ツイート シェア
  1. 山陽小野田市議会 2017-03-07
    03月07日-06号


    取得元: 山陽小野田市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-22
    平成 29年 3月定例会(第1回)平成29年山陽小野田市議会(第1回定例会)会議録平成29年3月7日     午前10時50分 開議議員定数 (22名) 現員数     (19名) 出席議員 (19名)     議 長  尾 山 信 義 君     副議長  三 浦 英 統 君     議 員  石 田 清 廉 君     議 員  岩 本 信 子 君     議 員  大 井 淳一朗 君     議 員  岡 山   明 君     議 員  小 野   泰 君     議 員  河 﨑 平 男 君     議 員  河 野 朋 子 君     議 員  笹 木 慶 之 君     議 員  下 瀬 俊 夫 君     議 員  杉 本 保 喜 君     議 員  中 島 好 人 君     議 員  中 村 博 行 君     議 員  長谷川 知 司 君     議 員  松 尾 数 則 君     議 員  矢 田 松 夫 君     議 員  山 田 伸 幸 君     議 員  吉 永 美 子 君 欠席議員 ( 0名)          事務局職員出席者 局     長      中 村   聡 君 主査兼議事係長      田 尾 忠 久 君 庶務調査 係長      島 津 克 則 君 書     記      原 川 寛 子 君説明のため出席した者 市     長      白 井 博 文 君 総 務 部 長      今 本 史 郎 君 総合政策 部長      川 地   諭 君 公営競技事務所長     上 田 泰 正 君 文化・スポーツ振興部長  姫 井   昌 君 市民生活 部長      佐久間 昌 彦 君 市民生活部次長      井 本 雅 友 君 健康福祉 部長      河 合 久 雄 君 産業振興 部長      芳 司 修 重 君 建 設 部 長      多 田 敏 明 君 成長戦略 室長      大 田   宏 君 監 理 室 長      中 本 勝 裕 君 総合事務 所長      吉 藤 康 彦 君 教  育  長      江 澤 正 思 君 教 育 部 長      尾 山 邦 彦 君 病院事業管理者      河 合 伸 也 君 病院局事務部長      堀 川 順 生 君 水道事業管理者      岩 佐 謙 三 君 水道局 次 長      原 田 健 治 君 監 査 委 員      白 川 英 夫 君本日の会議に付した事件日程第1 会議録署名議員の指名追加日程第2 緊急質問について日程第3 議案第12号及び議案第13号の2件について委員長報告、質疑、討論及び採決(総務文教常任委員長報告)議案第12号 宇部市との山口県央連携都市圏域形成に係る連携協約の締結に関する協議について議案第13号 山口市との山口県央連携都市圏域形成に係る連携協約の締結に関する協議について日程第4 議案第3号から議案第5号まで及び議案第8号の4件について委員長報告、質疑、討論及び採決(民生福祉常任委員長報告)議案第3号 平成28年度山陽小野田市国民健康保険特別会計補正予算(第3回)について議案第4号 平成28年度山陽小野田市介護保険特別会計補正予算(第3回)について議案第5号 平成28年度山陽小野田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2回)について議案第8号 平成28年度山陽小野田市病院事業会計補正予算(第2回)について日程第5 議案第6号、議案第7号、議案第9号から議案第11号まで、議案第43号及び平成28年請願第1号の7件について委員長報告、質疑、討論及び採決(産業建設常任委員長報告)議案第6号 平成28年度山陽小野田市下水道事業特別会計補正予算(第2回)について議案第7号 平成28年度山陽小野田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2回)について議案第9号 平成28年度山陽小野田市水道事業会計補正予算(第1回)について議案第10号 平成28年度山陽小野田市工業用水道事業会計補正予算(第1回)について議案第11号 山陽小野田市工場設置奨励条例の一部を改正する条例の制定について議案第43号 損害賠償請求事件の和解及び損害賠償の額を定めることについて平成28年請願第1号 前場橋から埴生漁港までの市道拡幅工事を求める請願書日程第6 議案第2号の1件について委員長報告、質疑、討論及び採決(一般会計予算決算常任委員長報告)議案第2号 平成28年度山陽小野田市一般会計補正予算(第8回)について日程第7 議案第15号から議案第42号までの28件に対する質疑及び委員会付託議案第15号 平成29年度山陽小野田市一般会計予算について議案第16号 平成29年度山陽小野田市駐車場事業特別会計予算について議案第17号 平成29年度山陽小野田市国民健康保険特別会計予算について議案第18号 平成29年度山陽小野田市介護保険特別会計予算について議案第19号 平成29年度山陽小野田市後期高齢者医療特別会計予算について議案第20号 平成29年度山陽小野田市地方卸売市場事業特別会計予算について議案第21号 平成29年度山陽小野田       市下水道事業特別会計予算について議案第22号 平成29年度山陽小野田市農業集落排水事業特別会計予算について議案第23号 平成29年度山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計予算について議案第24号 平成29年度山陽小野田市病院事業会計予算について議案第25号 平成29年度山陽小野田市水道事業会計予算について議案第26号 平成29年度山陽小野田市工業用水道事業会計予算について議案第27号 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部を改正する条例の制定について議案第28号 山陽小野田市職員の育児休業等に関する条例及び山陽小野田市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について議案第29号 山陽小野田市税条例等の一部を改正する条例の制定について議案第30号 山陽小野田市空家等対策の推進に関する条例の制定について議案第31号 山陽小野田市障害福祉サービス事業所条例の一部を改正する条例の制定について議案第32号 山陽小野田市児童発達支援事業所条例の制定について議案第33号 山陽小野田市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について議案第34号 山陽小野田市手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定について議案第35号 山陽小野田市病院局企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例の制定について議案第36号 山陽小野田市水道局企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例の制定について議案第37号 山陽小野田市の特定の事務を取り扱う郵便局の指定について議案第38号 養護老人ホーム長生園組合の解散に関する協議について議案第39号 養護老人ホーム長生園組合の解散に伴う事務の承継に関する協議について議案第40号 財産の無償貸付について議案第41号 山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び共同処理する事務の構成団体の変更並びにこれに伴う規約の変更について議案第42号 山口県市町総合事務組合の財産処分について 日程第8 議案第44号から議案第46号までの3件を一括上程、提案理由の説明、質疑及び委員会付託議案第44号 山口東京理科大学薬学部増築工事(A,B棟機械設備工事)請負契約の締結について議案第45号 山口東京理科大学薬学部増築工事(A,B棟電気設備工事)請負契約の締結について議案第46号 物品の購入について  委員会付託表[平成29年3月7日]┌─────────┬───────────────────────────────────┐│ 委 員 会 名 │         付    託    内    容          │├─────────┼───────────────────────────────────┤│総務文教常任委員会│議案第23号 平成29年度山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計予  ││         │       算について                       ││         │議案第27号 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用  ││         │       等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一  ││         │       部を改正する条例の制定について             ││         │議案第28号 山陽小野田市職員の育児休業等に関する条例及び山陽小野  ││         │       田市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正す  ││         │       る条例の制定について                  ││         │議案第29号 山陽小野田市税条例等の一部を改正する条例の制定につい  ││         │       て                           ││         │議案第41号 山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減  ││         │       少及び共同処理する事務の構成団体の変更並びにこれに伴  ││         │       う規約の変更について                  ││         │議案第42号 山口県市町総合事務組合の財産処分について        │├─────────┼───────────────────────────────────┤│民生福祉常任委員会│議案第17号 平成29年度山陽小野田市国民健康保険特別会計予算につ  ││         │       いて                          ││         │議案第18号 平成29年度山陽小野田市介護保険特別会計予算について  ││         │議案第19号 平成29年度山陽小野田市後期高齢者医療特別会計予算  ││         │       ついて                         ││         │議案第24号 平成29年度山陽小野田市病院事業会計予算について    ││         │議案第30号 山陽小野田市空家等対策の推進に関する条例の制定について ││         │議案第31号 山陽小野田市障害福祉サービス事業所条例の一部を改正す  ││         │       る条例の制定について                  ││         │議案第32号 山陽小野田市児童発達支援事業所条例の制定について    ││         │議案第33号 山陽小野田市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制  ││         │       定について                       ││         │議案第35号 山陽小野田市病院局企業職員の給与の種類及び基準に関す  ││         │       る条例の一部を改正する条例の制定について        ││         │議案第37号 山陽小野田市の特定の事務を取り扱う郵便局の指定について ││         │議案第38号 養護老人ホーム長生園組合の解散に関する協議について   ││         │議案第39号 養護老人ホーム長生園組合の解散に伴う事務の承継に関す  ││         │       る協議について                     ││         │議案第40号 財産の無償貸付について                 │├─────────┼───────────────────────────────────┤│産業建設常任委員会│議案第16号 平成29年度山陽小野田市駐車場事業特別会計予算について ││         │議案第20号 平成29年度山陽小野田市地方卸売市場事業特別会計予算  ││         │       について                        ││         │議案第21号 平成29年度山陽小野田市下水道事業特別会計予算について ││         │議案第22号 平成29年度山陽小野田市農業集落排水事業特別会計予算  ││         │       について                        ││         │議案第25号 平成29年度山陽小野田市水道事業会計予算について    ││         │議案第26号 平成29年度山陽小野田市工業用水道事業会計予算について ││         │議案第34号 山陽小野田市手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定  ││         │       について                        ││         │議案第36号 山陽小野田市水道局企業職員の給与の種類及び基準に関す  ││         │       る条例の一部を改正する条例の制定について        │├─────────┼───────────────────────────────────┤│一般会計予算決算 │議案第15号 平成29年度山陽小野田市一般会計予算について      ││常任委員会    │                                   │└─────────┴───────────────────────────────────┘────────────午前10時50分開会──────────── ○議長(尾山信義君) おはようございます。ただいまの出席議員数は19名で、会議定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。 本日の議事日程は、お手元に配付してありますとおり進めてまいります。──────────── △日程第1会議録署名議員の指名 ──────────── ○議長(尾山信義君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。 会議録署名議員は、会議規則第87条の規定により、議長において、中村議員、長谷川議員を指名いたします。 ただいま、下瀬議員から緊急質問の申し出がありました。下瀬議員の緊急質問の件を議題として採決いたしますが、採決の前に質問が緊急を要するとき、その他、真にやむを得ないと認められる理由について、提出者から説明を求めます。 下瀬議員。 ◎議員(下瀬俊夫君) 先の一般質問で、私は、公立化された山口東京理科大のいわゆる基本理念について質問をしました。 そのときに、確認したのは、東京理科大本学の基本理念とどう違うのかいうことで質問しましたら、基本的に同じだということで、しかしながら、倫理性の問題等については基本的にきちっとしていくんだと、こういう答弁がありました。 ところが、防衛省が3年前から始めた、いわゆる軍事研究に関する補助金の制度について、初年度から東京理科大は申請を出して採択されていたわけです。基本理念がどうのこうのという、同じ基本理念を持っている以上、山口東京理科大の場合はどうなのかという話を再度しましたら、公立化のいわゆる趣旨にのっとって、平和な研究機関に徹するんだと、こういう答弁があったわけです。 私は、実はその答弁に大変満足したといいますか、その当時、私はまだ実際に今年度このような、山口東京理科大が公立化なったばっかりのこの状況で、早速この防衛省の研究制度に申請を出して、採択されていたということを、その一般質問の当時は知らなかったわけです。 ところが、昨日、インターネットの検索の中で、これがヒットしました。これは、私はやはり先ほどの一般質問での学長答弁と大きく違う問題だと、特に公立の大学が軍事研究に申請を出して採択をされていたという経緯が、全く答弁の中になかったということで、私は、これはやはり重大な答弁に対する疑義が生じたということで、今回、緊急質問の申請を出したということであります。 以上です。(岩本信子君退場) ○議長(尾山信義君) それでは、採決いたします。下瀬議員の緊急質問に同意の上、日程に追加し、直ちに発言を許可することに賛成の議員の起立を求めます。(賛成者起立) ○議長(尾山信義君) 起立多数であります。よって、下瀬議員の緊急質問に同意の上、日程に追加し、直ちに発言を許可することは可決されました。(岩本信子君入場)──────────── △追加日程第2緊急質問について ──────────── ○議長(尾山信義君) 下瀬議員の発言を許可いたします。下瀬議員。(下瀬俊夫君登壇) ◆議員(下瀬俊夫君) 緊急質問の許可をいただきましたので、早速市長に質問したいと思います。 きょうは学長が来ておりませんので、設置者である市長に、今回の防衛省のいわゆる安全保障にかかわる制度の研究の申請に関して、まず、どのように市長自身がかかわっておられたのか、これについてお聞かせ願いたいと思います。 ○議長(尾山信義君) 執行部の答弁を求めます。白井市長。 ◎市長(白井博文君) 全部質問してほしいんですが。まとめてお答えします。 ○議長(尾山信義君) 下瀬議員。 ◆議員(下瀬俊夫君) これは、2016年、昨年の8月1日付の大学ジャーナルという、いわゆるインターネット上の雑誌による報道であります。これによると、昨年5件の大学が採択をされております。この中に、東京理科大と山口東京理科大両方採択されているわけです。 当然、こういう問題は、理事長である市長にも相談があって、市長の許可のもとで申請を出されてという経過があるんではないかというふうに思っております。 そういう点で、公立化をした最初の年から、このような軍事研究に手を挙げるような、そういうやり方でいいのかどうなのかという、私は、市民の間に大変大きな疑念が生じてくるんじゃないかというふうに考えております。 そこら辺で、憲法を守らないといけないという市長の態度と大きく乖離しているんではないかと考えておりますので、基本的な理念の問題も含めて、市長の考え方を聞きたいということであります。 以上です。 ○議長(尾山信義君) 白井市長。 ◎市長(白井博文君) 御質問はもっともです。 昨年、学長と工学部の名前は覚えておりませんが教授のお二人が、市長室に突然来られました。