運営者 Bitlet 姉妹サービス
926件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-14 光市議会 2018.09.14 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 年々、財政状況が厳しさを増す中、多くの施設、インフラの老朽化が進行しており、これらの整備、維持管理、更新などを見据えた対応が求められております。とても官だけの対応では厳しいと思います。民間と連携し合い、民間の手法を活用し、施設の整備、運営、維持管理を民間業者に任せるPFI制度の活用が必要だと思います。既に近隣の自治体、全国規模でこのPFI制度を活用した事業が進められております。 もっと読む
2018-02-23 萩市議会 平成30年 3月定例会-02月23日−02号 しかしながら、市民生活に直結するものである必要なインフラなどにつきましては、事業の必要性等を十分に考慮したうえで、今後も事業を実施していく方針に変わりはありません。   もっと読む
2018-02-21 光市議会 2018.02.21 平成30年第1回定例会(第2日目) 本文 日本経済新聞社が実施したアンケート調査によりますと、人口減少が進む市町村のうちの5割以上が、5年から10年後にはインフラ整備をとめるとしており、身の丈に応じて施設を縮める動きは全国に広がっております。  こうした中、本市では、公共施設等総合管理計画に基づき、市営住宅や勤労青少年ホームの解体、公立幼稚園の再編、大和コミュニティセンターの整備に伴う施設の整理を着実に実行してまいります。   もっと読む
2017-12-14 萩市議会 平成29年12月定例会-12月14日−06号 道路は、豊かな市民生活や活力ある経済・社会活動を支える最も基礎的なインフラであり、少子高齢化が進む中で、活力ある地域社会の形成を推進するとともに、近年頻発する激甚災害や道路施設の老朽化に的確に対応するためにも、引き続きその整備を計画的かつ着実に進める必要があります。   もっと読む
2017-12-07 下関市議会 平成 29年12月 7日 総務委員会-12月07日−01号 この検討に際しては、施設の利用圏域の観点を主眼に、今すべての施設を多くの市民や市外の方々にも御利用いただいている、海響館や市民会館などの「広域施設」、それから主に概ねまちづくり協議会に関わる地区の市民の方々に御利用いただいております公民館や小中学校などの「地区施設」、それから市民の直接的な利用に供さないような倉庫やインフラ等の「その他施設」に分類をいたしまして、「広域施設」については全市的な視点で、 もっと読む
2017-12-06 下関市議会 平成 29年12月 6日 経済委員会-12月06日−01号 1つ目の要件として、地域の特性である産業集積または産業インフラを活用した計画であること。  要件2として、この事業により付加価値――この付加価値とは売上高から費用総額を引いたものに給与支給総額と租税公課の合計。これを付加価値といいますけれども、その増加分が、5年間で県内の1つの事業所あたりの平均付加価値額である4,180万円を上回ること。   もっと読む
2017-12-06 光市議会 2017.12.06 平成29年第4回定例会(第3日目) 本文 ビジョンでは、国の指針に基づき、本市の将来人口推計のほかに、人口の変化が地域の将来に与える影響などについての考察を行い、高齢化による医療、介護ニーズの増大や、バス、鉄道などの減便や廃線、社会保障費の負担増大や都心インフラの縮小、見直しなど、今後の人口減少により想定される影響を客観的に整理し、社会増へ動く、自然増へ動く、持続可能へ動くという3つの動くをキーワードに、各種取り組みを進めていくといった考えをお もっと読む
2017-12-05 光市議会 2017.12.05 平成29年第4回定例会(第2日目) 本文 そんな形で、喫緊の課題が今そういったインフラの整備ということは、学びの拠点と防災の拠点とここでうたっているので、そういった整備は確実にやっていかないといけないと私は思います。私はこの1番は、そういった整備をするためにはお金が要るということを言いたくてここで提起したわけであって、そういったところをよく踏まえて今後計画してもらえたらありがたいと思っております。  続けてよろしいでしょうか。 もっと読む
2017-12-05 萩市議会 平成29年12月定例会-12月05日−04号 こういった課題に対して国は平成25年度にインフラ長寿命化基本計画を策定いたしました。さらに平成26年には、公共施設等総合管理計画の策定を地方自治体に要請するなど、公共施設の長寿命化に対する策を講じています。こうした時宜を得た国の対応は評価いたします。今後は地方自治体独自の特色ある長寿命化計画を策定をし、実行していく必要があります。   もっと読む
2017-10-20 光市議会 2017.10.20 平成29年第3回定例会(第6日目) 本文 文部科学省のインフラ長寿命化基本計画や学校施設整備指針等々により、光市の教育費構成比率を周南地区3市と変わらないものとし、光市の学校施設の老朽化対策などを充実すべきである。  第二に、本市の平成28年度決算では、人件費の決算額が対前年度比6.6%減の31億8,852万円となっております。現在の光市全体の職員数は704人と聞いております。 もっと読む
