216件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-25 下関市議会 平成 30年 9月25日 文教厚生委員会-09月25日−01号 この学習支援費につきましては、現行、これまでは学習参考書等の購入費であったり、クラブ活動に要する費用に充てるものとして、毎月一定額を支給してきたところですけれども、平成30年10月から、毎月の定額支給を改めて、年額の上限を設けた上、クラブ活動に要する費用に限定して支給することとなります。 もっと読む
2017-09-21 下関市議会 平成29年第 3回定例会(9月)-09月21日−02号 また、中学校ではクラブ活動中が最も多く、続いて体育の授業中の発生が多い傾向となっております。以上であります。 ◆平田陽道君  ありがとうございました。こうした事故が起きた場合の対処方法、マニュアルなどは整備されているのでしょうか。 もっと読む
2017-06-21 下関市議会 平成29年第 2回定例会(6月)-06月21日−04号 また、豊北高校の生徒等の帰宅時間に配慮したダイヤ編成につきましては、現在クラブ活動終了後の生徒に合わせて臨時便を運行していただいているところですが、この列車の定期化についてもJR西日本に要望しているところです。 もっと読む
2017-02-14 下関市議会 平成29年第 1回定例会(2月)-02月14日−02号 教科書とかは、無償で出されますけれども、靴とか、体操服とか、クラブ活動のジャージとか、そういったいろいろなものが要ると思うんです。  それで、ある新聞で調べましたら、小学生も中学生も10万円以上かかるんです。制服から何から全部そろえると10万円以上かかるわけです。小学生は制服がないところもありますけれども、それにしてもクラブ活動とかいろいろなことで、ほかの靴とかも要ります。 もっと読む
2016-12-09 下関市議会 平成28年第 4回定例会(12月)-12月09日−02号 ◆片山房一君  先ほど、長時間労働の原因、中学校では特にクラブ活動における負担というのがあるというふうにお聞きしました。クラブ活動における負担の軽減については、どのような取り組みになっていますでしょうか。 ◎教育長(波佐間清君)  部活動に関する教員の負担の軽減です。中学校の教員の時間外業務が小学校に比べて多いのは、先ほどから申していますが、部活動によるところが大きいと考えております。 もっと読む
2016-11-01 周南市議会 平成 28年11月 第6回臨時会-11月01日−01号 今後は、クラブ活動を含めた高校、大学の合宿を対象にPR活動に力を入れ、利用を促進していきたい、との答弁でした。  次に、青少年健全育成推進費の周南こどもゆめまつり開催事業費について、規模はどのくらいか。また熊毛地区だけでなく市全体で取り組むべきでは、との問いに対し、市内各地から来場者が約1万人、市民ボランティア600人が参加している。 もっと読む
2016-10-03 周南市議会 平成 28年10月 予算決算委員会-10月03日−05号 ただ、今後につきましては、そういったものも含めまして、また冬期、夏場の船を使った研修以外の先ほど申し上げましたように、高校とか大学、クラブ活動であったりとか、そういった合宿というところに目をつけまして、今後、今年度から、そういったPR活動をちょっと力を入れていきたいということで、冬期、秋口から、そういった船が使えない時期等の活用を研修含めて、そういった施設の利用を図っていきたいというふうに考えております もっと読む
2016-09-27 周南市議会 平成 28年10月 予算決算委員会-09月27日−01号 防犯の観点からなんですが、今から中学生がクラブ活動とかで帰りが遅くなってくると思うんですが、暗くなって帰る場合に家のないところ、家の少ないところとか、暗がりを帰るようになりますけども、防犯灯とか外灯だとかの要望とかっていうのはないんでしょうか、学校側からなり。 もっと読む
2016-09-12 周南市議会 平成 28年 9月 第5回定例会-09月12日−04号 5年に1度、発表会を毎年やれというわけではありませんけども、郷土芸能を継承するのが既に難しくなっている団体というか地域も当然あるわけでございまして、以前は、小学校でのクラブ活動や授業での体験等でそういった伝統芸能を継承していこうということもされてたと思うんですが、既に、地域によっては、学校が休校であるとか廃校であるとか、そういったこともあるわけでございます。 もっと読む
2016-09-05 下関市議会 平成 28年 9月 5日 総務委員会-09月05日−01号 例えば、老人クラブ活動助成事業補助金を例にとりますと、老人クラブの活動に対しては、3,880円に活動月数を乗じた金額が補助金額となっております。このように単価を積算根拠とする補助金については、適正な単価水準を確保するため、他の自治体の状況等を調査研究するなど単価水準の妥当性の検証が必要という意見でございます。   もっと読む
