148件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

酒田市議会 2020-02-25 02月25日-01号

議第1号については、一般会計予算を29億5,255万2,000円増額し、予算総額580億8,595万9,000円とするものであります。 このたびの補正は、決算見込みによる事業費調整、国の補正予算に伴う事業費計上及び複数基金を統合するための基金積替え等が主なものであります。 初めに、歳出について、主な補正の内容を申し上げます。 

酒田市議会 2019-12-20 12月20日-05号

酒田市内の豚の飼養頭数でございますけれども2万9,580頭、県内全体が15万1,500頭余りですので、約20%というので、もし万一そういったことが起きますと大変な被害になると。また、本市の農業産出額205億円あるわけですけれども、畜産が37億円、牛・豚いろいろ入りますけれども、37億円ということで、2割弱ございますので、そういった意味でも大変憂慮いたしております。 

山形市議会 2019-12-06 令和元年産業文教委員会(12月 6日 産業文教分科会・予算)

スポーツ保健課長  補修する箇所は2カ所あり、合計580万円ほどの費用がかかっている。 ○委員  例年6月からサマーヒルを使用しているとのことだが、利用者にどの程度影響があったのか。 ○スポーツ保健課長  例年サマーヒルは6月上旬からオープンしているが、このたびの工事により、7月22日オープンとなった。平成30年度の利用実績は、6月が18名、7月が19名であった。

村山市議会 2019-09-02 09月02日-01号

1款市税収入済額は24億8,988万2,580円で、前年比860万円の減額となりました。固定資産税などが減収となっております。 また、市税収入未済額は1億7,984万6,398円で、前年比530万円の減額となりました。 次に、一番下の欄になりますけれども、11款地方交付税収入済額は46億4,064万3,000円で、前年比1億3,800万円の増額となりました。 

山形市議会 2019-06-21 令和元年厚生委員会( 6月21日 厚生分科会・予算)

長寿支援課長  ボイラー2基で約800万円、特殊浴槽一式で約580万円となっており、そのほか設置工事費運送費撤去費などとなっている。 ○委員  現在、さまざまな熱源があり、ボイラーにこだわる必要があるのか。市として環境負荷の低減に取り組んでいる観点から、他の熱源を選択する考えはなかったのか。

庄内町議会 2018-09-05 09月05日-02号

平成29年度末の町債残高、赤の折れ線グラフになりますが、146億5,580万8,000円となりまして、前年度より1億5,189万8,000円減少しております。 以上によりまして、前年度からの繰越明許事業を含めた歳入総額につきましては、132億4,590万円で、予算現額に対する収入率は100.0%、調定額に対する収納率は99.0%となっております。 次に、歳出について説明いたします。 

庄内町議会 2018-03-07 03月07日-02号

これらの工事の中には、社会資本整備総合交付金を活用する本小野方廻館廿六木線補修工事7,000万円、廻館前田野目線防雪柵設置工事3,000万円、吉岡廻館線道路改良工事6,000万円、笠山山水線法面保護工事2,200万円、立川中学校線歩道整備工事2,900万円、大塚榎木提興屋線歩道整備工事2,200万円、及び余目三百地線歩道整備工事2,580万円の、計7工事合わせて2億5,880万円を計上しております。

山形市議会 2016-03-17 平成28年全員協議会( 3月17日)

初めに、このたびの補正予算は、国の平成27年度補正予算に伴い増額された循環型社会形成推進交付金を活用するため、エネルギー回収施設(立谷川)建設事業平成28年度分を、平成27年度に前倒しして実施することとなったものであり、これに対応するため国庫補助金を24億9,064万9,000円、組合債を43億5,580万円増額補正するものである。  

山形市議会 2016-03-14 平成28年厚生委員会( 3月14日)

紹介状なしで受診する患者には現在1,580円の負担を求めている。今後5,000円となり差額が約3,500円ということでかなりの増額となることから、ある一定の抑制につながるものと考えている。 ○委員   現在、年間紹介状なしで受診する患者はどのくらいいるのか。 ○済生館管理課医事業務室長   年間で1万1,000人前後となっている。