2017-09-26 下関市議会 平成29年第 3回定例会(9月)-09月26日−05号 今回のこの指定を1つの起点として、2020年までが大きな――先ほどの観光ビジョンのタイトルではありますけれども、幅広くその事業の内容は展開をされておりまして、先ほどとちょっと重複をいたしますが、この機にそういう観光に関する史跡等のインフラあるいは周囲の寄りつき、サインはもちろんでございますけれども、そうしたものの整備等をしっかりと図っていただくこと、またインバウンドに関する対応等についてもビジョンの もっと読む
2017-09-21 下関市議会 平成29年第 3回定例会(9月)-09月21日−02号 戦後、まだ衛生環境のインフラが十分に整っていなかった時代に幼児期を過ごされた60代以上の人では約60から70%と高く、衛生環境が整備されるにつれ感染率は低下し、現在、10代では10%を切るまでに減少しております。以上です。 ◆平田陽道君  御説明ありがとうございました。ピロリ菌については、2013年にピロリ菌が原因の慢性胃炎の除菌治療に健康保険が適用されました。 もっと読む
2017-09-11 下関市議会 平成 29年 9月11日 建設消防委員会-09月11日−01号 仮に、今から企業誘致が進んでいって、水というのは非常に重要なインフラですけれども、その辺のお考えというのはどうなのですか。 ◎上下水道局参事(武本正起君)  長州出島のほうの工水の配管を新たに布設するというのは計画をしておりません。 ○建設消防委員長(菅原明君)  だから、今はしていないというのはわかりましたけれども、では将来的にはどうなのですか。 もっと読む
2017-09-11 萩市議会 平成29年 9月定例会-09月11日−03号 これまでの移動市長室でいただいた御意見につきましては、生活環境に関するお悩み、インフラ整備の要望やスポーツ部活動の要望、市の情報発信の手法に関する御意見や、地域振興のための施策のための提案など、合計で98件の提案、御意見をいただいております。それぞれ多岐にわたった内容であったと記憶しております。   もっと読む
2017-09-07 下関市議会 平成 29年 9月 7日 建設消防委員会-09月07日−01号 道路インフラとしては初めての事例であり、今後、適切な維持管理を行っていく上で貴重な財源となりうる事業となります。今回の公募により、たくさんの応募がされるよう、道路課としてもしっかりPRをしてまいりたいと考えておりますので、議員の皆様におかれましても、近隣の企業などにPRをしていただけると幸いと考えております。  以上、「歩道橋へのネーミングライツの導入について」の御報告を終わります。 もっと読む
2017-09-07 萩市議会 平成29年 9月定例会-09月07日−02号 しかしながら、市勢の発展、住民生活に必要な投資、インフラ投資だとかですね、こういったものについては、適切な時期に行う必要があるということでございまして、財源確保に努めながら適切に実施してまいりたいと思います。箱物はすべてだめということではなくて、特に生活に関連するインフラ投資については、しっかりと予算をつけて整備していくという考えでございます。   もっと読む
2017-09-07 光市議会 2017.09.07 平成29年第3回定例会(第2日目) 本文 各企業の進出は、市況の動向や事業環境などを背景に各企業の経営戦略に基づき判断されるものであり、進出に至る経緯もさまざまであると思いますが、企業から県や本市に照会がなされたときのセールスポイントといたしましては、陸海空の交通インフラによる良好な交通アクセスを初め、年間を通じて比較的温暖な気候、地震や台風などの自然災害の少なさなどを挙げており、こうしたことも各企業の進出に当たっての判断材料の1つになったものと もっと読む
2017-06-27 下関市議会 平成29年第 2回定例会(6月)-06月27日−08号 地域の実情に応じた民間の保育園の新設ですが、場所や保育士などを考え、許認可外保育も含めて、エリアごとに事業を起こしやすくするためのインフラの整備というものを考えているでしょうか。 もっと読む
2017-06-23 岩国市議会 平成 29年 第2回定例会(6月) 今後さらに、シティーセールス、そして、市のブランド戦略を施しながら、市が持っているインフラのいいところをPRしていくことが大事であります。こども医療費も無料化にしておりますし、議員の御提言で、来年からは、給食費の無償化も実現するめどが立ちました。 もっと読む
2017-06-22 下関市議会 平成29年第 2回定例会(6月)-06月22日−05号 続きまして、インフラの再構築についてを議題といたします。インフラについて再構築、長寿命化対策等が求められており、今後維持管理費用の増大が見込まれています。現在下関市では、下関市公共施設等総合管理計画に基づき対応していますが、現在までの計画の概要、進捗状況、今後の見通しについて、まず土木インフラ関連。 もっと読む