147件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山口市議会 2020-12-21 令和2年第5回定例会(6日目) 本文 開催日:2020年12月21日

こうした中、今月2日には改正予防接種が成立し、厚生労働大臣の下で、市町村新型コロナウイルス感染症ワクチン接種を実施することとされたところでありまして、予防接種事業費におきましては、今後国からワクチン供給が開始された場合、速やかに対象者となられる市民の皆様にワクチン接種を開始できるよう、接種の案内を含め予診票などの印刷や相談体制の整備などの準備を進める経費が盛り込まれております。

周南市議会 2020-12-11 12月11日-05号

本市では、予防接種に基づき定期予防接種を実施しており、主に乳幼児児童生徒接種する13疾患予防接種高齢者への2疾患予防接種があります。本市乳幼児及び児童生徒に実施している定期予防接種については、令和年度実績が約2万5,000件で、本年度におきましても、ほぼ同件数になると考えています。 次に、子宮頸がんワクチン接種状況についての御質問にお答えいたします。 

山口市議会 2020-12-10 令和2年第5回定例会(5日目) 本文 開催日:2020年12月10日

次に、議案第72号の令和年度山口一般会計補正予算は、12月2日に改正予防接種が成立をいたし、厚生労働大臣の指示の下で、市町村において新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種を実施するものとされましたことから、今後、国からワクチン供給が開始された場合、速やかに対象者接種勧奨等を行えるよう準備を進めるため、これに要する経費を追加計上いたすものでございまして、歳入歳出予算の総額にそれぞれ5,500

下関市議会 2020-12-09 12月09日-03号

まず初めですけれども、この臨時国会において、予防接種及び検疫法法改正が行われたと承知をしておりますけれども、この法改正の趣旨及びその内容について、お聞かせをいただきたいと思います。 ◎保健部長九十九悠太君)  お答えいたします。予防接種及び検疫法の一部を改正する法律により、それぞれの法律がこのたび12月2日に改正されたところでございます。 

下関市議会 2020-12-08 12月08日-02号

の  小型化 (3) スクールバスの地域活用の可能  性 (4) 高齢者生活支援タクシー制度 (5) JR駅老朽跨線橋解消要請3.学校適正規模適正配  置に関わる住民意見への  対応(1) 説明会及びパブリックコメント  での住民意見への対応 (2) 廃校有効活用の推進及び個別相  談対応10恵 良 健一郎 【タブレット使用】1.新型コロナウイルスワ  クチン接種体制の構築に  ついて(1) 予防接種

山口市議会 2020-12-07 令和2年第5回定例会(2日目) 本文 開催日:2020年12月07日

そのような中で、国では予防接種改正も行われ、実施主体である山口市としても、新型コロナウイルス対策の一環としてワクチン接種を円滑に行う体制を整えていかなくてはなりません。そこで山口市としての体制づくり取組状況をお聞きして1回目の質問といたします。 ◯ 議長坂井芳浩議長) 渡辺市長。                

萩市議会 2020-12-07 12月07日-03号

高齢者の方の予防接種につきましては、予防接種で定められた定期予防接種となっていますので、毎年市が接種費用の一部を助成して実施しています。令和年度接種実績は1万2,524件で、10月分は2,765人でした。10月のみの比較ですけども、ことしは3.2倍の人数となり、例年より早い時期に接種を開始されています。

宇部市議会 2020-06-10 06月10日-03号

先ほども述べましたが、HPVワクチンは、現在においても予防接種A類として位置づけられており、予防接種第6条では、市町村長当該予防接種を行う場合には公告を行うほか、当該予防接種対象者またはその保護者に対して、あらかじめ予防接種の種類、予防接種を受ける期日または期間及び場所、予防接種を受けるに当たって注意すべき事項、その他必要な事項周知しなければならないとあります。

柳井市議会 2020-02-21 03月03日-01号

保健対策費、12節の個別予防接種委託料は、予防接種に基づく定期予防接種を実施するものであります。 また、対象となる成人男性に対して、風疹の抗体検査及び予防接種を、無料で実施するための経費を計上しております。 125ページの母子保健費では、子育て世代包括支援センターの運営に係る経費を計上しております。 

下関市議会 2019-12-11 12月11日-02号

それでは、続きましてインフルエンザ予防接種は、65歳以上の高齢者などが予防接種に基づく定期接種対象となり、一部が公費負担されております。 一方、子供たち任意接種とされ、費用保護者自己負担となっているところであります。1回当たり3,500円前後で、小学生以下は、2回の接種が必要になるなど家計の負担は重い。

宇部市議会 2019-12-06 12月06日-02号

本来は、HPVワクチンは、現在、予防接種における定期接種A類として位置づけられており、対象者等への周知を行うとともに、接種機会の確保を図るとの制度周知が義務づけられています。接種期間は、小学6年から高校1年までの非常に短い間であります。この間に本人や保護者が知らなかったということがないように、本市においてもしっかりと情報提供していただくように、強く、これは強く要望をさせていただきます。 

岩国市議会 2019-12-05 12月05日-02号

平成26年10月に予防接種に基づく定期接種となり、原則65歳の方を対象に実施されているところ、平成26年10月1日時点において66歳以上の方に対しても予防接種を受けることができるよう、平成30年度までの5年間の経過措置が設けられました。それにより、その年度において、65歳以上の方等へ5歳刻みの年齢を区切って、これまで肺炎球菌ワクチン接種しておられない方を対象に実施してまいりました。 

下関市議会 2019-06-18 06月18日-07号

国は、平成26年10月から水痘ワクチンを、平成28年10月からB型肝炎ワクチンを、それぞれ予防接種に基づき定期接種化し、予防接種の充実に努めているが、ロタウイルスワクチン及びムンプスワクチンについては、WHOにより定期接種化勧奨となっているものの、任意接種にとどまっており、定期接種化へのスケジュールは示されていない。