220件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山口市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年06月10日

液体ミルクは開封して哺乳瓶に移しかえればすぐに乳児に与えることができ、栄養素も母乳に近く、常温で約半年から1年間保存ができます。海外では既に商品化されていましたが、日本では安全性の基準がなく、国内での製造・販売は認められていませんでした。このような中、転機となったのは2016年に発生した熊本地震です。

光市議会 2019-02-20 2019.02.20 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文

図書館と関係機関が連携し、おっぱい都市宣言のまちとして子供の誕生を祝い、幼いときから本に親しみ、読書の楽しさを親子に伝えるとともに、読書を通じて親子の触れ合いを深め、子供の健全な成長を図るため、乳児に絵本を配付するブックスタート事業を実施します。また、4月には新たに図書館大和分館が開館いたします。これまで以上に市民の皆様に親しまれる施設となるよう工夫を凝らしてまいります。  

山口市議会 2019-02-18 平成31年第1回定例会(1日目) 本文 開催日:2019年02月18日

これは本年4月1日に山口市立小郡乳児保育園と山口市立小郡上郷保育園を統合し、新たに山口市立小郡上郷保育園を開園することに伴いまして、所要の改正をいたすものでございます。  議案第39号は、山口市阿東簡易水道事業の設置に関する条例の一部を改正する条例でございます。これは生雲簡易水道について、県から事業の変更の認可を受けたことに伴い給水人口等の計数につきまして、所要の改正をいたすものでございます。  

光市議会 2018-09-18 2018.09.18 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文

県内には親を失ったり親からの虐待など、さまざまな事情で家庭を離れ生活しなければならない子供たちが、平成28年の3月末で600人を超え、こうした子供たちを家庭にかわって公的に養育する仕組みを社会的養護といい、社会的養護には、里親委託など子供家庭的な環境で育てる家庭養護と、乳児院や児童養護施設などの児童福祉施設で養育する施設養護に分かれ、山口県家庭養護の推進に向けた県の計画の中で、平成25年度末の里親

山口市議会 2018-06-22 平成30年第3回定例会〔資料〕 開催日:2018年06月22日

………… 133  ア 小郡都市核づくりについて   1) 新山口駅北地区拠点施設とその周辺ゾーン   2) 新山口駅北地区拠点施設整備事業基本設計の全体概要   3) 新山口駅北口駅前広場 15 尾 上 頼 子(日本共産党)……………………………………………… 138  ア 第2次山口市男女共同参画基本計画について  イ 待機児童について   1) 保育園   2) 放課後児童クラブ  ウ 小郡乳児保育

光市議会 2018-02-26 2018.02.26 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文

また、来年度より子育てを取り巻く社会の変化等に対応するため、乳児1歳以上3歳未満児の保育に関する記述が充実し、保育所保育における幼児教育の積極的な位置づけがなされ、職員の資質、専門性の向上などが盛り込まれた新しい保育所保育指針がスタートいたしますことから、これに基づきながら公立保育所の役割を踏まえつつ、本市の保育の質の向上に努めてまいりたいと考えております。  以上でございます。

光市議会 2018-02-23 2018.02.23 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文

まず「きゅっと」について少しお尋ねしたいと思うんですが、厚生労働省の産前・産後サポート事業ガイドラインに、母子保健事業、子育て世代包括支援センター事業、妊娠・出産包括支援事業は、新生児及び乳児に同伴することを前提とした、安全性と利便性を確保した工夫を行う、安全面、衛生面には十分配慮するとあります。  

山口市議会 2017-09-13 平成29年第3回定例会(4日目) 本文 開催日:2017年09月13日

本センターを妊娠・出産・子育ての気軽な相談窓口として周知に努める中、乳児を連れた産婦の方の御利用が増加してきたことを受けまして、本センターの職員体制を開設当初の専任嘱託助産師1名、保健センターとの兼務の保健師2名の配置から、今年度は専任嘱託保健師1名を増員し、相談支援の充実を図ったところでございます。

山口市議会 2017-09-11 平成29年第3回定例会(2日目) 本文 開催日:2017年09月11日

子供医療費助成につきましては、これまでに乳児医療費助成制度におきまして全ての未就学児を対象に自己負担の無料化を行い、加えて子ども医療費助成事業を創設し、非課税世帯の小・中学校児童生徒を対象に自己負担の無料化を実施いたし、子育て世代経済的支援にも取り組んできたところでございます。

山口市議会 2017-06-13 平成29年第2回定例会(3日目) 本文 開催日:2017年06月13日

中でも、「こころの体温計」につきましては、いつでも気軽にセルフメンタルチェックができ、利用者が早期に不調に気づくきっかけとなることが期待できますことから、商工会議所等職域、乳児家庭全戸訪問事業を通して母親へ、あるいは、市内の高等学校等へ周知を強化いたしましたところ、特に若い世代の心の健康情報サイト等へのアクセス件数の増加が見られますことから、一定の効果につながっていると考えているところでございます。

山口市議会 2017-03-02 平成29年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2017年03月02日

これを具現化したものといたしまして、市町村の子ども・子育て支援事業計画に従って、地域子育て支援拠点事業、乳児家庭全戸訪問事業、子育て援助活動支援事業──別名ファミリーサポートセンター事業と申しますが、そのほかにも病児保育事業、放課後児童健全育成事業など、14種の地域子ども・子育て支援事業があり、これらを積極的に実施していかなければなりません。

光市議会 2017-02-27 2017.02.27 平成29年第1回定例会(第4日目) 本文

詳細でございますけれども、本事業は、産後不安定になりがちな母親の心身のケアや育児サポートを行い、産後鬱など心身の不調を防ごうとするもので、対象者は、家族などから十分な家事、育児の援助が受けられない、出産からおおむね3カ月未満の産婦及び乳児で、市内2つの産科病院委託し、1泊2日以上のショートステイ、日中のみのデイサービスのいずれかのサービスが受けられるものであります。  

光市議会 2016-12-07 2016.12.07 平成28年第5回定例会(第4日目) 本文

まず、このパンフレットのコンセプトでございますが、光市を知らない、または光市がどんなまちか知らないという子育て世代の移住希望者に本市を認知していただくことや、移住に向けて興味を持っていただくことを念頭に置いて作成をしたもので、ほかの自治体との差別化を図り、まちのイメージをわかりやすく表現するために、母親に抱きかかえられ、見つめ合う乳児写真を表紙に使用することによって、おっぱい都市宣言のまちであることを

山口市議会 2016-12-07 平成28年第6回定例会(4日目) 本文 開催日:2016年12月07日

相談内容といたしましては、授乳全般についての相談が最も多く、そのほか乳児の身体状況や子育てについての相談などとなっており、妊婦さんとその御家族が抱えるさまざまな不安などにつきまして、保健センターの地区担当保健師や関係機関等と連携し、個々の状況に応じた相談対応並びにその支援に努めているところでございます。

光市議会 2016-12-05 2016.12.05 平成28年第5回定例会(第2日目) 本文

◯副市長(森重 正一君) 当然、医療機関を受診される際には、もともとの健康保険、それと、今当市で行っている、乳児医療にしても子ども医療費にしても、当該医師会や県内の医師会等との契約を結んでおりますことから、県外等であれば、一度お支払いをしていただく必要があると考えております。  以上でございます。 ◯議長中村 賢道君) 土橋議員