594件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山口市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2020年02月28日

昨年12月、中国湖北省武漢市において、新型コロナウイルス感染症の肺炎患者が確認されて以来、世界各国で感染が拡大しています。日本国内においても感染者が確認され、日々増加している中、本市はどのような対応をとっているのかお伺いいたします。また現在の状況を、国内の複数地域感染経路が明らかではない患者が散発的に発生し、一部地域には小規模な集団感染が把握されている状況だとしています。

山口市議会 2020-02-27 令和2年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2020年02月27日

来年度、中国JRバス株式会社交通系ICカードの導入を予定されておりますことから、本市といたしましても支援をしてまいることといたしております。次に、若者への公共交通の利用促進策についてでございますが、山口市公共交通委員会での協議も踏まえ、今年度は昨年度に引き続き、高校生を対象としたモビリティマネジメント事業を実施いたしたところでございます。

山口市議会 2020-02-26 令和2年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2020年02月26日

また、湯田温泉ゾーンにつきましても、広域連携軸となります中国自動車道の湯田温泉スマートインターチェンジも開通いたしますので、そういった中で、スマートインターチェンジと湯田温泉街をつなぎます山大通りの渋滞対策、そういったものもございますので、都市計画道路の一本松朝倉線の未整備区間の整備でありますとか、そういったことについて検討を進めてまいりたいというふうに考えておりまして、こうしたことの検討も深めながら

山口市議会 2020-02-25 令和2年第1回定例会(2日目) 本文 開催日:2020年02月25日

さらには、湯田温泉を中心とした周辺観光との周遊・連携ネットワークの形成に向けまして、中国自動車道湯田温泉スマートインターチェンジが本年3月21日に開通いたします中で、湯田温泉スマートインターチェンジと湯田温泉街をつなぐ県道泉町平川線──いわゆる山大通りの渋滞状況に鑑みますと、湯田温泉ゾーンの外周道路の機能強化の必要性が高まっております。

山口市議会 2020-02-17 令和2年第1回定例会(1日目) 本文 開催日:2020年02月17日

次に、中国自動車道湯田温泉スマートインターチェンジの開通及び名称決定について申し上げます。本市及び西日本高速道路株式会社が整備を進めてまいりました本スマートインターチェンジは、地元関係者を初め、国土交通省山口県山口警察署等、関係機関の皆様の多大なる御理解と御協力を賜りまして、県内初のスマートインターチェンジとして、3月21日の15時に開通する運びとなったところでございます。

山口市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年12月12日

ひるがえって、現在は国道2号、山陽自動車道、それに続く中国自動車道へのジャンクション、山陽本線、山陽新幹線などが通る交通の要衝であります。このような環境の中、新たな産業団地の整備予定地は、山陽自動車道山口インターチェンジ、また国道2号にも極めて近い位置にあることや、南部海岸道路にも近く、広域的なアクセスは申し分のないものがあるものと思われます。

山口市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年12月09日

本議案は、中国縦貫自動車道湯田パーキングエリアから市道御堀平井線に接続するスマートインターチェンジの整備を西日本高速道路株式会社工事委託している契約金額を増額変更いたすものでございます。本協定は、平成29年度から3年間締結しておりまして、本年8月に西日本高速道路株式会社から変更の協議の申し出を受けまして、両者で協議を重ね、同年10月に仮協定締結いたしたところでございます。

光市議会 2019-12-06 2019.12.06 令和元年第4回定例会(第3日目) 本文

資料は多種多様ですが、中でも近代国家の礎を築いた伊藤博文公に関する資料や織田信長の中国攻めの際に備中高松城の城主を務め、江戸時代には立野や光井の領主を務めた清水家と、その家臣を務めた難波家からの寄託資料は、貴重な資料の一例と考えております。  これらの資料につきましても、写真資料と同様、展示等で活用する場合を除き、各施設の収蔵庫において保管している状況であります。  以上であります。

山口市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(6日目) 本文 開催日:2019年09月26日

これでは、全国大会、中国大会の対象とならないホールになるのではないかと、著しく危惧しているところでございますが、音楽イベントの会場として活発に利用される会場となるよう、また他の催事も行うことができて、一層の利用率の向上が図られる柔軟な対応のできる可変ホールの検討をすべきであるというふうに思います。  それともう一点、指摘をするわけでございますが、9月20日に、資料提供をいただきました。

光市議会 2019-09-13 2019.09.13 令和元年第3回定例会(第3日目) 本文

それから、光・熊毛栽培漁業協会の話でございますが、たしか中国電力から7億円の寄附をするということで設立をしたと思います。最近ではそのことについての決算報告が上がってきておりませんので、具体的な中身がどうなっているのかというのがよくつかめません。当然、光市からも出資をしているわけでございますから、そういった報告についてしっかりやっていただきたい。  

光市議会 2019-09-12 2019.09.12 令和元年第3回定例会(第2日目) 本文

また、先日の集中豪雨は、九州地方中国地方中部地方にも甚大な被害をもたらしました。甚大な被害の一例を申しますと、崖崩れや道路上への建設物や電柱等の倒れ込みによる交通網の遮断、水害や強風による建物の損壊、加えて停電により生活のライフラインが絶たれる等、とても厳しい状況が伝わってきました。これらの地方の方々の一刻も早い復興を祈らずにはおれません。  

山口市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年09月11日

そのような中、先日、ことし5月から7月に共同通信が実施した全国自治体アンケートの結果が令和元年7月15日の中国新聞報道されました。このアンケートは、1年前と比べた景況感について調査したものであり、県内の自治体の多くが「変わらない」あるいは「上向いている」と回答される中、本市と上関町だけが「下降している」と回答されております。

山口市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年09月10日

次に、山口県の姉妹友好提携を契機とするものにつきましては、山口県が友好提携を行っておられます中国の山東省の省都、済南市とは昭和60年に友好都市締結をいたしました。また、同じく山口県が姉妹提携を行っておられます韓国の慶尚南道の道都、昌原市とは平成21年に姉妹都市締結にいたったところでございます。次に、姉妹友好都市としてのプラス、マイナスについてお答えをいたします。

山口市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年09月09日

加えて、今年度の中国縦貫自動車道の湯田パーキングエリアにおけるスマートインターチェンジの整備完了や、県道泉町平川線、いわゆる山大通りの渋滞状況に鑑みますと、湯田温泉ゾーンの外周道路の機能強化の必要性が高まってきておりまして、例えば、都市計画道路一本松朝倉線の湯田温泉一丁目交差点から東山通り下矢原線までの区間における早期事業化なども検討してまいります。

山口市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(6日目) 本文 開催日:2019年06月24日

こうした中、本年5月24日の月例経済報告等に関する関係閣僚会議におきましては、景気は緩やかな回復が続くとされながらも、その一方で中国経済の先行き、海外経済の動向と政策に関する不確実性なども不透明な要因として示されており、経済動向には注視していく必要があるものと考えております。

光市議会 2019-06-19 2019.06.19 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文

今、アメリカ中国貿易戦争が深刻化していることは、これまた御存じのとおりでありますけれども、世界経済の減速が進む中で、アメリカ中国などは、景気対策のための大型減税を実施いたしております。こうした中で、5兆円もの大増税で家計の購買力を奪おうとしている安倍政権の姿勢は、世界の流れに対しても逆流であり、自滅行為と言うほかないわけであります。