1194件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山口市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(6日目) 本文 開催日:2019年06月24日

温泉施設でいろいろな方と交流したいというニーズがあるというデータを、市は保有されていらっしゃるのでしょうか。今後根拠を持って御説明いただきたい。続いて、湯田温泉市民利用者が13%と低い。この数値を上げたいということですが、多々温泉施設がある中で、なぜ温浴施設の運営ノウハウを持っていない行政が運営すると、この数値を上げることができるのか。

光市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文

代表的な機能としては、自治体からの子育て情報の提供、子育て関連制度情報の定期配信、また、予防接種などのスケジュール管理、離乳食のつくり方の動画閲覧、災害なんかによる場合にデータバックアップが可能であるとか、さまざまあるわけですけれども、これらを自治体が全て自前で準備するということは経費も時間的にも限界がございます。

光市議会 2019-06-13 2019.06.13 令和元年第2回定例会(第1日目) 本文

障害者福祉費では、就学前障害児の発達支援の無償化や消費税率の改定等に対応するため、電算システム改修費用として77万円、児童福祉総務費では、社会保障・税番号制度に係る情報連携に必要な、データ標準レイアウト変更に伴う児童扶養手当電算システム改修費用として101万8,000円を、また、令和2年度税制改正において、住民税非課税世帯の適用拡大措置が行われることを踏まえ、臨時特例措置として未婚の児童扶養手当受給者

山口市議会 2019-06-12 令和元年第2回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年06月12日

今の自動車整備は、ものを分解してふぐあいを直すというよりは、電子部品の異常データを正確なデータと比較分析して直すという整備に変わってきています。その辺に今の若い方に得意な方が多いと思われるICT活用技術への対応力が求められていますことから、車自体には余り関心がなくても、整備自体は若い人の活力を十分発揮できる職業となっていると思います。

山口市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年06月10日

このほか、先月の30日に福岡市で行われました住民窓口の民間委託の事例や、ICTを活用した窓口業務効率化の事例を紹介した住民窓口ソリューションセミナーに私どもの総務課、情報管理課、市民課の3課の職員参加をいたしまして、転出証明書をOCRで読み込み、自動的にデータを作成するところの異動支援システム、マイナンバーカードや運転免許証のIC内蔵情報を活用して申請書を作成するところの申請書作成支援システムなど

光市議会 2019-03-22 2019.03.22 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文

活用方法としては、実態調査データ基礎資料とし、空き家などに対する措置方針、空き家などの増加の抑制、利活用、所有者への適正な管理の促進などの対策を総合的かつ計画的に実施することを目的とした、空き家等対策計画の策定を平成33年度に予定している。また、実態調査データは、空き家バンクと各部署の空き家対策に係る施策等の活用を考えているとの答弁がありました。

山口市議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(6日目) 本文 開催日:2019年03月14日

このうちペーパーレス化の推進に関しましては、今後、議案等の議会資料のデータ化が進んでまいりますが、それに先立ちまして、会議録や会議運営上の資料等のデータ化を進めてまいることといたしております。これに伴いまして、山口市議会会議規則中、会議録及び資料等の配布許可に関する規程の改正を行うものでございます。  

山口市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年02月27日

山口大学からは本市との契約後に現地踏査及び地形判読を実施されたところ、調査場所付近には地下歩道や汚水管等の地下埋蔵構造物が多く、それらを避けながら探査測線を配置する必要があることから、より複雑なデータ取得やデータ処理、さらには分析が必要となり、現地調査終了後、調査結果を取りまとめるまでに1カ月程度を要するとの報告がございました。

光市議会 2019-02-26 2019.02.26 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文

その内科医師を充てるとなると山大ないしほかのところから光市にもう1人ぐらい来てもらわないといけないようになるんですが、こういうデータは知っておられますか。 ◯議長(西村 憲治君) 西村病院局管理部長。 ◯病院局管理部長(西村 徹雄君) 今議員さんが言われたデータについては把握しておりません。 ◯議長(西村 憲治君) 大田議員

光市議会 2019-02-25 2019.02.25 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文

平成19年はこま数が27時間、平成29年度で28時間といったデータがあるんですが、今言う29時間は平成32年度で、実際に、それは平成19年度で月曜から6時間、5時間、5時間、5時間、6時間という形、29年度で6時間、6時間、5時間、5時間、6時間、今32年度に向けては6時間、6時間、5時間、6時間、6時間という形に、だんだんだんだんこま数がふえているんですが、こういったことで、先生と児童生徒についてもなんですけど

山口市議会 2019-02-18 平成31年第1回定例会(1日目) 本文 開催日:2019年02月18日

具体的に申し上げますと、島津製作所における認知症を早期に発見できる先端的な血液検査技術、そして山口大学医療分野におけるAI解析技術等を活用し、認知症の予防プログラムの実証研究に取り組むこととし、その予防プログラムの実践・効果検証のためのデータ収集を市民の皆様の御協力をいただきながら、新山口駅北地区拠点施設ライフイノベーションラボでの活動を念頭に展開をいたしてまいります。

光市議会 2018-12-07 2018.12.07 平成30年第5回定例会(第3日目) 本文

自前の書式作成と関係部署への徹底で運用されるお客様シートに死亡者名等をいただき、職員データを入力すると必要な手続が導き出され、関係書類が一括して作成されます。より簡素な手続という市民サービス面でもですが、職員の負担軽減にも通じてきます。  光市でもかなり親切に手続の一覧がまとめられておりますけれども、年間死亡届数の状況及び現状の窓口対応はどのようになっているのか、あわせてお尋ねをいたします。  

山口市議会 2018-12-04 平成30年第5回定例会(3日目) 本文 開催日:2018年12月04日

さらに移転すると現在のデータも乱れるので、定着するまで相当の時間を要することになり研究の空白ができる。何年も前にも移転構想はあったそうですけれども、さまざまな意見もあり、そのときは見送られたそうですけれども、開発の研究はほぼできなくなっていたようであります。今後は研究部門が圧縮され人員削減となるのではないかと、指導など大学の業務を任され研究に専念できなくなるのではないかと心配されております。