運営者 Bitlet 姉妹サービス
827件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 光市議会 2018.12.06 平成30年第5回定例会(第2日目) 本文 若い男女の方に異性に対するコミュニケーションのとり方の勉強、そしてまた親に対しての講習会を企画した町もございます。この婚活支援事業を公的機関が行うことは、参加する若い人たちに安心感と信頼感を与えるそうです。  次に参ります。現在、婚活支援の問題点はあるでしょうか、お答え願います。 ◯議長(西村 憲治君) 小田政策企画部長。 もっと読む
2018-09-14 光市議会 2018.09.14 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 しかしながら昨今では、いじめをなくすために、いじめを行う子供の存在感や自尊感情を満足させるように、いじめる側の彼らとのコミュニケーションを深め、彼らの悩みを解消していくことが必要。また、いじめの観衆や傍観者を含む全ての子供たちの中に他人に対する思いやりや弱者に対するいたわりといった、お互いの人権を尊重し合う豊かな心を育てることが大切であるという考え方に変化してきております。   もっと読む
2018-02-27 光市議会 2018.02.27 平成30年第1回定例会(第5日目) 本文 その上で、先行議員への市長答弁にありましたように、本市では、重点的に取り組む光市ならではの教育戦略、教育ブランドひかりの1つとして、室積小中学校の先進的な取り組みを生かし、なれ親しみながら、コミュニケーション能力の育成を目指す英語教育、イングリッシュプラン光を推進する考えであり、新年度からの特徴的な取り組みとしては、小学校において高学年年間70時間、中学校年間35時間の授業を先行実施するとともに、低学年 もっと読む
2018-02-26 光市議会 2018.02.26 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文 そこで、光の恵みde朝ごはん事業は、主に若い世代を対象として、適切な食生活を実践し、食を通した健康づくりを実践できるようにすることを目的に、朝御飯にテーマを絞り、若い世代の利用が多く、コミュニケーションツールとして広く普及しているフェイスブックを活用して支援しようとするものでございます。   もっと読む
2018-02-21 光市議会 2018.02.21 平成30年第1回定例会(第2日目) 本文 さらに、グローバル化に対応した取り組みとして、これまで文部科学省とともに取り組んだ実績をもとに、本年度から、英語によるコミュニケーション能力の育成を狙いとした本市独自の英語教育「イングリッシュプラン光」を全ての市立小中学校に導入いたします。こうした取り組みを通じて、無限の可能性を持つ希望の芽を大きく伸ばしていく考えであります。   もっと読む
2017-12-18 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月18日−06号 (中略)ブックスタートというのは、ただ本を渡すというのではなく、6か月くらいの子育てをしている親と子どもに、本を挟んでお互いにシェアをし合う、要するに、どうやったらコミュニケーションがとれるかということをサポートする事業ですよね。 もっと読む
2017-12-13 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月13日−03号 事業の種類としては、「巡回公演事業」、「芸術家の派遣事業」、「子供 夢・アートアカデミー」、「コミュニケーション能力向上事業」の4つの事業がございます。このうち本年度下関市では、オーケストラの演奏や劇団公演などの巡回公演事業を5校が実施し、また管弦楽や打楽器演奏などの芸術家の派遣事業については、20校が実施をいたしております。   もっと読む
2017-12-12 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月12日−02号 先ほど紹介いたしました勝山市では、勝山市独自の自然や風土・景観・環境・歴史や伝統、そして勝山市に培われてきた特有の文化とコミュニケーションによって成り立っている地域の力、それらを地域住民自身が再発見することによって、勝山市の個性と魅力を自信を持って発信をすることができる。 もっと読む
2017-12-06 光市議会 2017.12.06 平成29年第4回定例会(第3日目) 本文 伊藤公スピーチコンテストにつきましては、中学生を対象に、英語による表現力やコミュニケーション能力の向上を目的に実施しているものでございます。 もっと読む
2017-09-11 光市議会 2017.09.11 平成29年第3回定例会(第4日目) 本文 インターネットの急速な普及により、人と人とのコミュニケーションも随分変わってまいりました。個人間の連絡はメールやラインが主流となっております。企業や団体の情報発信においてはホームページを作成することが基本ですが、ツイッターやフェイスブックといったソーシャルネットワークを多く併用しております。   もっと読む