防衛省関連事業について、研究の公募があって、応募したいがよろしいかと、市長に、市長といいますか公立大学の設置者である市長に対して、承認を求めに来たというふうに理解しました。 少し、その研究の内容について説明し始めたんですけれども、私は文科系で全然わかりません。それは省略してもらいました。そして、これは軍事分野にだけ資する研究ですかと聞きました。それに対して、その教授が、いえ広く民生分野の領域においても活用していただける研究であると考えておりますという返事でした。きっかけは軍事、しかし用途は広く民生分野にもということですから、私は承認しました。 以上です。 ○議長(尾山信義君) 下瀬議員。 ◆議員(下瀬俊夫君) 私は、先般の一般質問でも、日本の学校、大学研究者が、かつての第二次世界大戦で、軍事研究あるいは軍事協力させられたという苦い経験から、軍事に関しては大変厳しい対応をこれまでとってきたということで、政府の方針によって、いわゆる武器三原則の撤廃も含めて、そのような対応がされ始めた。これが3年前であります。 ところが、これに対しても大変多くの大学研究者から異論が出されて、多分きょう、日本学術会議がこれに対する指針を発表するという話になっています。 それだけ、日本の研究者の間で、今回の防衛省の軍事研究にかかわるさまざまな疑問や議論が、全国で巻き起こっている中なんです。 そういう結論も得ずに、今回この申請を既に出されて採択されていたと。実はこれは、昨日は5日付の山口新聞であります。この山口新聞では、この学術会議の指針が発表されるまでの間に、全国の理学系の大学を中心にしてアンケートをとっております。山口県では、山口大学と山口東京理科大だけなんです。この中でも、確かに言われるように、今回の防衛省の軍事研究に対して、大変慎重な対応をしているんだというふうなアンケートの結果が出されています。 ただ、その中で私が大変懸念しているのは、多くの大学が、この防衛省の研究に対して、研究が自由に発表できなくなるおそれがあるんだ。特に軍事研究に関係すると、特定秘密保護法に縛られて、基本的に外に出なくなってしまうという、そういう問題も含まれているわけです。そこら辺から、大きな懸念がある。 特に、学問の場合に、公開の自由と研究の自由というこの2つは、絶対になくてはならないはずの話なんですが、当面、この防衛省のこの研究については、公開はするというふうに言っていますが、これが、軍事研究が採択された時点で、どこまでそれが自由になるかさっぱりわからないということから、きょう日本学術会議がそういう指針を出すわけです。 そういうことについて、市長自身は御存じだったのかどうなのか、いわゆる大学や研究者の間から、軍事研究に対する懸念が大変広く広がっていたという今の状況について、それを御存じの上で許可をされていたのかどうか、それをお聞きしたいと思います。 ○議長(尾山信義君) 白井市長。 ◎市長(白井博文君) もう半年以上前です。その懸念が広がる前の段階です。その後、日本学術会議その他で、第二次世界大戦のあの反省を踏まえて、学者は、研究者は、軍国主義に対する協力、一切やめようと、すまいという誓いを立てました。 ですから、この今回だって、一つの研究が軍事だけを目的とするというものも当然あると思うんです。そういうものが許可されてはならないと。 しかし、民生分野での需要、活用、存分にあります。そういう分野についても、研究をしてはならないのかと、むしろそのほうが不自然です。核をつけたミサイルを外国に飛ばす研究をしたい、そんな問題とは違うんです。 ただ、その後ちょっと私もいろいろ検討しまして、公立大学の運営には2つの審議会があります。経営分野と教育研究分野です。その教育研究審議会、これは理事、それから副理事長が学長ですから、学長が司会をしますが、理事全員、そして大学の職員代表等、また教育研究審議会の委員になった民間の人も含めて15名ということになってますけど、そこで1度もんでもらったほうがいいなというふうな、そういうふうに考えております。この4月からは、そのようにしてもらおうと。そしてそれを済ませて、可とした事業について、私のところにも意見を聞きに来てもらうと、それが相当ではないかというふうに考えました。
    ○議長(尾山信義君) 下瀬議員。 ◆議員(下瀬俊夫君) 質問を最後にします。 私は、民生の研究をやるななんて、どこにも言ってないんです。防衛省の軍事研究にかかわる補助金をもらわないとできない話なのかという話なんです。今、全国で研究費がだんだん削られて、やはりそれを当てにして研究をするという方もおられます、確かに。 だけど、私はやはり、公立大学になったばかりの山口東京理科大が、真っ先にこれに手挙げて、それも市長の許可のもとで、この防衛省の研究に手を挙げて採択されるという、このことが与える影響というのが、私は大変大きいというふうに考えております。 そういう点で、審議会にかけるという、諮るという話をされましたが、審議会に諮る問題ではなしに、市長自身がどういう対応をするのかということが一番問われているわけで、今回大変私は、市長の対応は残念であったというふうに考えざるを得ません。 そういう点で、今後の問題について、公立であるという大学の基本的な理念、この理念の中に軍事研究をやはりやめるという、少なくともその程度の基本理念を、私はきちんとすべきじゃないかなと思っておりますが、最後にこの点についてお聞かせ願いたいと思います。 ○議長(尾山信義君) 白井市長。 ◎市長(白井博文君) 軍事研究って言われても、先ほど言いましたように、その研究成果は民生分野でも十分活用されると、むしろそちら側の期待が大きいという軍事研究だってあるわけです。だから、軍事に特化した研究はとか、さらに限定が必要じゃないかというふうな気がします。 もう一つ、その学長と教授がいらっしゃったときに、かねて学長との協議で、教員の研究費の上限を決めております。上限は、今、工学部だけですが、薬学部についても準じる予定ですけども、教授は年間研究費200万円以下、准教授以下は研究費1年間に100万円以下と決めております。これでもって、大学の財政面での健全な運営、十分可能だというふうな、そういう検討のもとに、基準額を教員全員に示しております。 そういうことから、今回の研究費は、それをはるかに超える、たしか700万か800万だったと思いますが、そのぐらいの研究費が出るというふうなことを聞いて、ぜひこの研究費をもとにして、自分の研究をさらに伸ばしたい。ちょっとこれは下瀬議員に申し上げて恐縮ですが、私も同じようにその辺がわからないんですが、学者ってのは限りなく研究意欲というのが、次から次に、この心の中に、気持ちの中に持ち上がってくるらしいんです。それをとめることはできません。 しかし、これは明らかに、軍事以外には考えられない研究だから、その用途はそれにしかないはずだ。それしかないはずだと。したがって、大学設置の理念に照らして、この研究については応募を控えてくださいと、その辺の線引きを検討する必要があるんじゃないかというふうに思います。 特化したという文言を入れないと、軍事研究と言ったって、先ほど申し上げたとおり、そういうふうに幅広いものですから、そのあたり今後の研究課題というふうに思っております。 ○議長(尾山信義君) 下瀬議員。 ◆議員(下瀬俊夫君) 基本的に、今回の申請に市長がかかわっていたということ、それから軍事研究にどう対応するかという基本的な問題が、まだきちんとないということがわかりました。 今後とも、この問題については、きちんとした議論が必要だというふうに考えておりますので、以上で緊急質問を終わります。(下瀬俊夫君降壇) ○議長(尾山信義君) 以上で、下瀬議員の緊急質問を終わります。──────────── △日程第3議案第12号・議案第13号 ──────────── ○議長(尾山信義君) 日程第3、議案第12号宇部市との山口県央連携都市圏域形成に係る連携協約の締結に関する協議について及び議案第13号山口市との山口県央連携都市圏域形成に係る連携協約の締結に関する協議についての議案2件を一括議題といたします。本件に対し、総務文教常任委員長の報告を求めます。河野委員長。(河野朋子君登壇) ◎総務文教常任委員長(河野朋子君) 失礼いたします。3月定例会におきまして本委員会に付託されました2議案について、2月23日に委員全員出席のもと委員会を開催しまして、慎重審査をいたしました。その内容について報告をいたします。 まず、議案第12号宇部市との山口県央連携都市圏域形成に係る連携協約の締結に関する協議についてです。 その概要ですが、総務省の連携中枢都市圏構想推進要綱で定めるところにより、地方自治法第252条の2第1項に基づく連携協約を、連携中枢都市となる宇部市と締結することに関する協議を行うものです。 審査によって明らかになったことは、今年度中に連携協約を締結して、その後連携中枢都市圏ビジョンを策定し、事業化に向けて詳細な調整を行っていくということです。 締結の内容について、3つの大きな柱がありますが、それは、経済成長の牽引、高次の都市機能の集積強化、それから圏域全体の生活関連機能サービスの向上であるということです。そして、現在想定しているのは、1、経営革新、創業促進、2、広域観光の資源の創出、3、農村魅力創出、4、圏域情報発信、5、広域交通拠点活動、6、移住定住、7、地域人材育成、8、暮らしの価値創造、以上の8つのプロジェクトを想定しているということです。 費用負担については、事業ごとに協議することとなり、事業の実施が決定しましたら、各市町で予算計上していくことになるということでした。 討論に入り、中枢都市にメリットが集中してしまうし、また本市には課題が山積みしており、今の段階では早すぎるので、これに反対するといった討論がありましたが、結果は賛成多数で可決すべきものと決しました。 続いて、議案第13号山口市との山口県央連携都市圏域形成に係る連携協約の締結に関する協議についてです。 この概要は、先ほどの議案第12号の宇部市を山口市に読みかえたものであり、審査の内容も同様となっております。 討論についても12号と同様の反対討論がありましたが、賛成多数で可決すべきものと決しました。 以上で報告を終わります。議員各位の慎重審議のほど、よろしくお願いいたします。(河野朋子君降壇) ○議長(尾山信義君) 総務文教常任委員長の報告が終わりましたので、これより質疑、討論、採決を行いますが、質疑、討論、採決については1件ずつ行います。 議案第12号宇部市との山口県央連携都市圏域形成に係る連携協約の締結に関する協議についての質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) 上程の際の本会議で、私はこの連携協約というものが将来の道州制あるいは広域合併につながっていくのではないかということを指摘をいたしましたが、その点については、どのような議論をされたでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 河野委員長。 ◎総務文教常任委員長(河野朋子君) 今回のこの協議についてのメリットというか、今後の見通しも含めてそういう議論があったわけですけども、やはり現状、それぞれ各市町が財政的にも限りのある中で、周辺の都市やあるいは中枢都市と連携して取り組むことによって、圏域全体で費用を抑えながら、そしてそれぞれの市町が活性化していき、圏域外からある程度人口を呼び込むといった、そういった目的で今回の協議が制定されておりますので、その先に道州制とか広域合併というようなことについては、想定をしていないというような議論となっております。 ○議長(尾山信義君) 山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) 地方に対する説明はそうですが、中央段階ではやはりそういったことをにらんでいるというふうな報道なんかもあったわけで、そういう心配をしているわけです。 また、今回のこの連携都市ずらっと見てみても、中心市に対しては非常に大きな予算が集中されます。それに比べて、周辺市については、微々たる予算だと、そういった予算配分についての議論はどのようにされたでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 河野委員長。 ◎総務文教常任委員長(河野朋子君) 今、御指摘のように、中枢都市には普通交付税で1億8,000万、それから周辺都市には特別交付税で1,500万といった格差があるわけですけれども、そうはいっても、単位自治体で山陽小野田市のみでできなかったことを、そういった中枢都市と連携することによって事業も財政的にもそういったところで少し協力が仰げるのではないかといったことで、そういったシステムを利用するというか、財政的にも協力をしていただくというようなことでこれを進めていくといった説明がありました。 ○議長(尾山信義君) 山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) どうしても事業展開の際には、中心市が重点を置かれるのではないかという懸念もあるわけですが、その点についてはどのような審議だったでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 河野委員長。 ◎総務文教常任委員長(河野朋子君) これは、協議をしていくといった今回の議案ですが、この協議、先ほど報告でもありましたように、協約を締結した後、それぞれがプロジェクトを先ほど8つお示ししましたが、その8つのプロジェクトに取り組んでいく中で、一つ一つの事業についてはおっしゃるように、各自治体間でしっかりした協議をもって、費用負担などもある程度納得いくような話し合いが必要になるというような確認が、委員会の中でなされました。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) これをもって質疑を終わります。 討論を行います。討論はありませんか。中島議員。(中島好人君登壇) ◎議員(中島好人君) おはようございます。議案第12号宇部市との山口県央連携都市圏域形成に係る連携協約の締結に関する協議について、日本共産党市会議員団を代表して反対討論を行います。 現在、日本全国どこの自治体においても、人口減少、少子高齢化社会への対応と、活力ある社会経済をいかにして構築していくかは、共通の重要課題となっています。 しかし、連携中枢都市圏の形成を通じた行政サービスの提供及び水準の維持を図る道を直ちに選択するのではなく、地域にある資源の再活用を住民参加によってつくり出す地域づくりや、地域内再投資力を強化し、地域内循環経済を確立してこそが重要であります。 連携中枢都市である宇部市には、1億8,000万円の特別地方交付税の措置に対して、当市のような連携市町村は1,500万円の上限での交付や、事業内容についても自治体間の差別的役割分担となっています。 こうした状況は、中心部だけ活性化をもたらすものであります。山口県央連携都市の県地域ビジョン案においても、目指す将来像について、各市町が連携や補完を図りながら取り組みを進めますと言っています。 本来、こうしたことは県が行うべき役割であります。山口県を3つに分断し、中枢都市が県の肩がわりをしていけば、当市のような連携市町の自立性が損なわれ、県の役割も縮小し、地域の衰退を加速させていきかねません。自治体同士の連携を否定するものではありませんが、県をなくし地域を消滅させる道州制の布石となる本議案に反対をいたします。(中島好人君降壇) ○議長(尾山信義君) ほかに討論はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) これをもって討論を終わります。 これより議案第12号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決でありますが、賛成多数でありますので起立により採決いたします。本件は委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。(賛成者起立) ○議長(尾山信義君) 起立多数であります。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。 次に、議案第13号山口市との山口県央連携都市圏域形成に係る連携協約の締結に関する協議についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 討論を行います。討論はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 討論なしと認めます。 これより議案第13号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決でありますが、賛成多数でありますので起立により採決いたします。本件は、委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。(賛成者起立) ○議長(尾山信義君) 起立多数であります。よって、本件は、委員長報告のとおり原案可決されました。──────────── △日程第4議案第3号~第5号・第8号 ──────────── ○議長(尾山信義君) 日程第4、議案第3号平成28年度山陽小野田市国民健康保険特別会計補正予算(第3回)についてから議案第5号平成28年度山陽小野田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2回)についてまで及び議案第8号平成28年度山陽小野田市病院事業会計補正予算(第2回)についての議案4件を一括議題といたします。 本件に対し、民生福祉常任委員長の報告を求めます。下瀬委員長。(下瀬俊夫君登壇) ◎民生福祉常任委員長(下瀬俊夫君) おはようございます。民福委員会の下瀬であります。去る2月22日の本会議において、当委員会に付託されました議案4件について、24日委員会を開会し、全委員出席のもとで慎重なる審査を行いました。以下、審査の概要と結果について報告いたします。 まず初めに、議案第3号平成28年度山陽小野田市国民健康保険特別会計補正予算(第3回)についてであります。 今回の補正予算は、決算を見込んで各事業費の予算額を調整するもので、1月末時点での保険料収納率は、現年分69.31%、滞納分21.18%で、合計58.78%となり、直近7年間で最も収納率は高くなっているわけであります。 補正予算では、歳入歳出とも1億1,080万3,000円を減額をし、予算総額を83億9,969万8,000円とするものでありますが、減額の一番大きな要因は被保険者数の減少で、昨年度に比べて757人の減少となっているということであります。 委員より、医療費が伸びているが、大きな要因は何かの問いに、抗がん剤など高度医療に係る調剤費の影響が大きく、1人当たり医療費は43万9,000円となる。本市の医療費の伸びは高止まり感があるが、県全体の医療費は右肩上がりで伸びているため、本市は県下13市中6番目だとのことであります。 資格証明書や短期保険証の発行状況はの問いに、収納担当の増員や保健師との同行訪問など、収納対策を強化した効果で、資格証明書が昨年比で245件から171件に、短期保険証が386件から403件となり、全体で57件減っているとの回答がありました。 質疑を終え、討論はなく、全員賛成にて可決すべきものと決しました。 