運営者 Bitlet 姉妹サービス
3708件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 光市議会 2018.12.07 平成30年第5回定例会(第3日目) 本文 いずれにいたしましても、来年度からスタートするこの新たな森林管理システムにつきまして、今後、国等の動向を注視し、他市の取り組みも参考にしながら、適切に対応してまいりたいと考えております。  以上でございます。 ◯議長(西村 憲治君) 森戸議員。 ◯12番(森戸 芳史君) 災害の教訓をどう生かすかというところで、一番最初の島田川の復旧と今後の河川整備についてお尋ねをいたします。   もっと読む
2018-12-06 光市議会 2018.12.06 平成30年第5回定例会(第2日目) 本文 続きまして、光市の地域包括ケアシステム構築の目的は先ほど聞きましたけど、それは2025年度問題についてどのように考えているか、深くお願いします。 ◯議長(西村 憲治君) 都野福祉保健部長。 ◯福祉保健部長(都野 悦弘君) 光市の2025年問題ということでございます。   もっと読む
2018-12-04 光市議会 2018.12.04 平成30年第5回定例会(第1日目) 本文 また、山口県後期高齢者医療広域連合に対する療養給付費負担金の前年度精算として3,604万6,000円を計上するとともに、介護施設等開設準備経費補助金の国の補助単価の改定等に伴い121万3,000円を、国民年金法において第1号被保険者の産前産後期間の保険料免除規定が施行されることに伴う国民年金システムの改修委託料として108万円をそれぞれ追加いたしました。   もっと読む
2018-12-01 下松市議会 平成 30年12月 定例会(8回) また、共生社会の実現に向けた地域包括ケアシステムの構築、学校図書館支援員の配置についても評価する。 ハード面においては、市民待望の下松駅バリアフリー化事業の着手は評価する。 また、災害用マンホールトイレの設置が始まり、大きな災害が想定されることから、計画どおりに進めてほしい。  もっと読む
2018-10-23 光市議会 2018.10.23 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文 また、委員より、光市が1位となった取り組みについてただしたのに対し、通常、個人が直接郵送にて地方公共団体情報システム機構へ申請するが、申請の仕方がわからない人もいるため、市役所で申請をしてもらう申請時来庁方式を期間限定で行い、また開庁時間に来れない人もいるため、11月から3月までの第2日曜日に休日窓口を開設した。さらに、市民カード保持者全世帯に勧奨のチラシを送付したとの答弁がありました。   もっと読む
2018-10-01 下松市議会 平成 30年10月 臨時会(6回) 介護保険の場合には、借金も逆にできるようになっておりますので、なるべく3カ年の給付額に見合った保険料にする、なるべくそれに近づけると、そういうシステムになっております。ですから、もし第7期でさらに基金がたまっていく状況であれば、第8期でその調整をするということになります。  もっと読む
2018-10-01 下松市議会 平成 30年10月 臨時会(7回) そのほかこの空調設置に伴いまして、既設の換気システムの改修というのも発生してきます。またあわせて照明のLED化も検討したいということでございます。 それと、国の補助の関係でございますが、現在オリンピック事前キャンプ地の関係で、ホストタウンの登録というのを手続を進めております。これは内閣官房に対して進めておりますが、このホストタウンに登録されますと、地域活性化事業債という地方債が使えます。 もっと読む
2018-09-19 光市議会 2018.09.19 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 ◯総務部長(小田 哲之君) ただいま議員からは、防災行政無線と連動した個別受信機という御提言でありますが、これまでにもさまざまな議員さんからも御提言いただいておりますが、現在、総務省では、こうしたものに加えまして、自動的に災害時に起動するネットとの連動による、いわゆるスマートテレビ、こうしたものを利用した新たなシステム等の開発も進めているようであります。   もっと読む
2018-09-18 光市議会 2018.09.18 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 次に2点目として、災害関連情報システムの再構築についてであります。  まずは、JR山陽本線、道路等の運行・通行状況等の情報開示についてであります。  JR山陽本線柳井駅から下松駅間の運転状況についてお知らせしますという市のホームページで、「JR西日本ホームページ(外部サイト)へのリンクをごらんください」ということで、このページだけで完結できるお知らせとなっていました。 もっと読む
