周南市議会 > 2021-03-03 >
03月03日-03号

ツイート シェア
  1. 周南市議会 2021-03-03
    03月03日-03号


    取得元: 周南市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-05-05
    令和 3年 2月 第2回定例会 議会運営委員会周南市議会議会運営委員会記録日  時  令和3年3月3日(水曜日)午後 4時09分開議                   午後 4時31分散会                   (会議時間22分)休  憩  なし場  所  議会会議室出席委員  委員長   古 谷 幸 男 議員      副委員長  藤 井 康 弘 議員      委  員  井 本 義 朗 議員      委  員  岩 田 淳 司 議員      委  員  金 子 優 子 議員      委  員  佐々木 照 彦 議員      委  員  島 津 幸 男 議員      委  員  友 田 秀 明 議員      委  員  中 村 富美子 議員      委  員  吉 安 新 太 議員議長出席 議  長  青 木 義 雄 議員委員会において出席を求めた議員      副議長   福 田 健 吾 議員            小 林 雄 二 議員事務局職員 局長             井上達也      次長             山根高志      次長補佐           村田裕      議事担当係長         野村泉会議に付した事件      追加議案等取扱いについて会議規則等改正について議事経過 別添のとおり 周南市議会委員会条例第65条の規定により、ここに署名する。                     議会運営委員会委員長    古  谷  幸  男議会運営委員会 議事経過   午後 4時09分開議委員長古谷幸男議員) ただいまから議会運営委員会を開催いたします。 委員外議員として、副議長小林雄二議員出席しておられます。 本日の協議事項はお手元レジュメのとおりであります。 ────────────────────────────── △追加議案等取扱いについて ○委員長古谷幸男議員) 追加議案等取扱いについてを議題といたします。既に各会派室配付しておりますが、本日、執行部から議案(その2)が提出されました。レジュメ裏面の3月4日以降の議事日程(案)を御覧ください。追加議案について、まず、議案第45号から第47号までは、3月4日の議案第30号から第44号までの委員会付託に続いて、一括提案説明個別質疑を行います。予算に対する質疑は、申合せにより大綱質疑となります。質疑終了後、委員会付託表(第4号)により、委員会付託を行います。委員会の審査は、ほかの議案と併せて、企画総務委員会を3月5日に、予算決算委員会を3月8日から3月10日まで行います。3月17日の最終日に、ほかの議案と併せて、企画総務委員長及び予算決算委員長報告を受け、質疑を行い、その後、討論表決を続けて行います。表決の方法は、反対討論がなければ簡易表決反対討論があれば起立表決により行います。次に、報告第2号についてであります。3月17日の会議録署名議員の指名に続いて、執行部より報告を受け、質疑を行います。次に、発言取消申出書の取扱いについてであります。お手元発言取消申出書の写しを配付しておりますが、新南陽総合支所長から、3月2日本会議周南市議会自由民主党会派質問での発言について、発言取消しの申出がありました。この取扱いですが、陳情第1号の委員会付託後、議長から諮り、発言取消しの許可は、簡易表決により行います。発言取消しについては、このとおりでよろしいですか。   〔「はい」と呼ぶ者あり〕 ○委員長古谷幸男議員) 御異議がないので、そのように決定をいたしました。なお、発言取消申出書は委員会終了後に回収させていただきますのでよろしくお願いをいたします。本会議での配付について、事務局から説明お願いいたします。 ◎議会事務局次長補佐村田裕君) 発言取消申出書を本会議場配付するタイミングについて御説明いたします。明日3月4日、市民クラブ会派質問が終了し、議案第17号から第29号までの委員会付託がされましたら、質問席撤去等休憩に入ります。その休憩の際に、発言取消申出書を配付したいと思いますのでよろしくお願いいたします。以上でございます。 ○委員長古谷幸男議員) 本会議での発言取消申出書の配付は、事務局からただいま説明のとおりになりますので、よろしくお願いをいたします。 追加議案等取扱いについては以上のとおりとなりますが、よろしいですか。   〔「はい」と呼ぶ者あり〕 ○委員長古谷幸男議員) そのように決定をさせていただきました。