次に、議案第4号平成28年度山陽小野田市介護保険特別会計補正予算(第3回)についてであります。 この補正予算は、歳入歳出とも4,800万円を減額をし、予算総額を62億951万9,000円とするものであります。決算に向けての調整が主なものでありますが、委員より、安心ナースホンの委託料減額の理由は何かの問いに、8月1日以降、入札によりサービス内容は同じで、月額2,430円から1,404円になったこと、また利用者が死亡、入院等により、272人から265人に減ったためとの回答がありました。 質疑を終え、討論はなく、全員賛成にて可決すべきものと決しました。 続いて、議案第5号平成28年度山陽小野田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2回)についてであります。 今回の補正予算は、歳入歳出とも557万5,000円を増額をし、予算総額を9億9,771万円とするものであります。決算に向けての調整が主なものですが、委員より、収納率の見込みはどのようなものかとの問いに、特別徴収は100%だが、普通徴収は98.5%を見込んでおり、収納率は前年並みだとの回答がありました。 質疑を終え、討論はなく、全員賛成にて可決すべきものと決しました。 最後に、議案第8号山陽小野田市病院事業会計補正予算(第2回)についてであります。 今回の補正は、決算を見込んでの患者数の調整などが主なものですが、予算に比べて入院患者を1日180人から179人に、外来患者を1日450人から410人へと大幅に下方修正するものです。このため、医業収益は9,706万2,000円減の36億1,607万8,000円となります。病院事業収益が9,332万7,000円減額して、40億845万2,000円となり、病院事業費用は5,205万減の42億6,337万1,000円となるため、税抜予定損益計算では当年度純損失として4,129万4,000円増の1億8,568万7,000円を見込み、年度末累積欠損金は34億5,730万6,000円となるのであります。 委員より、外来患者が非常に減少しているが、どの診療科が減っているのか、状況の分析をしているのかとの問いに、診療科別の分析は行っていないが、昨年に比べて大きく減少しているのは、外科マイナス3人、整形外科マイナス12人だが、全体的に投薬期間の延長が大きな要因で、患者が減ってきている。整形の患者減は、介護保険の患者が医療機関のリハビリを受けられなくなったことが一番大きい。また患者減による医業収益9,700万円の減額だが、主な理由は何かとの問いに、患者数など県に提出する資料でかなり高めに目標を出していたが、実数に近い数字に補正したとの回答がありました。 また、病院債権の時効は何年かとの問いに、病院債権の時効は3年で、債権の回収は裁判所による強制執行等の方法しかなく、未払いによる滞納者に対して病院には不納欠損という制度がないためふえ続けている、真面目に支払っている患者との不公平感がないよう、他市の病院の対応なども参考にしたい、債権管理や処分については、債権管理条例制定の検討と合わせて協議中であるとの回答がありました。 また、未収金がふえているが、入院時の身元引受人は保証人ではないのかとの問いに、身元引受人は家族の場合が多く、患者が支払いできない場合、同一生計で保証人としては適当ではない場合が多い、身元引受人は手術などの相談や同意という場合に必要とされるとの回答がありました。 質疑を終え、討論はなく、全員賛成にて可決すべきものと決しました。 以上で、当委員会に付託されました議案の審査報告を終わります。よろしく御審議、御決定いただきますよう、お願いを申し上げます。(下瀬俊夫君降壇) ○議長(尾山信義君) 民生福祉常任委員長の報告が終わりましたので、これより質疑、討論、採決を行いますが、質疑、討論、採決については1件ずつ行います。 議案第3号平成28年度山陽小野田市国民健康保険特別会計補正予算(第3回)についての質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) 先ほどの委員長報告で、収納対策を強化した効果で、資格証明書が171件、短期保険証が403件で、昨年に比べ減ったという報告がありました。これは、滞納整理が進んで減ったのか、それとも特別な事情などが認められて減ったのか、その点いかがだったでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 下瀬委員長。 ◎民生福祉常任委員長(下瀬俊夫君) 先ほども言いましたが、資格証明書はかなり減っているんです。そのかわり短期保険証がふえているという状況で、全体的に57件が前年に比べて減ったということであります。 問題は、保健師さんも含めて3人の体制で今、家庭訪問を行っているということで、かなり分納整理が進んできたんではないかというふうに思います。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はございませんか。岩本議員。 ◆議員(岩本信子君) 似たような質問なんですが、先ほど保険料の収納率が近年7年で最も高くなっているということは、資格証明書、短期保険証が減っているということの証明にはなると思うんですが、それに比べて今、収納対策として保健師増員、3人の対策と言われますけど、これは家庭訪問をふやされたということで理解してよろしいんでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 下瀬委員長。 ◎民生福祉常任委員長(下瀬俊夫君) そのとおりです。家庭訪問をかなり重視をして取り組んでいるということであります。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) これをもって質疑を終わります。 討論を行います。討論はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 討論なしと認めます。 これより議案第3号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 異議なしと認めます。よって、本件は、委員長報告のとおり原案可決されました。 次に、議案第4号平成28年度山陽小野田市介護保険特別会計補正予算(第3回)についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 討論を行います。討論はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 討論なしと認めます。 これより議案第4号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。 次に、議案第5号平成28年度山陽小野田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2回)についての質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) 先ほどの委員長報告で、普通徴収のほうで若干滞納があるということなんですが、今、全国的にはそういった後期高齢者といえども保険料滞納者に対して、国保と同様な資格証明書あるいは短期保険証という処分が行われている事例が発生しているんですが、本市ではどのようになっているでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 下瀬委員長。 ◎民生福祉常任委員長(下瀬俊夫君) 後期高齢者医療の場合の、いわゆる普通徴収の未納者、特に年金、ほとんど基本的には年金から徴収なんですが、年金額が少ない家庭に対して普通徴収をやっているわけです。だから、大変厳しい納入状況があります。 そこら辺から、基本的には資格証明書の発行はせずに、短期証で対応しているというのが我が市の現状だということであります。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) これをもって質疑を終わります。 討論を行います。討論はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 討論なしと認めます。 これより議案第5号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。 次に、議案第8号平成28年度山陽小野田市病院事業会計補正予算(第2回)についての質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) 先ほど委員長報告の中で、医業収益減の原因の問いに答えて、県に出す資料等で高めに出したため実数に近づけただけということは、そもそも県に出す資料が何か数字合わせで出されていたのか、それとも実際にそれだけの実績を果たす、そういう見込みがあったのかどうなのか、その点はいかがでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 下瀬委員長。 ◎民生福祉常任委員長(下瀬俊夫君) 何でこういう答弁になったのかは私もよくわからんのですが、基本的にはもともと当初予算で出された数字なんです。この数字も実はそんなに高い数字ではなかったというふうに思うんです。 ただ、このような450人が410人になったという経過は、委員会の中ではかなり、例えば診療科ごとの数字等出してもらうとか、それに対する中身の分析とか、いろんな議論はされましたが、実は余り積極的にこれを解明して、患者増のためにどうするかという方策は、余り聞かれなかったということであります。 以上です。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) 患者増の方策といいますか、例えば埴生方面とかそういった地域にお住まいの方から、直行バスの運行を望む声とかいろいろあろうかと思うんです。そういった潜在的な需要がありながら、それに対して対応策を打ってきていないと思うんですが、その点では審議をされておられますでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 下瀬委員長。 ◎民生福祉常任委員長(下瀬俊夫君) 何といいますか、具体的に言えばそういう議論は、実はされていません。今言ったように、患者をふやすための方策について、積極的な回答がいただけなかったというのが、正直な話であります。 以上です。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) 私、先日の一般質問で、平日夜間診療の問題を指摘しましたが、その中で病院局が非常に消極的な平日夜間診療を市民病院でやるということに対して、非常に消極的な答弁だったんですが、その後も医師会に所属されているお医者さんの話を聞く機会がありまして、実際のところどうなんでしょうかといったときに、市民病院に入らせてくれということはほとんどの担当医が言っていることだと。もう、市民病院だけがかたくなにそれを拒否しているんだと。これを何とかしてほしいというのを、別の医者からも聞きまして、やはりそういったかたくなな姿勢といいますか、患者さんを受け入れていく。あるいは、そういった地域の医師会のお医者さんと協力して、地域の健康を守っていくという、そういう姿勢に欠けているように思うんですが、その点での審議などあったのでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 下瀬委員長。 ◎民生福祉常任委員長(下瀬俊夫君) 医師会の問題とか、急患診療所の問題については、具体的な審議はありませんでした。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。岩本議員。 ◆議員(岩本信子君) 先ほどの報告では、未収金についてふえているっていう報告でございましたが、この未収金ですけど、ここに書いてあるのには、債権の回収には強制執行しかないと。今、検討中であるとは書いてあるんですが、例えばこの市民病院に分割にして支払うとかいう、そういうふうな医療費に対する相談体制なんかはちゃんとあるのかどうか、その辺は審査されましたでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 下瀬委員長。 ◎民生福祉常任委員長(下瀬俊夫君) 未収金対策として、担当者がそういう未収金の患者さんに対して対応するというのは、あるようであります。 ただ、先ほどの報告でも言いましたが、未収金がずっとふえ続けている状況があるわけです。これをどう処理するのかという点で言えば、抜本的にこれを処理するという方策は、まだ病院としては多分持っていないということになってくると思います。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。中島議員。 ◆議員(中島好人君) やはり、外来患者が1日450人から410人と40人も修正されるというか、それに対してのこの問題、原因は何かと、闘病期間の延長が大きな要因と、これは何年もこの理由となっているわけなんです。そういう中で、またこれ出ているんですけども、もっとほかに原因とか要因、そうしたものが委員会の中で明らかにされ、それに向けてのこの解決策とか、その辺の内容についてどうだったのかお聞きしたいというふうに思います。 ○議長(尾山信義君) 下瀬委員長。 ◎民生福祉常任委員長(下瀬俊夫君) 昨年、特別繰り出しということで、病院会計の赤字に対して、一般会計から繰り出しがあったわけですが、そのときにかなり厳しい意見が出されました。 特に、病院経営に対して、各議員からさまざまな意見が出されたわけですが、今回も患者の大幅な減少という事態の中で、新しい赤字ができてしまったということであります。 これについて、本当にこれをどうしたらいいのかという点で、なかなか私は深刻な議論に実はなっていなかったと思います。 問題は、そのために、いわゆる部外者からコンサルを雇って病院の分析をするというふうに、外部の力を借りて、とりあえず今、始めたわけですから、それが出てどういうふうな内容の提言がなるのか、それをとりあえず私たちは見守っていくしかないなというふうに考えております。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。岩本議員。 ◆議員(岩本信子君) 先ほどの私の質問について、未収金については、結局担当者はいらっしゃるということなんですけれど、私が聞いたのは、相談体制がきちっと整えていらっしゃるのかということを聞いたんですが、その点はどうでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 下瀬委員長。 ◎民生福祉常任委員長(下瀬俊夫君) 相談体制がどうなのかというとこまで、きちんとした議論がされておりません。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。河野議員。 ◆議員(河野朋子君) 今回、補正予算で下方修正されたわけですけれども、その原因が先ほど山田議員も言われましたけれど、高めに数値を出していたから、これを実数に近づけただけというようなことですけども、そもそもじゃあ今後の問題ですけども、病院会計の予算をどのように考えたらいいのかということです。 28年度の予算については議会でも一応議決して、承認してという形でしたわけですけども、今後病院の予算自体、これはあくまでも理想的な数字で高い数字を出しているのだというふうな見方をして、予算を見ていくべきなのか、ちょっとすごく、それが前提にあるとなると、またこちらとしてもちょっとその辺が納得いかないんですけれど、そういった議論を委員会の中で、予算をどう見るのか、目標数値とこの実数のギャップとか、そういったことについて議論があったのかどうかお尋ねいたします。 ○議長(尾山信義君) 下瀬委員長。 ◎民生福祉常任委員長(下瀬俊夫君) 実は患者の減というのをどう見るかということ、これはだから患者がなぜ減ったのかということについて、かなり委員から質問がされました。 ちなみに、入院患者1人当たりの1日の単価は、3万5,500円です。これ、当初予算の数字です。これが下方修正されて3万5,200円になりました。外来は1人当たり9,300円です。これでいくと、1人減るたびに入院患者さんもそうですが、外来患者さんが1人減るたびに約1万円がなくなっていくわけです。これが1日40人減ったらどうなるか。これが私は大変なことだというふうに考えていますし、それから病床稼働率も82%程度なんです。 これは、本来で言えば、とてもじゃないけど経営やってるというふうにはならないわけです。だけど、この問題については、本当に、じゃあ深刻に経営問題をどうするかということについて、委員会も含めた議論になったかというと、残念ながらこの問題についての議論が深まっていないというのが現状であったと思います。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) これをもって質疑を終わります。 討論を行います。討論はありませんか。山田議員。(山田伸幸君登壇) ◎議員(山田伸幸君) 議案第8号2016年度山陽小野田市病院事業会計補正予算(第2回)について、日本共産党市会議員団を代表して反対討論を行います。 病院事業はもともと、病院が建てかわる前には、病院の老朽化を理由に収支が悪いことなどを理由としていました。 建てかえ直後は、建てかえ時の入院患者数の減などを理由に、収支の赤字を正当化していました。 しかし、今回の補正予算では、入院、外来とも患者数が減少していることが収支赤字の原因となっており、建てかえ前に主張していた患者数減の理由が成り立たなくなっています。 新年度からは、コンサルタントを導入して経営状況分析を行うとしていますが、余りにも遅すぎたと言わざるを得ません。 また、キャッシュフロー計算書を見ると、一般会計からの繰り入れや一時借り入れをしておかないと、資金が回らない状況も明らかになっており、財務体質の悪化が深刻な状況です。 さらに、貸借対照表からは、流動資産よりも流動負債が約5億円も上回り、特に一時借入金と企業債の合計が8億円近くになり、資金的な行き詰まりが深刻です。 以前から指摘されているように、赤字の原因を診療科ごとに細かく管理し、より具体的な対策を講じることが求められてきましたが、一体どのような対策が講じられてきたのか、その努力が見えておりません。 一番大きな問題は、病院局の経営努力が足りないだけじゃなく、市民病院の患者増のための抜本的な対策がなく、何とかしようという熱意が感じられないことです。このことは、経営が悪くなれば、水道から借りている資金返済を繰り延べしてもらったり、決算の際に一般会計から繰り入れをしてもらえば済むという、まさに親方日の丸的であり、甘えがあるのではないでしょうか。 以上、さまざまな問題点を指摘いたしました。このまま、本議案を承認することは、市民の負託に応えられないことは明白であり、赤字を出さない真剣な努力を求めて、反対討論といたします。(山田伸幸君降壇) ○議長(尾山信義君) ほかに討論はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) これをもって討論を終わります。 