2017-09-08 光市議会 2017.09.08 平成29年第3回定例会(第3日目) 本文 全日空でも、サービスの根底にはおせっかい文化というものがあるそうで、「おせっかい」をポジティブな意味で捉え、まあいいかと済ますのではなく、お互いに相手にもう一歩踏み込むことで、もう一言加えることで、相手との関係を深め、一人一人が実践することにより、チームでコミュニケーションを活発にとり合う風土ができ、サービスの向上にもつながっているそうです。   もっと読む
2017-09-07 光市議会 2017.09.07 平成29年第3回定例会(第2日目) 本文 基本理念では、手話を使う市民が手話でコミュニケーションしやすい地域社会を構築すること、手話をコミュニケーション手段として使用する人とそれ以外の人が共生できるまちづくりの推進が掲げられており、責務としては、市の責務として、手話の普及と手話による意思疎通と聾者の社会参加の機会拡大を図るための施策の実施、また、市民の役割として、事業者も含め手話の理解と普及に努めることなどが内容となっております。   もっと読む
2017-06-27 下関市議会 平成29年第 2回定例会(6月)-06月27日−08号 去年発足した日和山公園愛護会も、公園の整備やいろいろなイベントを通じて、地域のコミュニケーションづくりにも頑張っております。皆さん大きな期待を持っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。  市営住宅で、もう1つ施政方針に挙げられている白雲台団地の問題ですが、PFIの手法によって具体的にはどのようにしようとしているのでしょうか。 もっと読む
2017-06-23 下関市議会 平成29年第 2回定例会(6月)-06月23日−06号 さらに、おもてなしをしておられるボランティアの方も知っている方が参加されていれば、お互いのコミュニケーションもこれまで以上に弾むことと思いますし、これこそまちづくりだと思っております。  創生下関の1つのアイテムとして、大いに生かしていただきたいと思いますので、最後に市民枠について前田市長の御意見をお聞かせください。 ◎市長(前田晋太郎君)  江村議員の質問にお答えいたします。 もっと読む
2017-06-21 下関市議会 平成29年第 2回定例会(6月)-06月21日−04号 多忙な医師と十分にコミュニケーションがとれない。病状によっては専門分野の医師の診察が不可欠なこともあるようでございます。   もっと読む
2017-06-14 光市議会 2017.06.14 平成29年第2回定例会(第2日目) 本文 学校規模の適正化の基本的な考え方といたしまして、児童生徒が集団の中で多様な経験をし、互いに認め合い協力し合うことを通して、思考力や表現力、社会性、コミュニケーション能力などを身につけるためには、一定規模の集団が確保されることが重要になってまいります。また、こうした力をつけることは、小中一貫教育の意義や目的とも重なるものであります。 もっと読む
2017-06-13 下関市議会 平成29年第 2回定例会(6月)-06月13日−03号 そのため、市民に対して徹底した情報公開、わかりやすい説明資料の提供を行うとともに、双方向のコミュニケーションが図られる仕組みを構築すべきと考えます。市長のこの下関医療圏地域医療構想についての考えと、今後どのように取り組まれようとしてるのかをお聞かせください。  最後に、「安心未来 下関」に関して伺います。まず、中心部の空き家対策について伺います。 もっと読む
2017-06-12 下関市議会 平成29年第 2回定例会(6月)-06月12日−02号 このような引きこもりの方に対する生活困窮者自立支援法に基づく生活困窮者就労準備支援事業の活用についてでございますが、この事業は、65歳未満の生活困窮世帯に属する方を対象としており、社会とのかかわりに不安がある、または、ほかの人とのコミュニケーションがうまくとれないなど、直ちに就労が困難な方に対する支援を計画的かつ一貫して提供をしております。 もっと読む
2017-06-01 下松市議会 平成 29年 6月 定例会(3回) 高崎市のように国にあわせた、その好みでのパンフレットというまではいっておりませんが、同じ内容のパンフレットをそれぞれつくっておりますんで、外国の方がそのパンフレットを持って来られて、指を指された場合、こちらは日本語の同じものを持っておりますんで、そういったところで、パンフレットさえあれば、そういったコミュニケーションがとりやすいツールになると思っております。 もっと読む
2017-05-15 下関市議会 平成 29年 5月15日 文教厚生委員会-05月15日−01号 それと一方的に説明するのではなくて、市民に意見をお伺いしながらまた組み立てていくという御説明もありましたけども、やはり双方向のコミュニケーションが確立できるような仕組みをつくっていかなければいけないと思うんですけど、そこらあたりはどのような仕組みを考えておられるでしょうか。 もっと読む