西小学校とうずしお荘の皆さん意見が、どのようになっているか、お尋ねします。 次に、柳井商業高跡地図書館について、今回の一般質問でも多くの皆さん質問されております。多くの市民から、反対意見が出ているからだと思います。

光市議会 2017-12-05 2017.12.05 平成29年第4回定例会(第2日目) 本文

回避するために、平成25年度から再生の緊急改革プランを策定し、3カ年にわたる事業仕分けに取り組みました。しかし、平成26年度に経常収支比率が97%になるなどして、大変財政が硬直化しております。基金の取り崩し、基金繰出金の先送り、退職手当債の借り入れなどをして、しのいでおります。しかしまだ実質単年度収支は、平成23年度から平成26年度まで4年続けて赤字になっております。  

周南市議会 2017-02-28 02月28日-02号

また、周南市版事業仕分けにより、廃止という結論を出した。その後の取り扱いはどうなっているのか、との問いに対し、当時、廃止という意思決定はしたが、公共施設配置計画では、サービスや建物など、あらゆる方向で判断するという結論に達している。事業仕分けの際の外部評価委員の不要という意見は、今後の方向性考える際、十分に参考とする、との答弁でした。 

下松市議会 2016-12-14 12月14日-04号

この制度を継続するために、毎年およそ3億円が必要になることから、財源の確保のため、行財政改革の推進、経費削減及び合理化事業仕分けなどをしているとのことでした。 下松市においては、子ども医療費無料化の拡充など、子育てしやすい環境づくりを実施しておりますが、給食費補助制度について検討していただくことで、もっと子育てしやすい環境になるのではないでしょうか。 

山口市議会 2016-12-06 平成28年第6回定例会(3日目) 本文 開催日:2016年12月06日

先ほど述べましたように、主要な施策成果報告書が一部の事業のみ掲載されていますが、今後、全事業における成果報告書の作成が可能かどうか、藤枝市の事業仕分けのように職員意識改革や各般にわたる施策を把握することで、まちづくり達成状況をより市民にわかりやすくできるようになると考えますが、あわせて御所見をお伺いします。  次に、大項目のイ、業務継続計画についてお尋ねします。

長門市議会 2016-09-06 09月06日-01号

一律5%、10%圧縮というやり方もありますし、精査した上で、事業仕分け的にやめていく事業というのも出てくると思うんですね。その中で、何を中心的に、その圧縮条件を見ていくというためには、私は、総人件費圧縮。これから、2番の職員ベースの問題へつながるんですけども。それから、市税収納率向上市税収納率は、平成27年度、県の調査では、長門市は県下13市の中で、今のところ最低になっております。

長門市議会 2016-09-06 09月06日-01号

一律5%、10%圧縮というやり方もありますし、精査した上で、事業仕分け的にやめていく事業というのも出てくると思うんですね。その中で、何を中心的に、その圧縮条件を見ていくというためには、私は、総人件費圧縮。これから、2番の職員ベースの問題へつながるんですけども。それから、市税収納率向上市税収納率は、平成27年度、県の調査では、長門市は県下13市の中で、今のところ最低になっております。

下関市議会 2016-06-23 06月23日-06号

その財源をどうやって捻出するかというこの事業仕分け私はこれから先は、やはり役所の皆様方は本当に事業仕分けをする。そして不要不急なこと、無駄なこと、それは何かという、まずそっちを捜し出す。そしてその上で緊急に要求されていることは何なのかということ。そっちにお金をつぎ込んでいくというようなことをやはり真剣に考えていただきたいと思います。 

下関市議会 2015-06-15 06月15日-02号

◆田辺よし子君  今回の地方創生の金だけを当てにするのではなくて、皆様方がやらないといけないのは、事業仕分けなんですよ。どこに無駄があるのか、そして、これは切ってもいい、これは切ってはいけないというようなことの仕分けをして、そこからお金を生み出してくるんですよ。