────────────────────────────── △会議規則等改正について ○委員長古谷幸男議員) 次に、会議規則等改正についてを議題といたします。2月22日開催の当委員会で、全国市議会議長会が定める標準市議会会議規則改正に伴い、周南市議会会議規則等について、改正を行うことを決定しております。つきましては、別紙資料のとおり、改正内容について委員長(案)をお示ししております。資料について説明いたしますと、まず1ページ及び2ページに、周南市議会会議規則の一部を改正する規則及び周南市議会委員会条例の一部を改正する条例の、新旧対照表の案をおつけしております。なお、これら案は、このたびの全国市議会議長会標準市議会会議規則改正に沿った内容で提示いたしております。改正内容について、書記から説明いたします。 ◎議会事務局議事担当係長野村泉君) それでは、委員長(案)について御説明いたします。まず、周南市議会会議規則改正内容についてです。資料1ページの新旧対照表(案)を御覧ください。第2条の欠席遅刻または早退届出においては、第1項中、「事故のため」を「公務疾病育児看護介護配偶者出産補助その他のやむを得ない事由のため」とし、第2項中、「日数を定めて」を「出産予定日の6週間(多胎妊娠の場合にあっては、14週間)前の日から当該出産の日後8週間を経過する日までの範囲内において、その期間を明らかにして」としております。次に、第84条、請願書記載事項においては、第1項中、「請願者住所及び氏名法人の場合にはその名称及び代表者氏名)を記載し、請願者押印をしなければならない」を「及び請願者住所を記載し、請願者署名又は記名押印をしなければならない」とし、同項の次に「請願者法人のときは、邦文を用いて、請願趣旨提出年月日及び法人名称と所在地を記載し、代表者署名又は記名押印をしなければならない。」を第2項として追加いたします。第2項の追加に伴い、現行の第2項を同条第3項に改め、「請願を紹介する」の前に「前2項の」を追加いたします。次に、裏面2ページの周南市議会委員会条例改正内容について、御説明いたします。周南市議会では、委員欠席届出を、周南市議会委員会条例において定めておりますので、同条例改正も必要となります。それでは、新旧対照表(案)を御覧ください。第13条、欠席遅刻又は早退届出においては、第1項中、「事故のため」を「公務疾病育児看護介護配偶者出産補助その他のやむを得ない事由のため」とし、第2項中、「日数を定めて」を「出産予定日の6週間(多胎妊娠の場合にあっては、14週間)前の日から当該出産の日後8週間を経過する日までの範囲内において、その期間を明らかにして、」としております。以上でございます。 ○委員長古谷幸男議員) ただいま事務局のほうから説明をいたしました。周南市議会会議規則及び周南市議会委員会条例について、お示ししております改正を行ってよろしゅうございますか。確認をいたします。 ◎委員島津幸男議員) 私反対してるわけじゃないんだけども、ちょっと教えてください。 この全国市議会、何ですか、会議改正に従いってあるけども。この第84条の記名押印押印は引き続きやるってことになってるんですかね。要は、今の政府の方針で印鑑を廃止するって言ってるんだけども、ここまではまだやるんだっていうことでよろしいわけですね。 ○委員長古谷幸男議員) はい。そうです。 ◎委員島津幸男議員) それからもう一つ、すみません。 この2ページ目ですね、裏側のほうだけども。これは、出産には男性は入るんですか。僕は不可能だけれども、今の時代、男性はイクメンでしょ。そのときはどうするんだろ。 ○委員長古谷幸男議員) 第13条ですか。(「そうです」と島津幸男委員呼ぶ)13条は、育児とか看護介護というのは、男性女性とも該当するということになります。(「分かりました。結構です」と島津幸男委員呼ぶ) それから参考のために、十分にいろいろと皆さん参考にされたらと思って私持ってまいりましたけど、皆さんのお手元に、この市議会旬報の中に載っております中に、具体的にここに標準市議会会議規則改正関係資料というのがあります。それをまた十分読まれたら、いろんなことがまた分かるかも分かりませんので、どうぞ御拝読いただいたらと思いますので、よろしくお願いしておきたいと思います。 ◎委員藤井康弘議員) 今、島津委員が言われたのは、要するに、例えばこの第2条の第1項については当然男性もですけど、第2項の出産のための欠席するちゅうことについても、男性っていうかいわゆる相方ですね。相方もこれに含まれるのかっていう、そういう趣旨で質問されたということですか。(「そうです」と島津幸男委員呼ぶ)それだったら違います、それは。あくまでも出産のため出席できない、出産介護するために出席できないっていうのが入っていませんので。あくまでも出産する者、女性それ自体、その人に限られるということです。