57件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山口市議会 2019-06-12 令和元年第2回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年06月12日

なお、YCAMとの連携につきましては、多目的ホール等を活用した、YCAMが持つメディアテクノロジーを取り入れた独自のコンテンツの実施や、広場産業交流スペース等を活用した教育プログラム等のアウトリーチ事業の実施など、拠点施設と連携したさまざまな取り組みが考えられますことから、今後具体的な事業の検討を進めてまいりたいと考えているところでございます。

山口市議会 2018-12-03 平成30年第5回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年12月03日

拠点施設において実践的な産業人材育成を図っていく考えといたしましては、これからの人口減少とそれに伴う労働人口の本格的な縮小や、AI等のテクノロジーのさらなる進展により、我が国の、そして我々の地方都市においても、地域社会のあり方、経済システムが劇的に変化していくことが予想され、企業の経営環境だけではなく個々の生き方、働き方も大きく変化してくるものと考えております。

山口市議会 2018-09-10 平成30年第4回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年09月10日

その上で子育て教育医療介護インフラ公共交通、空間管理・防災労働力、産業テクノロジーの6つの個別分野の課題整理と同時に、我が国全体における危機対応の考え方を整理されたところでございます。続いて、7月に公表されました第二次報告では、課題への対応策として、新たな自治体行政基本的な考え方を示されたところでございます。

山口市議会 2018-06-13 平成30年第3回定例会(4日目) 本文 開催日:2018年06月13日

そのほか、山口情報芸術センターYCAMにおきましては、子供たちがみずからの遊び環境をみずからが考え、創造することをコンセプトとし、スピーカーや映像などのメディアテクノロジーと体の両方を使って遊べる「コロガル公園」などのイベントにより、文化・芸術を活用した創造的な地域づくりの推進や次世代につながる人材育成を進めていくための子供への教育普及活動の強化を図っております。

山口市議会 2018-06-04 平成30年第3回定例会(1日目) 本文 開催日:2018年06月04日

山口情報芸術センターYCAMは、平成15年の開館以来、コンピュータや映像、ネットワークを初めとするメディアテクノロジーを用いた芸術表現を中心としたさまざまな作品をつくり続け、また、それらの作品を通して情報化社会、グローバル社会と呼ばれる現在を、過去を踏まえた多様な視点で捉えながら社会の新しい未来について探求を続けてまいりました。

山口市議会 2017-09-12 平成29年第3回定例会(3日目) 本文 開催日:2017年09月12日

山口情報芸術センターは、開館以来メディアテクノロジーを用いた新しい表現の探求を軸に活動されており、展覧会や講演、映画上映、子供向けのワークショップなど多彩なイベントなどさまざまな取り組みが行われてきました。平成15年11月に開館した山口情報芸術センター──YCAMは、開館から13年3カ月を経た平成29年2月17日に入館者数1,000万人を突破いたしました。

山口市議会 2017-06-23 平成29年第2回定例会〔資料〕 開催日:2017年06月23日

 教育問題について   1) 教育再生に係る諸問題   2) 教職員の超多忙化と長時間労働   3) 小学校英語教科化   4) 中学生の無料学習支援  イ 農業問題について  ウ 立地適正化計画について  エ 中小企業の経営支援について 7 部 谷 翔 大(市民クラブ)………………………………………………  80  ア 第二次山口市総合計画について   1) 基本構想   2) AIなど次世代テクノロジー

山口市議会 2017-06-12 平成29年第2回定例会(2日目) 本文 開催日:2017年06月12日

続きまして、2)AIなど次世代テクノロジーの活用。今後のまちづくりにおいて、AIや次世代テクノロジーの活用は切っても切り離せない課題となってくると考えております。例えば、自動運転車の実用化により、現在の交通政策は大幅に見直しを求められる必要が出てくると考えております。

周南市議会 2015-03-10 平成 27年 3月 第1回定例会 予算決算委員会-03月10日−04号

このICTというのは、いわゆるIT、インフォメーションテクノロジーと同じことでございまして、その技術を使って今一番、一番といいますか、新しいその技術にARという技術があります。これ、オーギメントリアリティーという言葉でございまして、拡張現実というものです。

山口市議会 2014-12-10 平成26年第6回定例会(4日目) 本文 開催日:2014年12月10日

また、このコロガルパビリオンは、昨年の札幌国際芸術祭でも設置されたそうで、山口と札幌の会場同士をネットワークでつなぎ、山口と札幌の子供たちが一緒に新しい遊びを考えるなど、メディアテクノロジーという最先端技術を活用した作品も子供たちはすんなり受け入れ、すぐに夢中になるものだと感心したところです。

柳井市議会 2014-09-08 平成 26年 第3回定例会( 9月)-09月08日−01号

サイト内で募集しているプロジェクトを見てみますと、音楽、アートテクノロジー社会貢献まで様々なプロジェクトが次々と生まれていまして、町の小さな映画館デジタル化して町の映画文化を守りたいとか、心停止の現場に近くに人を呼んで命を救うアプリを開発したいとか、医療のアクセス困難なアフリカ農村部に日本医薬品を届けたいとか、多様なプロジェクトが並んでいます。  

山口市議会 2013-06-17 平成25年第2回定例会(2日目) 本文 開催日:2013年06月17日

中でも、本年11月に開館10周年を迎える山口情報芸術センターYCAMは、平成24年度キッズデザイン賞経済産業大臣賞の受賞など、メディア・テクノロジーの活動、教育普及や次世代育成体験の取り組みを通じまして、設置者であります本市とともに、その知名度や印象が国内や世界において認められてきつつあるものと感じております。

周南市議会 2012-09-11 平成 24年 9月 第6回定例会-09月11日−05号

そして、市及び施工業者であるメタウォーター、コンサルタント業者である東和テクノロジー、防火に対して指導的立場である周南市消防本部によりまして火災検証を踏まえ、協議し、防火延焼対策として市が承認した改善工事を実施したところでございまして、8月31日に工事は無事完了しております。