69件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下関市議会 2017-10-24 平成 29年10月24日 市出資法人調査特別委員会-10月24日−01号

韓国、トルコ、ドイツ、ベトナムと、そういったところから来ているのではないでしょうか。ベトナム、ドイツ、韓国などは非常に数が少なく、1名ないし2名というところでございます。各国の正確な人数につきましては、まことに申しわけありませんが、ただ、トータルは61名でございます。

山口市議会 2017-09-13 平成29年第3回定例会(4日目) 本文 開催日:2017年09月13日

次に、在留外国人の国籍別の内訳についてでございますが、平成25年に数値が突出いたしておりました中国、韓国につきまして、同年この2カ国で734人、全体の61.7%を占めておりましたものが、平成29年におきましては705人で全体の49.6%まで減少をいたしておりまして、その一方でフィリピン、ベトナム──ベトナムにつきましては22人が193人と大幅な増加になっております──こういった東南アジア諸国の割合が

下関市議会 2017-09-07 平成 29年 9月 7日 経済委員会-09月07日−01号

同じようにカモンワーフに、そういったこともお伺いしましたけれども、同じような感じで現在カモンワーフでもかなりの人数の外国人の方――中国系、台湾系、韓国系、さらにタイ、ベトナムあたりも若干入っているみたいですけれど、そういった方が入っておりますので、どうしても下関に宿泊がなければ明確な数字が上がって来ませんけれども、実際に通過型で入ってきている外国人の方というのは船だけでも7万人ということですから、かなりの

下関市議会 2017-02-24 平成 29年 2月24日 経済委員会-02月24日−01号

◆田中義一君  去年はベトナムでもされたんですかね。 ◎産業振興部次長(原田英明君)  ベトナムのホーチミンは平成27年度ですね。 ◆田中義一君  ポートセールスもそうなんですけど、やっぱり官・官とか、行政が入ることによって、相手に信頼、信用というのは大きいということを聞いたことがありますので、積極的に支援していただきたいと思いますので、頑張ってほしいと思います。よろしくお願いします。

光市議会 2017-02-24 2017.02.24 平成29年第1回定例会(第3日目) 本文

また昨年は、ベトナムは、日本とロシアに発注していた原発を、福島第一原発事故の教訓を取り入れ安全性を高める中で、経済的理由により中止しました。また、ドイツ、ベルギー、スイスなどでは脱原発を決定し、エネルギーの77%を原発に頼っていたフランスでも、2025年までに50%に縮小することを決定しております。  今世界では、台湾に限らず、脱原発の方向がはっきりしているのではないでしょうか。

下関市議会 2016-12-12 平成28年第 4回定例会(12月)-12月12日−03号

その例は、今まで中国やベトナムやタイ、そういったところに日本の企業が、安い労働力を求めて進出していったことからもわかります。労働力のないところに企業は進出してきません。そういうふうなことを考えると、下関は高齢化がもう30%を超えました。その中の下関の中でも、豊北町なんていうのは、もう40%を超えているというような形で、やはり、どんどんどんどん過疎化が進んでいく。

山口市議会 2016-12-07 平成28年第6回定例会(4日目) 本文 開催日:2016年12月07日

また、ハローワーク山口によりますと、ここ1年の間でベトナムからの建設業を中心にした技能実習生がふえてきておりまして、こうした動きは、労働力の確保が難しい分野を中心に今後とも続いていくものと捉えておりまして、今後も外国人労働者の増加が見込まれる状況にあると認識いたしているところでございます。

光市議会 2016-12-06 2016.12.06 平成28年第5回定例会(第3日目) 本文

確かに、私自身が時代として経験をした、例えば毛沢東の文化大革命、あるいはベトナム戦争終結、ニクソン大統領のブレトンウッズ体制の終えん、そしてイラク戦争によるイスラム教国家の台頭、中国経済の台頭、あるいは北朝鮮問題、さらにはイギリスのEU離脱決定、トランプ氏の米国大統領選挙勝利など、大きな潮流を体験しているわけでありますが、その歴史的な意義というものを十分に理解できていなかったと自分自身では思っております

下関市議会 2016-09-28 平成28年第 3回定例会(9月)-09月28日−07号

それから、成長著しいとはどこの国かと、どの国と、一々言わなくても、要するに、今もちょっと触れましたけど、東南アジアでもそれは名前言えといったら、インドでもミャンマーでもタイでもベトナムでも中国でもインドネシアでもフィリピンでも、私は成長著しいと思います。去年と比べて、単年度でどうかと言われると確かに鈍化しているところもある。数%、1割超えないところもある。

下関市議会 2016-09-23 平成28年第 3回定例会(9月)-09月23日−04号

それとあわせて、北九州との連携もございまして、関門海峡を中心とする、いわゆる観光エリアを、今特に東南アジア、特にタイであったり、ベトナム、そちらのほうの方も、かなりふえてきておるというふうに聞いております。  そういう面でいくと、どこか1国に絞るということよりは、これからはアジアの中でも東南アジアを、かなり広く観光客の誘致を進めていくべきかなというふうに思っているところでございます。

下関市議会 2016-09-09 平成 28年 9月 9日 一般・特別会計決算審査特別委員会-09月09日−01号

「東南アジアニューマーケット開拓支援事業」は、東南アジアをターゲットに、海外展開を検討している中小企業を対象として、貿易団体、金融機関、市内大学、貿易コンサル等を連携し、海外市場進出を促進・支援するもので、ベトナム・ホーチミンにおいて「下関市食品輸出商談会」を11月に開催いたしました。

柳井市議会 2016-09-05 平成 28年 第3回定例会( 9月)-09月05日−01号

あとは、ブラジル系のポルトガル語とかベトナム人とか、こういったところからかなり多く入ってきていまして、県と連携をとるということですが、現在、柳井近辺で中国語とかポルトガル語とかベトナム語、フィリピン語がしゃべれる人の把握とかっていうのはされていたりするのでしょうか。 ○議長(石丸東海)  教育長。

下関市議会 2016-03-11 平成 28年 3月11日 経済委員会-03月11日−01号

その他も若干ございますけれども、委託料を活用いたしまして、今年度もベトナムのほうで商談会に出店という形で実施いたしましたけれども、来年度も場所は決まっておりませんけれども、企業さんの方のニーズもお聞きしながら、海外で展示商談会に出店するための経費ということで、委託料を主に計上しているところでございます。  

下関市議会 2016-03-02 平成28年第 1回定例会(3月)-03月02日−03号

平成27年度に実施した東南アジアニューマーケット開拓支援事業では、事業参画した産官学金の各主体が集い、それぞれのノウハウを生かし、市内の中小企業とともにベトナム、ホーチミン市において下関市食品輸出商談会を開催いたしました。この参加主体を中心に、この仕組みを平成28年度以降も発展的に実施する機運が高まり、去る2月23日に下関市市内企業等の海外展開に関する連携協定を締結いたしました。  

柳井市議会 2015-12-21 平成 27年 第4回定例会(12月)-12月21日−03号

もう一つは、先ほどの反対討論で、日米安保条約のことをおっしゃいましたけれども、今、中国が南シナ海等で、フィリピンとかベトナムとかで、ほんのちょっとした岩礁、普段は海の下に隠れて見えないような岩礁を埋め立てて、飛行場をつくったりとか、そういうふうな活動をしております。しばらくはやってましたけども、アメリカがはっきりと、それはだめだというふうに態度を示した途端にやめました。