2018-09-14 光市議会 2018.09.14 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 有識者でつくる第三委員会がまとめた報告書には、行政による一方的な施策展開でなく、共鳴をキーワードに、化学、行政、地域社会が相互に連携するシステムを設計した結果と指摘いたしました。いかがでしたか。共鳴が成功に導き、市民に誇りを与えた成功例です。  以上で、豊岡市の話を終わりまして、通告に従いまして、質問をさせていただきます。   もっと読む
2018-09-11 光市議会 2018.09.11 平成30年第3回定例会 目次                                 133,134,135                                     136,137  ・ 大田敏司議員 …………… 138,146,147,148,151,152,153     ・ 豪雨災害を振り返ってこの教訓をどう活かすか             154        (1) 災害における熱中症対策について        (2) 災害関連情報システム もっと読む
2018-09-11 光市議会 2018.09.11 平成30年第3回定例会(第1日目) 本文 一方、大和総合病院においては電子カルテを導入するなど、必要な病院内情報システムの整備を行っております。  次に、患者数を病院別で見ますと、光総合病院では、1日平均入院患者数134.3人、1日平均外来患者数348.2人となり、前年度と比較いたしますと、入院は2.6人の減少、外来では8.2人の減少となりました。 もっと読む
2018-09-01 山陽小野田市議会 平成 30年 9月定例会(第3回) 「償還完了後の計画は」との質問に、「今年度は料金システムの改修、厚狭駅側の出口の新設、来年度以降も収入がふえれば奥側の駐車場の整備、舗装等も検討していく」との答弁がありました。「西側の未整備部分の舗装完了後は何台駐車できるのか」との質問に「現在の190台に加えて、約80台増と推測している」との答弁がありました。 もっと読む
2018-06-14 光市議会 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第2日目) 本文 時間外の削減対策の1つは、業務執行の効率化でありまして、事務処理方法の改善、計画的業務の実施、業務のマニュアル化、また、電算等システムの推進、さらには民間への業務委託など、本市でもこれまでさまざまな取り組みを展開してきたところであります。 もっと読む
2018-06-12 光市議会 2018.06.12 平成30年第2回定例会(第1日目) 本文 その他、生活保護制度の基準改定に伴い、生活保護管理システムの改修経費として、現計予算の不足分26万3,000円を計上いたしました。  次に、農林水産業費では、農業生産法人等への新規農業就業者の雇用を促進するため、人件費等の経費を支援する就農促進事業について、新たに就業した1名分の補助金60万円を追加いたしました。 もっと読む
2018-06-01 山陽小野田市議会 平成 30年 6月定例会(第2回) システム開発委託料376万4,000円の増額は、平成30年度からの介護保険制度改正に伴うシステム改修に要するものです。また、償還金1,210万3,000円の増額は、平成29年度の精算により超過交付となった診療報酬支払基金交付金の返還によるものです。 討論はなく、採決の結果、議案第53号は全員賛成で可決すべきものと決しました。  もっと読む
2018-03-26 光市議会 2018.03.26 平成30年第1回定例会(第6日目) 本文 そのほかにも、第3次行政改革大綱に基づく歳入歳出両面にわたる取り組みや、公共施設等総合管理計画による公共施設の量や質の最適化、さらには、共同利用型クラウドシステムによる効果的・効率的な行政運営など、これからの取り組みの着実な推進が、市民が本当に満足する市政運営につながるものと期待しております。   もっと読む
2018-03-01 下松市議会 平成 30年 3月 定例会(1回) 福祉部門では、地域包括ケアシステムの構築に向けた在宅医療介護連携支援センター、認知症支援チームが新たに設置され、モバイル型対話支援システムなど障害者支援の事業など各種子育て支援や福祉事業でも安心面の新規事業が多く予算化されております。 一方、各常任委員会の調査の中では、野犬対策も安全安心の一つだよとして、去勢、避妊に対する助成の検討。また、高齢者、障害者はごみ出しに苦労されている。 もっと読む
2018-03-01 山陽小野田市議会 平成 30年 3月定例会(第1回) 歳出では、1款総務費のシステム改修委託料1,086万8,000円は、平成30年8月からの高額療養費の自己負担限度額の改定に対応するためと被保険者証と高齢受給者証の2種類の証を1枚にまとめるため、そして、被保険者証の番号管理方式を変更するための3点です。 もっと読む
2018-02-27 光市議会 2018.02.27 平成30年第1回定例会(第5日目) 本文 ビッグデータ、人工知能、ロボット、センサーの技術的ブレイクスルーを活用するようになる時代を迎え、その実現によって、技術、ビジネスモデル、働き手に求められるスキルや働き方に至るまで、経済産業社会システム全体が大きく変革されると予想されていることを踏まえてのこととされています。それは若者にとって、社会を変え、世界で活躍するチャンスでもあります。 もっと読む