だから、出産に伴って配偶者男性のほうが手伝うためっていうことであれば、第1項の一般的なほうで対応するという、そういうことになります。(「1項のほうだってことは委員長が」と島津幸男委員呼ぶ) ○委員長古谷幸男議員) 1項のほうという確認をして話しましたね。 よろしいですか。ほかにはございますか。〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長古谷幸男議員) なければ、お示しのとおり改正ということで決定してよろしゅうございましょうか。〔「はい」と呼ぶ者あり〕 ○委員長古谷幸男議員) 御異議がないので、そのように決定をさせていただきます。本改正は、議会運営委員会委員会提出議案として提出することになります。次回以降の当委員会委員会提出議案提出について及びその取扱いについて協議をいたしますのでよろしくお願いします。各会派で徹底をしておいてくださいませ。よろしいですか。〔「はい」と呼ぶ者あり〕
    委員長古谷幸男議員) 以上で、本日の協議を終了いたしますが、皆さんから何かございますか。 ◎委員藤井康弘議員) 議運の副委員長としてではなくて会派代表として、会派のほうで意見が出まして、代表のほうで議運のほうに投げかけてほしいということの要望がありましたので提案させていただきますが、3月1日付の地元紙のほうで、徳山ポートビルについての記事が出まして。これについて、内容がそのまま事実であれば、かなり問題があるというふうに思料しまして。これについて確認して、もし事実であれば市議会として何らかの意見表明なりをしなければならないんではないかというふうに思いましたので、これについて執行部のほうから県の執行部にそういうふうにアクションを起こせと、これは無理な話なので、こういうことはやっぱり議会がやるしかないのかなというふうに思いますので、その辺について皆さんのほうで御協議いただければと思いますので、委員長、その辺を。 ○委員長古谷幸男議員) 今、藤井委員のほうからというかアクティブのほうですね。藤井委員代表して申されました。私もちょっと読みましたが、ちょっとこれ大変だなという思いがあります。周南市議会の中でも一般質問に出たりとかいうこともありましたし、いろんな見解も出ております。そうしたことで、議会として何らかの対応をしておく必要があるんじゃないかということなので、何とか対応したいなと思っておりますが、皆さんの御意見はいかがでしょうか。 ◎委員中村富美子議員) 具体的に、ちょっとすみません、私記事見てないもんですから、どういうものだったのか、ごめんなさい、教えてください。 ◎委員藤井康弘議員) 一般的に、ポートビルが要するに一般市民向けの施設ではないということ。それと周南市要望してできた屋上の展望デッキについても、原則として立入禁止のような形になっているというようなことなので、ちょっと話が大分違うなという気がしますので。それは、そもそも記事が事実かというのも確認しなければいけないと思うんですけれども。 ◎委員島津幸男議員) その記事は後で皆さん見られたらいいと思うんだけど。最後ですよね、責任者ですか。本当にひどいこと言ってるね。県知事も私も同じ意見で、排除してオーケーだみたいなこと書いてなかったっけ。ちょっとそこだけ読んでもらったらいいんだけどね。あれを見ただけで、私かっときたんだよね。そんなにあなたは偉いのかって。 ○委員長古谷幸男議員) 御要望があったので、記事に書いてあることをということですから。それはそれでよかろうかと思います。 ◎委員島津幸男議員) だから何にそれを言うかというと、やっぱり市のほうにも、それは連絡不足というか、向こうから言わなきゃ分かんないんだけども。やっぱり市のほうも受けたいから、市のほうからもすごく言わなきゃいけないし、もう一つはこういう態度の県の職員っていうのは僕ははっきり言って許せないな。そういうことを含めてしっかりと。 ○委員長古谷幸男議員) 御意見として。皆さん御存じかも分かりませんが、今御要望があったので、最後のところということで紹介を、記事にあるものを紹介してください。 ◎委員藤井康弘議員) これがそのままその発言だったかどうかっちゅうのは、それは分からないんですけど、書いてある記事は、「それでも県は取材に対し徳山ポートビルの完成について「周知はしない。不特定多数の人のものではない。荷役などの業者には対応している。それが当然、十分という認識は県知事まで共通」と説明する」ということです。 ○委員長古谷幸男議員) 何か分かりにくい話かもわかりませんが、はっきり言えば一般市民には関係ない話と、こういうことかも分かりませんが。 ◎委員中村富美子議員) それで、そのことについて、周南市議会としてどういうふうなことをするということですか。何かアクション議会として起こすっていうことなのかどうなのか。 ◎委員藤井康弘議員) まさにそのことについて皆さん協議をしてもらいたいということです。