これより議案第8号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決でありますが、反対討論がありましたので起立により採決いたします。本件は委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。(賛成者起立) ○議長(尾山信義君) 起立多数であります。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。 ここで、午前中の会議を閉じ、13時から再開いたしますので、定刻までに御参集をお願いいたします。 それでは休憩いたします。────────────午前11時51分休憩午後 1時   再開──────────── ○議長(尾山信義君) 休憩前に引き続き午後の会議を開きます。──────────── △日程第5議案第6号・議案第7号・議案第9号~議案第11号・議案第43号・平成28年請願第1号 ──────────── ○議長(尾山信義君) 日程第5、議案第6号平成28年度山陽小野田市下水道事業特別会計補正予算(第2回)について、議案第7号平成28年度山陽小野田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2回)について、議案第9号平成28年度山陽小野田市水道事業会計補正予算(第1回)についてから、議案第11号山陽小野田市工場設置奨励条例の一部を改正する条例の制定についてまで、議案第43号損害賠償請求事件の和解及び損害賠償の額を定めることについて及び平成28年請願第1号前場橋から埴生漁港までの市道拡幅工事を求める請願書の議案7件を一括議題といたします。 本件に対し、産業建設常任委員長の報告を求めます。中村委員長。(中村博行君登壇) ◎産業建設常任委員長(中村博行君) こんにちは。お疲れさまです。産業建設の中村です。 去る2月22日、本会議において、当委員会に付託されました議案6件と昨年9月定例会において付託されました請願1件について、2月27日委員全員出席のもと、慎重審査をいたしましたので、議案の概要、主な質疑、その結果について報告をいたします。 最初は、議案第6号平成28年度山陽小野田市下水道事業特別会計補正予算(第2回)についてであります。 まず概要は、今回の補正は、料金システム機器更新と決算を見込み予算調整するもので、歳入歳出とも1,684万7,000円を減額し、補正後の予算総額を29億5,854万3,000円とするものである。繰越明許費は、南部14号汚水幹線管敷設工事6工区ほか23件、総額2億2,808万4,000円を平成29年度に繰り越すものである。 歳出で、システム改修負担金99万1,000円の増額は、水道局に支払うもの、消費税及び地方消費税583万8,000円の減額は、当初見込み額より確定申告額が少なくなったため、光熱水費200万円の減額は燃料費の値下がりによるもの、計画策定委託料1,739万4,000円の減額は落札減によるもの、工事請負費1,739万4,000円は工法変更に伴う増額で、委託料を工事費に充当するものである。地方債利子1,000万円の減額は、地方債の利子が下がったことによる地方債利子の減額分を計上したものである。 歳入について、現年度分負担金100万円の増額は年度内の徴収見込み額の増収が見込めるため、現年度分使用料1,377万1,000円の増額は使用料の増収が見込めるため計上した。下水道事業費繰入金3,061万8,000円の減額は消費税、地方債利子及び電気料金の減と下水道使用料の増額によるもの。下水道建設費繰入金970万円の減額は受益者負担金、地方債の増額によるもの、一般債補助分870万円の増額は事業の変更に伴う市債の増額である。 審査により明らかになったこととして、工事請負費の工法変更に伴う増額については、埴生の工事途中で土質が変わったことにより、当初の工法では対応ができなくなったため、計画策定委託料の減額と工事請負費の増額が同額であるのは、全体の補助金の額が決まっている中で委託料に振り分けていた分の減額を工事費に振り分けたからである。下水道の普及率は年度末に算出するが、予想としては0.6%アップの53.2%である。徴収率は、昨年の現年度分の99.2%と同程度と思われる。受益者負担金は建設費のみの使用となっている。それがふえたので、建設費の繰入金が減った。 質疑を終え、討論はなく、結果、全員賛成で可決すべきものと決しました。 次に、議案第7号平成28年度山陽小野田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2回)についてであります。 まず、今回の補正は、消費税及び地方消費税について決算を見込み予算調整をするもので、歳入歳出とも22万5,000円を減額し、補正後の予算総額を8,684万3,000円とするものである。歳出で、システム改修負担金5万3,000円の増額は、水道局に払うもの、消費税及び地方消費税27万8,000円の減額は、当初見込み額より確定申告が少なかったことによるものである。歳入で一般会計繰入金22万5,000円の減額は、システム改修負担金と消費税及び地方消費税の差額を補うものである。 質疑、討論はなく、結果、全員賛成で可決すべきものと決しました。 次に、議案第9号平成28年度山陽小野田市水道事業会計補正予算(第1回)についてであります。 今回の補正は、主に、建設改良費、職員給与等の諸経費について、決算を見込んでの調整である。 収益的収入では、給水収益を上方修正し、収入合計は5,595万8,000円の増額補正で、合計が15億7,060万5,000円、支出は委託料、修繕費、薬品費など、3,811万9,000円減の合計12億5,353万2,000円とした。税処理後の当年度損益は、純利益1億8,829万8,000円となるが、非現金性の収入6,453万7,000円が含まれている。 資本的支出は、建設改良費で工事の一部不執行、工事内容の変更、入札減等が主な補正の原因で約1億円減額、これに償還金を含めての支出合計は、9,812万円減の18億7,812万2,000円となる。これに前年度の継続費逓次繰越額1億7,141万6,000円を加えた総額20億4,953万8,000円が執行予定額となる。これらの建設投資の財源となる資本的収入は、企業債と一般会計からの繰入金で、収入合計は12億344万7,000円となる。この結果、資本的収支の差し引き不足額は8億4,609万1,000円となり、損益勘定留保資金、減債積立金及び建設改良積立金等で補填をする。 審査により明らかになったこととして、給水量は企業用75ミリなどが当初見込みより上向き、上方修正した。法定福利費については、当初予算で不足すれば、予算執行できなくなるため、多目に計上し約380万円の減額となっている。臨時職員数は1名上水道会計で新規採用したが、工業用水道会計の職員が1名減となっているので全体の数の変化はない。臨時職員の雇用条件は、賃金が一般事務で1日6,000円、外に出られる方が6,700円、勤務時間は7時間45分、社会保険料は法定どおりの2分の1の負担である。修繕費の大幅減は突発的な修繕に対し、当初予算を多めに組んでいて、12月までの実績から先の3カ月分で要らない分を落とした。修繕については、施設の更新自体が先決である。高額なポンプなどは計画的に検査、点検を行っている。料金収入のうち、家庭用の13ミリと20ミリ口径の収益割合は約58%で家庭用と一般企業店舗の契約件数の割合は97%と3%である。一般企業店舗向けの口径に対して割り増しで負担をいただいている。大型投資により、企業債が昨年の43億円から52億円に、内部留保資金は9億円から約7億円になった。給水収益での回収率は99.93%である。合併当初あった水道局の企業手当については、平成27年1月に廃止している。 質疑を打ち切り、討論はなく、結果、全員賛成で可決すべきものと決しました。 次に議案第10号平成28年度山陽小野田市工業用水道事業会計補正予算(第1回)についてであります。今回の補正は、職員給与等の諸経費について、決算を見込んでの調整である。 収益的収入は、児童手当の負担金、定期預金利息を調整し、収入合計は若干減額の2億9,823万3,000円、支出合計は117万8,000円減の2億7,148万5,000円としている。税処理後の損益については、当年度純利益2,258万8,000円となるが、非現金性の収入396万7,000円を含んでいる。 資本的支出は、建設改良費が入札減等により、1,404万7,000円減額し、支出合計は8,090万2,000円となる。この財源としての収入はないので支出総額が不足額となり、損益勘定留保資金や積立金を取り崩して補填している。 審査により明らかになったこととして、病院からの償還金については、予定している償還スケジュールに沿って予算を組まれていることを病院の予算編成担当者に確認している。貸付金の残額は、28年度末で、3億3,000万円である。研修費25万9,000円の減額は、できるだけ研修派遣ができるように予算を組んでいたが、仕事の都合等により研修に参加することができなかったことによる。 質疑を終え、討論はなく、全員賛成で可決すべきものと決しました。 続いて、議案第11号山陽小野田市工場設置奨励条例の一部を改正する条例の制定について。 まず、このたびの条例改正は大きく2つで、1点目は企業グループを事業者の構成員に加え、奨励措置の対象とするものである。現条例は、同一企業が土地取得から操業まで行うことを想定しているが、近年企業は事業分社化やホールディング化など、企業形態が多様化している。これに対応するため、小野田・楠企業団地の分譲促進及び市内企業の内発促進を積極的に進める目的での改正である。2点目は現条例に規定されている中小企業者の定義が、中小企業基本法に規定する製造業、その他に限られており、本市が規定する奨励措置対象業種の一部について中小企業基本法に規定する中小企業の定義との間に不整合があるため、改正を行うものである。 審査により明らかになったこととして、今回の条例改正で恩恵が受けられる企業は県に適地照会している企業が年30件程度あり、そのうちの1割程度が企業グループの形態を検討している。また、市内にも幾つかの企業がこの形態をとられている。小野田・楠企業団地は、全19区画のうち、まだ12区画残っている。山口県も小野田・楠企業団地を西日本の流通拠点として優先的に捉えており、奨励金のような形のメリットとして、企業の進出を誘導していきたい。 質疑を終え、討論はなく、結果、全員賛成で可決すべきものと決しました。 次に、議案第43号損害賠償請求事件の和解及び損害賠償の額を定めることについて。 概要は、平成26年9月に発生した事故で、市に無断で市道の側溝の壁を壊し、民地の水を流せるようにしたため、側溝に段差が生じ、足をとられ転倒したものと思われる。平成26年当時、市の対応は、当事者から聞き取り及び現地確認を行い、道路賠償責任保険会社に届け出をした上で、市には過失責任はないと判断していた。また、当事者はその後、平成27年9月28日まで入院や通院をされ治療を終了している。今回の訴えは、転倒事故に伴う費用等について、損害賠償請求の訴訟である。被告は、土地所有者1名と、土地所有者の親族1名と、危険な状態を放置したこととあわせて歩道上の管理過失がある本市となる。裁判の中で、裁判所より和解案が提案され、原告と被告3者がこれに応じる意向が確認された。本年度中に和解が成立すれば、和解案で示された本件解決金32万5,000円を原告に支払うことになる。 審査により明らかになったこととして、想定される市の責任として側溝が市のものであるということ、無断で側溝を壊されたとはいえ、管理者として見ていなかった、わからなかったでは済まされなかったということ、和解案を受け入れるかどうか、その額で妥当かどうか市長の判断により決定した。32万5,000円の算出は、市の責任分12.5%である。 質疑を打ち切り、討論では、非常に納得がいかない部分もあるものの、総合的に考慮し、賛成すると、賛成討論がありました。結果、全員賛成で可決すべきものと決しました。 最後に、平成28年請願第1号前場橋から埴生漁港までの市道拡幅工事を求める請願書についてであります。請願内容ですが、請願者は、下市自治会長、埴生地区自治会協議会会長、山口県漁業協同組合埴生支店運営委員長の3名で、旧国道2号から前場橋を通り、埴生漁港につながる市道を直線にし、拡幅工事の早期実施を求めるものである。理由は、現市道には曲がりがあり、道幅が狭いため、経済的な面、リスク管理面、観光事業の面からも障害になっており、特に自然災害時の避難は困難を来すことが明白であることからである。 審査により明らかになったこととしては、行政に対し、平成26年11月に前場橋からハラダ薬局前の3差路までの道路拡幅など、平成27年6月には、今回の請願と同様、国道2号から埴生漁港に抜ける市道拡幅の要望書が出されている。その市の回答書は2回とも地元の協力が得られれば本市全体の道路整備計画の中の新規事業の一路線に加えるよう検討したいというもの。現在の市の道路整備についての考えは、継続事業のみでよほどのことがない限り新規事業の着手予定はない。漁港まで直線道路にすると市道のつけかえ、立ち退き等かなりの事業となり、公共事業として優先順位の高い新規事業での整備が疑問である。といった審査の結果わかったことがありました。 そこで、委員全員で自由討議に入りました。その内容です。現地調査も行い、道路の拡幅は困難でもやはり過去に災害に遭われた皆さんの思いを酌み取っていくべきで、採択に結びつけたい。市内の道路全般を見たとき、優先度はどうか疑問を感じるが、実際、2回の水害を経験されているし、防災についてもっと研究すべきである。今回は、趣旨採択か一部採択のイメージと思う。請願の理由の中で、地域の発展のためとか、漁港へ通じる道という意味だけであれば優先度に疑問があるが、防災の点では理解できる。請願内容については、やや飛躍されており、経費の面でもかなり難しいので、なかなか理解できない部分がある。しかし、実際に水害に遭われた地区であり、議会としても防災ということを受け入れるべきなので、内容そのものではなく、趣旨採択をしてはどうか。という自由討議を終え、討論はなく、結果、全員賛成で趣旨採択とすべきものと決しました。 以上で、産業建設常任委員会の報告を終わります。議員各位の慎重審議をよろしくお願いします。(中村博行君降壇) ○議長(尾山信義君) 産業建設常任委員長の報告が終わりましたので、これより、質疑、討論、採決を行いますが、質疑、討論、採決につきましては、1件ずつ行います。 議案第6号平成28年度山陽小野田市下水道事業特別会計補正予算(第2回)についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 討論を行います。討論はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 討論なしと認めます。 これより議案第6号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。 次に、議案第7号平成28年度山陽小野田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2回)についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 討論を行います。討論はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 討論なしと認めます。 これより議案第7号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。 次に、議案第9号平成28年度山陽小野田市水道事業会計補正予算(第1回)についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)
    ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 討論を行います。討論はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 討論なしと認めます。 これより議案第9号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。 次に、議案第10号平成28年度山陽小野田市工業用水道事業会計補正予算(第1回)についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 討論を行います。討論はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 討論なしと認めます。 これより議案第10号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。 次に、議案第11号山陽小野田市工場設置奨励条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 討論を行います。討論はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 討論なしと認めます。 これより議案第11号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。 次に、議案第43号損害賠償請求事件の和解及び損害賠償の額を定めることについての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 討論を行います。討論はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 討論なしと認めます。 これより議案第43号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。 次に、平成28年請願第1号前場橋から埴生漁港までの市道拡幅工事を求める請願書の質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 討論を行います。討論はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 討論なしと認めます。 これより平成28年請願第1号について採決いたします。本件に対する委員長報告は趣旨採択であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり趣旨採択することに決定いたしました。 本件の取り扱いについては、議長に一任願います。──────────── △日程第6議案第2号 ──────────── ○議長(尾山信義君) 日程第6、議案第2号平成28年度山陽小野田市一般会計補正予算(第8回)についてを議題といたします。 本件に対し、一般会計予算決算常任委員長の報告を求めます。小野委員長。(小野 泰君登壇) ◎一般会計予算決算常任委員長(小野泰君) 一般会計より御報告を申し上げます。 去る2月22日の本会議において、本委員会に付託されました議案第2号平成28年度一般会計補正予算(第8回)について2月28日に委員全員出席のもと委員会を開催し、慎重審査をいたしましたので、その概要と結果について御報告申し上げます。 