運営者 Bitlet 姉妹サービス
2267件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 下松市議会 平成 30年12月 定例会(8回) 児童センターや子育て世代包括支援センターの開設なども進み、保育園、幼稚園、小規模保育施設などへの支援の拡充、児童の家の確保やくだまつ星の子プラン見直しなど、子育て環境の充実に向け取り組んでいる。 生活、働き方が多様化する中で、相談や施設整備の対応など、さらにマンパワーが必要になる。 もっと読む
2018-10-23 光市議会 2018.10.23 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文 それらをまとめた移住促進用パンフレット「まちぐるみでおせっかいなおっぱい都市」を制作し、幅広い世代やあらゆるライフスタイルに対応できるよう、本市の住みよさや子育てのしやすさなどの移住施策を総合的に紹介できるようになったことは、評価するところです。 もっと読む
2018-09-19 光市議会 2018.09.19 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 それは世代に関係なく、瀬戸内海の穏やかな自然に包まれ、偉大さ、優しさ、愛、さまざまなものを感じ、人の感性を育み、心を豊かにする場所でもあると私は思っています。  私の所属する会派彩りでは、海辺に暮らす議員も多いことから、海には強い思いを持っており、その管理、利活用については、今までもさまざまな質問と提案をしてきました。 もっと読む
2018-09-18 光市議会 2018.09.18 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 今年度より子ども相談センターきゅっとを、子育て世代包括支援センター機能に加え、子育て家庭の福祉全般の推進を図るために、保健福祉、教育、地域などをつなぐ役割を担う子ども家庭総合支援拠点として位置づけ、さらなる支援体制の強化に取り組んでいるところでございます。児童相談所とはこうした特性を生かし適切な役割分担を行い、連携、協働して問題解決に向け各ケースに対応しているところでございます。 もっと読む
2018-09-14 光市議会 2018.09.14 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 また、クーラーはついていても、我慢の世代はクーラーはぜいたく、経費の削減意識などがあったり、また、体調に伴うクーラーの風は体にこたえるとか、体温調整がうまくつかめない、いつも寒いとかいうようなこともございますので、適切な指導、アドバイスなども本当にこれは必要かと思います。   もっと読む
2018-06-14 光市議会 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第2日目) 本文 御紹介をいただきましたように、現在、光駅周辺地区における拠点整備に向けた基本構想の策定事務を進めているところですが、その過程で、若い世代の方々の意向の把握や、若者ならではの柔軟な発想をまちづくりに生かしていくことを目的に、若者ワークショップを開催するものでございます。  ワークショップの概要を申し上げますと、18歳から39歳までの参加者の皆様にお集まりいただき、「こちら、「週間光市」編集部。 もっと読む
2018-06-12 光市議会 2018.06.12 平成30年第2回定例会(第1日目) 本文 また、小学校演劇教室として、おもしろ狂言らいぶや1966カルテットと山田姉妹によるコンサートを開催するほか、さまざまな市民ニーズに応じた事業の実施に努めるとともに、幅広い世代にすぐれた芸術文化の鑑賞機会や発表の場を提供してまいります。   もっと読む
2018-06-01 岩国市議会 平成 30年 第2回定例会(6月) 次の世代に任すなんて……。今、この議場にいる我々が、チェック機能が間違いなく低下すると、はっきり明確に言ったわけじゃないですか。我々も市民の負託を得て出ているわけですから、そのことはきちんと弁明を申し上げていただきたい。よろしいでしょうか。 ◎16番(越澤二代君)  チェック機能の低下については、先ほども壇上で申し述べましたけれども、懸念をする声はたくさん伺っております。 もっと読む
2018-03-26 光市議会 2018.03.26 平成30年第1回定例会(第6日目) 本文 応募団体数だけが市民活動をはかる指標だとは思いませんが、市内の各地区、各世代において、さまざまな取り組みが行われることが光市の活力につながると考えますので、若者の参画の機会の提供、行政と協働できる市民活動等の担い手の育成や、行政と市民活動が一緒に課題について考えてみるようなマッチングの機会をふやすなど、実効性のある方策をお願いいたします。   もっと読む
