49件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

周南市議会 2016-12-09 平成 28年12月 第8回定例会-12月09日−03号

装備品としては、1、自動ブレーキ、2、車線逸脱警報またはレーンキープアシスト、3、ペダル踏み間違い時加速抑制装置ということです。  技術は確実に進歩しております。あとは、自治体の取り組む姿勢の問題と感じております。検討への市長の御所見をお伺いしたいと思います。 ◎市長(木村健一郎君) それでは、相本議員の高齢ドライバーの事故防止についての御質問にお答えをいたします。  

周南市議会 2016-10-04 平成 28年10月 予算決算委員会-10月04日−06号

全て小規模のお年寄りとか、家庭菜園とは言いませんけど、ですから、たくさん多品種を大量につくっていらっしゃるというような方ではありませんので、特定の季節の野菜がちょっとできたから持ってきますよとか、例えば、これは野菜と言えるかどうかあれですけど、野菜ですね、年末、季節の商品として黒豆だけを出荷していただいている方とか、そのようなパターンがいろいろあるということで、全体的に常に恒常的に、定量的に野菜キープ

周南市議会 2016-09-16 平成 28年 9月 第5回定例会 予算決算委員会-09月16日−04号

ここの目標額は常に14億円をキープしたいと思ってます。やはり、上記以外の定期的な更新、不測の事態に備えての2億円程度は積みたいなと。ということで、それぞれの積立額の使途目的と目標額と、いうことで御理解いただきたいなと思っております。以上です。 ◆委員(古谷幸男議員) 説明の状況は、それはそれでいいんですが、減債積立金が現在ゼロっていう状況ですよね。

周南市議会 2016-09-08 平成 28年 9月 第5回定例会-09月08日−02号

さらに、その中でも小児科医と限られたドクターでございますので、しっかりと、これはせっかくすばらしい制度でございますので、市としてもぜひキープできるように最大限の努力をしていただきたいなというふうに思っております。(「議長」と呼ぶ者あり)  先に行きます。変更は後ほどしてください。  それから、次(3)です。  

周南市議会 2016-08-18 平成 28年 8月18日 企画総務委員会-08月18日−01号

オラレ田布施についても、一つの思いとすれば休眠層の掘り起こしで、もともと田布施、平生、大畠、柳井というのは、ボートファンがかなりおられたところなので、そこにもう一遍、休眠層の掘り起こし、また本場につきましても、落ち込みはあると言いながらも、土曜日、日曜日には若い方がかなりいらっしゃってますので、特にすなっちゃにつきましても、ナイターレースの売り上げはずっと高い位置でキープしておりますので、オラレ田布施

周南市議会 2016-07-08 平成 28年 6月 第3回定例会 予算決算委員会-07月08日−03号

それで、1,100人がずっとキープできれば、それが成果につながったという判断なんですかね。成果がどこにあるのかというのがわからんにゃ、出す必要がないいね。そういう成果を求めるわけでしょう。 ◎経済産業次長(磯部良治君) 市の考えとしましては、3,000平米の空き店舗がそのままあいた状態というのは好ましくないといったことで、埋めていただくのが大きな役割でございます。

周南市議会 2016-06-30 平成 28年 6月 第3回定例会-06月30日−02号

結局、1,100人をキープするだけじゃ全くもって意味がないわけで、それを増加させるためにはどうするんですかというのは、ちょっと答弁が漏れていたんですけど。  あともう一点、周辺に、近くに新しく商業施設できますよと、その部分と今の全く買い物ができる地域じゃないところとのバランスの部分についてのお答えが漏れたので、そのあたりお答えください。

柳井市議会 2015-12-21 平成 27年 第4回定例会(12月)-12月21日−03号

移住希望地ランキングで、長野県が1位をキープしているのは、東京に近く、何度でも定住するまで行ける利点と、企業もあり、農業もでき、実績と受け入れの歴史があるからとのことでした。  山口県の窓口では、Iターンの相談が多く、学生の相談が少ないので、もっと学生との接点を得られる取り組みや、地元に帰りたいと思えるような工夫も必要ではないかとも言われていました。  

周南市議会 2015-11-05 平成 27年11月 5日 周南市総合戦略等策定に関する特別委員会-11月05日−01号

右側の図で申しますと、これは年齢階層別ですけども、人口推計、全部御説明ちょっと時間ないんでできませんが、青色のほう、社人研の推計では、2060年の出生数が約600人ぐらいと今推計されている、年間の出生数がですね、おりますが、下のほうでいけば、約1,000人ぐらいをキープできていくという推計となっておると。

周南市議会 2015-09-14 平成 27年 9月 第3回定例会 予算決算委員会-09月14日−04号

それから目標額なんですけれども、14億、今ちょうど積み立て14億になるんですが、目途でございますが、14億ぐらいはキープしておきたいなというのがあります。これは、中央スタンドの機器類がございます、3億円。それから、競走会、それから選手とかが出動しておきます競技棟のほうもやりかえておりません、5億円。

周南市議会 2015-09-10 平成 27年 9月 第3回定例会 環境建設委員会-09月10日−01号

いろんな経費削減というのが出てるんですが、一番肝心なのは取扱高のキープだろうと思うんです。  しかし、残念ながら、これも取扱高をキープするよという目標でありながら、実際過去3年間は下がってきてるということなんですね。その具体的施策として、大型店への売り込みなんかというのは毎回あります。実際どうなんですか。この二、三年間、その手応えというのはどうでしょう。

山口市議会 2014-12-09 平成26年第6回定例会(3日目) 本文 開催日:2014年12月09日

阿東町との2度目の合併をいたしました平成22年1月31日現在で、総人口が19万5,951人でして、これが総人口のピークであり、その後も何とか19万5,000人をキープしてきましたが、ことしになり、その19万5,000人を切り始めました。まさに、高齢期世代への生涯現役社会づくり施策が求められていると思います。

周南市議会 2014-11-28 平成 26年11月28日 公共施設再配置計画及び新庁舎建設に関する特別委員会-11月28日−01号

基本的にキープレフトで入っていくというふうに考えておりますので、そのあたりは50メートル近く離しているということで今のところは考えておりますけど、これはまだ今から詳細に検討していく余地はあろうかと思います。 ○委員長(古谷幸男議員) 西側のほうからも出入り口ということの理解ですね。 ◎庁舎建設課長(福本栄治君) 両方、左のほうから入って右のほうから出るという形だろうと思いますが。

周南市議会 2014-07-30 平成 26年 7月 第4回臨時会 環境建設委員会-07月30日−01号

測る基準はXとYの方向と今回これは東西で分けておりますけど、そこで測って、測る基準場所というのは4点くらいございますので、そこは全て0.6以上キープしているということでございます。 ◆委員(中村富美子議員) そしたらこれでいくと、どのくらいの地震には耐えられるってことになるんですか。