アクションを起こすかどうか、起こすとすればどういうことをアクション起こすか、その辺はまさに皆さんのほうで協議していただきたいということで、問題提起をしたということです。 ◎委員友田秀明議員) 当然起こさんといけんだろうと思うんですけど、どういう起こし方があるかというのが。例を何か示していただかないと。何か事務局のほうか委員長のほうで何かございますか。 ○委員長古谷幸男議員) 今日あったばかりですから私が案を持っておるわけでも何でもないんですが、事務局のほうで何かあればと思いますが。ありますか。 ◎議会事務局長井上達也君) どのような話をされるかというところもありますので、何とも言えないところもありますが、市議会として持っておる権限とすれば、やはりまずは市議会の相手は市ですので、市に対して県に強く要望するとかそうしたことを求める。もう一つは、県に直接意見書を出すことが市議会できますので、そういうことをしていくということが考えられると思います。 ◎委員友田秀明議員) その前にこの記事がどうなのかという。 ○委員長古谷幸男議員) 信憑性ですね。 ◎委員友田秀明議員) そこをまず、どうなんですかね。1回やっぱし書かれた記者に、議会が聞くのか議会事務局に頼んで、これはもう間違いない情報ですかと。うそでもし我々が踊ったら大変恥かきますんで。 ◎委員藤井康弘議員) まさに前提としてそうなんですよ。ただ何もしないと結局これが事実として、それで市民もこれを読んどって、それで市議会も何も言わないという事実が残ってしまうというふうになる。これはやっぱり最悪だというふうに思いますので、やっぱり何らかのアクションを。今言われたように、当然これが本当にそうだったかというのを確認するのは、これが大前提だと私も思っております。 ◎委員友田秀明議員) そこで今日の今日なんで、そのあたりはちょっと委員長に一任してお願いしたいと思うんですが、いかがですか。 ○委員長古谷幸男議員) 皆さんに御異論がなければ預からせていただきまして、事務局議長とも相談いたしまして、何らかの対応ができるように今からいろいろと、その記事についても確認をしたりしながら、また後日皆さんに御相談をしたいと思います。このことが行政側のほうにはどういうふうに伝わっているのかということも含めて分かりませんので、その辺も含めてということでしばらく預からせていただきまして、それから方向性が出ましたら皆さんに御相談を申し上げるということにしたいと思いますが、それでよろしゅうございましょうか。次回の、後ほど言おうかと思ったんですが次回の議会運営委員会を、議案提案もございますので、3月15日9時半から始めたいなと思っておったんですが、それ以上に早くなる可能性もあるかも分かりませんので、そのこともお酌み取りの上、各会派でこのことについてそういう対応をするんだということをよく徹底しておいていただければと思います。 そういうことでよろしゅうございましょうか。藤井委員、いかがですか。(「はい。分かりました」と藤井康弘委員呼ぶ)友田委員、よろしゅうございますか。(「はい」と友田秀明委員呼ぶ)中村委員さん、よろしゅうございますか。(「はい」と中村富美子委員呼ぶ)佐々木委員さん、よろしいですか。(「はい」と佐々木照彦委員呼ぶ)金子委員、よろしいですか。いけませんか。 ◎委員金子優子議員) すみません、最後日程をもう一回よく言ってください。 ○委員長古谷幸男議員) 後ほど申し上げます、日程は。 それでは、藤井委員からのほうの御提案については、後日皆さんにまたいろいろな案を御提案させていただくということで、確認した上で御協議を頂き決定をすると。しかし、何らかの対応をするということの前提の中で調査させていただきたいと思いますので、よろしくお願いしておきたいと思います。 ほかに何かございませんか。   〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長古谷幸男議員) ございませんね。 ○委員長古谷幸男議員) 議長から何かございますか。 ◎議長青木義雄議員) 1件だけ。昨日の周南市議会自由民主党会派質問の際、古谷議員から、私の議事運営について、議事進行発言がございました。その発言も踏まえ、今後、円滑な議事運営に努めてまいりますので、皆さんの御協力をよろしくお願いいたします。 ○委員長古谷幸男議員) 議長からはそのことだけですね。事務局から何かございますか。 ◎議会事務局次長山根高志君) ございません。 ○委員長古谷幸男議員) 本日の決定事項は全議員へファクスいたします。────────────────────────────── ○委員長古谷幸男議員) 以上で議会運営委員会散会いたします。   午後 4時31分散会 ──────────────────────────────...