2018-03-16 萩市議会 平成30年 3月定例会-03月16日−06号 次に、第4款衛生費では、1点目として子育て世代包括支援センター運営事業について、2点目、漂流・漂着ごみ処理・回収業務委託を実施する場所の優先順位について、3点目、旧清掃工場と比較をした新清掃工場の焼却コストについて、4点目、母子保健事業における不妊治療費助成について、5点目、地域自殺対策緊急強化事業について、6点目、西の浜墓地区間造成工事の内容について、7点目、新清掃工場の水銀排出量の増加要因についてなどの もっと読む
2018-03-02 萩市議会 平成30年 3月定例会-03月02日−05号 本年8月からを予定している医療費助成制度の事業の拡充は、直接的には子育て世代の経済的負担軽減を図るためであります。これからの子供を産み育てる世代には関心が大きく、長期的、構造的には、出生数の減少に歯どめをかけ、若年層の移住を促進し、社会増を図るためには有効であり、少子化が進む萩市にとっては、重要な施策の一つであります。   もっと読む
2018-03-01 岩国市議会 平成 30年 第1回定例会(3月) 質問の内容は、主に各地域の人口をふやすにはどうしたらよいか、若者対策、定住策、高齢者の支援や安心して生活できる環境づくり、地域の活性化について、また子育て世代の支援や取り組み、中山間地域の振興及び人口対策、人口15万人の岩国市を目指す取り組み、観光客の誘致についてなど、要は岩国市の町を、そして中山間地域を、今後どのように発展させていくのかという質問が多かったように思います。  もっと読む
2018-03-01 下松市議会 平成 30年 3月 定例会(1回) 子育て世代包括支援センター事業では、産婦健康診査や産後ケア事業、アウトリーチ型が新たに始まります。 福祉部門では、地域包括ケアシステムの構築に向けた在宅医療介護連携支援センター、認知症支援チームが新たに設置され、モバイル型対話支援システムなど障害者支援の事業など各種子育て支援や福祉事業でも安心面の新規事業が多く予算化されております。  もっと読む
2018-03-01 山陽小野田市議会 平成 30年 3月定例会(第1回) まず、その概要については、児童クラブ利用者の利便性を高め、子育て世代を支援するため、児童クラブの拡充整備、保育時間の延長及び保育時間に応じた保育料の見直しを行うものです。 次に、審査の中で明らかになった事項についてです。 昨年度まで待機児童が生じていた須恵児童クラブについて、小学校の空き教室を利用して一クラスふやし、新たにふやした小学校の地番を加えるもので、教室には既に冷暖房を設置しています。 もっと読む
2018-02-27 萩市議会 平成30年 3月定例会-02月27日−04号 また、周辺地域に限らず、萩市全域での取り組みではありますが、子育て世代の経済的支援や負担軽減のため、子供医療費助成を大幅に拡充するなど、萩市独自の子育て支援策を展開し、子育てしやすい環境づくりに力を注ぐことで若者世代の人口流出に少しでも歯どめをかけていきたいと考えております。   もっと読む
2018-02-26 光市議会 2018.02.26 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文 健康、食育に関するアンケート結果において、市民の食の課題として、朝食の欠食や食事のバランスがとれていないなど、望ましい食生活を実践できていないこと、特に若い世代の朝食の欠食が多いことが上げられております。 もっと読む
2018-02-26 萩市議会 平成30年 3月定例会-02月26日−03号 団塊の世代が75歳を迎える2025年、平成37年ということにあたりますけれども、には75歳以上の後期高齢者及び介護保険、要介護認定者数は2017年に比べ10%増加し、支援を要する高齢者が増加することが見込まれます。  また、高齢者の単身世帯や夫婦のみの世帯が増加している中で、社会的に孤立し、支援が必要な状況がだれにも把握されない高齢者がふえてくることも考えられます。 もっと読む
2018-02-23 萩市議会 平成30年 3月定例会-02月23日−02号 また、子育て世代の団体からも要望をいただいておりまして、市議会教育民生委員会におかれましても、視察の際に要望があったように伺っております。   もっと読む
2018-02-23 光市議会 2018.02.23 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文 さらに新年度からは、不安や悩みを抱える子育て世代に寄り添う施設として、「きゅっと」を児童福祉法に定める子ども家庭総合支援拠点に位置づけ、専門相談室を新たに設けるなど環境整備を進めてまいります。   もっと読む
2018-02-21 萩市議会 平成30年 3月定例会-02月21日−01号 子育て支援は子育て世代のためだけではなく、地域社会全体にとって未来への投資であると言えます。豊かな自然と歴史に恵まれ、人の温かさがあふれる本市で、子供を育てたい、子育てするなら萩と選んでいただけるよう、地域全体で子供を守り、育て、若い世代が安心して子供を産み育てることができる子育てしやすいまちを目指します。   もっと読む