今回の補正は、決算を見込んだ補正のほか、寄附金など取り急ぎ措置すべき案件の補正であり、歳入歳出それぞれ11億5,283万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ324億3,352万5,000円とするものであります。 このたびの補正に係る財源調整として財政調整基金繰り入れが3億9,599万8,000円減額されており、財政調整基金の予算上の残高は37億8,867万1,000円であります。 それでは、主な内容について報告をいたします。 まず、歳出において、2款総務費、1項総務管理費、8目財産管理費、ふるさと支援基金積立金の増額の主なものは、サポート寄附として受け入れたふるさと寄附金800万円をふるさと支援基金に積み立てるもので、補正後のふるさと支援基金積立金は2,310万円となります。 また、同項9目企画費の報償金234万4,000円の増額は、ふるさと寄附金の寄附者への返礼品の購入費を増額するもので、補正後の予算は637万9,000円となります。また、歳入において、17款寄附金、1項寄附金、3目民生費寄附金、企業版ふるさと寄附金520万円の増額は平成28年度の子育て総合支援センター整備運営事業に対して企業4社から寄附があったことによるものであります。企業版ふるさと納税は平成28年4月の税制改正において新たに創設された制度で、地方創生応援税制とも呼ばれており、地方自治体の地方創生の取り組みについて民間企業の資金を呼び込みやすくするため、企業の寄附における負担を軽減しようとするものですが、対象事業は内閣府の認定が必要で、本市では、子育て総合支援センター整備運営事業について内閣府の認定を受けており、平成28年度は同センターとして購入した旧労働基準監督署の土地建物購入費用について、企業が寄附した場合、通常の寄附に比較して企業負担が軽減されるものであります。 質疑の中で、「ふるさと寄附金が一気に10倍になっている。返礼品のおかげだと思うが、どういう評価をしているのか」との質問には、「返礼品の効果は大きかった。返礼品も地域の特産品的なもので、地域経済の活性化につながった。継続していきたい」との答弁がありました。 また、「ふるさと納税による控除の影響はどの程度か」との質問には、「平成27年本市の方が他の市町村に行ったふるさと納税は292件、2,417万2,255円である。ふるさと納税は、地域産品の情報発信になるので、適正な割合の中でうまく使っていきたい」との答弁がありました。また、「企業版ふるさと納税で、子育て相談センター事業の年数制限はないのか、また、他の認定事業は考えているのか」との質問には、「子育て総合支援センターは、時限立法で4年間である、他の事業として理科大の薬学部建設も認定してもらっており、平成29年度はこの2件が対象となる」との答弁がございました。 次に、2款総務費、1項総務管理費、28目スポーツ施設費の減額は、レノファ山口の練習拠点となるクラブハウス機能を備えた交流施設の建設が完了したことによるもので、これに関する歳入としてレノファ山口から財産貸付収入として42万2,000円計上されていますが、貸付料算定のための固定資産仮評価額が算出されたことから、実際には貸付料は15万7,000円となるとのことでありました。 質疑の中で「レノファ山口への貸付料の減額の理由は、固定資産税の評価ということだが、どういう計算方法か」との質問には「貸付料の計算は山陽小野田市普通財産貸付料算定基準に基づき固定資産税の評価額をもとに計算するが、予算計上のときには固定資産税の仮評価が出ていなかったので、実際の建設費の7掛けで計算したが、施設が完成し、その評価をもとに計算すると15万7,000円となった」との答弁がございました。 また、「クラブハウス建設の補正予算の説明では、この貸付料はレノファの負担分で総額の半分をレノファに持ってもらいたいという答弁だったが、15万7,000円で計算すると、レノファの負担割合がかなり低くなる、そのあたりの整合性はどうなのか」との質問には「当初は年間300万から400万、20年ぐらいで半分いただけると思っていたが、15万7,000円となると年間180万円ぐらいになるので、年数的には半分に到達するのが長くなると思っている。あくまでも考え方として、普通財産の貸付料で何十年間かかっていただくという考えである」との答弁がありました。 次に、2款総務費、7項大学費、1目大学費のうち、工事請負費1億2,364万円の減額は、現在平成30年4月の薬学部設置に向け薬学部校舎A、B、C、3棟の建設の準備を進めているが、C棟に係る建築主体工事、電気設備工事、機械設備工事について、当初計画では平成28年度に業者を決定し、工事に着手することとしていたが、建物の規模も小さく、工期も短いことから、平成29年度に行うことにしたことによる減額である。ただし、業者選定の準備を行うことから、債務負担行為補正において、山口東京理科大学薬学部校舎建設事業として、期間を平成28年度から平成29年度までの2年に変更し、限度額を1億2,364万円増額されております。 また、同じく1目大学費の公立大学法人運営基金積立金1,089万8,000円の増額は、公立大学法人設立前に学校法人東京理科大学が老朽化した施設整備等の更新修繕等に必要な経費を9億5,000万円と算定し、平成28年4月1日の公立化までに完了しない、または着手できない経費を5億9,600万円と見込み、その額を大学施設整備負担金として市に支払うことになっていたが、精査の結果、その額が6億782万9,597円となったため、当初予算との差額1,182万9,597円を公立大学法人運営基金に積み立てるものですが、運営費交付金93万2,000円の財源分を同基金から充当するため、それを差し引き、同基金に積み立てるものであります。 次に、3款民生費、1項社会福祉費、9目臨時福祉給付金費は決算を見込んで2,825万円を減額と平成27年度の臨時福祉給付金に係る国庫補助金の超過分46万1,000円の返還であります。 質疑の中で、「臨時給付金の実績は」との質問には「臨時福祉給付金には高齢者向け臨時福祉給付金、臨時福祉給付金及び障害遺族年金受給者向け臨時福祉給付金の3つがある。実績として、高齢者向け臨時福祉給付金は、支給対象者7,639人で、支給済み7,189人、支給率95.81%、臨時福祉給付金は支給対象者1万2,529人で、支給済み1万1,005人、支給率87.84%、障害遺族年金受給者向けの給付金は支給対象者349人で、支給済み309人、支給率88.54%である」との答弁がありました。 次に、3款民生費、2項児童福祉費、6目児童クラブ費、保育業務委託料304万、備品購入費65万円の減額は、今年度、本山と小野田の2カ所のクラブにおいて高学年を受け入れる予定であったが、支援員の確保が困難となったため、今年度の拡充を見送ったことによる減額であります。 次に、3款民生費、3項生活保護費、2目扶助費のうち、20節扶助費9,000万円の減額は、生活保護受給者の減少に伴う減額であります。質疑の中で、「生活保護費の対象者がどの程度減ったのか」との質問には「生活保護受給者は平成24年度1,045人をピークに年々減少し、平成28年12月末時点において877人となっている。減少の要因は、新規受給者より廃止受給者が上回ったということで、廃止の理由として、平成27年度では、就労による収入の増加が34名、死亡が32名、市外転出が24名で、この3つで全体の約93%を占めている」との答弁がありました。 次に、6款農林水産業費、1項農業費、3目農業振興費の負担金、補助及び交付金のうち、新規農業就業者定着促進事業補助金160万円の減額は、新規就農者を雇用した法人に対し、最長5年間の支援を行うもので、11人を対象としていたが、退職等により3人減となったことから減額するものであります。また、新規就業者受入体制整備事業補助金926万1,000円の減額は、新規就業者の雇用する法人に対し、就業者の受け入れに必要な機械、施設等の整備費用を支給するもので、当初3人を雇用し、ビニールハウス、トラクター、冷蔵庫等の整備する予定であったが、2人が退職され、ビニールハウス、かん水施設の増設のみとなったことによるものであります。 次に、10款教育費、2項小学校費、3目学校建設費4,202万2,000円の減額は、埴生小中学校建設に係る測量調査委託料、調査設計委託料、調査委託料、用地購入費の減であります。質疑の中で、「用地購入費3,532万1,000円の減になっているが、単価と面積は」との質問には「単価は平米当たり4,500円で、面積は6,373平米である」との答弁がありました。 次に、10款教育費、5項社会教育費、3目図書館費、13節委託料の調査委託料535万9,000円の減額は、旧厚狭図書館解体に伴う近隣民家の影響調査の調査対象家屋数の減少と入札減などにより、また15節工事請負費2,973万7,000円の減額は、旧厚狭図書館の解体工事に係る入札減によるものであります。質疑の中で、「厚狭図書館解体後、借地は返還し、借地料は支払わないという解釈でいいのか」との質問には「旧厚狭図書館の用地は市で購入し、旧教育事務所跡地の市有地と一体的に厚狭地区複合施設の職員用駐車場及びイベント時の臨時駐車場として活用する案があり、現在購入について地権者と話をしている」との答弁がありました。また「建物を解体した後は返却するということだったが、いつから購入する話になったのか」との質問には「平成27年9月補正において図書館の西側の市有地に職員駐車場をつくる予算を上げたが、その審査の中で、北側の市道から進入は幅員が非常に狭く、かつ離合の難しいところがあり、また近隣の保育園もあるので、職員の車が通ると交通安全上どうなのかという指摘があり、その予算は修正された。その後、市で協議し、旧厚狭図書館の用地を購入し、使うということで、南側の厚狭税務署側から進入できる形であれば安全だろうということで、現在そういう案で話をしているが、途中段階なので、ある程度話が進み、時期が来たら補正予算で対応したい」との答弁がありました。また、「市がその用地を全部購入する意向で話を進めているのはおかしい。駐車場の建設に関連して進入路程度の購入が必要ではないかという提案は議会からあったが、なぜ全部買うという話になるのか」との質問には「厚狭地区複合施設に関連して厚狭公民館と厚狭図書館の解体の計画があるが、厚狭公民館は順調に解体されており、今後、売却の方向で検討する。厚狭図書館は借地が2件あり、借地料をずっと払っている。厚狭図書館の解体後は、契約上は返還する場合は原形復旧となっているので、その方向で進んでいたが、原形復旧には相当な金額もかかる。現在、総合事務所の職員駐車場のため土地開発公社の土地を借りており、土地開発公社の土地も売れない状況にあるということを総合的に判断して現在この借地2件を買ってはどうかということで議論をしている。ただ、相手方の意向もあるので、まだ協議中で具体的な方針は打ち出せない現状である」との答弁がございました。 討論はなく、採決の結果、全員賛成で可決すべきものと決しました。 以上で報告を終わります。議員各位の慎重御審議のほどよろしくお願いをいたします。(小野 泰君降壇) ○議長(尾山信義君) 一般会計予算決算常任委員長の報告が終わりましたので、これより、質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) 委員長にお尋ねいたします。ふるさと寄附金の関係なんですが、いろいろ問題点なども指摘されておるんですが、市として、こういったところまではオーケーで、こういったところから行き過ぎだというような、そういう基本的な考え等を持ってこの制度に臨んでいるのかどうなのか、その点いかがでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 小野委員長。 ◎一般会計予算決算常任委員長(小野泰君) ただいまのような質疑はございませんでした。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。吉永議員。 ◆議員(吉永美子君) まず、臨時福祉給付金についてお尋ねいたします。ここでは、3種類ということでございますが、いずれの3つとも100%には届いていない状況で、100%になかなかいかないことは存じ上げてはおりますけども、100%支給するためのどのような努力をされたのか、また、この2種類については特に90%にも満たしておりません。その理由について議論があったのであればお知らせください。 ○議長(尾山信義君) 小野委員長。 ◎一般会計予算決算常任委員長(小野泰君) 今の質問に対して特段の議論はございませんでしたが、1月4日にこれを締め切っておるんで、その辺の猶予についてという質問がございました。その1月4日以降、その週の金曜まで余裕を見て締め切っており、それ以降はやむを得ない理由で事情がある方には申請を随時受け付けたと、こういった配慮があったということです。あとはございません。 ○議長(尾山信義君) 山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) 埴生小中学校の建設にかかわることなんですが、用地購入費が3,532万1,000円の減ということですが、この用地購入については、きちんと用地代金を算出した上で購入に当たったと思うんですが、なぜ、これだけの減額になったのか、その辺の理由は明確になっているんでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 小野委員長。 ◎一般会計予算決算常任委員長(小野泰君) この減額になったところは、もともと農地であったとのことで、土壌汚染対策法によって3,000平米を超える土地を造成する場合においては、宇部環境保健所から土壌汚染に関する調査をしなさいと言われた場合の対応のために予算取りをさせていただいたが、保健所からは調査しなくてもよいと連絡があったので、不用額とさせていただいたと、こういうことでございます。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。吉永議員。 ◆議員(吉永美子君) 2款総務費の中で御報告ありましたクラブハウス機能を備えた交流施設の建設完了についてでございます。以前、一般質問の場で、このエンブレムのいわゆる設置について、質疑させていただいておりますが、エンブレムについて設置という点について議論があったのか、また執行部から報告があったのか、その点についてお聞きします。 ○議長(尾山信義君) 小野委員長。 ◎一般会計予算決算常任委員長(小野泰君) ただいまの件については、特に議論も報告もございませんでした。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) これをもって質疑を終わります。 討論を行います。討論はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 討論なしと認めます。 これより議案第2号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。──────────── △日程第7議案第15号~第42号 ──────────── ○議長(尾山信義君) 日程第7、議案第15号平成29年度山陽小野田市一般会計予算についてから、議案第42号山口県市町総合事務組合の財産処分についてまでの議案28件を一括議題といたします。 なお、これらの議案は、過ぐる2月22日の本会議において市長の提案理由の説明が終わっております。 これより、本28件に対する質疑を行いますが、質疑については1件ずつ行います。 議案第15号平成29年度山陽小野田市一般会計予算についての質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) それでは、第2章にかかわることで、2点ほど質問したいと思います。第2章は市民が主役のまちづくりということで、継続事業でありますが、社会保障税番号制度情報システム対応事業というのがあります。要するにマイナンバー制度にかかわるシステム改修ということなんですが、情報漏えいの問題だとか、あと、そのシステムが正しく稼働しているかどうか、その点でのチェック体制はどうなっているのかという点と、それから同じく継続事業で、第2次山陽小野田市総合計画策定事業というのがあります。これについては、市民参画をうたっておりますが、具体的にどの程度の市民の参加を予定しているのか、大体どういうふうな計画であるのか、その点についてお答えください。 ○議長(尾山信義君) 川地総合政策部長。 ◎総合政策部長(川地諭君) まず社会保障のシステムの関係でございますが、29年度の予算につきましては、マイナポータルの整備に関して、税の関係ですとか、年金、国保の関係ですとか、社会保障の関係、そういったものについて、システム改修をいたしております。それから、情報セキュリティーの問題でございますけども、これにつきましては、28年度の事業の中で、認証制度の問題ですとか、クラウドの問題ですとか、そういったものについて事業を着々と行っております。また、マイナポータルの関係につきましては、全国一斉のテスト等も行っておりまして、これについても特に今のところ、特に支障となるものについては、起こってはおりません。 続きまして、総合計画の関係での市民参画の件でございますけども、特に市民参画の件につきましては、28年度におきまして市民懇談会、それから未来会議、もう1点は若者を中心とした若者会議、これらを重点的に開催をいたしております。29年度につきましては、そういったところからの意見をいろいろもらいました関係上、そのほうを分析しながら、またいろいろ基本構想の中でどういったものを積み上げていけばいいのかということを今検討しようということになっております。 以上でございます。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) 続いて、第3章うるおいのある快適なまちづくりの中で、厚狭北部デマンド型交通運行事業について、書かれております。これまで実証運行等されてきて、実績が上がってきていると思うんですが、それに対する評価、それから、さらなる拡充についてどのように検討しておられるのか、その点についてお伺いしたいと思います。 ○議長(尾山信義君) 芳司産業振興部長。 ◎産業振興部長(芳司修重君) 厚狭北部のデマンド型交通につきましては、現在、登録が約260名、利用が27年度で1日当たり18.4人ということで、28年度現在の段階では若干増加で21名というふうに見込んでおります。ただ、まだまだ周知のほうも決して十分ではないというふうに思っておりますので、そのあたりの周知をさらに徹底すること、さらに利用者につきましてもまだ30人ぐらいまでは十分可能というふうに考えておりますので、さらに利用を促進できるように努めてまいりたいというふうに考えております。 以上です。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) それでは、続きまして第5章人が輝く心豊かなまちづくりについてです。そこに最初に山口東京理科大学の薬学部建設について書かれておりますが、この間この建設を急ぐ余り随意契約ということが明らかになって、問題視されているわけですが、やはり公共として事業を行うということであれば、できるだけそういったことをなくしていくことが必要ではないかと思います。