194件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岩国市議会 2022-06-18 06月18日-03号

2つ目は、民間気象会社情報提供サービスを導入し、地域ごとの72時間先の降雨予報などの情報を得ることで、防災情報の精度を向上することができるというふうに考えております。 また、国においては、今年度から5段階土砂災害等に関する警戒レベルを定められており、本市もこれらの情報をもとに避難情報を発令することとしております。

山陽小野田市議会 2021-06-24 06月24日-05号

25日午後から雨が降りますよということの予報が既に入っております。今回は、多少、台風も一緒に来るんじゃないかというような専門家の見方もあります。したがって、7月6日まで待たずに、意外と早くまた大雨が降るんじゃないかということも予想されます。 ひとつ、今非常に防災士がふえました。各地域防災士がいます。

周南市議会 2020-12-10 12月10日-05号

この駅前の施設はさまざまなイベントで使用されたり、例えば、天気予報とかテレビ番組などでも頻繁にインタビューとかも行われていますので、頻繁に使用されるなど、市内随一のメディアの露出度の高い施設でもあります。 現在、周南市ではシティープロモーションに取り組んでいますが、戦略的な愛称によって、この施設市街地、さらには周南市全体を市外、県外、海外へと大きくPRすることができると考えます。

岩国市議会 2020-03-06 03月06日-02号

避難所の開設や炊き出し、非常食の試食など、具体的な避難所生活を体験することで、避難所生活の困難さなどを実感として学んだり、防災アドバイザー気象予報士を講師として招きまして、災害発生時の行動として大切なことや、より早い段階で安全に避難する方法などを学んだりする学校もございます。 また、KYTと呼ばれる危険予知訓練のための教材を活用いたしまして、子供たち安全意識を高める取り組みも行われています。 

山口市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年09月12日

また、地元水利関係者皆様方におかれましては、浸水被害軽減という整備趣旨を御理解いただき、気象予報を踏まえ、早目取水ゲートの操作を行ってくださるなど、これまで以上の維持管理に取り組んでいただいておりまして、こういったことが、今、議員からも御紹介いただきましたような地区の浸水被害軽減につながったものと考えております。

萩市議会 2019-06-24 06月24日-03号

これについては以前同僚、先輩議員が、観光予報という形で提案もあったということです。数年前ですけれども。つまり今このタイミングでこちらからも同様の質問をさせていただいているということは、やはりそういった声がいまだに市民の中にあるということ等を考えられるんではないかなと思います。

岩国市議会 2019-03-06 03月06日-02号

まず、ウの安心・安全に暮らせるまちについてでございますが、議員質問豪雨災害対策事業につきましては、岩国市内地域ごとの数日先までの降雨予報など、より詳細な気象に関する情報民間気象会社から取得するとともに、土砂災害に関する新たな指標として雨量指標――R’というものでございますが、これを導入するものでございます。 

山口市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年02月26日

特に、自分の命は自分で守るを大原則に、そのために必要な最低限できることは市民それぞれにやっていただくことの重要性や、自主避難避難準備情報避難勧告避難指示のそれぞれの違いや、大雨台風のように天気予報などで気象予測ができているときの防災のあり方や、地震のようにいつ、どこで発生するかわかりにくく、突然起こる災害にどのように対応していくのか。

山陽小野田市議会 2018-12-12 12月12日-03号

しかし、近年になって、印刷技術電子機器などの開発が進み、以前はモノクロ表示されていたものがカラーで表現される時代を迎えたことで、テレビにおける津波警報災害情報天気予報図などの画面、携帯電話のディスプレー、バスの路線図防災ハザードマップ、雑誌等さまざまなものがありますけれども、これらが色分けで表示されることが多用されるようになり、色覚異常を持つ人への配慮が求められるようになりました。 

岩国市議会 2018-12-11 12月21日-05号

老朽化したインフラ整備については後ほどお伺いいたしますが、現在は短時間豪雨増加傾向にあると言われていますが、気象予報詳細情報も得やすくなっております。早目避難が叫ばれる昨今、自主防災組織重要性が増しております。 本市は、山間地域から海岸線への距離が短く、その間に市街地があり、潮の影響を受ける感潮河川も多く、ポンプや排水機場も多く設置されています。

宇部市議会 2018-12-11 12月11日-04号

豪雨災害から学ぶという点では、地震津波に比べると豪雨災害は予想できるようになり、注意報警報特別警報事態が深刻になりますが、気象庁ホームページでは雨雲動きが詳細にわかりますし、雨量については予報を公開しています。土砂災害浸水などの危険度分布ハザードマップなどで示されています。また、情報は変化していきますので、事態推移に沿って情報収集、分析し、判断をしていける。

宇部市議会 2018-12-11 12月11日-04号

豪雨災害から学ぶという点では、地震津波に比べると豪雨災害は予想できるようになり、注意報警報特別警報事態が深刻になりますが、気象庁ホームページでは雨雲動きが詳細にわかりますし、雨量については予報を公開しています。土砂災害浸水などの危険度分布ハザードマップなどで示されています。また、情報は変化していきますので、事態推移に沿って情報収集、分析し、判断をしていける。

岩国市議会 2018-12-10 12月10日-04号

今回の7月豪雨は、ある意味、正確な気象予報が出ていたのにもかかわらず犠牲者が多いということを踏まえると、今回の災害の特殊な点としては、やはり住民行政防災対策を委ねている社会構図がある、また、今回のような大規模災害行政が全て対応することはとてもできない、というのが今回の特徴というような指摘がありました。

山口市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(4日目) 本文 開催日:2018年12月05日

また、県管理河川では対象河川洪水予報河川水位周知河川の10河川と数が多いことから、本市と県、気象台で構成する山口地域県管理河川における大規模氾濫に関する減災対策協議会において基本となるタイムラインを作成するよう整理をいたしたところでございまして、今年度中に素案を作成し、平成31年度の出水期から試行運用を行うスケジュールで進めているところでございます。