2016-09-01 光市議会 2016.09.01 平成28年第3回定例会(第2日目) 本文 次に、光市におきますスポーツ推進に関する今後の諸課題につきましては、1つは、少子化や指導者不足の顕在化、さらには設備の充実を初め、さっき学校のクラブ活動のあり方など、非常に幅広く、所管を横断するテーマというものも多く散見されます。 もっと読む
2016-06-21 下関市議会 平成28年第 2回定例会(6月)-06月21日−04号 この子育て支援によるカットは、児童館における母親クラブ活動事業費補助費も対象になっていると聞いております。こども未来部はしっかり、この補助金の必要性を所管部門に訴えていただきたいと思います。   もっと読む
2016-03-09 下関市議会 平成 28年 3月 9日 文教厚生委員会-03月09日−01号 屋内運動場は昭和47年度に建築され、授業やクラブ活動で多くの生徒が利用する重要な学校施設であります。このため、生徒が安全な施設で安心して活動できるよう、耐震化を実施いたします。平成28年度は今年度行った耐震実施設計をもとに、照明、バスケットゴール等の非構造部材もあわせて耐震補強工事を実施いたします。  以上、平成28年度一般会計予算の教育委員会所管分について御説明いたしました。 もっと読む
2015-12-11 長門市議会 平成 27年 12月定例会(第4回)-12月11日−02号 ◎教育部長(檜垣正男君) 中学生のクラブ活動の御質問ですので、私のほうからお答えをさせて頂きます。  中学校にラグビー部を創設したらとの議員の提案でございますが、近年の生徒数の減少から小規模な中学校ではクラブ活動を維持するためにクラブの数を制限しております。また、市内で一番規模の大きい深川中学校におきましても、本年4月に女子バスケット部が生徒数と教員数の減少等もございまして廃部になっております。 もっと読む
2015-10-19 周南市議会 平成 27年10月19日 周南市総合戦略等策定に関する特別委員会-10月19日−01号 むしろ、ボランティアやクラブ活動など、カリキュラム外の自由な場づくりを考えてはどうか。  それから、1の4の市内企業へのインターンシップ事業です。市内企業への就職をふやすための職場体験とともに、将来性についての市のバックアップをするシステムを連携させることも視野に入れるべきではないか。例えば、市営住宅の優先的居住のチャンス等与えるなど。   もっと読む
2015-09-29 周南市議会 平成 27年10月 予算決算委員会-09月29日−02号 ◎高齢者支援課長(青木正行君) 先ほどの小林委員のお話とちょっとかぶる部分があるんですけども、老人クラブ活動の中身がちょっと見えないといいますか、そういう部分で、老人クラブに入って何をするんだろうという方もいらっしゃるそうです。 もっと読む
2015-09-29 下関市議会 平成27年第 3回定例会( 9月)-09月29日−06号 いずれの学校におきましても、複式学級の編制が見込まれており、この場合にはクラス同士が切磋琢磨する教育活動ができない、クラブ活動や部活動の種類が限定される、経験年数、専門性等、バランスのとれた教職員配置が困難になるなど、さまざまな学校運営上の課題が考えられます。 もっと読む
2015-09-28 宇部市議会 平成 27年 9月定例会(第3回)-09月28日−05号 次に、クラブ活動に対するスクールバスの対応についてただしたところ、平日はクラブ活動をしない子供たちが帰宅する時間帯と、クラブ活動が終わった子供たちが帰宅する時間帯の2つの便を考えている。休日等にクラブ活動がある場合は、朝1便、帰宅時はクラブ活動が同時に終わるという想定で1便と考えているとのことでした。   もっと読む
2015-09-25 下関市議会 平成27年第 3回定例会( 9月)-09月25日−04号 生徒数の減少で、クラブ活動が行えないようなことがあってはなりませんし、自身に適した活動を選べないようなことも、同じくあってはならないことだと思っております。難しいこととは理解しておりますが、長期間をかけてもいいことではないことだとも思っております。早急な取り組みをよろしくお願いいたします。  次に、グローバル教育への具体的な取り組みについて、質問させていただきます。 もっと読む
2015-09-08 下関市議会 平成 27年 9月 8日 文教厚生委員会-09月08日−02号 だから、「統合はあり得ない」などの意見が地元説明会でも数多く出されたが、この意見はあくまで地域側にたった意見であり、複式学級で中学ではクラブ活動が選べない学校が果たしていいのか疑問にも思える。同じ下関市内の学校でこれほど差があっていいのかと思うとしながらも、小学校は存続し、中学校は統合または休校したらどうかという御意見をいただいております。   もっと読む