やはり、公共にとって随意契約というのは、私はよほどのことがない限り、例示としては災害ということが上げられているわけですが、そうではない状況の中で随意契約が続いて行われるということに対してどう考えているのか。 それと、学校給食共同調理場建設事業もこの第5章に入っておりますが、学校給食センターでの食中毒がこの間全国で相次いでおります。特に、本市の場合、全ての学校に同じラインで給食を供給するという計画だったと思いますが、これは大変危険なやり方ではないか。先日の和歌山県、あそこでは、2つのラインがあって、片方のラインだけで食中毒が発生したという事例が報道されておりましたが、そういったセンター内でもなるべく危険を分散していく、そういったことが必要だと思うんですが、その点についての対応策をお聞かせください。 ○議長(尾山信義君) 大田成長戦略室長。 ◎成長戦略室長(大田宏君) 山口東京理科大学の各工事等における質問にお答えいたします。やはり公共事業につきましては、基本的には競争入札が大原則ということはきちんと理解しております。ただし、山口東京理科大学につきましては、競争入札の手法では適正な工期がとれない場合、それは薬学部の設置申請に影響する。となると開学がおくれる、となると受験を考えておられる受験生の方々、それから既にリクルートを終了しております新たな教員の方々に対する市としての社会的責任が生じるということから市長が随意契約を判断をされました。 以上です。 ○議長(尾山信義君) 尾山教育部長。 ◎教育部長(尾山邦彦君) 給食センター1カ所にしたことでの食中毒の防止対策をどう考えているのかという御質問でございますが、この最近起きたノリによる食中毒事件につきましては、業者から購入したものそのものについてノロウィルスがついていたということで、目に見えるものではございませんので、わからないままそのまま使ってしまったというようなことでございます。給食センター今1カ所で1ラインということでの想定で今物事は進めておるわけでございますが、細かく見れば下処理も数ラインあって、調理回転釜も10機あってということで、今回はノリだったということで全部の給食に入っていったということでございますけれども、そういったところはできるだけこういう事件が起きたということで教訓にして、献立等も十分考えていかなくちゃいけないと思いますし、2つのラインにできるかできないかというのも、厨房メーカーとよく協議しながら、リハーサルも最後には行っていきますので、そうした中でどのようにすれば食中毒をできるだけ起こさないようにできるのか、マニュアル等も整備しながらこれからまだ時間ありますので、十分検討してまいりたいと思います。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。大井議員。 ◆議員(大井淳一朗君) 第5章人が輝く心豊かなまちづくりの中で、小中一貫教育推進事業というのが上がっております。20万円です。これまで、厚陽小中につきましては、あくまでも小中連携校という表現を用いておりましたが、ここに来て小中一貫教育推進事業という事業が上がっておりますが、この事業内容についてお答えください。 ○議長(尾山信義君) 江澤教育長。 ◎教育長(江澤正思君) 失礼します。本年度、4月から法律、学校教育法等が変わりまして、文科省の今まで小中一貫という制度はございませんでしたが、それを明記するようになりました。それは、どういうものかというと実際厚陽小中で行っているような形態のものでございます。それを文科省のほうは2つのタイプに分けて義務教育学校と施設一体型小中一貫校というような明確な定義を与えたわけでございます。そういう定義にのっとって、いろいろな施策が施されているわけで、今言われたものもこれは県が文科のほうがそういう事業名で事業をして、県におりて、それに手を挙げて採択されたものでございます。内容的には、それを推進していこうというところに20万円の予算をつけるというものでございます。 ○議長(尾山信義君) 大井議員。 ◆議員(大井淳一朗君) 2月23日に行われました第2回教育委員会会議におきまして、山陽小野田市立小中学校管理規則の改正が提案され、可決されております。この中で、第5章小中一貫教育ということで、山陽小野田市立厚陽小中学校については学校名称として山陽小野田市立厚陽小中一貫校というような記述がなされておりますが、今後は、来年度からは厚陽小中は小中一貫校としてスタートするということで理解していいのか、この点について。 ○議長(尾山信義君) 江澤教育長。 ◎教育長(江澤正思君) 先ほど言いました文科省の制度が変わりまして、名称が明確に定義されましたので、その分類によって厚陽小中もそれに非常に近いわけでございますが、それを申請しないとそういうふうにならないわけで地元の学校運営協議会のほうからも名実ともにそういうふうに法律が変わったんなら、そういうふうにしてほしいという希望もあり、今後、そういう名称といいますか、それは、法的には小学校、中学校、そのままなんですが、小中一貫校と、そういう呼び方をしてもいいというふうになります。だから、法的には、小学校のまま、中学校のままで何も変わりません。しかし、通称をそういうふうにしてもいいというふうな制度になります。 ○議長(尾山信義君) 大井議員。 ◆議員(大井淳一朗君) ということは、表現が変わっただけで、この改正によって今までの小中連携校と何ら変わらないということで理解してよろしいんでしょうか。小中一貫校によって何が変わったのか、その点についてお答えください。 ○議長(尾山信義君) 江澤教育長。 ◎教育長(江澤正思君) 基本的には、今まで厚陽小中学校、小学校、中学校でしていることと変わりませんが、そういう通称も、装いも新たにその制度に乗って、その趣旨に沿って今後移るわけですから、より気持ちも新たに、明確に小中一貫という教育効果があらわれるように、教員も地域の方も頑張っていかれることと思います。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。吉永議員。 ◆議員(吉永美子君) 第5章人が輝く心豊かなまちづくりの中で、新規事業として、学校屋内運動場床改修事業というのが上がっております。29年度は厚狭中学校ということですが、これは、全校的な整備計画を教育委員会として立てられて、この新規の事業が上がったのかどうかをお知らせください。 ○議長(尾山信義君) 尾山教育部長。 ◎教育部長(尾山邦彦君) 全体の学校施設整備計画というのが現在持ち合わせておりませんが、厚狭中学校については、以前よりその体育館の床が非常に不陸があって、使用、なかなか難しいという声が強く上がってきておりまして、ようやく予算化しましたので、来年度工事させていただきたいというものでございます。 ○議長(尾山信義君) 吉永議員。 ◆議員(吉永美子君) そうすると、この事業名として、新しく上がってきているわけですよね。新規事業ですよね。学校屋内運動場床改修事業として、こういうふうに事業名として上がっているんですけども、特に市内全域の小中学校の整備計画をきちっと上げて、年次的な計画ではなく、単純にぽんと上げたという認識でよろしいでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 尾山教育部長。 ◎教育部長(尾山邦彦君) 単純なというか、29年度の単年度事業として、単年度に複数年度であれば継続とかいう文字になるんですけども、単年度で終わる事業ということで新規で、また来年は別の学校がもしつけば、それも新規になるのかもしれませんけど、そういうことで、毎年学校全部施設回って、学校の御意見聞いたり、あるいは保護者から声がないかとかいうのも全部聴取しながら、優先度の高いとこから進めておりますので、そういった中では計画というペーパーがございませんけれども、そういう整理をする中で、優先順位をつけて学校施設については整備をしておるところでございます。 ○議長(尾山信義君) 吉永議員。 ◆議員(吉永美子君) 計画を立てていないということですけれども、やはり予算を要求していく中で、単年度とはいえ、翌年度はこうしていかなきゃいけない、次の年度はこうしていかなきゃいけないというところのやはり計画というのを立てていく必要性というのは感じておられないんでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 尾山教育部長。 ◎教育部長(尾山邦彦君) 昔でいう実施計画といいまして、例えばこの第2次総合計画12年計画で立てられることになっておりますけども、企画課のほうより12年間分の事業計画があれば、この所定の様式に記載してほしいと、記載して出すようにということで、私どもはそういった様式を使っては、向こう12年間のどこの学校をどのようにするという計画は出しておるところでございます。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) これをもって質疑を終わります。 次に、議案第16号平成29年度山陽小野田市駐車場事業特別会計予算についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第17号平成29年度山陽小野田市国民健康保険特別会計予算についての質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) 先日明らかになったんですが、4月1日から有効の保険証が今各被保険者のところに送られておりますが、実は、そのうちの1名の方が、氏名が名字のほうが違っていて問題になりました。なぜ、このようなことが起きたのか、基本的な問題ですが、これはシステムのトラブルなのか、それとも人為的ミスなのか。明確に名字が違っておりますので、何かしらのチェックがされていれば、そういった名字の違う保険証を御本人に送付するということはなかったと思うんですが、そういったミスがなぜ起きてしまったのか、ほかにもそういった例が出てくるのではないかというおそれを持つわけですが、その辺は大丈夫でしょうか。 ○議長(尾山信義君) 河合健康福祉部長。 ◎健康福祉部長(河合久雄君) 議員御指摘のとおり、このたび被保険者証を送らせていただきましたところ、1世帯の方につきまして、その名字が違った名前で打ち出しがあり、それを送付してしまった次第でございます。これにつきましては、御本人に謝罪するとともに、保険証の交換等、今かかっているところでございます。これにつきましては、システムの異常かとは思っておりますが、今、その原因につきましては、調査中でございます。 ○議長(尾山信義君) 山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) これは、システムのトラブルではなくて入力ミスではないんですか。でないと、こういうことを、こんなことでシステムがトラブルを起こしておったのでは、非常に困るんですが、その辺いかがでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 佐久間市民生活部長。 ◎市民生活部長(佐久間昌彦君) 住基ネットの関係、住基の関係で、国保のほうにその名前が打ち出しされますので、詳細についての原因については、システムというよりも人為的なミスなのか、その辺も含めて調査中ということでございます。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。岩本議員。 ◆議員(岩本信子君) 29年度予算を見ると、保険給付費はふえておりますが、保険料とかほかに療養給付費とかが減っています。給付費がふえて保険料が減っているということを考えると、保険料を値下げする意図があるのかなと思ってみたりはしたんですが、ちょっとその辺の説明を、基金も繰り入れも前よりもあれですよね、減っていますよね。だから、その給付費がふえた割にはそういうものが減っているということの理由をお願いします。 ○議長(尾山信義君) 河合健康福祉部長。 ◎健康福祉部長(河合久雄君) 保険料の算定につきましては、これは28年度との保険料率等々の率で計算しております。これにつきましては、6月1日、この保険料については、改めて算定しまして、それを使うわけになっておりますので、この予算上としては、保険料は今の率のままですので、保険者の人員減によりまして保険料については減っているところでございます。医療費につきましては、4.8%対前年度比、4.8%のアップを見込んでおりますので、その点につきまして保険料は医療給付費については伸びているところでございます。また、基金につきましては、このたび取り崩し等いたしまして、予算編成後の基金残高につきましては、5億6,000万程度となります。この基金につきましては、保険料の、これ以上引き上げにならないようにこの基金を活用したいとは思っているところでございます。 以上です。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) 今の保険料の問題なんですが、再来年度、単一県化、広域化になるわけですが、その前に、保険料をなるべく下げておくことがその次からの保険料を低くできるというふうな形というか、県からの納付金が少なくできるというふうに私は考えておるんですが、その辺のことを前提に、今年度の保険料、新年度の保険を検討しておられるのかどうなのか、その点のお考えをお聞かせください。 ○議長(尾山信義君) 河合健康福祉部長。 ◎健康福祉部長(河合久雄君) そういった論議等についてはしておりません。ただいま県の財政運営保険料部会につきましては、この保険料率につきまして、その算定の協議をしていると思いますが、現在のところ算定方式については例えば3方式を採用する、これはうちで今使用しているものです。また、賦課限度額につきましても、現在使用しております上限額に合わせる等々のまだ議論しか進んではおらないところでございます。今後の県の動向、また各種の要望等も踏まえながら、保険料率については決まってくると思いますので、その動向を見ながらまた作業を進めていきたいと思っております。 以上です。 ○議長(尾山信義君) ほかに質疑はありませんか。岩本議員。 ◆議員(岩本信子君) 総務費のところで、1,500万ふえているんですが、これが多分システム改修委託料だと思うんですが、これ、いつも国保はシステムの改修があるんですが、これの財源というのは、国のほうから何かあるんですか。どうですか。 ○議長(尾山信義君) 河合健康福祉部長。 ◎健康福祉部長(河合久雄君) システム改良費のほうにつきましては、国からもこの負担金が出るようになっております。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)
    ○議長(尾山信義君) これをもって質疑を終わります。 次に、議案第18号平成29年度山陽小野田市介護保険特別会計予算についての質疑を行います。御質疑はありませんか。岩本議員。 ◆議員(岩本信子君) この歳出のところで地域支援事業というのがかなりふえております。このふえている根拠というものをお聞きしたいんですが。 ○議長(尾山信義君) 河合健康福祉部長。 ◎健康福祉部長(河合久雄君) 地域支援事業につきましては、このたび平成29年度から総合事業、新総合事業を開始いたしますので、その分でふえているところでございます。 ○議長(尾山信義君) 山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) 総合事業にどう対応していくかということなんですが、これまでどおりの事業者等に事業委託するということもあろうかと思うんですが、それとは別にいろいろなボランティア団体とか地域団体がそれぞれの地域でそういった見守り活動、あるいはお年寄りの支援活動等されている、そういった団体に対して支援をしていくということもこれまで求めてきたわけですが、そういったお考えは持っておられるでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 河合健康福祉部長。 ◎健康福祉部長(河合久雄君) ボランティア団体を初め、また地域の方々、またNPO団体、そういった団体につき補助等考えながらこの総合事業、進めていきたいと思っておるところでございます。 以上です。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) これをもって質疑を終わります。 次に、議案第19号平成29年度山陽小野田市後期高齢者医療特別会計予算についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第20号平成29年度山陽小野田市地方卸売市場事業特別会計予算についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第21号平成29年度山陽小野田市下水道事業特別会計予算についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第22号平成29年度山陽小野田市農業集落排水事業特別会計予算についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第23号平成29年度山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計予算についての質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) 5場体制になって、業界生き残りをかけてさまざまな策を講じておられます。やはりここで問題になっているのは、黒字に向けてどう努力をするかということだと思うんですが、この平成29年度においては、どういった特別な対応策を考えておられるのか、その点についてお聞きしたいと思います。 ○議長(尾山信義君) 上田公営競技事務所長。 ◎公営競技事務所長(上田泰正君) 済いません。平成29年度の売り上げ向上の方策といいますか、方針といいますか、については、平成28年度、今年度と同じように今業界の中でいろいろと売り上げの向上については取り組んでいるところでございます。特に目指すところとしましては、本場開催の売り上げについては、日程調整、いわゆる5場体制ということで、大きいレース、GⅠレース等の日程の調整もございますが、そういったところで5場体制、5場の中で、全場がどれだけ売り上げを伸ばすかということを踏まえての日程調整を行っております。29年度もGⅠのレースにおいて、これまでなかった3日間の休日開催ということも踏まえておりまして、それに加えて、また特別GⅠも3日間休日のある日程になっております。 また、これまでずっとサテライト、競輪のサテライト場での拡充を図っておりましたが、今現在25カ所になっております。こうしたところも今現在まだふえつつあります。山陽オートの管理施行としてやっております今2場、宇部と岡山県の笠岡がありますが、そうしたところをまたふやしていこうというところもございます。 また、いろいろ業界では早急にやるべきこと、それから将来に向けてやることなど、いろいろ協議を含めて業界、特にオートレースという部分を、ほかの公営競技にはない新しい変革として考えていく方向もございますので、そうしたところを今真剣に業界の中で考えているところでございます。 ○議長(尾山信義君) 山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) 売り上げ向上策とは別に、やはり公営ギャンブルを経営する事業体として責任持たなくちゃいけないのが、ギャンブル依存症に対する対策も必要だというふうに考えているんですが、その点については何か特別な取り組みなどされているでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 上田公営競技事務所長。 ◎公営競技事務所長(上田泰正君) ギャンブル依存症に対応する部分としましては、今、業界の中でも特に国の経済産業省車両室、それからJKA踏まえて、いろいろな協議をしております。今後、具体的な対応策として出てくるかと思いますが、そうしたところの対応についてはまた各場、現場でもできることを考えていきたいというふうに考えております。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) これをもって質疑を終わります。 次に、議案第24号平成29年度山陽小野田市病院事業会計予算についての質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) 先ほどの補正予算の続きみたいなもんなんですが、赤字体質、やはりこっからどう脱却をしていくかということなんですが、コンサルタントを導入して分析をするということなんですが、それ以外に病院独自でどのような努力をされようとしているのか、具体的な方策をお答えください。 ○議長(尾山信義君) 堀川病院局事務部長。 ◎病院局事務部長(堀川順生君) まず、29年度予算については、実質黒字予算でございます。 次に、確かにコンサル、これについていろんな方策、今、いろいろ話を協議を進めておるところでございます。そのような中で、それが自分たちでできるところ、また、それを参考にして私どもが考え、実際に実行していく、そういう形で進めていきたいというふうに思っております。 以上です。 ○議長(尾山信義君) 山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) 何も具体的なものがなかったんですが、特に強化していかなくちゃいけないと思うのが、地域の医師会のお医者さんの皆さんとのやはり連携とか、そういったものが必要であるというふうに思うわけです。やはり、地域から入院患者を紹介していただくとかいうことが特別に必要ではないかなというふうに思うわけです。しかも、病院が建てかわっていろいろな機器の入れかえもしておられますので、検査等、もっとたくさんできるのではないかなと、やはりそういった病院から積極的に患者さんを紹介してもらうという点が必要ではないかなと思うんですが、その点の取り組みはどのようにされているでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 堀川病院局事務部長。 ◎病院局事務部長(堀川順生君) まず、紹介の件でございますが、昨年秋から後方支援、在宅の後方支援病院の指定を受けております。そういう中で、医師会にも説明し、また個々かかりつけ医、市内のかかりつけ医に対してもこの制度の説明に行っております。それと、今、それを全てやっておりますので、今後は、近隣の市、これについてはまたそこの医師会との協議も必要なんですが、一応そういう形で進めていこうというふうに思っております。 続いて検査については、もう既に皆さん御承知のように、かかりつけ医の方、検査依頼というものが実際に私どもの病院でやるような形で今現在既にもうやっております。 最後に、医師会との連携ということなんですが、これにつきましても、私ども勤務医といえども医師会に入っております。またいろいろな部会にも参加しております。そういうような中で、意見交換、当然、一病院、そしてまた市内唯一の市民病院であります私どもの病院の医員がしっかり意見交換をしているはずでございます。 以上です。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。岩本議員。 ◆議員(岩本信子君) 病院の予算でございますが、入院患者数、昨年度、私が審査したときには180人という入院患者数で出されておりました。そのときには、実現可能な数字であるという私も説明を受けておりましたところ、このたびの補正で179人となりました。そのときの外来の患者数は450人ということでして、このたびの修正かけられて、410人になったわけです。このたびの予算が入院が185人、外来患者が430人という予算立てをされているんですが、どうでしょうか、これ、去年の予算立てよりも少し高い、外来はちょっと低いんですが、私とすればコンサルタントを入れた事業の結果、少し入院患者がふえてくるというその予測のもとにこれを、予算立てられているのかなと思ってみたりはしたんですが、ちょっとその辺を済いませんが、説明ください。 ○議長(尾山信義君) 堀川病院局事務部長。 ◎病院局事務部長(堀川順生君) 病院で今215床でございます。きょう見たら、今月6日までなんですが、200人入っております。これはどういうことかというと、感染症の患者がいると同じ部屋に入れられないとか、実際にもう満床状態でございます。そういうような中で、やはりベッドコントロールを的確に判断できる専従とは言いませんが、ベッドコントロールのできる看護師、これを育て、これを活用するということで、数字的には5床程度、昨年の当初よりも上げております。これはコンサルとか、含めていろいろ考えておる結果でございます。  以上です。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。岩本議員。 ◆議員(岩本信子君) 入院患者はわかったんですが、外来のほうが、去年450から430と、いろいろな理由はおっしゃっていましたよね。聞いております。投薬期間が長くなったとかありましたけれど、それでもこのたびの410人でしたか、補正が、それが430になっているというところなんですが、その辺の説明もお願いします。 ○議長(尾山信義君) 堀川病院局事務部長。 ◎病院局事務部長(堀川順生君) これは、一概に全てこれだという理由は言えないんですが、例えば診療科、これの再編、こういうことも可能性があればチャレンジしていきたいと。また、先ほど言いました、かかりつけ医からただ入院だけではなくて紹介していただく、またそこでかかりつけ医に戻す、逆紹介、そういうものを活発化することによって外来患者もふえるんではないかなということでこの数字430人という数字を出しております。 以上です。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。河野議員。 ◆議員(河野朋子君) 補正予算のときの確認なんですけど、そのときに、委員長の報告の中で県に出す資料なので、高い数値を出したというような答弁があったわけで、今回の予算について確認ですが、これは県に出す資料なので、高い数値で出したということはないという確認ですが、そのあたりいかがでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 堀川病院局事務部長。 ◎病院局事務部長(堀川順生君) きょうの午前中の委員長報告でそういう話、つまり委員会の中でそういう形、そういう説明いたしましたが、実際は、それはそういう思いもあったというような予算ではないかなというふうに思います。そういうような中で、昨年はやはり特例債の償還の最後の年ということもあったんではないかなと、私、その当時はちょっとその委員会におりませんでしたので、詳しいことはわからないんですが、一応そういうこともあったんではないかなと思います。が、今回29年度当初予算においては、確かに努力しなければ到達できない数字かもしれませんが、決して県に出すからふやした、また現実数字合わせで現実から離れた数字ということは一切ございません。これに向かって確かに表面的には頑張る姿が見えないかもしれませんが、職員一同頑張ってやっていきたいと思います。 以上です。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) これをもって質疑を終わります。 次に、議案第25号平成29年度山陽小野田市水道事業会計予算についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第26号平成29年度山陽小野田市工業用水道事業会計予算についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第27号行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) これはなかなか条文しか見ておりませんので難しくて、率直にお聞きしたいんですが、個人情報の提供を規定しようとする、そういう条例であるというふうに見たんですが、どういった内容をどういったところに提供するための規定なのか。その際、個人情報を守るということとどういうふうに整合性をつけていくのか。その点についてお聞きしたいと思います。 ○議長(尾山信義君) 今本総務部長。 ◎総務部長(今本史郎君) 今回の条例改正につきましては、教育委員会が行う就学援助の事務について、市が持っている情報を提供すると、そのことを新たに追加するものです。 今、条例のほうに取り扱う事務、12ほど出ておりますけれども、それぞれの担当する部署から自己評価書ということで、きちっと個人情報を取り扱いますよというようなものを、例えば国のほうにそれを提出して、自己評価ですけれども、こういう取り組みを行いますということもやっておりますし、職員においては、インターネット等のeラーニング等で勉強等もしながら、その情報の漏えいというか、そういったものについて、保護についてしっかり取り組みを、今行っているところでございます。 また、特定個人情報を取り扱う個人のリスト等も、きちっと誰しか取り扱えないというようなことのリスト等も出していただく中で、個人情報の保護を、守っていこうということで、今取り組んでおるところでございます。 ○議長(尾山信義君) 山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) では、具体的には就学援助の手続の際に、その方に関する税情報というか、その辺が提供される情報について、この条例で規定しようということでよろしいんでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 今本総務部長。 ◎総務部長(今本史郎君) はい、そのとおりでございます。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) これをもって質疑を終わります。 次に、議案第28号山陽小野田市職員の育児休業等に関する条例及び山陽小野田市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第29号山陽小野田市税条例等の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第30号山陽小野田市空家等対策の推進に関する条例の制定についての質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) この条文の中に、特定空き家のことについて記述がされております。特定空き家に指定することによって、それの処分等が進められるんではないかなと思っているんですが、具体的には、今後、その対策、どのようにとられていこうとしてこの条例を制定されるのか、お答えください。 ○議長(尾山信義君) 井本市民生活部次長。 ◎市民生活部次長(井本雅友君) 今後ですが、本年度、実態調査を考えております。その実態調査で現状を把握して、それによって特定空き家等に対する措置については、今までは市の条例で定めておりましたが、今後は、特定空き家に対する措置については特措法の第14条のほうで規定されておりますので、そちらに従って手順を踏んで進めてまいります。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。大井議員。 ◆議員(大井淳一朗君) この空き家条例、新しい、今出されている条例なんですが、空き家対策は御承知のように空き家の適正管理等といった側面と、空き家の利活用といった側面があります。第4条に、「空家等の適切な管理及び活用促進等に関する必要な施策を実施しなければならない」ということで、市の責務という形で両側面について書かれておりますが、具体的な条文に着目いたしますと、適正管理につきましては、特措法の12条に対応する形で条例の9条が定められておりますが、利活用については、特措法の13条に対応する規定が条文に規定されておりません。空き家の利活用について、この条例上どのように考えていかれるのかについて、お答えください。 ○議長(尾山信義君) 井本市民生活部次長。 ◎市民生活部次長(井本雅友君) 空き家の利活用についてでございますが、議員おっしゃるとおり、法第13条で、「市町村は、空家等及び空家等の跡地に関する情報の提供その他これらの活用のために必要な対策を講ずるよう努めるもの」と規定されております。 空き家等の中には地域交流、地域活性化、福祉サービスの拡充等の観点から、所有者等以外の第三者が利活用することにより、地域貢献などに有効活用できる可能性のあるものも存在しております。具体的な空き家等有効に利活用する方策としては、例えば利活用可能な空き家等は、その跡地の情報を市町村が収集した後、当該情報についてその情報所得者の同意を得た上で、インターネットや宅地建物取引業者の流通ネットワークを通じて、広く当該空き家等またはその跡地を購入し、賃貸しようとするものに提供することが想定されます。 その際、空き家バンク等の空き家等の情報を提供するサービスにおける、宅地建物取引業者の関係事業団体との連携に関する協定を締結することも考えられますが、こういったことにつきましては、新年度、新たに立ち上げる協議会において審議してまいりたいと思っております。 以上でございます。 ○議長(尾山信義君) 大井議員。 ◆議員(大井淳一朗君) それでは、協議会を設置して空き家等対策計画が策定される方向だと思うんですが、この中には、今、先ほど答弁ありました空き家の活用についても言及される、検討されるということでよろしいでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 井本市民生活部次長。 ◎市民生活部次長(井本雅友君) はい、そのとおりです。活用についても検討してまいります。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。大井議員。 ◆議員(大井淳一朗君) 他市の条例を見ますと、実は緊急安全措置という項目があります。これは、「空き家等の状態に起因して人の生命、身体、財産に危害が及ぶことを回避するため緊急の必要があると認めるときは、これを回避するために必要な最小限度の措置を講ずることができる」とあります。 ところが、今回の条例には緊急安全措置といった規定がございません。この緊急安全措置についての規定を設けなかった理由と、実際に人の生命、身体、財産に危害が及ぶことは当然考えられますが、どのような形で市は対応していくのか、この2点についてお答えください。 ○議長(尾山信義君) 井本市民生活部次長。 ◎市民生活部次長(井本雅友君) 緊急安全措置につきましては、現条例の中でも対応してまいりましたし、必要最低限の措置については今後もしてまいります。ケースバイケースでございますが、現場に赴いて対策をして、今後もまいりたいと考えております。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) これをもって質疑を終わります。 次に、議案第31号山陽小野田市障害福祉サービス事業所条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第32号山陽小野田市児童発達支援事業所条例の制定についての質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) この条例はなるみ園で実施されようとしているわけですが、なるみ園がこれまで実施してきた事業と何か余り変わらないような事業のように思うんですが、その辺ではどのように今までの事業と違いがあるのか。 それと、事業所の定員20名ということになると、現在の事業に支障を来したり、あるいは職員の増員等必要になってくるような気がするんですが、具体的にどのようにされようとしているのかをお答えください。 ○議長(尾山信義君) 河合健康福祉部長。 ◎健康福祉部長(河合久雄君) 現在、なるみ園の設置根拠といたしましては、心身障害児簡易通園施設となっておりますが、これにつきましては法的な位置づけというのはございません。このたび、県の指定を受けるような施設ということで、児童発達支援事業所として位置づけるところでございます。この事業所に位置づけることによりまして、利用者本位の目線に立って、利用施設の質を上げ、きめ細かいサービス水準が確保されるようになると期待しているところでございます。 また、もう1点、この児童発達支援にかかる運営費が、国から2分の1、県から4分の1の補助を受けることになります。それによりまして、市の一般財源の負担の軽減も見込めるというふうに考えておるところでございます。 また、現在している事業とは、職員の体制等は変わりなく、この事業所に移行できると見込んでおります。 また、現在でも定員が20名受けておりますので、その点につきましても心配はしていないところでございます。 以上です。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。山田議員。 ◆議員(山田伸幸君) それともう1点、この条例の中に、字句でどうしても気になることがあるのでお聞きするんですが、第1条に「心身に障害のある」というふうに書かれております。その後も至るところにこの「害」の字が使われているんですが、市の基本サービスなんかではこの「害」は平仮名に改めているということをしていると思うんですが、どうしてもこういう条例の中では、この「害」という字を使わざるを得ないのか。 私の知っている、障害のある子供を持っておられる親御さんは、「私の子は誰にも害を与えていないのに、こういう字を使われるのは心外だ」ということを言われるお母さんもおられます。やはり、その辺でのこの条例の配慮、必要ではないかなと思うんですが、いかがでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 河合健康福祉部長。 ◎健康福祉部長(河合久雄君) 例えば児童発達支援事業所とかいう名称の場合、国におきましては、この「障害」につきましては、国のほうではこの漢字を使っておりまして、そのようになっております。 市のほうに使う場合には、この鍵括弧をつけるなりの配慮をしてやっておりますが、このたびの条例につきましては「障害」そのままにしております。ちょっとこの点につきましては、また確認いたしまして、利用者の方等と御迷惑をかけないように配慮等を、今後していきたいと考えております。 以上です。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。岩本議員。 ◆議員(岩本信子君) これは今までと余り変わらないような気がするんですが、今ふえているのが、発達障害児が随分ふえている状況であります。ここにあるのが、「心身に障害のある児童またはその疑いのある児童」というふうに書いてあるんですが、その疑いというところは、発達障害みたいな、これはきちっとした定義は一応あるのはあるんでしょうが、診察というのがなかなか本当に、診る方によって随分違うような気がするんですが。その点は、その発達障害児に対してという部分はいかがなんでしょうか、この制度というのと。どうでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 河合健康福祉部長。 ◎健康福祉部長(河合久雄君) このたびから、この入所される方につきましては、先ほどの条例ございましたけれども、障害福祉サービス事業所におきまして、このケアプランというのを受けることになります。このときに、受けるには、例えばこの「疑いのある」という言葉もございますけれども、これはその診断名にはっきりした名称、あるいは疑いのあるということもございますので、そういったところに配慮していまして、この「疑いがある」という言葉が入っているところでございます。 この発達障害児、非常に定義等も難しいところもございますので、そういったところをカバーする意味でも、その疑いのあるという言葉があるかとも思っているところでございます。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) これをもって質疑を終わります。 次に、議案第33号山陽小野田市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第34号山陽小野田市手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第35号山陽小野田市病院局企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第36号山陽小野田市水道局企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第37号山陽小野田市の特定の事務を取り扱う郵便局の指定についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第38号養護老人ホーム長生園組合の解散に関する協議についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第39号養護老人ホーム長生園組合の解散に伴う事務の承継に関する協議についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第40号財産の無償貸付についての質疑を行います。御質疑はありませんか。岩本議員。 ◆議員(岩本信子君) これ、財産無償貸し付けということになっているんですが、この施設というのは何度か見に行ったんですけれど、随分狭いですね。今の、2人入っていらっしゃる、今までは、狭いところに。これは、私は建てかえないと今の基準に合わないのかなと、それとも何かこう別の方策でされるのかなと思っているんですが、その点は何か聞いてらっしゃいますか。ここに無償で貸し付けるということについての、建てかえをされるとか、そのようなことなんかはあるんでしょうか、いかがでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 河合健康福祉部長。 ◎健康福祉部長(河合久雄君) このたび、長生園の引き受け手でございます社会福祉法人さわやか会におかれましては、いろいろな計画は持っておられるようでございますけれども、現在のところは、まず4月からは現在の施設で始められるということは聞いております。今後、建て増しをするとかいうことも、また事業をふやしていくというような計画もあるそうでございますけれども、そういったことも含みながら、今後、市とも連携をとりながら進めていきたいと思っております。 以上です。 ○議長(尾山信義君) 岩本議員。 ◆議員(岩本信子君) もう1つ、福祉施設の計画なんかがありますよね、大体地域によって、どういう施設をつくるって。そういう計画についてですけれど、この新しく受けていただけるところとの整合性というもの、例えばそういうふうなことはちゃんととられていかれるんでしょうか。その計画との、ここの定員人数と計画との整合性ですね、いかがですか。
    ○議長(尾山信義君) 河合健康福祉部長。 ◎健康福祉部長(河合久雄君) 長生園につきましては、養護老人ホームですので、県の認可となっておりますので、そちらのほうで計画を持っているということになっております。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。大井議員。 ◆議員(大井淳一朗君) 済みません、1点確認したいと思います。あくまでも土地の無償貸し付けということで、今後さわやか会が建物の改築あるいは建てかえ等が生じた場合に、市が負担することはないということでよろしいでしょうか。 ○議長(尾山信義君) 河合健康福祉部長。 ◎健康福祉部長(河合久雄君) この敷地内で行われることにつきましては、市のほうはそういった負担は生じないはずでございます。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) これをもって質疑を終わります。 次に、議案第41号山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び共同処理する事務の構成団体の変更並びにこれに伴う規約の変更についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第42号山口県市町総合事務組合の財産処分についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 以上をもって、議題となっております議案28件に対する質疑を終わります。 これらの議案はお手元に配付しております付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会へ付託いたします。委員会におかれましては、十分なる御審査をお願いいたします。──────────── △日程第8議案第44号~第46号 ──────────── ○議長(尾山信義君) 日程第8、議案第44号山口東京理科大学薬学部増築工事(A,B棟機械設備工事)請負契約の締結についてから議案第46号物品の購入についてまでの、議案3件を一括議題といたします。 市長の提案理由の説明を求めます。白井市長。(市長登壇) ◎市長(白井博文君) それでは、ただいま上程されました諸議案について御説明申し上げます。 議案第44号及び議案第45号は、山口東京理科大学薬学部増築工事請負契約の締結についてであります。これらは、山陽小野田市立山口東京理科大学に平成30年4月に薬学部を新設するため、薬学部校舎A棟、B棟、C棟の3棟を建設することとしておりますが、このうちのA棟及びB棟の機械設備工事及び電気設備工事に着手しようとするものであります。 これらにつきましては、去る2月8日に指名競争入札を行いましたところ、機械設備工事については13億8,240万円をもって、山口東京理科大学薬学部増築工事A,B棟機械設備工事、三建設備工業・嶋田工業特定建設工事共同企業体が、電気設備工事については、7億6,680万円をもって、中電工・太陽産業共同企業体が、それぞれ落札しましたので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき、各工事について落札業者と請負契約を締結するため、議会の議決を求めるものであります。 議案第46号は、物品の購入についてであります。これは、山陽小野田市立山口東京理科大学に平成30年4月に薬学部を新設するため、平成29年度から平成31年度までにかけて、年次的に山口東京理科大学薬学部研究機器類整備事業に係る物品を購入するものであります。 当該事業は、研究機器類の物品を購入するものですが、その整備に当たっては、建築主体、電気設備、機械設備の工事と密接に関係しています。ことし3月末から4月初旬にかけ、建築主体による基礎の掘り方工事が始まり、これに伴い地中のコンクリート工事が開始されますが、この工事に着手する際には、研究機器の設置場所に給排水や特殊ガス、電気設備工事に伴うスリーブを事前に敷設しておかなければならず、それぞれの棟の電気設備及び機械設備工事の請負業者との調整が必要となります。 このため、当該事業に係る物品の購入先を、電気設備及び機械設備工事の施工前に決定する必要があることから、地方自治法施行令第167条の2第1項第5号の規定に基づき、見積もり合わせにより業者選定を行い、15億7,896万円をもって、株式会社紀伊國屋書店広島営業所を当該事業に係る物品の購入先と決定しましたので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定に基づき、当該事業に係る物品購入契約を締結するため、議会の議決を求めるものであります。 以上、御審議のほどよろしくお願いいたします。(市長降壇) ○議長(尾山信義君) 市長の提案理由の説明が終わりましたので、これより質疑を行いますが、質疑については1件ずつ行います。 議案第44号山口東京理科大学薬学部増築工事(A,B棟機械設備工事)請負契約の締結についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第45号山口東京理科大学薬学部増築工事(A,B棟電気設備工事)請負契約の締結についての質疑を行います。御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 質疑なしと認めます。 次に、議案第46号物品の購入についての質疑を行います。御質疑はありませんか。下瀬議員。 ◆議員(下瀬俊夫君) 先ほどの提案説明の中で、急施を要するというふうに理由づければ、それが何百億というこの事業費であったとしても、この随意契約は可能であるということになってしまうわけです。そうすると、地方自治法施行令の規定は一体何なんだろうかと。いわゆる議会審議の中で、当然急施を要するという内容について、もっと踏み込んだ議論が私は必要ではないかというふうに思っておりますが、その急施を要する内容の問題です。いわゆるこの薬学部の開設に間に合うか、間に合わないかということなのか、申請に間に合わないということなのか、そこら辺をもっと具体的に、私はやはり議論の対象になるべきだというふうに考えていますが、市長の見解をお聞きしたいと思います。 ○議長(尾山信義君) 大田成長戦略室長。 ◎成長戦略室長(大田宏君) このたび、急施を要するとした理由は、このたびの研究機器類購入事業、備品購入事業につきましては、単に備品を買ってきてそこに置くということではなくて、実は市のもの、それから大学のほうで契約するもの、合わせて約3,500点ぐらいの備品類について、それぞれ研究室の責任者である教授と、どれだけの備品が必要かということを全て話し合って決めていく作業、そしてそれが決まれば、それぞれの研究室にどこにどういう配管で置いていくかを協議して決める作業、それが整えば、配管図面図を作成する作業です。そして、実際に工事期間中はその配管図面図どおりに配管がなされ、置ける状態になるかを確認する作業。最後に、工事が終わるころには実際に備品が入ってきて、それを設置する作業。プラス、それぞれの備品について、各メーカーに発注する作業まで全て含めた、いわゆるコーディネーター的な業務ということで、契約をするわけです。 ただ、金額的には大部分が備品購入費に当たるから、契約上は物品の購入ということですけれど、行う業務内容というのはそれだけのものになります。 今、くい工事が行われ、間もなく建築主体工事に入るんですが、くい工事が完了する前に建築主体工事の議決をいただきましたから、工場内でプレキャストボードの生産に入っていきます。大きな備品については、配管の穴をそのプレキャストボードの製作をする過程において、図面に合わせて穴をあけておくというような必要もあることから、この契約がおくれることによってプレキャストボードの生産、そして基礎工事に入っていくのがおくれるということになります。そうなりますと、全体がおくれ、適正な建築工事の期間がとれなくなるということから、このたび、緊急やむを得ないということで、見積もり合わせの随契とさせていただきました。 ただ、初めから随意契約ということではなくて、実は内々に現在の設計会社の下請に、購入備品の仕様書等も考える業者が入っておりますから、その業者から備品類の素案が上がってくる段階で、監理室のほうと協議をずっとしておりました。我々としましては、入札により決定をすることが望ましいと考えておりましたけれども、監理室のほうから諸般の事情で指名競争入札ができないということを受けまして、その他の手法による入札では時間がとれないということで、見積もり合わせによる随意契約をしたということになります。 以上です。 ○議長(尾山信義君) 開学なのか申請なのかという点については。大田成長戦略室長。 ◎成長戦略室長(大田宏君) 特別委員会等でも説明しておりますように、校舎等の施設整備につきましては、グラウンド、テニスコート等、あるいは駐車場、駐輪場等の外構工事を除き、校舎及び研究機器類については全て完了するという前提で、申請を受け付けるというふうに文部科学省から言われております。ですから、現時点で工期がおくれるということは、申請に影響すると。ということは、開学に影響するということですから、見積もり合わせという手法をとらせていただきました。 以上です。 ○議長(尾山信義君) 下瀬議員。 ◆議員(下瀬俊夫君) 工程管理についてどうのこうのという気は全くないし、結局今回、さまざまな入札がおくれにおくれてきたというのが最大の原因になっています。そこら辺からこういう、非常にこうタイトな工程になってしまったというのが背景にあります。だから、当然なぜおくれたのかという問題も、当然問題意識の中になければいけないというふうに思っています。 ただ、私が言っているのは、私たちも文科省に対してさまざまな問い合わせをやっています。その中で、今、室長が言ったように、それが条件であるという言い方は、基本的にしていないわけですよ。それはいわゆる本市が申請に当たって、全部まとまってきちっとした立場で申請をしたいという気持ちは、それはわかるわけですよ。そうしたい。だけど、それでなければ受け付けないとか、認可をしないとかいう問題とは話が違うんではないかと。私はやはりそこまできちんと議論をしなければ、急施を本当に要するかどうかという議論にならないんじゃないかなと思っているわけですが、いかがですか。 ○議長(尾山信義君) 大田成長戦略室長。 ◎成長戦略室長(大田宏君) 正式な申請の前に、文部科学省との事前協議に何度かお伺いする中で、大学設置基準における段階的な施設整備についてお問い合わせをいたしました。そのときに、文部科学省側からの答えは、これは大学を新たに新設する場合の基準であると。その場合は初年度に10分の4と、2年目に10分の7、3年目に10分の10つくればいいという段階的整備基準はあるけれども、学部を増設する場合はそういう基準がない。ということは、施設整備が間に合うことが大原則ですと最初に言われましたので、私どもといたしましては、申請時に工期がおくれるという前提での申請は、受け付けていただけないと判断をしております。 以上です。 ○議長(尾山信義君) 下瀬議員。 ◆議員(下瀬俊夫君) 当然、開学が間に合わないとか何とかって、今から申請するわけですから、間に合わないということを前提の話をしているわけではないんです。結果的に間に合わない場合だってあるじゃないかという話をしているわけです。そういう場合でも、文科省は全くそれは認可を受け付けないとなるのかどうかという、最終的なそこら辺の判断が問われる問題なんじゃないかと言っているわけです。 だから、当然私たちは違法な契約であれば、そこまできちんと踏み込んだ議論が必要じゃないかなと。だから一貫して我々の立場、いわゆる本市から申請する段階で、全部そろうてやりたいんだという気持ちは、それはそれとして尊重しますが、しかし相手があることなんで、この申請段階で先のことはわからないけど、しかしこの全部そろうということが前提の話として、今度の契約を随契にしましたというのとは少し違うんじゃないかなということを聞いているわけですから。ちょっとそこら辺はこちらの質問の意図も踏まえた御答弁をお願いしたい。 ○議長(尾山信義君) 大田成長戦略室長。 ◎成長戦略室長(大田宏君) 当然、建設工事等ですから不測の事態が絶対にないということはあり得ないと思っております。ですから、申請以降、あるいは認可をいただいて以降、何らかの不測の事態によってどうしても間に合わないというケースは、あってほしくないとは思っておりますけれども、そういうケースが考えられないことはないと思います。 その場合には、既存の校舎、これは工学部の校舎で基準以上の面積を保有しておりますから、できるまでの間既存の校舎を利用しながらするとかいうような相談は可能だと思っております。 ただ、申請時においては、事前の協議の中で工事の工程表を出せというのを、一番最初の事前協議の中で言われました。その工程表を見る中で、これは非常にタイトなスケジュールだと思うんだけれども、本当に間に合うんですかという中から話が始まっております。ですから、常識的な工期をきちんととっておって、間に合うということを確認した上で申請を受け付けますというふうなことを、一番最初に言われましたものですから、我々は、厳しい中でもできるというきちんとした工期を設定をして申請をすべきというふうに指示をされたと思っておりますので、今そのようなつもりで動いております。 以上です。 ○議長(尾山信義君) ほかに御質疑はありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) これをもって質疑を終わります。 ただいま議題となっております議案3件は、山口東京理科大学薬学部設置促進並びに利活用調査特別委員会に付託することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(尾山信義君) 異議なしと認めます。よって、本3件は山口東京理科大学薬学部設置促進並びに利活用調査特別委員会に付託することに決定いたしました。委員会におかれましては、十分なる御審査をお願いいたします。 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。 ここで、これからの日程を申し上げます。 あす8日からは、各常任委員会等の開催日となっておりますので、付託案件の御審査をお願いいたします。 また、23日は午前10時から本会議を開き、付託案件に対する委員長報告、質疑、討論、採決を行いますので、御参集をお願いいたします。 本日はこれにて散会いたします。お疲れでございました。────────────午後3時6分散会──────────── 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。  平成29年3月7日   議  長  尾 山 信 義   署名議員  中 村 博 行   署名議員  長谷川 知 司...