70件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

庄内町議会 2019-12-10 12月10日-01号

組織編成表を見ても、この中ですでに定数にいれないで、それでなおかつこれをやったところで、980の定数に対して、924かならないわけです。機能別団員を入れても。さらにこれ女子消防団、それらをやりながら、それでも数は200、924絶対的定数980にはもう届きそうにもないわけです。ないから、なれないから機能別というような考えで、その団員をカバーしようとか、それはあなたたちの考えですから。 

庄内町議会 2019-09-04 09月04日-02号

会計実質収支額につきましては、各会計すべて黒字決算でございまして、一般会計が6億4,924円の黒字決算国民健康保険特別会計が1億207万3,000円の黒字決算後期高齢者医療保健特別会計が328万6,000円の黒字決算介護保険特別会計が7,352万7,000円の黒字決算農業集落排水事業特別会計が2,328万円の黒字決算下水道事業特別会計が3,274万5,000円の黒字決算

庄内町議会 2019-03-06 03月06日-02号

167ページ、4目防災費では、15節工事請負費に新庁舎建設にともない平成32年度までの債務負担行為を設定し、実施する新庁舎防災関連ネットワークシステムの再整備工事の3工事分、合わせて4,924円を計上しております。 5目災害対策費では、12節役務費東北農政局から災害用応急ポンプを無償で借用するにあたり、運搬・設置・撤去のための作業手数料として15万4,000円を計上しております。 

鶴岡市議会 2019-03-04 03月04日-03号

全県で見ますと、平成18年に924所でありましたものが、平成28年には934カ所と1%の増加となっております。  また、医師数でございますが、病院に勤務している医師と開業医を含めた数として統計されているところでございます。本市医師数ですが、平成18年に231人でありましたが、平成28年には218人となり、6%減少しております。

天童市議会 2018-12-12 12月12日-03号

そのうち、担い手への集積率でございますけれども、田んぼにつきましては924.33ヘクタール、畑、樹園地につきましては771.90ヘクタール、合わせまして1,696.23ヘクタールでございます。田んぼのほうの集積率につきましては68.5%、畑、樹園地集積率につきましては50.6%ということで、全体では59.0%となっております。 以上です。 ○赤塚幸一郎議長 石垣昭一議員

高畠町議会 2018-12-05 2018-12-05 平成30年第508回定例会第2号 本文

また、高畠中学校における年間の電気使用料は、平成29年度実績で約76万9,000キロワットアワーで、約1,924円となっており、4月から10月までの月間使用料金平均で約110万円、11月から3月までの月間使用料金平均で204万円となっており、冬期間照明点灯の時間が長くなることやエアコン暖房と蓄熱による暖房の影響が見てとれます。  

庄内町議会 2018-09-05 09月05日-02号

前年度より3,9245,000円増額となっております。内訳といたしましては、普通交付税が45億2,151万2,000円、特別交付税が3億7,971万4,000円となっております。 併せてカラー資料裏面の左下の図6をご覧いただきたいと思います。地方交付税推移ということで、普通交付税特別交付税の過去8年間の推移を表しております。こちらもご参照いただければと思います。 

酒田市議会 2018-08-30 08月30日-01号

議第82号については、平成30年度酒田市防災行政無線デジタル化整備工事において、入札の結果、株式会社ハムシステム庄内と2億1,924円で請負契約を締結するものであります。 議第83号については、福祉乗合用小型バスを更新するため取得するものであり、入札の結果、株式会社庄交コーポレーションから4,195万360円で取得するものであります。 

酒田市議会 2017-03-22 03月22日-06号

ことし2月末現在、被保護世帯744世帯、被保護人数924のうち、就労している世帯は56世帯62人となっております。 次に、(2)高校生アルバイトに対する控除の考え方ということでございました。 高校生のいる世帯は8世帯で、9人の高校生がおり、今年度、2世帯3人の高校生が、学業に支障のない夏休み等を利用してアルバイトをしております。 

庄内町議会 2016-12-19 12月19日-04号

うち75歳以上が3,924になる。その高齢者のうちの53.1%が75歳以上になる、こういう状況になるんです。 それで、現在65歳以上の5人に1人が要介護認定を受けておるんです、現状は。平成27年度では1,431人、これが年々増加しているということです。 要介護の原因は、認知症、これが全体の30%くらい、これが一番なんです。また、一人暮らし高齢者世帯高齢者夫婦世帯、これが年々増加している。

鶴岡市議会 2016-12-02 12月02日-03号

また、少子化傾向も著しく、本市出生数は昭和30年は1,636人、平成5年には1,016人、平成7年には938人、平成25年には924平成27年には898人、平成28年には800人を切ると言われております。極めて深刻な人口減少が現実となって進行しているのであります。人口減少が避けられない中での地域のあり方、またこの学校施設あり方をお聞きしたいと思います。